ARCHIVE            

「ufotable」制作作品一覧

鬼滅の刃 無限列車編(TVアニメオリジナル)

竈門炭治郎 立志編、遊郭編、それぞれと繋がるエピソードである無限列車編を、テレビアニメという形で繋ぎます。 第1話は、煉獄杏寿郎が鬼殺隊本部を旅立ち無限列車へと向かう道中の任務を描いた完全新作エピソード。 第2話~第7話は、無限列車での任務を、約70カットの新作追加映...

鬼滅の刃 遊郭編(2期)

無限列車での任務を終えた炭治郎たちの次なる任務を描く遊郭編。鬼殺隊最高位の剣士《柱》の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが向かうのは、鬼の棲む遊郭。新たな戦いが幕を開ける。

劇場版「空の境界」未来福音

よう、追いついたぜ、爆弾魔 1998年8月3日、猛暑の盛り。倉密メルカを追って、両儀式は現れた。「――よう。追いついたぜ、爆弾魔」その直後、式は爆発に巻き込まれる。彼には『未来を予見する力』があった。同じ夏。礼園女学院の生徒・瀬尾静音はひょんなことから、黒桐幹也に出会う。...

劇場版「空の境界」第七章 殺人考察(後)

「殺人と殺戮は違うんだ。覚えてる、コクトー? 人は、一生に一人しか人間を殺せないって」心の底から「特別」になりたかった。その願いが選択を誤らせた。否、あえて過ちへと導かれた。当時、それは最高にして唯一の方法だと信じて疑わなかったのだから。それは4年前のこと。1995年。彼...

劇場版「空の境界」第六章 忘却録音

「泣いて謝ったって、絶対に許さないんだから──!」おそらくは請け負う内容に「不可能」という言葉ほど似つかわしくないであろう「伽藍の堂」に舞い込んだ、とある依頼。それは黒桐幹也の妹である鮮花に託された。内容は自身が通う礼園女学院での不可解な出来事。犯人は妖精、だという。果た...

劇場版「空の境界」第三章 痛覚残留

――はい。とても……とても痛いです。わたし、泣いてしまいそうで―― 繁華街で起こった殺人事件。被害者は四肢を引きちぎられていた……。犯人探しをする橙子、依頼を受けた式、別ルートから事件にふみこんでしまう黒桐。やがて判明する事件の全容とは?

劇場版「空の境界」第二章 殺人考察(前)

私は、おまえを犯したい。春、着物姿の君を見つけた。声をかけた。怪訝そうに返された。やがて君は、ほんの少しだけ僕と言葉を交わすようになる。けれど、君には誰とも共有できない秘密があった―――それは、抑えきれない破壊衝動。これは高校生だったころ、16歳の両儀式と黒桐幹也が出会う...

劇場版「空の境界」第一章 俯瞰風景

「行こう、行こう、行こう、行こう―――」私はただ望んだだけ。この窓の外の世界を。彼に連れて行ってほしかっただけ。それは、少女たちの飛び降り自殺が相次いだ夏の終わりの物語。彼女たちは、突発的に廃墟と化したビルの屋上から空へと踊る。そして落下。待っているのは死。学校も異なり、...