ARCHIVE            

「菅田俊」出演作品一覧

監督・ばんざい!

北野武監督が脚本・編集・主演も兼ねて映画への想いを凝縮した異色コメディ。ひとりの映画監督がお得意のギャング映画を封印、様々なジャンルの作品に挑むもののことごとく頓挫を繰り返していくさまを、巨匠へのオマージュや自虐的ギャグなどを織り交ぜ奇想天外に描く。ギャング映画を得意とす...

となり町戦争

舞坂町の旅行会社に勤める北原。ある夜、町の広報紙に「舞坂町はとなり町の森見町と戦争をします。」という小さな記事を見つける。開戦初日、町はいつもどおりだったが、開戦12日目、北原に対森見町戦争推進室の香西という女から電話がかかってきて…。

回路

会社にこない同僚・田口の家を訪れたミチ。憔悴しきった様子の田口は、ミチが目を離した隙に首を吊ってしまう。ミチの周りで異変はこうして始まった。一方、インターネットを始めたばかりの亮介。深夜、亮介のパソコンが突如、とあるサイトにアクセスし…。

ニンゲン合格

交通事故により10年間眠り続け、24歳のある日、突然目覚めた吉井豊。家族と再会するが、10年という歳月は、さまざまな状況を変えていた。宗教活動をしている父、離婚して自立している母、恋人の加崎とその日暮らしの妹。家族は誰も家に住んではおらず…。

64-ロクヨン-後編

“ロクヨン”事件の時効まで1年に迫ったある日、“ロクヨン”の模倣事件が発生。警察部広報室の三上は、東京から来た記者たちを相手に会見を開こうとするが、上層部から被害者を匿名報道にするように命じられ、実名報道を求める記者クラブと激しく対立する。

64-ロクヨン-前編

昭和64年の1月、小学生女児が何者かに誘拐され、殺害される事件が発生。警察の捜査も虚しく事件は未解決のままとなり、当時、捜査に当たっていた刑事の三上は警務部広報室に異動になっていた。そんな矢先、事件を模倣したかのような誘拐事件が起きる。

どろろ(実写映画)

遠い昔、いや未来かもしれないある国。武将・醍醐影光は戦乱の世を治める力を得るため、自分の子の体48カ所を48の魔物に差し出す。こうして生まれた百鬼丸は、仮の体と護身の妖刀を与えられ、成長を遂げる。やがて、百鬼丸は体を取り戻す魔物退治の旅に出る。

沈まぬ太陽

人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を、主演の渡辺謙はじめ豪華キャスト陣で映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。腐敗した巨大組織の中で不条理にも翻弄されていく一人の男が、一企業人としての矜持と不屈の精神で立ち向かっていく姿を壮大なスケールで描き出す。監督は「ホワイトアウ...

ラストサムライ

明治維新後の日本。西洋戦術を教えるため来日したネイサン大尉は、侍文化を根絶やしにしようとする政府に雇われた身ながら、侍の勝元たちに宿る武士道に惹かれていく。そしてネイサンと武士たちの絆が深まってきた頃、政府軍との戦いが始まろうとしていた。

劇場版 幼獣マメシバ

35歳で無職の芝二郎は、小さな町から一歩も出ず、不自由なく暮らしていた。しかし、父親が急逝し、母は家出をしてしまう。ある日、買い物に出かけた二郎は、出会ったマメシバに懐かれてしまう。実は、マメシバは母が自分を捜させるために送り込んだもので…。