ARCHIVE            

「吉岡秀隆」出演作品一覧

遙かなる山の呼び声

北海道・中標津。風見民子は息子を育てながら牧場を切り盛りしている。ある冬の嵐の晩、一夜の宿を求めてひとりの男が訪ねてきた。男は納屋に泊まり、牛のお産を手伝って、翌朝に出ていった。そして夏、再び男が現れ、働かせてほしいと頼んでくるのだが…。

手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-

2500年前のインド。どんな手を使っても奴隷の身分から抜け出そうと必死に生きてきた少年チャプラ。彼がコーサラ国の将軍の命を救い、身分を隠して将軍の養子の地位を手にしたその頃、コーサラと対立するシャカ国に待望の王子、のちのブッダが誕生する。

鉄道員(ぽっぽや)

北海道のローカル線終着駅の幌舞駅でひとり駅長を務め続けてきた乙松。17年前に生後2カ月の娘を亡くした日も、思いがけない病で妻が死んだ日も駅に立ち続け、愚直に鉄道員人生を歩んできた。定年の日が迫ったある日、彼の周辺で不思議な出来事が起こる。

四日間の奇蹟

留学中の5年前、不測の事故で夢を断たれたピアニスト・如月敬輔。心に固い殻を持ちながら1度聴いた曲はどんなに難しいスコアでも弾くことができる少女・千織。その事故で衝撃的な出会いをした2人は帰国し、千織のピアノ演奏で施設を慰問するように…。

小さいおうち

女中として働いていた頃の思い出を大学ノートにまとめていたタキ。彼女はそこに、奉公先である平井家の人々から家族同様に慕われる自分の姿と、夫人・時子とある青年の許されぬ恋について書いていた。タキの死後、それを読んだ親類の健史はある行動に出る。

ゴールデンスランバー

人気作家・伊坂幸太郎の本屋大賞受賞作を「南極料理人」の堺雅人で映画化。仙台を舞台に、ある日突然、見えない巨大な力によって首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の懸命の逃亡劇をスリリングかつ感動的に描き出す。監督は伊坂幸太郎作品の映画化に定評のある中村義洋。仙台に暮らすごく平凡な3...

ALWAYS 三丁目の夕日’64

東京オリンピックを目前に、熱気に包まれていた東京・夕日町三丁目。小説家の茶川は、妻ヒロミの妊娠に幸せを感じていたが、仕事では新人に人気を奪われて苦悩していた。そんな中、鈴木オートの従業員・六子は、青年医師・菊池にほのかな恋心を抱くが…。

ALWAYS 続・三丁目の夕日

完成したばかりの東京タワーを望む昭和34年の夕日町三丁目。鈴木オートは、事業に失敗した親戚の娘・美加を預かることに。一方、駄菓子屋を営む売れない小説家・茶川は、同居する淳之介に人並みの生活を送らせるため、芥川賞をとることを決意するが…。

Dr.コトー診療所2004

志木那島にコトー(吉岡秀隆)がやって来て1年が経った。彩佳(柴咲コウ)、和田(筧利夫)と共にやっている診療所も順調、彩佳の両親、正一(小林薫)と昌代(朝加真由美)は重雄(泉谷しげる)も巻き込み、コトーと彩佳の結婚を考え始めたりもしている。そんな中、島に新任の教師・小沢(光...

グラスホッパー

闇の中で、出会うはずのない哀しみが今、交錯する―。グラスホッパー(=トノサマバッタ)は密集して育つと、黒く変色し凶暴になる。人間もしかり・・・。ここは世界有数の人口過密都市 、東京・渋谷。真っ黒に染まった凶悪な街の住人たちは、渋谷スクランブル交差点で起きたある事件をきっか...