ARCHIVE            

「菅原文太」出演作品一覧

最後の特攻隊

太平洋戦争末期。神風特別攻撃隊は、敵の艦船に到達する前に敵機に撃墜されることが多くなっていた。そこで、特攻隊を護衛するための直掩隊を編成することに。九州鹿屋基地...

バッテリー

人気作家あさのあつこの同名ベストセラーを映画化。天才ゆえの孤独を抱えた中学生ピッチャーを軸に織りなす友情と家族の物語をさわやかに綴る。主演は新人、林遣都、監督は...

新仁義なき戦い

昭和25年秋、山守組若衆の三好(菅原文太)は土田組組長の殺人未遂で刑務所へ。この事件をきっかけに山守組は呉に君臨することになるが、同時に3つの派閥の対立も生まれ...

仁義なき戦い 完結篇

昭和41年。「広島抗争」は、警察による「頂上作戦」で終結したかにみえた。広能は網走刑務所に収監され、山守組最高幹部・武田が広島ヤクザたちに大同団結を呼びかける。...

仁義なき戦い 代理戦争

昭和35年。広島最大のヤクザ組織・村岡組のナンバー1である杉原が殺される。これを機に、村岡組の跡目を巡って熾烈な抗争が勃発。それは、西日本最大の組織である神戸・...

新仁義なき戦い 組長最後の日

大阪の喫茶店で起こった小競り合いから始まった日本最大の暴力団・坂本組と九州やくざ連合・七人会の激突。抗争の中、殺された北九州の老組長の敵を討つため、若衆頭・野田...

新仁義なき戦い 組長の首

”仁義”という言葉で虚飾されたやくざ社会の仮面を剥ぎ取る、新シリーズ第二弾。組織に生きる人間関係の醜さと、人間の内面に潜む憎悪、猜疑、野望がむきだしになるとき、...

仁義なき戦い 頂上作戦

昭和38年春。明石組系の打本組と広能組、神和会系の山守組の対立は激しさを増す。激しい抗争が相次いだことから、警察は暴力団撲滅運動に乗り出し、各組織のトップを微罪...

仁義なき戦い 広島死闘篇

駅前の利権をめぐって博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会が対立する中、博打トラブルに巻き込まれた工員の山中は刑務所に入れられてしまう。3年後、彼は出所するが、大友連...

仁義なき戦い

複数の組が乱立する終戦直後の広島・呉。復員した広能は、その度胸ときっぷの良さを買われて弱小勢力である山守組の身内となり、敵対する土居組の組長の暗殺を実行する。し...