ARCHIVE            

「三浦貴大」出演作品一覧

キッズ・リターン再会の時

青春映画の金字塔『キッズ・リターン』の続編。シンジはボクシング、マサルはヤクザの道を選び、別々の世界で頂点を目指すが、越えられない壁にぶつかり、うだつの上がらない毎日を過ごしていた。高校を卒業して10年、ふたりは偶然再会し…。

FLOWERS

昭和11年、春。親同士が決めた、会ったこともない相手との結婚に悩み続ける凜。女学校を出て、進歩的な考えを持つ彼女は、ついに迷いを抱えたまま婚礼当日を迎えてしまう。そして、その凜の娘、孫たちもまた、それぞれの時代を悩みながらも懸命に生きていた。

ダンスウィズミー

子供の頃からミュージカルが苦手なOL・静香は、催眠術のせいで音楽が聞こえると歌い踊りだす体質になってしまう。そのせいで恋も仕事も失った彼女は、こうなった原因を探るべく日本中を奔走する。そんななかで、さまざまな曲者たちと出会い…。

東京プレイボーイクラブ

舞台は東京。勝利は、地元での喧嘩が原因で町を出て東京の場末の繁華街に流れ着き、成吉が経営する寂れたサロン「東京プレイボーイクラブ」に身を寄せる。そんなある日、勝利が地元のチンピラと喧嘩をし、とんでもない大トラブルに発展してしまう。

大コメ騒動

「コメを旅に出すなーーー!」 3人の子を持つ“おかか”であり米俵を浜へと担ぎ運ぶ女仲仕として働く松浦いとは、17歳で漁師の利夫のもとへ嫁いできた。小さな漁師町で暮らすおかかたちは、家事、育児、そしてそれぞれの仕事をしながら、夫のために毎日一升のコメを詰めた弁当を作り、漁...

私の男

10歳で孤児となった少女・花は、遠縁の男・淳悟に引き取られる。共に孤独を抱える二人は北海道・紋別の田舎町で寄り添うように生きていたが、6年後、オホーツク海の流氷の上で殺人事件が発生。それを機に花と淳悟は逃げるように町を出て、東京へと向かう。

繕い裁つ人

古びた洋風の一軒家で、仕立て屋の二代目として南洋裁店を開いている市江。彼女の作る服はいつも即日完売となり、神戸のデパートに勤める藤井からブランド化を薦められる。最初はまったく興味を示さなかった市江だったが、藤井の一言で心が揺れるようになる。

ふがいない僕は空を見た

赤裸々な性愛描写を織り交ぜつつも、それぞれに苦悩を抱えた登場人物たちがそれでも必死にままならない人生を生きる姿を見つめて、デビュー作にして山本周五郎賞受賞の快挙を果たした窪美澄の話題の同名連作短編集を「百万円と苦虫女」のタナダユキ監督で映画化。主演は「ぱいかじ南海作戦」の...

許されざる者

明治維新期の北海道、かつて“人斬り十兵衛”と恐れられた十兵衛は、妻となる女性と出会って以来、刀を封印し、農民として慎ましく暮らしてきた。昔の仲間が持ってきた“賞金首”の話も最初は断っていたが、極貧から抜け出すために再び刀を取る決意をし…。

忍たま乱太郎

尼子騒兵衛原作の人気アニメ『忍たま乱太郎』を、加藤清史郎主演で実写映画化。エリート忍者を目指して忍術学園に入学した乱太郎は、個性豊かな仲間たちと楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、「四年は組」の斉藤タカ丸の家に刺客が現れ…。