相棒シーズン19

2020年10月から放送されたドラマ『相棒19』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話からの最終回までの動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『相棒19』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TELASAであれば1話から最終回までの動画を全話見放題で配信しています!

またU-NEXTの初回特典ポイントを使うと、1話分であれば無料視聴可能です。

本日から12月28日まで無料!
ドラマ『相棒19』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
関連作品
話数 全20話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『相棒19』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「相棒19」の動画は、TELASAにて見放題配信中です。

相棒19 TELASA
(画像引用元:TELASA)

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「相棒19」を1話から最終回のまでの動画を全話無料視聴可能です。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

また期間中であればドラマ「相棒19」に限らず、見放題作品動画は全て無料視聴可能です。

以下、TELASAの特徴を表にまとめています。

月額料金 618円
無料お試し期間 15日間
初回登録特典 なし
継続特典 毎月550円分のビデオポイント付与
見放題作品数 1万本以上
取扱作品数 非公開
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに、他では配信されていない特撮ヒーロー作品や、テレビ朝日の人気ドラマやバラエティ番組を独占配信中!

他では見れない人気の作品を、楽しむことができますよ!

本日から12月12日まで無料!

第1話 「プレゼンス(前篇)」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

閑静な住宅街で、警視庁交通機動隊=白バイ隊員の出雲麗音(篠原ゆき子)が何者かに拳銃で撃たれる。懸命な手術の結果、一命はとりとめたもののバイクで転倒した際に右肘を複雑骨折しており、交通機動隊への復帰は不可能と宣告されてしまう。
引用元:TELASA

第1話の感想

麗音は事件に関して上司から口止めされていたとありましたが、なぜ上司がそのような指示をするのか気になりました。この事件には警察が関わっていることも考えられるのではと感じましたし、麗音がターゲットとなった理由も何かあるのかなと思ってしまいました。また、仮想国家が登場しましたが、実態がないものなので想像することが難しかったです。この仮想国家に操られた万津が麗音の事件を起こし、口止めのために転落死となってしまったのではと感じました。事件の裏にどのような思惑が存在して、どのような人物が関わっているのかとても気になりました。

ドラマ『相棒19』1話無料動画

ドラマ『相棒19』1話のネタバレ
白バイ隊員の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃され、一命はとりとめるも転倒時の右肘複雑骨折により交通機動隊への復帰はできないと言われる。

麗音は上司から口止めされ、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事件について尋ねるが話さない。

秋になると、麗音が捜査一課に配属されるという異例に、同じ捜査一課の伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)は驚くが、副総監の衣笠藤治(杉本哲太)と広報課長の社美彌子(仲間由紀恵)がこの件に関係しているようだ。

特命係に麗音の事件を再度捜査させて容疑者を突き止めることが目的らしく、右京と亘は無断で交渉に使われたことに憤るも捜査を始める。

その最中、ビルをよじ登っていた万津幸矢(櫻井圭佑)が転落死し、組織犯罪対策五課の角田六郎課長(山西惇)曰く、万津は白バイ警官を撃ったと広域指定暴力団「扶桑武蔵桜」の組員に語っていたらしい。

幸矢のパソコンに〈仮想国家〉の[ネオ・ジパング]を発見した幸矢の母の蒔子(松永玲子)は息子の恋人の朱音静(日南響子)に相談する。

IT長者でありネオ・ジパング《建国の父》加西周明は、仮想国家建国により思うがままに世界の人々を動かそうとしていた。

第2話 「プレゼンス(後篇)」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

白バイ警官・出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件への関与を疑われていた男の所持品から拳銃が見つかり、被疑者死亡のまま送検されることになった。ただ、男の恋人だった静 (日南響子) の不自然な行動に疑問を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は捜査を続行。
引用元:TELASA

第2話の感想

変わらぬ右京さんのキャラクター好きだな〜ふわっと捜査してるように見えて、どこか奥の真髄を見抜く力。そして1話完結で展開されるから、見逃してもみやすいドラマだからこそ、ここまで長く愛されているんだろうなって改めて感じました。でもシーズン1から比べると、話の内容がVR担ったりと時代背景も組み込まれていて、なお興味深い内容で飽きさせないな〜これからも相棒シリーズのファンです!

ドラマ『相棒19』2話無料動画

ドラマ『相棒19』2話のネタバレ
白バイ警察官の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃で撃たれた事件への関係を疑われていた男性から、銃が見つかった。

被疑者が死亡したことにより、そのまま容疑者で送検されたのだ。

しかしその際の男の恋人静 (日南響子) のおかしな行動が気になり、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は捜査をこっそり続けていた。

なんと彼女も、VRの世界に作られた仮想国家『ネオ・ジパング』に関係があったことを突き止めるのだ。

その仮想国家にこそ、何か事件の手がかりがあると考えた二人は、『ネオ・ジパング』の作り出した加西(石丸幹二)にそのままぶつける。

しかし、ふんわりとその真意には触れず買わされてしまうのだった。

そして、数億円もの大金をプレゼントするという加西の企画によって突然事件の風向きが変わってくる。

右京と亘は事件の真相を追いかけ、再びVRの世界に足を踏み入れることになるのだ。

第3話 「目利き」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

詐欺などの経済事件を扱う捜査二課の係長・尾崎(及川いぞう)が、遺体で発見された。同僚の刑事いわく、尾崎が追っていた詐欺グループの仕業に違いないという。独自の捜査に乗り出した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、尾崎が死の直前にしていた不自然な買い物に着目。実演販売士の酒井(山本浩司)から話を聞く。
引用元:TELASA

第3話の感想

最後の最後、自分の命の恩人だと思って、信頼していた人が詐欺グループとつながっていたなんて信じたくもないだろうなって思いました。相棒の醍醐味、最後のどんでん返しは残酷なものでしたね。しかし突拍子もない行動に出る右京の操作の仕方には、いつも笑わせてもらっています。こんな上司のもとで働くなんて、どんな時も落ち着くことはなさそうだなとか思っちゃいます。

ドラマ『相棒19』3話無料動画

ドラマ『相棒19』3話のネタバレ
詐欺罪をはじめとする様々な刑事事件を取り扱う捜査二課の係長・尾崎(及川いぞう)が死体として見つかりました。

同僚の刑事は口を揃えて、尾崎が生前最後まで追っていた詐欺グループがやったに違いないと言っています。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はいつも通り、独自の捜査に身を乗り出すのです。

まずは死ぬ直前に明らかに不自然な買い物をしていたことに着目します。

そのことについて、実演販売士をして働いていた酒井(山本浩司)から話をきくことに。

しかし言葉巧みにかわされ、これと言った真髄をつく手がかりは手に入れることができませんでした。

その頃、捜査本部は尾崎が最後に追っていた詐欺グループで、最近までも同じ手口で繰り返し行っていたグループだと目をつけていたのです。

双方は激しく対立し、殺人事件は一課の管轄だというのに対して、一連の事件は詐欺グループと関連があるから二課の管轄だと主張します。

そんな中、右京と亘は酒井と尾崎のとんでもなく意外な関係にたどり着くのでした。

第4話 「藪の外」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、小手鞠(森口瑤子)から、後輩の芸者・叶笑(高梨臨)を『怨憎会苦(おんぞうえく)』から救ってほしいと頼まれる。怨憎会苦とは、仏教用語で怨み憎む相手にも会わなければならない苦しみのこと。
引用元:TELASA

第4話の感想

小手鞠(森口瑤子)さんからの依頼で、妹分の叶笑さんを助けることになった特命係の2人。今回は、舞いが上手だったという小手鞠さんの後継者とも言われる叶笑さんが、華やかにお座敷で踊りを披露するシーンから始まり、いつもの相棒とは一味違う雰囲気でした。15年前叶笑が被害に遭った事件と同時刻に発生した窃盗事件の容疑者は、未成年との2人組でした。特命係が15年前の事件を担当した交番の警官に聞いたところ、叶笑の暴行事件が未遂で済んだのは、防犯ベルで窃盗事件を知った警察官が偶然近くを通りかかり、容疑者を捕まえたからでした。実は偶然叶笑が被害に遭っている現場を目撃した未成年が、もう一人が切っていた防犯装置を敢えて作動させて警官を現場に来させ、結果自分たちが捕まるリスクを犯しながら叶笑を助けたとわかりました。そしてこの未成年の窃盗犯こそが叶笑の馴染み客・吉岡(窪塚俊介)だったのです。叶笑さんは吉岡が窃盗犯の1人であったことは知っていたようですが、彼の通報で自分が助かったとは知らず、でも座敷で話すうちに彼の事を好きになったのでしょう、でも15年前の因縁が忘れられず苦しんでいたようです。そして今回の事件も吉岡が自分のために起したと勘違いして、自分が犯人だと言いました。同じように吉岡も叶笑さんを犯人だと思い彼女を庇うために自首したようです。今回特命係が15年前の真相を解き明かしたことで、2人の因縁が解け、新しい1歩が踏み出せるようになったなら良いなと思いました。

ドラマ『相棒19』4話無料動画

ドラマ『相棒19』4話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、行きつけの小料理屋女将・小手鞠(森口瑤子)から相談を受けます。

それは、後輩芸者・叶笑(高梨臨)を『怨憎会苦(おんぞうえく)』から救ってほしいというものでした。

怨憎会苦とは、仏教用語で怨み憎む相手にも会わなければならない苦しみを意味します。

叶笑は15年前の芸者見習いだった当時、暴行未遂事件にあったらしく、最近その犯人が出所し、周囲に現れているようなので、目的を探ってほしいというのです。

ところがその男は一昨日、かんざしで首を一突きにされて、殺害されていたと判明。

男は、叶笑の得意客・吉岡(窪塚俊介)が社長を務める会社に勤めていた事も判りました。

そんな中叶笑は、凶器と見られるかんざしから指紋が採取され、取り調べを受けます。

独自に捜査を続ける右京と亘は、15年前の叶笑暴行未遂の現場付近で、ほぼ同時刻、別の窃盗事件が発生、容疑者が確保されたと知ります。

15年前に起きた2つの事件と、今回の殺人事件には繋がりがあるのか!?

叶笑事件と同日起きた窃盗事件に関わった意外な人物は誰?

第5話 「天上の棲家」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、収賄疑惑が持たれた衆議院議員の白河達也(湯江タケユキ)が、自宅にゴミをまかれた“嫌がらせ”の捜査を押しつけられる。白河家は、大臣を輩出した政治家一族で、長年実権を握っているのは、達也の義理の母・貴代(冨士眞奈美)だった。
引用元:TELASA

第5話の感想

24年前汚職疑惑の捜査対象だった白河議員は、警視庁で取り調べを受けた後、自宅で服毒自殺し、右京さんはその捜査を担当していました。妻貴代は当時の事を覚えていて、自宅を訪れた右京さんに対し初めから敵対的な態度を取り、一方の右京さんも、白河代議士の自殺については何か思う所があるようで、初対面から2人の間には不穏な空気が流れていました。大臣経験者の一人娘だった貴代は、婿を取り父の地盤を継がせ、男の子を生むよう期待されるも娘しか授からず、結果娘も婿養子・達也を迎え、彼もまた、収賄容疑を掛けられていました。その婿に対し貴代は、政治家としての責任を取るよう諭し、結果達也は自殺を選んだように見えました。しかし実際には白河家の人間として失格と判断した貴代が、達也に毒を飲ませたのです。24年間の夫に対しても、同じ判断を下し貴代が自殺を仕組んでいました。政治家一族としての立場を守るため夫と婿を殺害した貴代は、警察に連行される際、娘に何事かを託すように目配せをし、娘も頷き返します。2人の間にしか通じない、所謂「政治家一族の誇り(奢り?)」が受け継がれたような気がし、貴代の妄執に背筋が寒くなりました。

ドラマ『相棒19』5話無料動画

ドラマ『相棒19』5話のネタバレ
特命係の右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、衆議院議員・白河達也(湯江タケユキ)が、自宅に嫌がらせを受けた件についての捜査を押しつけられます。

大臣も輩出している政治家一族である白河家は、達也の義理の母である貴代(冨士眞奈美)が実権を握っています。

貴代の夫は24年前収賄疑惑のさなか自殺しており、当時二課だった右京が捜査を担当していました。

そんな中達也の息子が誘拐されそうになり、“告発者X”を名乗る人物から達也宛に、『会見を開き罪を告白しなければ、家族を殺す』という脅迫文が届きます。

収賄疑惑を報じた日刊誌で情報源・Xを取材したのは、元検事で特命係と協力したこともある黒崎(内田裕也)でした。

黒崎によれば、達也は白河家を飛び出し,対立派閥に入る為、金が必要だったのではと言います。

達也はXの要求に応じ会見を開き、テレビカメラを前に予想外の発言を始めました。

収賄疑惑で追い詰められた達也はどんな反撃に出るのか、事件の背景には右京が二課時代に担当した事件の呪縛があるのでしょうか?

24年を経て、政治一家の真実が明かされます。

第6話 「三文芝居」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

マンションの敷地内で電子部品メーカーに勤める派遣社員の男性が死亡する事件が発生。通報者は、出張風俗店のドライバーで、たまたまマンションに店の女性を送り届けたという松野(橋本じゅん)と名乗る男性。松野によると、被害者と首筋にドクロのタトゥーがある金髪の男が揉めていて、「鈴木」と呼ばれた金髪の男が鞄を奪って逃げ去るのを目撃したという。
引用元:TELASA

第6話の感想

松野は自分の演技力が活かせると面白半分に地面師サギ事件に関わり、結果逮捕され服役、出所後自分がかかわった事件で不動産会社社員が自殺したと知り、贖罪の為残された娘を見守ろうとします。その娘が派遣風俗嬢として働いていると知り、役者を辞めて派遣会社にドライバーとして就職。女性が被害者に強請られていると知りました。被害者と女性は同じ会社で共に派遣社員として働いていたのですが、女性が正社員に登用されることが決まり、それを知った女性が風俗嬢をしているところを隠し撮りした被害者が、女性を脅し闇金の返済に充てていたのです。耐えられなくなった女性は隠し撮り画像を取り返そうとしますが誤って殺害します。経緯を知っていた松野は、彼女への恋愛感情から罪をかぶると言ったのでした。松野の思いを汲んだ右京さんと亘が、松野が女性の父親が自殺した詐欺事件に関与していたことを隠した所に、2人の思いやりを感じました。

ドラマ『相棒19』6話無料動画

ドラマ『相棒19』6話のネタバレ
雨が降る夜マンションの入口で、電子部品メーカーに勤務する派遣社員の男性が死亡しました。

通報したのは松野(橋本じゅん)と名乗る出張風俗店勤務の運転手の男性で、偶然マンションに店の女性を送り届けたといいます。

松野は、被害者が首にドクロの刺青がある金髪の男と揉めていたと証言、「鈴木」と呼ばれたその男が、被害者の鞄を奪って逃げたと言います。

捜査一課は、被害者が大手部品メーカー勤務だったことから、“機密情報”に絡んだ事件とにらみ捜査を進めます。

一方特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、松野の目撃証言を不審に重い、関係者に事情を聞くことに。

すると、事件の夜松野の仕事が休みだったと判り、亘は厳しく追及します。

しかし元役者の松野は、突然芝居を演じ始め、亘の質問をかわします。

かたや一課は松野の証言通りドクロのタトゥーが鈴木という男を逮捕。

半グレ上がりの鈴木は、被害者を脅し闇金の借金を回収していたと認めます。

そして事件と葉無関係だという松野に、驚くべき過去があったことも判明しました。

逮捕された半グレ男と松野にどんな接点があったのか、特命係の2人が事件の裏にある現代社会の悲劇をあぶり出します。

第7話 「同日同刻」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

2年前に起きたアポ電強盗殺人の被疑者が、空き家の床下から白骨遺体で発見された。捜査一課は、当時、事件を解決できなかったことに忸怩たる思いもあり、共犯者との仲間割れの線で、全容解明に乗り出す。そんな中、2年前に妊婦が階段から転落死した事件について、別件で事情聴取を受けていた男が、自らの犯行を自供する。
引用元:TELASA

第7話の感想

毒婦・遠峯小夜子らしく、抜群の記憶力を発揮してアポ電強盗犯2人のうち1人をあぶりだし、さらに妊婦殺人事件は実は事故だったこと、そしてその陰に妊娠した妻がありながら、不倫していた夫が居たこと、その夫が不倫相手から脅迫され続けていたことまで暴き出しました。不倫相手は遠峯と手記の編集を通じて知り合いだった女性編集者で、編集者はいわば遠峯の毒に当たって不倫をネタに脅迫に及んでいたと思われます。以前相棒の中で「悪は人を魅了する」と語っていた犯罪心理学者(やはり女性)が居ましたが、身近に毒婦と接したことで編集者は良心を蝕まれたのでしょうか、それとも編集者自身にも何か悪の芽があったのでしょうか。今回遠峯の幼少期について少しだけ映像が流れました。子供のころから母親を操り、結果両親の間に諍いが起こるように仕向け、母親が死亡したようです。この件について特命係が捜査を行うのか、別件で振り回されるような事件が起こるのか、待ち遠しいような恐ろしいような気がします。

ドラマ『相棒19』7話無料動画

ドラマ『相棒19』7話のネタバレ
空き家の床下から白骨遺体が発見され、2年前に発生し未解決のままだったアポ電強盗殺人の被疑者と判明。

当時捜査一課は、共犯者との仲間割れにより殺害された、との線で全容解明のため捜査を開始します。

そんな中、別件で事情聴取を受けていた男が、2年前に起きた妊婦が階段から転落死事件について、自供をはじめます。

一方、以前から特命係と因縁がある“平成の毒婦”と呼ばれる未決囚・遠峰小夜子(西田尚美)から、弁護士の連城(松尾諭)を通じ杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)に呼び出しがあり、遠峯から驚くべき証言を得ます。

それは遠峯が、妊婦が死亡した同日同時刻、全く別の場所で妊婦転落死事件を自供した男を目撃したのだというものでした。

小夜子の“真意”を読みきれないまま捜査を始めた右京と亘。

2人は小夜子が男を目撃した場所へ行き、そこが2年前のアポ電強盗殺人事件の現場と、非常に近いという事実を掴みます。

そこは都内とはいえ、妊婦が転落死した場所とは離れており、遠峯の証言を信じれば、妊婦の転落死に自供した男が関与している可能性は、ほぼなくなります。

果たして遠峯の証言は正しいのか、そもそも何か狙いがあるのでしょうか? 

第8話 「一夜の夢」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、レストランの前で揉めている男女を見掛け、間に入る。しかし、2人は大丈夫だと言って足早に立ち去ってしまった。翌日、亘はネット記事で、昨晩の女性が与党幹事長の娘・小早川奈穂美(上野なつひ)と気付くが、その矢先、彼女の婚約者である資産家男性が他殺体で発見される。
引用元:TELASA

第8話の感想

宇野は、与党幹事長の娘・奈穂美のスマートフォンに残っていたデータをネタに、脅しをかけているにしても、執拗に交際を迫るその図々しく厚顔無恥な様子に、違和感を感じながら見ていました。事件の鍵を見つけるため殺人事件現場を検証した右京さんが、ホームレスの住居跡から事件前日の新聞と鍋フタのツマミを見つけて、手に目撃者を探そうとするシーンは、小さなことを気にする右京さんらしく、またいつもは角突き合わせる捜査一課の3人と青木を巻き込む様子も可笑しかったです。そこから辿って宇野が何故奈穂美に執着するのか、殺人を犯したのかが解明されるのですが、その理由は何と28年前までさかのぼります。親友が自分が養子に入る予定だった裕福な家で育ち、本来自分が歩くはずだった人生を奪った、それを取り戻すために殺害し奈穂美と結婚するのだという主張には、無理があると思います。彼が育った環境が如何に悲惨でも、親友も恵まれた家庭に育ったとはいえ、慣れない環境で一方ならぬ努力をし、苦労の果てに現在の立場を得たはずで、右京さんの言う通り殺人の動機にはならないと思いました。最後に衝撃的で残念な結末を迎えましたが、止む無しかなあと思います。

ドラマ『相棒19』8話無料動画

ドラマ『相棒19』8話のネタバレ
特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、レストランの前で男女が揉めている様子を見て、止めに入ります。

しかし、2人は大丈夫だと言いそそくさと立ち去ってしまいました。

翌日、亘は昨晩の女性が与党幹事長の娘・小早川奈穂美(上野なつひ)と知りますが、その矢先奈穂美と婚約していた資産家男性が遺体で見つかります。

捜査に乗り出した右京と亘は、奈穂美に会い揉めていた男の素性を尋ねます。

すると、自分が落とした携帯電話を届けてくれたお礼に、食事をしただけと答えしました。

相手の男は、キャバクラ店で客引きをしている宇野(柏原収史)で、奈穂美に対し一方的に結婚を迫っていると言います。

右京と亘は奈穂美の婚約者殺害に関し、宇野に疑いの目を向けますが、宇野には完璧なアリバイがあることが判明。

それでも、拾った奈穂美の携帯電話から弱みをネタに結婚を迫っているのではないかという疑いは消えず、捜査を続けます。

宇野はなぜ名家令嬢との結婚に執着するのか、脅迫を受けている側の令嬢にも秘密があるのでしょうか。

右京と亘の2人は、未だ経験したことがない衝撃に見舞われます。

第9話 「匿名」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

歩道橋で女性が転落死する事件が発生。目撃者の主婦・智子(藤吉久美子)の証言により、被害者の知人の男が重要参考人として浮上する。男は、かつてカリスマイケメンシェフとしてマスコミをにぎわせていたが、SNSでの発言が炎上し、最近は金に困っていたという。
引用元:TELASA

第9話の感想

子供がいない専業主婦で、生活に困っている訳でもなく、恐らく人から見れば羨ましいと思われていても、夫とは離婚話が出ていて自己評価が低く、何か人の役に立ちたいと思っている平凡な主婦。どこにでも居そうですが、暇だからと使っていたパソコンの技術力が高くなり、裏アカウントのパスワードが調べられるまでに熟達。その後スキルを使って人を助けたいと思って行動を開始し、自分が助けた弁護士とタッグを組んで女性を救う活動をはじめました。殺害された女性は元シェフと組んで女性を強請る、いわば逆美人局をしてる非道な女性でしたが、その女性に相棒だった弁護士を殺されたと感じた女性が、敵を討つためとはいえ野次馬根性むき出しの様子で目撃情報を話したり、冠城に電話を掛けたりする様子からは後悔や無念の思いは見られず、違和感を感じました。最後に矢坂弁護士と相棒になった経緯を話すシーンでは、自分の調査が不足していたことや弁護士を巻き込んだことを悔いている様子だっただけに残念に思います。

ドラマ『相棒19』9話無料動画

ドラマ『相棒19』9話のネタバレ
女性が歩道橋から転落死する事件が発生し、ランニング中だった主婦・智子(藤吉久美子)の詳細な証言により、被害者の知人男性が重要参考人として浮上します。

男性はかつてカリスマイケメンシェフとしてマスコミでも活躍していましたが、SNS上での発言が炎上、最近は金にも困っていたとの情報が。

捜査一課は行方不明になった男性を追いますが、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、お手本のような目撃証言をした智子に注目します。

智子の話から防犯カメラの映像を分析すると、事件の一週間前、女性弁護士の矢坂美月(野村佑香)が、転落事故の被害女性と接触していたと判明、しかし矢坂弁護士は階段から足を踏み外し事故死していました。

歩道橋で起きた今回の事件と女性弁護士の事故、2件の転落死に関連があると感じた杉下と冠城も、一課同様元シェフによる連続殺人を疑うものの、不審な点も感じます。

調べていくうちに矢坂弁護士が、ネットに上がっている匿名の書き込みから悩みを抱える女性を調べ、自ら連絡を取っていたと分かりました。

果たしてSNSで炎上したカリスマシェフによる連続殺人なのか、匿名女性たちの呟きから事実が明らかにされます。

第10話 「超・新生」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

贋作を売り歩いていた画商が自首してきたものの、買い手は自身の目利き力が傷つくのを嫌い、いずれも「騙されたわけではない」と主張。“被害者が存在しない”という不可解な状況が発生する。経済事件を担当する二課でも詐欺罪に問えず、自首してきた画商をそのまま帰すことに。ところがその直後、問題の画商が自殺してしまう。
引用元:TELASA

第10話の感想

相棒には珍しく乱闘シーンが多い回で、頭脳戦というより肉弾戦が展開されました。画商が贋作を売りつける場合「客選び」が大切で、下手な相手に売ると詐欺だと騒がれ犯罪になるが、自分が目利きだと信じたい客を選んで売れば、画商は本物と信じて売ったと主張でき、訴えられない=詐欺にならないという贋作販売が舞台です。そして贋作販売をしのぎにするため、ヤクザが絵画作成から販売まで一連の流れを作り、この販売部分を担当したのが自殺した画商だったのです。組の親分である刑事部長が妨害する中特命係は捜査を続け、画商が自殺したのは、偶々「客選び」を間違えて半グレ集団の知人にニセ絵画を売ったために下手を打ち、ヤクザと半グレから追い詰められたのが原因と突き止めました。最後に今まで特命係を目の敵にしていた刑事部長が臨死体験を経て心を入れ替え、わざわざ特命係まで足を運んで杉下・冠城コンビに握手を求めたのには驚くと同時に何か裏があるのではと勘ぐってしまいました。

ドラマ『相棒19』10話無料動画

ドラマ『相棒19』10話のネタバレ
贋作を売っていた画商が警察に自首して来ましたが、絵を買った人物は自分が目利きではなかったと明らかにされることを嫌い、皆「騙されたわけではない」と主張します。

その結果“被害者が存在しない”不可解な状況が発生、経済事件を担当する二課でも画商を詐欺罪に問えず、結局そのまま帰すことになりました。

しかしその直後問題の画商が自殺してしまいます。

特命係の冠城亘(反町隆史)は、自殺の動機は「良心の呵責」と主張しますが、杉下右京(水谷豊)は画商が自首してきた経緯などを考え、自首して逮捕されることで“緊
急避難”しようと考えたのではないかと推理、独自に捜査を始めました。

捜査の結果、贋作の製造・販売は広域指定暴力団『扶桑武蔵桜』が取り仕切っていると解ります。

刑事部長の内村(片桐竜次)はそれを知り、関係が深い組長の桑田圓丈(大石吾朗)と連絡を取ります。

そんな中扶桑武蔵桜の組員が半グレ集団から暴行を受け、両者の衝突は大規模な抗争へと発展します。

贋作を扱っていた画商が遺書も残さず自殺したのは何故か、ヤクザと暴走する半グレ集団の関係とは。

第11話 「元旦SP オマエニツミハ」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ある日、都内の河川敷で、鎌田(永嶋柊吾)という区役所に勤める男の撲殺死体が発見される。さっそく捜査に乗り出した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、犯人とおぼしき人物が「右足をひきずっていた」ことを知る。
引用元:TELASA

第11話の感想

息子に正義を説き続け自分も正義を守る記者だった大沼は、頭では右京さんの行動を理解しても心は右京さんを恨んでいると言い、誘拐したこでまりさんの女将の命と元加害少年柚木の命のどちらを救うのか選べ、と右京さんに選択を迫ります。結局右京さんが結論を下す前に冠城が駆けつけ事なきを得、大沼は連行されていきました。一時よりも減ったとはいえ少年犯罪のニュースは今でも時折耳にします。その度に、心身が未発達の少年には更生の機会を与えるべきという意見と、大人と同じように公開の裁判で裁かれるべきとの両方の意見が交わされ、最近は厳罰化の流れが主流になっているようです。どちらが正しいのか判断が分かれるきつい内容でしたが、最後にこでまりに魚を卸しているお兄さんが、少年院に入っていたことがあるけれど、今は立派に更生して社会人として働き、結婚して子供を得たと女将が嬉しそうに話す様子が救いでした。それにしても右京さんは常に正しい、と何度も口にする大沼のセリフを聞いて初代相棒の亀山薫を思い出したのは、私だけでしょうか?右京さんの正義もシリーズ開始当初からするとだいぶ人間らしくなっていると感じますが、今回もその正義は優しい方に触れてきていると思いました。これも右京さんなりに自分に疲れてきている表れなのかもと感じました。

ドラマ『相棒19』11話無料動画

ドラマ『相棒19』11話のネタバレ
ある日、都内の河川敷で区役所に勤める鎌田(永嶋柊吾)という男性の撲殺死体が発見されます。

特命係の杉下右京と(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は早速捜査に乗り出し、容疑者と見られる人物が「右足をひきずっていた」ことを知りました。

そんな中杉下は、自分をつけ回す中年男性に気付き、彼が『こてまり』にまで姿を現したため問い質すと、職業はフリージャーナリストで仁江浜(岸谷五朗)と名乗ります。
聞けば仁江浜は、杉下が“数々の難事件を解決している伝説の刑事”と聞き、取材するつもりだったといいます。

杉下は言下に断るのですが、仁江浜はすんなり引き下がりそうにありません。

さらに仁江浜は、撲殺事件の現場にまで現れ、杉下に「少年犯罪」と「正義」について、議論を挑み挑発しますが、そこには何か別の意図があるようにも思えます。

捜査の過程で、事件被害者の鎌田は中学生時代に、無差別に人を襲い少年院に入っていた過去があると判明。

捜査一課は、鎌田に襲われた被害者による復讐殺人も視野に入れ、捜査を続行します。

すると鎌田に暴行を受けた一人で、大怪我を負い人生を台無しにされた瀬川(趙珉和)が容疑者として浮上します。

捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)は、足を引きずっていたという目撃証言とも人物像が一致する瀬川にあたりをつけ、接触を試みます。

しかしその矢先、予想だにしなかった緊急事態に見舞われ、瀬川は次の犯行を予告するようなことを口にしていました。

一方、再び杉下の前に現れた仁江浜は、またも杉下を試すような言動を取ります。

第12話 「欺し合い」

12話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

角田(山西惇)が給付金詐欺に引っ掛かっていることを察した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、詐欺グループと連絡が取れる状況を利用して、主犯を捕まえようと動き出す。角田の息子と偽って、鈴木(マギー)と名乗る詐欺グループの一員と接触した亘は、アジトを突き止めるため、「雇ってほしい」と頼み込む。
引用元:TELASA

第12話の感想

今回はコロナ禍で受け取れる給付金を狙い、伝説の詐欺師Zがヤクザが組んだサギ団を捕まえるため、何と冠城亘がサギ集団に潜入捜査を行いました。こんな時に役立つサイバー担当の青木が別件の捜査中で使えない中、何と今まで犬猿の仲だった捜査一課の3人組が特命係と角田課長が、サギ団を逆にだますための即席劇団を編成、一緒に捜査を行います。文句を言いながらも中小企業の社長や担当になりきって電話対応する3人組が愉快でした。電話の途中警察関係者では、と疑われる場面もありましたが、結果無事に一斉逮捕に至りました。元ヤクザでいかにも怪しい男と次に怪しいと思われた未成年が使われる側で、Zは一番腰が低くて気が弱そうな鈴木だった、という二転三転する展開も面白かったです。老人を狙って電話を掛ける「オレオレ詐欺」が、今や「特殊サギ」となって一般化し警察官まで被害に遭うほど巧妙になって蔓延していることを、改めて感じた回でした。

ドラマ『相棒19』12話無料動画

ドラマ『相棒19』12話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、組対5課の角田課長(山西惇)が、給付金詐欺に騙されていると察知。

この状況を利用して詐欺グループと連絡を取り、主犯を捕らえようと動き出します。

冠城は角田課長の息子と名乗って詐欺グループの一員・鈴木(マギー)と接触し、グループの拠点を突き止めるため、自分を雇うよう頼み込みました。

鈴木の口利きでグループの拠点に潜入できた冠城でしたが、目隠しをされていたため拠点の正確な場所までは特定できません。

しかしそこで佐藤(山﨑光)ら、数人の未成年が軟禁され働かされていると判りました。

そんな中冠城は鈴木から、自分たちのグループのボスが、かつて“伝説の詐欺師X”を出し抜き名を上げた、かなりの切れ者“伝説の詐欺師Z”だと聞きました。

隙を見て連絡をしてきた冠城からZの噂話を聞いた杉下は、詐欺グループに罠を仕掛けるべく角田課長や捜査一課を巻き込み行動を開始します。

果たして伝説の大物詐欺師・Zは実在するのか、事件は騙し騙されの頭脳戦に。

二転三転する状況の中、意外過ぎる結末が!

第13話 「死神はまだか」

13話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

噺家の椿家一門の師匠である椿家團路(笹野高史)が、公演中、高座で古典落語『死神』をやっているさなか、突然倒れ、そのまま息を引き取った。『死神』は、今にも消えそうなろうそくが、「お前の寿命だ」と死神に宣告された男が、死神から渡された新しいろうそくに火を移そうとするが、うまくいかず、そのまま命を落とすという演目。團路は、そのオチの部分で、高座に倒れ込む“仕草”をしたまま、動かなくなってしまったのだった。
引用元:TELASA

第13話の感想

笹野隆文さん演じる團路師匠が弟子たちに対し、セクハラ・パワハラぶりがあまりに露骨で真に迫っていて不愉快になるほどでした。衆人環視の中「死神」を演じ終わって口座の上で亡くなった師匠の死因は、検視官を含め誰の目からも病死としか見えないものでしたが、右京さんだけには別の景色が見えていたようです。捜査一課の3人組も巻き込んで見込みがないまま捜査を始めます。被害者宅を訪ねた際、師匠の好物である大福が1か月前に購入後、台所に放置されたままの様子を見て、師匠がトラブルに巻き込まれたことや、弟子の破門理由が嘘だと看破し、弟子たちを問い詰めます。また師匠の机に残されたメモから殺害方法も推測しました。今回は殺害動機、方法とも右京さんが自分の推測を述べる所で終わり、完全な事件の解明までは行いませんでしたが、こんな終わり方も目新しくて面白いと思いました。それにしても今まで特命係を目の敵にしていた刑事部長の口から、右京さんの実力は認めている、というセリフが聞ける日が来るとは思いもしませんでした。

ドラマ『相棒19』13話無料動画

ドラマ『相棒19』13話のネタバレ
ある日噺家の椿家一門の師匠・椿家團路(笹野高史)が、高座で古典落語『死神』を演じる公演中、突然倒れてそのまま亡くなりました。

落語「死神」は、今にもにも消えそうなろうそくを指さした死神に「これがお前の寿命だ」と言われた男が、死神から渡された新しいろうそくに火を移そうとするもできず、そのまま命を落とすという内容。

團路は噺のオチ部分で高座に倒れ込む仕草のまま、動かなくなりました。

亡くなった團路は高齢で、またがん闘病中であり余命宣告も受けていたことから、当初は病死と判断されます。

偶然現場に居合わせて亡くなるまでの状況を見ていた特命係の杉下右京(水谷豊)は、事件性を疑い確信を持ち独自に捜査を始めますが、冠城亘(反町隆史)や捜査一課は半信半疑でした。

杉下が調べをすすめると、團路の弟子はまとめ役・小ん路(林家正蔵)、團路からのセクハラに悩む路里多(立石晴香)、テレビでの活躍をたしなめられたり、直前に破門された若手など疑わしい面々ばかりです。

果たして舞台上で倒れた團路は病死か殺人なのか、それぞれに動機を抱えた弟子たちに対する疑惑が深まる中、杉下が落語「死神」になぞらえた事件の真相を暴きます。

第14話 「忘れもの」

14話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ある夜、中迫(宮川一朗太)という男性客が、雨宿りのために飛び込みで小手鞠(森口瑤子)が営む小料理屋『こてまり』にやってくる。中迫が店を出た後、ハンカチを忘れていることに気付いた小手鞠は、追いついたところで、彼が高校時代の同級生だったことに気付く。ところが、再会も束の間、中迫は切迫した様子で、小手鞠は半ば強引にタクシーに乗せられ、その場から連れ去られてしまう。事情を聞くと、中迫は税理士で、ある事情から暴力団とかかわり、命を狙われているのだという。話を聞いた小手鞠は、手助けを決意するが、殺人さえいとわない危険な追跡者が、すぐそばまで迫っていた。いっぽう、小手鞠の異変を察した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、わずかな手掛かりから、彼女の行方を追い始めるが…!?
引用元:TELASA

第14話の感想

ヤクザのフロント企業とは知らずにITベンチャーの財務を担当し、知らぬうちに犯罪に巻き込まれた税理士で小手鞠さんの同級生だった中迫役の宮川一朗太さんは、何とか窮地を脱しようとヤクザからお金を持ち逃げし、追われていました。真面目に頑張っても報われなかった中迫が犯罪者になっても、同級生だった彼を見捨てず彼を助けるふりをしつつ、一緒に逃げながら警察に自首するよう説得を続ける小手鞠さんが格好良かったです。今回は、右京さんと小手鞠さんが良い仲だと疑ったサイバー青木が小手鞠さんを盗撮した画像から分析して、中迫の身元を調べ組織対策5課や捜査1課と連携、ヤクザに殺されそうになった小手鞠さんの救出に成功しました。特命係が本格的に捜査を行い、他部署と連携するなど以前は考えられなかったことで、今後の展開も楽しみになりました。最後に右京さんと冠城に向かい中迫を助けようとしたのは、高校時代にオクラホマミキサーが一緒に踊れなかったから、真面目で頑張る人が好きなんだと照れくさそうに告白する小手鞠さんも素敵でした。

ドラマ『相棒19』14話無料動画

ドラマ『相棒19』14話のネタバレ
ある夜、警視庁特命係行きつけの店で小手鞠(森口瑤子)が営む小料理屋『こてまり』に、雨宿りのため男性客・中迫(宮川一朗太)が入ってきました。

小手鞠は店を出た中迫がハンカチを忘れて行ったと気付いて追いかけ、そこで彼が高校時代の同級生だったと気付きます。

中迫は切迫した様子で、話もそこそこに強引に小手鞠をタクシーに乗せ、その場から連れ去りました。

中迫によると税理士をしている彼は、仕事を通じて暴力団と関わってしまい命を狙われているといいます。

事情を聞いた小手鞠は中迫を助けようと決意しますが、殺人すら気に掛けない危険な追跡者が2人のすぐそばまで迫っていました。

いっぽう、小手鞠の異変に気付いた特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、偶然サイバー犯罪課の青木(浅利陽介)が盗撮した画像を元に、彼女の行方を探し始めます。

同級生と逃げる小手鞠に追跡者が迫るなか、特命係は救出に間に合うのでしょうか?

第15話 「薔薇と髭の不運」

15話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

貿易会社の社長・速水(綱島郷太郎)がマンションの一室で殺害される強盗殺人事件が発生。聞き込みにあたっていた麗音(篠原ゆき子)は、たまたま現場付近に居合わせ、バッグを奪われそうになったゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)を助ける。すると、速水はヒロコの店の常連で、事件当夜、電話を受け、慌てて店を出ていたことが分かる。捜査一課は、問題のマンションに呼び出された愛人・郁美(吉井怜)が犯人と見て捜査を進める。いっぽう、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、ヒロコと顔見知りのフード配達員・池澤(瀬川亮)のやり取りから、バッグを奪おうとした“ひったくり犯”の動機が、ヒロコのスマホにあった可能性を指摘。犯人は、ヒロコが偶然撮った写真に、自分が写り込んでいると思い込み、スマホを奪おうとしたのではないかという推理だった。麗音は、再び襲われる可能性があるヒロコの警護を買って出る。そんな中、右京と亘は、第一発見者となった速水の友人・相馬(佐伯新)から事情を聞く。すると、相馬にはアリバイがない上、闇金に手を出していた過去も判明して…!?
引用元:TELASA

第15話の感想

主要な容疑者は2人、どちらもアリバイが無く動機があり当初はこの2人を軸に捜査が進みますが、右京さんがヒロコママから被害者が店で会話の中で「Bカン」という単語を使っていたと聞き、今回の事件が脱税と関係していると推理、経理に詳しく被害者の事も知っていて、ヒロコママの知り合いでもある配達員を調べ事件が解決しました。今回で8回目の登場となるヒロコママは、食品配達員として頑張る彼を応援しているうちに好きになり、食事を振舞う優しい人なのに好きになった彼は被害者だったり被疑者になったりと恋が成就しないキャラクターです。容疑者の彼の事も「自分の生き方だけは自分で幾らでも変えられる」と励ましていたのに、残念ながら彼には届かず殺人まで犯してしまいました。今回も彼の逮捕を知ってお店で一人泣いていましたが、その後黄色いバラの花言葉に気持ちを込め、自分を警護した出雲刑事に渡すよう相棒コンビに託そうと「こでまり」を訪ねるヒロコママは、ちょっと意地悪で可愛らしい素敵なママさんでした。今後ヒロコママと出雲刑事、小手鞠さんの3ピースでも物語ができると嬉しいです。

ドラマ『相棒19』15話無料動画

ドラマ『相棒19』15話のネタバレ
マンション室内で貿易会社社長・速水(綱島郷太郎)が遺体で発見されました。

警視庁捜査1課・出雲麗音(篠原ゆき子)は聞き込み中、現場近くでバッグを強奪されかけた、バー「髭と薔薇と…」のママ・ヒロコ(深沢敦)を助けます。

出雲はヒロコから、殺害された速水が自分の店の常連で、事件当日速水が電話を受けた後慌てて店を出たと情報を得ました。

捜査一課では犯人が当日速水から現場マンションに呼び出されていた愛人・郁美(吉井怜)と推測し捜査を開始します。

一方ヒロコと旧知の中でもある特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、配達員・池澤(瀬川亮)とヒロコの会話から“ひったくり犯”はヒロコが自分を撮影したと誤解しスマホを奪おうとした強盗殺人犯では、と推理。

出雲はヒロコが再び襲われる可能性もあると考え、警護を申し出ます。

杉下と冠城は、遺体の第一発見で友人でもある相馬(佐伯新)から事情を聞き、相馬に事件当時のアリバイが無く、金銭に困っていたことも調べ上げました。

果たして強盗殺人犯は誰なのか、事件を呼び寄せてしまうヒロコママが事件解決のカギを握っているのでしょうか。

第16話 「人生ゲーム」

16話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

顔に殴られたアザのある少年を見かけ、声を掛けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、思い掛けず「友だちを助けて下さい!」と頼まれる。そんな中、近年急激に成長している激安スーパーの創業者・小峰(鎌倉太郎)の小学生の息子が誘拐される事件が発生。ところが、小峰は警察に介入されたくない理由でもあるのか、一向に通報する様子がない。それでも、異変を察知した右京と亘は、伊丹(川原和久)や角田(山西惇)らの協力をあおぎ、手分けして捜査を始める。誘拐に荷担していると思われる男・安村(今野浩喜)をマークする右京。沈黙を守っている小峰家の動向を探る亘。事件発生に半信半疑ながら“容疑者”の一人を注視する伊丹たち。そして、アザのある少年の保護者に会い、怪我の理由を問い質す角田。さらに、青木(浅利陽介)までもが張り込みに駆り出される。それぞれが独自の動きを見せる中、事件は思ってもみない方向に転がっていく!
引用元:TELASA

第16話の感想

顔にアザがある少年は、母親の交際相手から虐待を受けていました。友達を助けて欲しいという少年の言葉から誘拐事件の被害少年が「友達」で、彼を助けて欲しいと頼んでいると思い込んで見ていたのですが、友達は30代男性のことで、誘拐事件に巻き込まれそうだから助けて欲しい、と右京さんに訴えたのでした。2人は追い詰められて自殺を図ろうとして出会い、辛い身の上を語り合ううち友人なった男性は、友達の男性は不器用で幼馴染みの借金まで背負う羽目になった元和菓子職人です。そして少年のために人生ゲームの不幸なコマを良い出来事に書き換える思いやりを持った優しい心の持ち主でもあり、2人でゲームをする様子は微笑ましかったです。一方の誘拐の被害少年は、経済的には福で恵まれた生活を送って居ながら親とは不仲で、遂には大人を巻き込み自ら偽装誘拐を企てており、彼もある意味気の毒で、胸が痛みました。今回も特命係が捜査一課の3人と組対の角田課長を巻き込み捜査を行っているところが新鮮で、最後に保護した虐待少年を規則を破って「友達」に引き合わせた角田課長の優しい心遣いが沁みました。

ドラマ『相棒19』16話無料動画

ドラマ『相棒19』16話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が、顔にアザがある少年を見かけ声を掛けると、少年から「友だちを助けて下さい!」と頼まれます。

一方で、激安スーパー創業者・小峰(鎌倉太郎)の息子が誘拐されたと見られるのですが、小峰は警察に通報する様子がありません。

小峰家に異変があると感じた杉下と冠城は、捜査1課の伊丹(川原和久)や組織対策犯罪課・角田課長(山西惇)たちにも協力を頼み捜査を開始。

杉下は誘拐に関与がしていると思われる安村(今野浩喜)を見張り、冠城は沈黙を続ける小峰家の動向を探ります。

伊丹たちは事件の発生そのものに疑いを抱きながらも、“容疑者”を監視、角田課長は顔にアザがある少年の家へ行き、保護者を叱りつけました。

杉下はサイバー犯罪対策課の青木(浅利陽介)まで駆り出し張り込みを行わせ、ついに事件は思いがけない方向へ動き始めます。

アザのある少年と誘拐事件には関連があるのか、特命係を中心とした捜査チームが一丸となり、意外な真相を解明します。

第17話 「右京の眼鏡」

17話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

老舗眼鏡メーカー・田崎眼鏡の女性専務が、殺害される事件が発生。田崎眼鏡では、3か月前、社長の田崎恭子(かとうかず子)が心臓発作で倒れた後、“お家騒動”が勃発。警察は、恭子の長男が、社長を代行していた女性専務に反感を抱き、殺害したとして行方を追っていた。いっぽう、向かいのマンションを興味本位で覗いていた青木(浅利陽介)は、不審な入居者を目撃。話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が調べると、次男と末娘が恭子をかくまっていることが判明する。
引用元:TELASA

第17話の感想

今回はサイバー担当の青木向かいのマンションで監禁事件が起きていると特命係に駆け込んできて、調べた結果住んでいるのは捜査1課が担当している殺人事件と関連がある人物と判明。監禁事件は起きていなかったものの殺人事件が解決します。このメーカーでは顧客の顔を360℃測定してフィット性を高め、更に小さなビス一つから手づくりする程のこだわりを持っており、これが事件を解決に導くカギにもなりました。持ち物にこだわりを持ち、眼鏡にも強い関心を持っている右京さんだからこそ、職人さんが作っている試作品のビスに気付き、結果事件が解決できたのだと思いました。相棒シリーズではこれまでも「右京の時計」や「右京のスーツ」のように、職人が容疑者だった話が数回あり、どの容疑者も職人気質で自分の腕に自身と誇りを持った人物です。この種の人と右京さんに親和性があるからこそ、右京さんが事件に引き寄せられ、さらにこのこだわりこそが相棒シリーズ全体を面白くしているのだと改めて思いました。

ドラマ『相棒19』17話無料動画

ドラマ『相棒19』17話のネタバレ
田崎恭子(かとうかず子)社長が、3か月前心臓発作で倒れた老舗メーカー・田崎眼鏡の女性専務が殺されました。

警察は恭子の長男が、社長代行の女性専務に対して反感を抱いた末殺害した、いわゆる「お家騒動」による犯行と推測し、行方を追います。

そんな中警視庁サイバーセキュリティー対策課の青木(浅利陽介)は、向かいのマンションを覗いている不審な入居者を目撃し、その話を聞いた特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が調べると、療養中の恭子を次男と末娘が匿っていました。

2人は病床の恭子を動揺させまいと、専務の殺害、長男に対する容疑などの情報を遮断しているようです。

杉下は田崎眼鏡で職人・松田(青山勝)に眼鏡を注文し詳しく話を聞くと、田崎家のお家騒動には隠された事実があると知り、さらに杉下は事件現場にも不自然な点が複数あると気付きます。

老舗眼鏡メーカーのお家騒動にある、裏事情と関係者の思いに翻弄された特命係が明らかにする事件の背景と、隠された悲しい真実とは。

第18話 「選ばれし者」

18話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

『魔銃録』という人気小説の作者が銃殺される事件が発生。凶器は、数か月前、収賄疑惑を掛けられた代議士襲撃事件で使われた古い銃と思われたが、問題の銃はすでに警察が押収し、厳重に保管されていたため、ネットでは「魔銃が現れた」と騒がれていた。銃を「野蛮で旧式な武器」と嫌う右京(水谷豊)は、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。線条痕の再鑑定をしている警察庁の付属機関・科学警察研究所を訪れる。
引用元:TELASA

第18話の感想

拳銃ごとに違うはずの線状痕が同じ銃が複数存在し、しかも銃を扱った小説「魔銃録」で話題の作者が被害者になった、というミステリの王道を行くような導入部分に引き付けられました。謎解きに夢中になって線状痕研究の第一人者黒岩雄一(上杉祥三)が怪しいと思って見ていたら、米国留学中に銃で脅された時の屈辱が忘れられず、研究を通して日本でもその危険性に目を向けて欲しいといびつな考えを持つに至った犯罪心理研究員・久保塚雅美(前田亜季)が黒幕との結末に、まんまと騙された想いです。そして「魔銃録」作者の作風が今までの小説と異なる点に目を付けて著作資料を当たり、科捜研の極秘資料から事件との関連を見つけ出すところに、相棒らしさが感じられました。物語の冒頭で、現在日本国内で流通している銃が推定10万丁あると言われていること、国内で押収された拳銃のうち暴力団絡みが19%でその他は一般市民が持つと考えられているとあり、それが本当ならば一般の人が何故銃に惹かれるのか、規制が厳しい中何故人は敢えて危険な銃を持つのか、その点が知りたくなりました。

ドラマ『相棒19』18話無料動画

ドラマ『相棒19』18話のネタバレ
人気小説「魔銃録」の著者が銃殺されました。

使用された銃は、数か月前代議士が銃で襲撃された際に使用されたものと同一と鑑定されましたがすでに警察が押収・保管していたため、ネット上で「魔銃が現れた」と騒ぎになります。

銃を「野蛮で旧式な武器」と嫌っている警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)は、冠城亘(反町隆史)と独自に捜査を始め、銃の線条痕を再鑑定した警察庁の関連機関・科学警察研究所を訪れます。

主任研究官の黒岩(上杉祥三)は、問題の銃は警察から持ち出されておらず、また線状痕の鑑定が誤りである可能性もないと断言、犯罪要因の研究員・雅美(前田亜季)も黒岩の鑑定を支持しました。

捜査を担当する一課では、小説の熱狂的なファンやアンチ、また暴力団の関与まで範囲を広げて捜査を進めていましたが、容疑者も凶器も見つけられず、ネット上では「魔銃は増殖する」との噂も流れ始めています。

捜査が続く一方、「魔銃」の所有者が新たな犯罪を画策していました。

果たして「増殖する魔銃」は実在するのか、熱狂的なよび読者を持つ人気作家が殺害された理由は何か、「野蛮な武器」が呼び寄せる驚愕の事件とは?

第19話 「暗殺者への招待」

19話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件の首謀者でありながら、罪をまぬがれたIT長者の加西周明 (石丸幹二) 。背景には、衣笠副総監(杉本哲太)の“ツルの一声”や、さらに上からの“政治的圧力”があったと思われるが、うやむやのまま実行犯である朱音静 (日南響子) だけが逮捕されていた。しかも、当初は加西の関与をほのめかしていた静が、大手事務所の弁護士と接見した後、突然態度を翻し、供述の“保留”を申し出た。静の不可解な動きを耳にした右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が真意を確かめようと動き出した矢先、加西の口車に乗って転落死した男の母親・蒔子(松永玲子)と顔を合わせる。蒔子は、息子の恋人だった静を娘のように思い、何かと世話を焼いているらしい。いっぽう、おとがめなしで自由の身を謳歌している加西の処遇をめぐっては、内閣官房長官の鶴田(相島一之)や、国家公安委員長の鑓鞍兵衛 (柄本明) も関心を寄せていた。
引用元:TELASA

第19話の感想

捜査一課所属の出雲刑事が狙撃された事件の続編です。実行犯・朱音のみが逮捕後送検されたものの、検察官取り調べで供述内容を認めず保留したため裁判が開かれないままで、結果黒幕と思われる加西の犯罪への関与もはっきりしないままです。出雲刑事を始め捜査1課も特命係も、裁判を開いてその過程で朱音から話を引き出して加西を追い詰めたいのに、肝心の朱音が供述内容を翻し、加西は事件に関係なく自分の金持ちへの嫉妬から加西を巻き込んだとまで言い出しました。加西の指示で朱音を弁護する女性や加西も、そして国家公安委員長の槍蔵まで、今回の話は腹黒そうな人たちが多く出ましたが、ただ一人朱音の元交際相手の母親だけが真面目でウソがつけない優しい人で、気持ちが救われます。でも最後にはその真面目な母親が大きな問題を引き起こし、これが解決しないまま次回へ持ち越されました。最後には内調まで登場する大ごとになってしまったので、この長いながい話に果たして正しい審判が下されるのか、少し心配になってきています。

ドラマ『相棒19』19話無料動画

ドラマ『相棒19』19話のネタバレ
IT長者・加西周明 (石丸幹二)は、元白バイ隊員で現在は捜査1課所属・出雲麗音(篠原ゆき子)の銃撃事件の首謀者でありながら罪をまぬがれ、事件への関与すらうやむやのまま実行犯の朱音静 (日南響子) だけが逮捕されていました。

その背景には、衣笠副総監(杉本哲太)や更に上からの政治的圧力があったと考えられます。

当初は事件に加西の関与があったと述べていた朱音でしたが、大手事務所の弁護士との接見後、突然態度を変え供述の“保留”を申し出ました。

朱音の変心を聞いた杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が調べ始めると、加西に騙され転落死した男の母親・蒔子(松永玲子)に会いましたが、彼女は息子の元恋人・朱音のことををまるで実の娘のように世話を焼いているようです。

一方自由を謳歌する加西の処遇に関しては、内閣官房長官・鶴田(相島一之)や、国家公安委員長・鑓鞍兵衛 (柄本明) も関心を持っていました。

そんな中、1年前の殺人事件で追及を逃れた内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)により、驚くべき情報がもたらされます。

第20話(最終回) 「暗殺者への招待」(後篇)

20話(最終回) の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

加西 (石丸幹二) が殺し屋に狙われているという情報をめぐり、内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)から協力を持ち掛けられた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)。内調でも“加西不逮捕”の件を調査していたというが、右京はさらに上の権力者から、指示があったのではないかと疑う。いっぽう、加西の気まぐれで殺されかけた麗音(篠原ゆき子)は、鑓鞍 (柄本明) が衣笠副総監(杉本哲太)に加西の警護を要請した件も含めて、美彌子(仲間由紀恵)に不満をぶつけていた。同じ頃、麗音銃撃事件は単独犯で、加西は関係ないと供述を翻した静 (日南響子) が、加西からの金銭授受に蒔子(松永玲子)を利用している疑惑が浮上。しかし、当の蒔子は、黙秘の構えを見せていた。そんな中、内調を動かしているのは、官房長官の鶴田(相島一之)とにらんだ右京と亘は、鶴田から事情を聞く。すると、加西は政界に深く食い込んでいて、特に鑓鞍とは昵懇の関係にあると証言する。
引用元:TELASA

第20話(最終回) の感想

都合4回にわたって続いた出雲銃撃事件と加西を巡る謎が、ようやく結末を迎えました。加西に大金を積まれて銃撃を実行した朱音と、朱音の元恋人の母親・蒔子が逮捕を逃れた加西に制裁を加えるため殺し屋を雇い殺害しようとしていた裏には、かねてより加西から巨額の支援を受けいて、それを疎ましく思っていた官房長官の意向が働いていました。官房長官は加西を担当している巨大弁護士事務所に圧力をかけ、朱音が加西を殺すように仕向けていたのです。そして朱音が加西が捕まらないように偽証する代わりに受け取るはずだった6億円の報酬も、加西が嫌疑をまぬかれた段階で、朱音には渡らず弁護士事務所が着服できるよう、手形を使って巧妙な罠が仕掛けられていました。結果加西は7名のボディーガードと共に事故を装い殺害されましたが、それも官房長官からの指示で、あろうことか内閣調査室の柾庸子が殺し屋を雇って実行させたと供述します。内容がかなり入り組んでいましたが、手形不渡りを利用した買収金の還流や内調から提供された証拠がフェイクと気付く所など、随所に特命係ならではの知識と経験が真相究明に活かされた、見応えがある回でした。今後は刑事部長と警視庁全体が特命係の味方に付く代わりに、官房長官と内調(と警視庁副総監)が本気で特命係を潰すどころか杉下・冠城コンビの命まで狙うようになりそうです。また今回は特命係に協力的だった社広報課長も、今後は捜査1課の出雲刑事と組んで何か企みそうな動きもあって、以降のシリーズ再開が待ち遠しいです。

ドラマ『相棒19』20話(最終回) 無料動画

ドラマ『相棒19』20話(最終回) のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、加西 (石丸幹二) が暗殺対象になっている案件につき、内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)から捜査協力を持ち掛けられます。

柾によれば、内調でも加西の事件を調べていたといいますが、杉下はそれが権力者からの指示ではと疑っていました。

いっぽう、加西に銃撃された捜査一課の出雲麗音(篠原ゆき子)は、国家公安委員長の鑓鞍 (柄本明) が衣笠副総監(杉本哲太)に加西の警護を依頼した件なども含め、警視庁広報課課長の社美彌子(仲間由紀恵)に不満をぶつけています。

同じ頃出雲銃撃事件は自分の単独犯で、加西は無関係と供述を翻した朱音静 (日南響子) が、加西から万津蒔子(松永玲子)を経由して買収されているとの疑惑が浮上しますが、蒔子は黙秘していました。

杉下は、鶴田官房長官が内調を動かしていると睨み、事情を聞くと加西は鑓鞍とは昵懇の間柄であると証言を得ます。

自身が暗殺の標的であるにも関わらず、大胆な行動に出る加西、一方朱音静と蒔子の共謀には、意外な理由がありました。

加西暗殺計画には様々な陰謀が渦巻き、驚くべき事態を招きます。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで動画を視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『相棒19』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『相棒19』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TELASA

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

レンタル配信
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
600pt付与

dtv

レンタル配信
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
ポイント付与なし

music.jp

レンタル配信
330円(パック3,300円)
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

Amazon

レンタル配信
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

TSUTAYA TV

レンタル配信
330円(パック3,300円)
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

ひかりTV

レンタル配信
330円
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「相棒19」は、TELASAにて配信中です。

TELASAは、テレビ朝日で放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん15日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

TELASAでドラマ『相棒19』の動画を無料視聴

ドラマ「相棒19」はTELASAにて見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

TELASAでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「相棒19」に出演している反町隆史や仲間由紀恵の出演作品

  • 男たちの大和/YAMATO
  • 24 JAPAN
  • トリック劇場版 ラストステージ

もTELASAで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「相棒19」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月12日まで無料!

TELASAの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TELASAの登録方法
  1. 「TELASA」にアクセスして、「初回15日間無料」または「今すぐ始める」を選択
  2. au IDがある場合は「ログイン」を選択
  3. au IDがある場合はログイン後、利用規約を確認し「規約に同意して加入」を選択し、登録完了
  4. au IDがない場合、「au IDを新規登録」を選択
  5. 「au IDを登録」を選択
  6. メールアドレスを入力して、「確認コードを送信する」を選択
  7. 確認コードを入力して「次へ」を選択
  8. 必要な情報を入力して、「利用規約に同意して登録する」を選択し、登録完了
TELASAの解約方法
  1. TELASAのWebサイトにアクセスし、ログインする
  2. 右上のボタンを押し、「退会」ボタンを選択
  3. 画面の指示に従い「退会手続きを進める」を選択
  4. 「退会する」を選択
  5. 退会完了

ドラマ『相棒19』再放送(2021年)の予定は?

ドラマ「相棒19」の再放送ですが、2021年11月現在、予定を含めて放送はありませんでした。

しかし、TELASAなら今すぐドラマ「相棒19」を視聴できます!

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

TELASAは、テレビ朝日で放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん15日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

 

ドラマ『相棒19』あらすじや感想

ドラマ「相棒19」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「相棒19」の全体あらすじ
ある事情から、白バイ警官の出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を捜査し始めた特命係の右京と亘。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑)という男性が転落死します。生前、幸矢が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明。両者の関係を調べる中、幸矢が「ネオ・ジパング」と呼ばれる謎の“仮想国家”の住民だったことがわかります。その仮想国家「ネオ・ジパング」の“建国の父”とは、IT長者の加西周明。「ネオ・ジパング」の存在に疑問を抱き、現実世界での事件との関連性を探り始めた特命係はやがて、巨大な仮想国家の実態、そしてそれを築き上げた加西の思惑を知り、事件は思いもよらぬ方向へと展開していくのです…!『相棒』史上初となる“VR=仮想現実”の世界をテーマにした今作。現実と仮想の世界を行き来するという前代未聞の事態に、右京はどのように挑んでいくのでしょうか?
引用元:テレビ朝日公式サイト
ドラマ「相棒19」の見どころ
20年間親しまれてきた相棒シリーズ。

本作はその第19弾で、シリーズは20周年を迎えました!

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘のコンビも6シーズン目に突入し、これまで以上に安定感を増したバディとなっています。

さらに、お馴染みのレギュラー陣に加えて、新レギュラーの森口瑤子演じる小出茉梨がどのような役回りをするのかにもご注目下さい。

シーズンを重ねるごとにアップデートを重ねてきた相棒シリーズ。

“今の時代”だからこそ描ける事件を、2人がどのように解決していくのでしょうか?

個性的な登場人物たちが繰り広げる人間模様にワクワク感が止まりません!

長きにわたって愛され続ける極上の刑事ドラマ、未見の方はぜひ一度ご覧になってみて下さい。

本日から12月12日まで無料!

ドラマ『相棒19』の感想

女性40代

相棒シリーズが大好きで、1作目からずっと見ています!長く続いている作品ということもあり、過去に登場した人物が再登場するのも見どころのひとつ。シーズン18の最後に登場した森口瑤子さんが、今後どんな役回りをするのか気になります。これまでの人脈とかがすごそうなので、とんでもないことをしでかすのではないかとワクワクです!

女性30代

右京さんと冠城亘さんのコンビが続くということで嬉しいです。これまで様々な相棒たちが登場しましたが、反町隆史さんのファンとしてはこの2人が一番好きな相棒です。反町隆史さんが登場して、もう6回目の相棒シリーズということで、2人の距離感がどんどん近くなっている様子も毎回見ていて楽しいです。今回も2人の関係に注目して見たいと思います。

男性50代

前回のシーズンラストで、甲斐元次長の紹介の小料理屋の女将が森口瑤子ということに衝撃を受けました。元妻のたまきさんはシーズン10でいなくなってから新しい女将さんとなっていましたが、密かに再登場を期待しています。笑。今回の女将さんは、これから事件とどのように繋がっていくのか楽しみです。今後も右京さんの冴え渡った推理を期待しています!

ドラマ『相棒19』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、水谷豊・反町隆史主演のドラマ「相棒19」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

6年目を迎える反町隆史と水谷豊のコンビ。

現代の事件を2人がどのように解決していくのか、そして新たに加わった小料理屋の女将の小出茉梨にも注目しつつご覧ください。

そんなドラマ「相棒19」の動画はTELASAで見放題配信中です。

無料お試し期間の15日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひ動画をチェックしてみてください!

本日から12月12日まで無料!