ARCHIVE            

「伊藤蘭」出演作品一覧

くじけないで

夫に先立たれ、ひとり暮らしをしている柴田トヨ。目を患ったことで元気をなくしていたが、息子の勧めで詩を書き始める。いつしか何気ない日常から言葉を紡ぎ出すことに夢中になっていった。やがて彼女は古い記憶を呼び覚まし、自らの人生を振り返っていく。

少年H

昭和初期の神戸。洋服の仕立て屋を営む父・盛夫と母・敏子の下で、好奇心旺盛に育つHこと肇と妹の好子。幸せに暮らしていた家族だったが、徐々に戦争の影が忍び寄る。

こころ

末永こころは生っ粋の浅草っ子。2人の子持ちの医師と結婚するものの、夫は雪山で遭難。血のつながらない2人の母、実家のうなぎ屋の若女将(おかみ)として奮闘しながら、人情厚い浅草や夫の故郷・新潟の人々に囲まれて成長していく。

祈りの幕が下りる時

東京都日本橋のアパートで女性の絞殺死体が発見される。やがて捜査線上に美しき舞台演出家・浅居博美が浮上。捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。それを知った加賀恭一郎は激しく動揺し…。

誰よりもママを愛す

ごく一般的な家庭に見える嘉門家。しかし、一家の大黒柱であるはずの父・一豊は、外に働きに出る気配もなく、専業主夫として家事全般をこなしていた。

風のガーデン

東京の有名医大病院の麻酔科准教授・白鳥貞美(中井貴一)。死期の迫った患者を楽にする緩和医療のエキスパートでもある貞美は、麻酔学界の権威である。その爽やかな風貌と明るさは、病院内でもひときわ目立ち、その華麗な女性関係は万人が黙認してしまっている。しかしその陰で、貞美自身が末...

この世界の片隅に

松本穂香×松坂桃李で、こうの史代の同名マンガ(双葉社刊)を連続ドラマ化!太平洋戦争のさなか、広島県の江波から呉に嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常を丹念に描く。