ARCHIVE            

「宮崎あおい」出演作品一覧

オカンの嫁入り

ある日の深夜、母・陽子が酔っぱらって若い男・研二を連れて帰って来た。「この人と結婚することにしたから」と言われた娘の月子は、あまりに突然のことに戸惑い、家を飛び出してしまう。大家のサクらのとりなしなどで、月子の気持ちは和らいでいくが…。

わが母の記

幼少期に両親と離れて育てられたベストセラー作家の洪作は、社会的に成功し、家庭を持った今でも母・八重に捨てられたという想いを拭えないでいた。そんななか、父が死去し八重の痴呆が進行。妹たちの手に負えなくなった八重を洪作が引き取ることになり…。

ギミー・ヘブン

ヤクザの下請け仕事としてインターネット上で盗撮サイトを運営する新介は、特殊な感覚“共感覚”の持ち主で、決して誰にも理解されないゆえの孤独を抱えながら日常を送っていた。一方、両親を早くに亡くした少女・麻里もまた共感覚を持つために誰とも分かり合えないという孤独に苦しんでいた。...

きいろいゾウ

木々や動物たちの声が聴こえる妻利愛子(ツマ)と過去の傷を背負ったまま暮らす無辜歩(ムコ)。ある満月の夜に2人は出会い、すぐに結婚する。お互いに秘密を抱えていたが、穏やかで幸せな日々を過ごしていた。だが、ムコ宛に1通の手紙が届き…。

ツレがうつになりまして。

髙崎幹男はスーパーサラリーマンであったが、ある日突然うつ病になる。原因は、仕事の激務とストレスだった。売れない漫画家である妻・晴子は幹男を退職させ、彼を主夫にする。家計が逼迫してきたため、晴子は編集部に赴き、仕事を請うのだった。

ただ、君を愛してる

大学の入学式の日、誠人は静流と出会う。人となかなか打ち解けられない誠人だが、不思議と静流とは仲良くなり、静流はそんな誠人に恋をする。静流は写真が趣味の誠人と一緒にいたい一心で写真を始めるが、彼はクラスメートのみゆきに思いを寄せていて…。

怒り

八王子の閑静な住宅地で、惨殺された夫婦の遺体が見つかる。しかし、犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。千葉、東京、沖縄で、それぞれ素性の知れない謎の青年が現れ、周囲に疑念を抱かせるようになる。

舟を編む

出版社の営業部で変人扱いされていた馬締は、人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ、辞書編集部にスカウトされる。そこで新しい辞書「大渡海」の編纂に関わることになり、辞書作りに没頭する。その一方で、大家の娘・香具矢と出会い、彼女に恋をする。

陰日向に咲く

夏。フィリピン沖で発生した台風の上陸を前に、東京ではダメダメな人たちが陰日向の奮闘をしていた。ギャンブルから足を洗えず、オレオレ詐欺に手を染めようとするシンヤ。若かりし頃に売れない芸人・雷太に恋した母・鳴子の恋の軌跡をたどろうと、母が働いていたストリップ劇場へ足を向ける寿...

バンクーバーの朝日

戦前のカナダ・バンクーバーで活躍し、2003年にはカナダ野球の殿堂入りを果たした実在の日本人野球チーム“バンクーバー朝日”の感動の物語を「舟を編む」の石井裕也監督、「悪人」の妻夫木聡主演で映画化。厳しい差別に立ち向かい、ベースボールを通じて自らの誇りを取り戻そうと奮闘する...