相棒 season20

2021年10月から放送されたドラマ『相棒 season20』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『相棒 season20』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TELASAであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

TELASAの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

本日から6月9日まで無料!
ドラマ『相棒 season20』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
関連作品
話数 全20話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『相棒 season20』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「相棒 season20」の動画は、TELASAにて見放題配信中です。

相棒 season20 TELASA
(画像引用元:TELASA)

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「相棒 season20」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

また期間中であればドラマ「相棒 season20」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TELASAの特徴を表にまとめています。

月額料金 618円
無料お試し期間 15日間
初回登録特典 なし
継続特典 毎月550円分のビデオポイント付与
見放題作品数 1万本以上
取扱作品数 非公開
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに、他では配信されていない特撮ヒーロー作品や、テレビ朝日の人気ドラマやバラエティ番組を独占配信中!

他では見れない人気の作品を、楽しむことができますよ!

本日から6月9日まで無料!

第1話 「復活~口封じの死」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

IT長者・加西周明 (石丸幹二)の殺害容疑で逮捕送検され、判決確定までの間、東京拘置所に拘禁されていた元・内閣情報調査室職員・柾庸子(遠山景織子)の接見が突然、禁止となった。不審に思った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が事態を探りはじめた直後、内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が突如、“こてまり”に姿を現す。官房長官自らのお出ましにギョッとする2人に、鶴田は驚愕の事実を告げる。なんと、庸子が拘置所内で自殺したというのだ。冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動きはじめるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。そして、ついには、亘が逮捕される事態に――!いきなり窮地に追い込まれた特命係は、どうやって真実を突き止めるのか!? そして、出雲麗音(篠原ゆき子)狙撃事件からはじまる一連の事件の真相を暴くことはできるのか!?
引用元:TELASA

第1話の感想

今回は、19シリーズ最終回「暗殺者への招待~宣戦布告」の後日譚というか、続編のような内容でした。19シリーズの最終回に納得できなかったので、これで伏線が回収されるというか不満が解消されるかと期待していました。なのに元内閣調査室の柾が拘置所?で自殺、その上冠城が窃盗犯で捕まり、驚きました!窃盗犯は中郷元弁護士なのに、ディープフェイク動画が証拠になり冠城が逮捕されたのは、警察でも判定できないほど技術革新が進んだ、ということでしょうか。その上中郷元弁護士も殺害されました。鶴田官房長官が内調を動かし、謎の筋トレ暗殺者(女性)の犯行だろうなあと推測しますが証拠はなさそうだし、どう決着をつけるのでしょう。久しぶりに朱雀元官房長官まで出て来るし、甲斐峯秋も週刊誌に載って動きを封じられ、特命係の存続自体が怪しくなったようです。このまま鶴田官房長官の思惑通りに事件を決着させないよう、特命係の奮起を期待します。

ドラマ『相棒 season20』1話無料動画

ドラマ『相棒 season20』1話のネタバレ
半年前の春、官房長官の鶴田翁助(相島一之)は、IT企業社長の加西周明(石丸幹二)の暗殺を命じながら、愛人の柾庸子(遠山景織子)に“自白”させ、罪を逃れました。

自身が追い詰め、鶴田が師と仰いでいる元官房長官の朱雀武比古(本田博太郎)が、3年前に仮出所していたと知った、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。

朱雀を訪ね、柾事件の裏に鶴田の思惑が隠されているのでは、と探りを入れた途端、拘置所に収容中の柾との接見が突然禁止になりました。

杉下と冠城が不信に思い事情を調べ始めると、その直後鶴田が「こてまり」に現れ、柾が拘置所内で自殺したと伝えます。

鶴田が残忍にも柾の口封じを図った、と考えた2人は、柾の死の真相を突き止めようと捜査を開始し、同じく彼女の死に疑問を持った元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も動きはじめます。

しかし、柾の事件には予想を超えた複雑な陰謀があると判明し、冠城が逮捕される事態へと発展しました。

加西暗殺を仕掛けた人物たちの思惑は何か、柾の自殺の真相は?闇の権力が動き始めます。

第2話 「復活~死者の反撃」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が、自室で死んでいる中郷都々子(織田梨沙)を発見した。一見、自殺に見えるが、玄関は施錠されておらず、部屋が冷房で極端に冷やされているという、不可解な点もあった。それでも捜査一課は、都々子の死を、自殺として処理。納得いかない右京と亘は、捜査を続行しようとするが、亘が罪をなすりつけられた“鍵泥棒”の一件が尾を引く。形式上、特命係を統括している峯秋(石坂浩二)が、マスコミに糺弾されるなど、外部から圧力が掛かったのだ。背後には、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の暗躍があると思われるが、尻尾を掴むことはできない。そればかりか、これまでの経緯から、亘が免職の危機にさらされる。しかし、ひるまない右京は、加西周明(石丸幹二)が遺した“鍵”に鶴田の弱点が隠されていて、それこそが一連の出来事の真相解明の足掛かりになると推理。右京と亘は、青木(浅利陽介)をともない、鍵が示す“ある場所”を訪れるが…!?
引用元:TELASA

第2話の感想

鶴田官房長官主導、衣笠副総監(杉本哲太)サポートによる特命係と甲斐峯秋潰しが露骨になり、甲斐は特命係に鶴田への徹底的な反撃を命じました。甲斐は今まであまり熱くなることが無かったので、珍しく思いました。自殺と見られた弁護士殺は実は殺害されたと判明、実行犯と思われる殺し屋の女性まで殺害され、内閣情報官の栗橋東一郎(陰山泰)が逮捕されます。それにしても彼女が加西を殺した派遣料理人と同一人物だったとは、驚きました。整形とトレーニングで別人のような容姿を手に入れたと説明されましたが、「相棒」にしてはちょっと設定が杜撰かも。1話からトレーニングシーンが多く映っていたのも、この伏線だったのでしょうか。栗橋は悪事のため元2課の刑事鷲見も使っていたようですが、彼は釈放されました。この時甲斐を守るため、広報課課長の社(仲間由紀恵)が副総監と何か取引をしたようです。今まで副総監にべったりだった青木が、最後特命係と共に加西が残したバーチャル世界へ侵入しました。果たして青木は信頼できるのか?そして加西が残した秘密が何で、鶴田の悪事が暴かれるのか、来週こそスッキリ解決して欲しいです。

ドラマ『相棒 season20』2話無料動画

ドラマ『相棒 season20』2話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、弁護士の中郷都々子(織田梨沙)の自宅を尋ね、死亡している彼女を発見しました。

遺体は自死のように見えながら、玄関の鍵は空いており室内は冷房の効き過ぎで冷え切っているなど、自殺にしては不可解な点もあるのに、捜査一課は自殺として処理します。

杉下と冠城はこの決着に納得がいかなず、捜査を続けようとしますが亘が罪を着せられようとした「鍵泥棒」の一件が尾を引いて思うように動けません。

それは、形式上特命係を統括する甲斐峯秋(石坂浩二)がマスコミから糺弾されており、外部から圧力が掛かったためでした。

一連の圧力の背後では、官房長官の鶴田翁助(相島一之)が暗躍していると思われますが、鶴田は巧妙で尻尾を掴ませませず、そのうえ冠城は免職させられそうに。

しかし杉下は一歩も引かず、IT長者の加西周明(石丸幹二)が遺したという「鍵」が鶴田の弱点であり、一連の事件を解明する手掛かりになると推理しました。

杉下と冠城はサイバー担当の青木(浅利陽介)を連れ、鍵が暗示する「場所」を訪れます。

第3話 「復活~最終決戦」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)をともなって、加西周明(石丸幹二)が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。そこに、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の“弱点”が隠されていると踏んだ右京たちは、加西のアバターに案内されるまま歩を進めるが…。いっぽう、元内閣情報官の栗橋(陰山泰)は、柾庸子 (遠山景織子) の一件をめぐって捜査一課から厳しい追及を受けていたが、関与が疑われる鶴田をかばってか、完全黙秘を貫いていた。同じ頃、警視庁では、異例の事態が起きていた。広報課長を務める美彌子(仲間由紀恵)に辞令が下り、思わぬポストに異動することになったのだ。背後には鶴田の手引きや美彌子の思惑があるとみられるが、真相は不明。そんな中、鶴田は加西が握っていたと思われる、自身の“弱点”を潰しに掛かるが…!?
引用元:TELASA

第3話の感想

サイバー青木が、仮想現実「加西の館」に侵入するため仕込んだバックドアは鶴田たちに破壊され、館に残された鶴田の弱点も消滅しました。社が甲斐峰秋(石坂浩二)を助けるためというより、鶴田に情報を流す、警視庁と鶴田の2重スパイだったのではと相棒コンビも疑います。社はこの後内閣情報室長に抜擢、これは鶴田による論功行賞人事にも見えました。しかし、加西が残した「現実の証拠」を杉下が見つけ、言い逃れできないと感じた鶴田が警視庁に出頭しました。自分は普段から口が悪く「殺せ」「消してしまえ」は当たり前だった、周囲が勝手に忖度して殺したのだ、で逃げられては目も当てられません。今回は大物退治が大好きという検事が新キャラクターとして登場、更に大きな権力を持つ社の今後にも期待大です。一方、シリーズ当初杉下の相棒?的存在だった故小野田官房長が出演!私は、杉下が念願叶って初めて見た幽霊だと思いました。杉下の中では今でも、官房長は特別だったのですね。と同時に、杉下が彼岸へ連れていかれる予兆にも思えて、少し不安です。柾が生きていたことや殺し屋を始末した方法など残念な場面もありましたが、鶴田が制裁を受け満足しました。

ドラマ『相棒 season20』3話無料動画

ドラマ『相棒 season20』3話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、サイバー担当の青木(浅利陽介)と共に、仮想現実の世界へと足を踏み入れます。

そこは、IT長者の加西周明(石丸幹二)が生前創った世界で、杉下たちは官房長官の鶴田翁助(相島一之)が隠す「弱点」があると考え、加西のアバターに導かれて先へ進みました。

一方、鶴田の指示を受けたと見られる元内閣情報官の栗橋(陰山泰)は、柾庸子(遠山景織
子)の死を巡って捜査一課の厳しい追及を受けますが、鶴田を庇い完全黙秘を貫きます。

同じ頃警視庁内では、広報課長の社美彌子(仲間由紀恵)に対し、意外なポストへの異動辞令が下り、混乱が起きていました。

辞令の背景には、鶴田の手引きや社の思惑があると想像されますが、真相は解らないまま。

そんな中、鶴田は加西がかつて掴んだ自身の「弱点」を潰そうとしていました。

加西が仮想世界に遺した「切り札」とは何か、また警視庁内で起きる権力闘争の行方はどこへ向かうのか、特命係が真相に迫ります。

第4話 「贈る言葉」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

陣川(原田龍二)は、高校時代からの友人で、現在はゲームクリエイターとして活躍している鴫野大輔(黒田大輔)から結婚式のスピーチを依頼され、大張り切り。しかし、内容が今ひとつのため、鴫野が長年世話になっているというスピーチライターの宮森由佳(瀬戸カトリーヌ)を紹介される。興味を持った右京が、陣川に同行し、由佳から話を聞いていると、陣川の携帯に鴫野から連絡が。突然、殺人事件の容疑が掛けられ、警察から事情聴取を受けているという。助けを求められた陣川は、右京と亘(反町隆史)をともなって急行。殺されたのは鴫野の下で働いていた元社員の男性で、死の直前、『お前を絶対に許さない。全てを公にして謝罪しろ』というメールを鴫野に送っていたという。内容から、ゲーム開発に関して、鴫野に恨みを持っていたと思われるが、鴫野自身は容疑を全面否認。それを信じた陣川は、右京と亘を巻き込み、独自の捜査を始める。
引用元:TELASA

第4話の感想

ラストで酔っぱらって失恋の憂さを晴らすのがお約束の陣川君が、冒頭から「こでまり」で特命係とお酒を飲んでいる珍しい展開でした。親友の結婚式でスピーチを頼まれたそうですが「結婚生活に必要なのは3つのバラ」と陣川君、斬新すぎです。今回の事件は、陣川君がスピーチの相談に行ったスピーチライターの女性が、言葉の力を使って人を操り殺人を行おうとしました。動機は出会ったときは何もできなかった彼(陣川君の親友で天才ゲームクリエーター)が、結婚相手と出会った後自分から離れて行き、独り立ちしようとしたから(因みに2人は恋愛関係ではなかった)。ライター役を演じた瀬戸カトリーヌさんは「スピーチライターは黒子」と言いながら存在感があって、とても素敵でした。もう少し天才クリエーターとの関わりというか執着が描かれていれば、説得力が増し動機に納得できたかも…残念です。そしていつもと違い、被疑者を好きにならなかった陣川君、心が通じ合った女性との悲しい別離(シリーズ14)を引きずっているのでしょうか。でも証拠も動機もある親友が無罪だと信じ、困難な状況でも励まし続け友情を大切にする陣川君も良かったです。

ドラマ『相棒 season20』4話無料動画

ドラマ『相棒 season20』4話のネタバレ
警視庁捜査1課で経理を担当している陣川(原田龍二)は、古い友人で今はゲームクリエイターとして活躍する鴫野大輔(黒田大輔)から結婚式でのスピーチを頼まれ張り切っています。

でも内容が今ひとつと指摘され、鴫野と長い付き合いがあるスピーチライター・宮森由佳(瀬戸カトリーヌ)を紹介されました。

警視庁特命係の杉下右京は宮森に興味を持ち、陣川と共に宮森から話を聞いている際、鴫野から陣川の携帯に連絡が入ります。

鴫野によれば、突然殺人の容疑が掛けられて、現在警察の事情聴取を受けていると言います。

陣川は助けを求められ、杉下と同僚の冠城亘(反町隆史)と共に急行しました。

殺害されたのは鴫野の部下だった元社員の男性で、亡くなる直前鴫野に「お前を絶対に許さない。全てを公にして謝罪しろ」とメールを送っていたといいます。

メールの内容から推測すると、ゲーム開発に関し鴫野を恨んでいたと思われますが、鴫野自身は容疑を全て否認しています。

陣川は鴫野の話を信じ、杉下と冠城を巻き込んで独自に捜査を始めました。

ところがその矢先、鴫野犯人説を裏づける決定的な証拠が発見されます。

第5話 「光射す」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

角田(山西惇)は、水木(伊藤洋三郎)という顔見知りの元刑事が、落ち込んでいる姿を見掛ける。水木は、2か月前から行方不明になっている大学生の娘を探すため、警察官でありながらネットで情報提供を呼び掛け、問題になった人物。しかも、寄せられた情報は冷やかしばかりで、本人は騒動の責任を取って辞職していた。そんな中、警備員の男が、施錠されたアパートの自室で首を吊って死んでいるのが発見される。状況的には自殺だったが、外傷がある上、室内の指紋が不自然に拭き取られていたことから、“密室殺人”も疑われた。そして、この事件の一部始終を見ていたのは、なんと飼っていた“亀”だった!事件に興味を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が聞き込みをすると、隣に住む三宅富士子(草村礼子)という老婦人には、部屋から出ない息子がいると判明。日中、部屋にいるその男性が、何か聞いている可能性もあるが、話を聞くことさえできない。翌日、捜査を続けていた右京と亘は、現場付近で怪しげな男を発見。捕まえて事情を聞くと、男は水木の元部下の刑事で、警備員の男が亡くなった部屋を、非公式に家宅捜索していたと語る。そんな無茶をしたのは、問題の部屋に女性が監禁されているというネットの書き込みがあったからだというが…!?
引用元:TELASA

第5話の感想

人が亡くなっているので不謹慎ですが、久し振りに相棒らしい相棒を見られて嬉しくなりました。遺体に打撲痕があり室内の指紋が拭き取られていたため、室内が施錠されていても他殺の可能性があったこの事件。密室の謎や遺体の傷、指紋が拭き取られた経緯などが右京さんたちによって明かされ、謎が解明されていく経緯が楽しめました。それ以上に、部屋から出ない息子のことを、自分のせいで辛い思いをしている、申し訳ないと思い続ける母親が哀しく愛おしく思います。同時に妻を失った刑事の父親が、向き合い方に悩むうちに行方不明になってしまった娘を探し続ける様子も哀れでした。2人が共通して感じている「光が見えない」に重苦しい気持ちの全てが現れていると感じます。引きこもり男性の母親を演じるには草村さん以外考えられない、草村さんだからこと成立した物語でした。哀愁とか悲哀、余韻とか、そんな単語が頭を巡りました。今回、右京さんが亀を引き取ったこでまりさんに「手間のかかる亀の世話をしたことがあるんですよ」と話す場面がありました。相棒シリーズのファンとしては、遂に亀山薫(寺脇康文)再登場ありか?と少し興奮します。

ドラマ『相棒 season20』5話無料動画

ドラマ『相棒 season20』5話のネタバレ
警視庁組織犯罪対策5課課長の角田(山西惇)は、顔見知りの元刑事水木(伊藤洋三郎)が落ち込んだ様子で座っているのを見かけました。

水木は、2か月前から行方不明になっている娘を探すため、ネットで情報提供を呼びかけたことを問題視され、騒動の責任を取って辞職した人物です。

ある日、施錠されたアパートの自室で首を吊り亡くなった、警備員の男が発見され、自殺に見えますが「密室殺人」の可能性もありました。

この「事件」の様子を見ていたのは室内で飼われていた「亀」だけで、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は興味を持ちます。

独自に隣室の三宅富士子(草村礼子)の周囲を調べると、引きこもっている息子がいると判明し、その男性が何か知っている可能性もありますが、話を聞くことすらできません。

翌日も現場で捜査をしていた杉下と冠城は、付近をうろつく男を見かけ事情を聞くと、水木の元部下の刑事でした。

彼は警備員の部屋を個人的に家宅捜索していたと話し、それはその部屋に女性が監禁されている、との書き込みがネットにあったためと言います。

第6話 「マイルール」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

福山光一郎(菅原大吉)というベストセラー作家が、一人暮らしの自宅で刺殺された。警察は、もろもろの状況から強盗殺人の線で捜査を開始。いっぽう右京(水谷豊)は、現場から新作の最終回の原稿が消えていることに疑問を抱く。その小説は、少女殺害事件の捜査にあたる老刑事が、正体不明の犯人を執念で追い詰めていくストーリーらしいのだが…。版元の編集者から話を聞いた右京と亘(反町隆史)は、新作の掲載を前に、福山が突然、出版社を乗り換えていたことを知る。さらに、福山は自著で、『小説が完結した時、失われた真実があぶりだされるだろう』という、謎めいた発言をしていた。捜査を進めると、22年前、福山は、ある重大事件に巻き込まれていたことが判明。右京は、その事件と問題の小説に、共通点が存在していることに気づく。
引用元:TELASA

第6話の感想

今回もドラマ化するなら相棒以外ないと思える内容でした。作家が執筆する際に最も苦労するのが登場人物のネーミングで、今回の被害者はこのネーミングに「マイルール」があること。では最新作でのマイルールは何だったのか?が事件の謎を解く大きなヒントです。最新作では、22年前娘を殺された作家が、当時少年だった加害者を告発し「ペンで人を殺す」ためにこのルールを使ったのでした。実際に右京さんがマイルールを探す場面では恐怖でぞくぞくしました。告発される側の元少年は、やがて来る社会的な死を前に生きた心地がしなかったでしょう。作家が用意した最終回は、元加害少年を赦す内容で、かつ亡き娘にたいする深い愛情も感じました。実際の犯人がわざわざ奪い取った最終回の原稿を捨てずに残した意味もきちんと描かれ、最後まで見応えがありました。小説の最終回を演じた菅原さんは、元少年を前にした鬼の形相とは違い優しいお父さんでした。冠城が元法務官僚で少年法に詳しいこと、こでまりさんが芸者さんのころ作家と面識があり、右京さんに推理のヒントを与える所など、細かい所もきっちり辻褄が合った名作。でもあと5分、余韻を楽しむ時間が欲しかったなあ…

ドラマ『相棒 season20』6話無料動画

ドラマ『相棒 season20』6話のネタバレ
ベストセラー作家の福山光一郎(菅原大吉)一人で住んでいる自宅で刺殺されました。

捜査一課では、現場の状況から判断して強盗殺人との見た手で捜査を開始します。

特命係の杉下右京(水谷豊)は、殺人現場から新作の原稿のうち最終回部分がなくなっている点に疑問を覚えました。

最新作の内容は、老刑事が主人公で、少女殺害事件が執念で捜査を行い正体不明の犯人を追い詰める筋書きとのこと。

杉下は、冠城亘(反町隆史)とともに出版社の担当編集者から話を聞いて、新作を雑誌に掲載する直前、福山が出版社を変更したと知りました。

さらに、福山は「小説が完結した時、失われた真実があぶりだされるだろう」と謎めいた発言も行っています。

捜査を進めるうちに、福山が22年前重大事件に巻き込まれていたと判明し、杉下はその事件と小説の内容の間に共通点があると気づきました。

第7話 「かわおとこ」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、小学生の女の子が若い男に、「どこに隠したの! 早く返してよ!」と詰め寄っているところに居合わせる。見かねて割って入ったところ、2人は親権を失った父親と、娘であることが判明。事情を尋ねようとするが、女の子は理由も語らず、走り去ってしまう。翌日、川で行方不明になっていた男の子が、意識不明の重体で発見されたというニュースが流れる。右京たちは、SNSにさらされている家族写真に、昨日の女の子が写っていることに気づく。写真は、少年の母親である千夏(黒坂真美)を糺弾するため、ネット民が無断で載せたものらしい。昨日出会った少女・百花(米村莉子)が言っていた「返してよ!」という言葉から、不穏な気配を察した右京と亘は、独自に周辺を調べ始める。すると、問題の川では、近くの工場に勤める若い男性が、溺死する事故が起きていた。さらに、再会した百花から話を聞くと、いまだ意識が戻らない弟は、“かわおとこ”という妖怪に連れ去られたのだと主張し…!?
引用元:TELASA

第7話の感想

幼い男の子が、母親が昼寝中川で溺れ行方不明後に発見、数日経っても意識が戻らないままという事件が発端となりました。児童虐待モノなのかと暗い気持ちになりましたがそうではなく、安心しました。男性と言い争う少女と出会った後偶然男の子が川で溺れたというネットニュースを見て少女の名前を知り、興味を持った特命係。相変わらず右京さんは事件の引きが強いです。冠城は百花が「かわおとこ」を探していると聞き、子供のたわごとと切り捨てました。でも右京さんは百花の目線まで降りてきちんと向き合い気持ちに寄り添って、似顔絵を描かせ何とか手掛かりを掴もうとします。そして百花もそんな右京さんには心を開いたように見えました。そして右京さんたちが突き止めた事件の真相を話したことで、育児に疲れた母親を気遣い幼い弟の面倒を任された百花。自分の嘘のせいで弟が酷い目に遭った、そして母親まで中傷されていると責任を感じ、ずっと苦しんでいたことを打ち明けます。子供を巡る悲惨な事件が続く中、子供にきちんと向き合い妖精や妖怪を否定しない大人を描き、最後は事故死が殺人だったことも解明されてスッキリできました。

ドラマ『相棒 season20』7話無料動画

ドラマ『相棒 season20』7話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、若い男に小学生くらいのの少女が「返してよ」と言いながら詰め寄る様子に行き合います。

険悪な様子を見かねて2人の間に割って入ると、親権を失った父親とその娘だと解りました。

重ねて事情を聞こうとしますが、少女は理由も言わないまま走って行ってしまいます。

翌日、川で男の子が行方不明になっており、その後意識不明の重体で見つかったというニュースが流れました。

杉下と冠城は、SNSに挙げられた家族写真に、昨日出会った女の子が写っていると気付きました。

写真は、川で行方不明になった少年の母親・千夏(黒坂真美)を糺弾する目的で、ネットの住民が無断で掲載したと思われます。

昨日出会った百花(米村莉子)が「返してよ!」と言ったことに不審を覚えた杉下と冠城は、事件の周辺を独自に調べ始めました。

すると、男の子が行方不明になった川では、以前近くの工場に勤務していた若い男性が溺死していたと解ります。

さらに百花に再会し話を聞くと、意識不明のままの弟が「かわおとこ」という妖怪に連れ去られたと主張しました。

第8話 「操り人形」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

大学構内の地中から白骨死体が発見された。死後50年近くたっている時効事件のため、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が捜査を押しつけられる。DNA鑑定の結果、白骨は1970年代に学生運動をしていた岡田という過激派の幹部であると判明。当時の仲間によると、岡田はカリスマ指導者で、人心を操る天才だったという。そんな中、梶原(ベンガル)という物流大手社長の遺体が発見される。運転手によると、梶原は最近なぜか、情緒不安定になっていたというが…!? いっぽう右京と亘は、岡田と親交が深かった藤島(下條アトム)という男性を訪問するが、何も知らないと語る。ところが、そこに捜査一課が現れ、藤島に任意同行を求める。梶原の携帯に、事件当日、藤島を呼び出すメールが残っていたという。ふたつの事件に関連があると知った右京と亘は、藤島の連行にショックを受ける美鈴(白川和子)という女性を見掛け、話を聞くが…!?
引用元:TELASA

第8話の感想

殺害された梶原の携帯の履歴を見て、メールを使ったのが殺害前の1件だけだったことに注目したり、美鈴の子供を調べて事件解決の糸口にするあたりは、特命係っぽかったです。対して白骨遺体が50年近く前のもので既に時効が成立していると知り捜査1課の伊丹刑事(河原和久)は興味を失ったようでした。伊丹がメジャーの自分達の扱う事件じゃないと言い特命係に回そうと言うのをきっちり覚えていて最後に仕返しする右京さんはお茶目でした。48年前の事件関係者だった藤島と美鈴。好きなことを仕事にしたとはいえ、裕福には見えず寂しそうに生きる2人からは、犯した罪を背負って生きた人の枯れた侘しさが感じられて、切なくなりました。学生運動の指導者で48年前に殺された岡田は人を操り、藤島は人形を操る。そう呟いた右京さんの目線を辿ると、人形を操る藤島と美鈴の背後に岡田の亡霊が座っているように見えました。これは事件全体の構図を現したものなのでしょう。そして右京さんは小野田官房長(岸部一徳)に続き、遂に幽霊?を見る体質になり、何かが変わってしまったのかなあと心配になりました。

ドラマ『相棒 season20』8話無料動画

ドラマ『相棒 season20』8話のネタバレ
大学構内の土の中から、死後50年近く経っていると思われる白骨遺体が見つかりました。

既に時効が成立した事件のため、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)に、捜査が押しつけられます。

白骨遺体は、DNA鑑定によると1970年代に学生運動家として活動していた過激派幹部の岡田と判明しました。

当時の仲間から話を聞くと、岡田はいわゆるカリスマ性を持った指導者で、人心を操ることに掛けては天才肌の人物とか。

そのころ物流大手社長の梶原(ベンガル)が遺体が発見されました。

担当の運転手によれば、近頃梶原はなぜか情緒不安定だったと言います。

一方杉下と冠城は、白骨遺体の岡田と親しく付き合っていたという藤島(下條アトム)を訪問しますが、何も知らないと言われました。

そこへ捜査一課の刑事たちが現れ、事件当日梶原の携帯に藤島を呼び出すメールが残っていたことを理由に、梶原殺人事件に関して藤島に任意同行を求めます。

白骨遺体と藤島の、2件に関連があると考えた杉下と冠城は、連行される藤島を見かけ驚いている女性・美鈴(白川和子)を見掛け、話を聞きました。

第9話 「生まれ変わった男」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、20年前に都内スーパーで起きた刺殺事件の押収品を返却するため、被害者の妻を訪ねる。犯人はまだ捕まっておらず、被害者の妻は最近までチラシを配って情報を集めていたというが、そのさなか、「自分は被害者の生まれ変わりだ」と主張する、見知らぬ若い男が現れたという。吉岡翼(今井悠貴)と名乗るその男は、被害者が搬送され、死亡したその日に同じ病院で生まれたといい、“殺されたときの記憶”も残っているというが…!? 興味を持った右京は、独自の検証を開始。吉岡を連れて現場を訪れ、当時の捜査資料と彼の証言を照らし合わせる。すると、犯人と被害者しか知らないはずの情報を、吉岡が記憶していることが判明。生まれ変わりという主張が、にわかに信憑性を帯びてくる。さらに、吉岡の脳裏に新たな記憶が蘇り…!?
引用元:TELASA

第9話の感想

未解決事件の犯罪被害者が刺されたときの記憶があり、自分が被害者の生まれ変わりだと信じている大学生。彼の話に右京さんが興味を持ち、捜査を始めます。この大学生の両親の態度や、彼自身が短距離選手として小学生ごろから記録更新を続けていたのに最近伸び悩んでいること。色んな所に伏線があって、ミステリーとして楽しめてきちんと回収され最後はすっきりできました。大学生の母親が前の夫からDV被害に遭い、離婚手続き中今の夫の子供を妊娠、それが大学生でした。でも離婚後300日規定があり母が届を出せず、大学生は無戸籍だったこと。更に2歳年下の弟がいたが亡くなったことなど、捜査の過程で悲しい事実も明らかになりました。でも大学生の気持ちを大切にして右京さんが最期に掛けた言葉に、彼も救われて前を向けるようになったと思いました。色々詰め込み過ぎ感もありましたが、最後にはホッとできる内容でした。

ドラマ『相棒 season20』9話無料動画

ドラマ『相棒 season20』9話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、都内スーパーで20年前に発生した刺殺事件の押収品を持ち、返却のため被害者の妻を尋ねました。

この事件は未だ解決しておらず、最近まで被害者の妻がチラシを配り情報を集めていたといいます。

すると活動の最中「自分は被害者の生まれ変わりだ」と言う見知らぬ若い男が現れたとのこと。

生まれ変わりと称する若い男は吉岡翼(今井悠貴)と言い、事件当日刺された男性が搬送され亡くなった同じ病院で生まれたと話し「刺された記憶」も残っていると言うのです。

この話に興味を持った杉下が独自に検証を始め、吉岡を同行して事件現場をへ行き、捜査資料と吉岡の証言を照らし合わせました。

すると、犯人と亡くなった被害者しか知りえない情報を、吉岡が知っていると判明します。
吉岡の「自分は生まれ変わり」という主張が、杉下の検証によって信憑性を帯び、吉岡には新たに別の記憶まで蘇ってきました。

第10話 「紅茶のおいしい喫茶店」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、角田(山西惇)からの頼みで、張り込みを手伝うことに。捜査対象は、仮想通貨の儲け話を持ち掛けるロマンス詐欺のグループ。だまし取った金の保管場所とみられる家具店を見張ることになった右京と亘は、怪しまれずに張り込むため、目の前の喫茶店に目をつける。2人は、オーナーの真鍋(酒井敏也)に事情を話し、店番をする代わりに、捜査への協力を持ち掛ける。真鍋の承諾を得て、さっそく接客を担当することになった右京は、瑞枝(麻丘めぐみ)という紅茶好きの女性と知り合い意気投合。うんちくを傾け合うが、右京は瑞枝がふと寂しげな表情を見せたこと気づく。そんな中、問題の家具店に出入りしていた男女が、喫茶店にやってくる。亘は、店を出た2人の尾行を試みるが、タイミング悪くクレーム客に捕まり、見失ってしまう。その後、特命係に戻った右京に、思わぬ情報がもたらされる。
引用元:TELASA

第10話の感想

張り込みとはいえ、紅茶に思い入れがある右京さんにぴったりの喫茶店マスター役、蝶ネクタイも似合っていて楽しそうでした。でも「本日の紅茶って何?」という、どうでもいいようなお客さんの質問に対して、あんなに長く講釈を垂れられると面倒くさいと思われそう。怪しい対象者を尾行しようとした途端冠城が客からクレームを受けたり、都合よく対象者のDNAが入手できて、何だか都合が良すぎるなあと思ったらやっぱり黒幕が居て…捻りは少なかったですが楽しめました。それにしても黒幕のオーナー。原野商法やロマンス詐欺で沢山お金をだまし取ったうえ、仲間も殺してしまう極悪人なのに悪そうに見えないし、悪びれた感じもしない。本当に悪い人ってこんな感じなんでしょうね。今回は右京さんに、紅茶好きのまさに「茶飲み友達」が出来てよかった。これで退職した後も寂しくないでしょう。お友達役の麻丘さん、まだお若くて70代の設定は少し気の毒です。

ドラマ『相棒 season20』10話無料動画

ドラマ『相棒 season20』10話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、組織犯罪対策5課課長の角田(山西惇)に頼まれて、張り込みを手伝います。

捜査対象は、仮想通貨を使った儲け話を持ち掛ける、ロマンス詐欺のグループでした。

グループが被害者からだまし取った金を保管していると思われる家具店の見張りを行うことになり、杉下と冠城は目の前の喫茶店を張り込み場所に使おうと考えます。

2人は、喫茶店オーナーの真鍋(酒井敏也)に事情を話して、捜査協力を持ち掛け、店員として働くことに。

真鍋は了解し、店員として接客を担当することになった杉下は、紅茶好きの客・瑞枝(麻丘めぐみ)と知り合って意気投合します。

互いに紅茶に関するうんちくを語り合いますが、杉下は瑞枝がふとした時に寂しそうな様子を見せると気になりました。

そんな時、対象の家具店に出入りした男女が、客として喫茶店に入ってきて、冠城が店を出た2人を尾行しようとしたのですが、クレーム客に捕まってしまい見失いました。

その後特命係に戻った杉下に、取り逃がした男が転落遺体で見つかった、と思わぬ知らせが入ります。

第11話(元旦スペシャル) 「二人」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

年末、峯秋の誘いで高級レストランを訪れた右京(水谷豊)は、与党政調会長の袴田(片岡孝太郎)と経済界の重鎮が、会合を開いているところを見掛ける。個室のテーブルには、3人の席が用意されていたので、もう1人、参加者がいると思われた。同じ夜、落としたスマホを探していた少年が、大人同士が言い争う姿を目撃。それに気づいた男に、落としたスマホを持ち去られてしまう。翌日、年末年始の当番勤務にあたっていた亘(反町隆史)は、ある女性から呼び出しを受ける。同じく当番だった右京に、「紹介したい人がいる」と言い、連れ出した先は教会。そこにいたのは、亘の姉・由梨(飯島直子)だった。ピアノ教師をしながら教会でボランティアをしているという由梨は、保護した記憶喪失の男性(イッセー尾形)の身元を調べてほしいと依頼する。しかし、本人が“湊健雄”と名乗っている以外、手掛かりはなし。唯一、大手鉄道会社の駅売店の名前が記憶に残っているらしいが…!?
引用元:TELASA

第11話の感想

何といっても、怪我をした最高裁判若槻判事役のイッセー尾形さん無しでは成立しないと思いました。記憶を失い不安なはずなのに、姿勢や言葉遣いから威厳を感じさせる(子供には偉そうに見えたらしい)様子は、お芝居とは思えないくらい自然で素晴らしかったです。判事と共に行動する新役の俳優さんのお芝居も良かった。両親が離婚後引き取られた母が亡くなり、2人暮らしの祖母が怪我をして1人で暮らしている。親友の母親から散々言われ、自分が周囲からどう見られているのかも知って、それを受け入れ生活している新。彼が冠城に向けて放った「自己責任」や「住民税を払っていない」という単語が突き刺さりました。小学生をこんな気持ちにさせる国に対し、有権者の一人として恥ずかしさと怒りを感じます。政調会長の鈍感で傲慢な様子がそれを象徴していると思いました。今回のお話も格差や非正規雇用、子供の貧困など重たいテーマを取り上げましたが、新も判事も無事救出されたのは何よりでした。最後に新が判事に祖母とのデートを提案した後、判事の動揺振りが判事ではない「素の若槻」を感じさせ、事件を経て判事も何かを得たのかもとほのぼのした持ちになりました。

ドラマ『相棒 season20』11話無料動画

ドラマ『相棒 season20』11話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)は、年末内閣官房付甲斐峯秋(石坂浩二)に誘われて行った高級レストランで、与党政調会長の袴田(片岡孝太郎)と経済界の重鎮との会合を目撃。

同夜、スマホを落とした少年が、大人同士が言い争っている姿を目撃し、少年に気づいた男にスマホを持ち去られてしまいました。

翌日、年末年始の当番勤務だった杉下の同僚冠城亘(反町隆史)はび出しを受け、同じく出勤していた杉下を「紹介したい人がいる」と誘い教会へ向かいます。

待っていたのは冠城の姉・由梨(飯島直子)で、彼女はピアノ教師として働く傍ら教会でボランティア活動をしており、保護している記憶喪失の男性(イッセー尾形)の身元調査を依頼。

男性は本人が名乗る“湊健雄”と、大手鉄道会社の駅売店の名前以外記憶がないと言い、他に手掛かりはありません。

杉下と冠城は、湊を最初に発見した少年2人から話を聞くと、状況の説明は分かりやすいのに、何かを隠している様子で、それは片方の少年が雑木林でスマホを紛失した事と関連がありそう。

杉下と冠城は、査の糸口を求め駅売店の本社を尋ね、同社が非正規雇用に関して問題を抱えているとを知りますが、湊に関しては情報が得られません。

第12話 「お宝探し」

12話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

元刑事の安岡(小宮孝泰)が、自宅で撲殺されているのが発見された。捜査一課は、刑事時代に逆恨みされた可能性も視野に捜査を始める。しかし、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、安岡が埋蔵金探しの動画をサイトに投稿していたことに注目。事件との繋がりを疑う。手掛かりを求めて発掘現場の赤城山を訪れた右京は、安岡の宝探し仲間である新井(山本龍二)と接触。作業を手伝うという名目で周辺を探り始める。いっぽう、東京に残って背後関係を調べていた亘は、気になる情報を掴む。安岡と新井が発掘していた現場は、すでに不動産会社を営む東堂(目黒祐樹)という男が、大金をつぎ込んで探し回った場所だという。さらに、安岡が警備員として働いていたのは、東堂の会社だったことが判明。しかし、東堂に確かめると、「面識はなかった」と語る。不可解な繋がりに疑念を抱いた亘が、さらに調べると、東堂の長男の妻が3年前に行方不明になっていて、その直後に突然、東堂が発掘中止の指示を出していたことが分かる。埋蔵金ハンターに加わった右京の狙いは?単独行動の亘が掴んだ情報に謎を解く鍵が興味本位のお宝探しが意外な事件をあぶり出す!
引用元:TELASA

第12話の感想

右京さんが埋蔵金ハンターになって動画サイトに登場する今回。右京さんのままなのに動画サイトにありがちなノリノリの人に見えたのが意外でした。埋蔵金を探していた警備会社社長の長男夫人が、埋蔵金探しを中止後失踪したと聞き、夫人は殺されて埋蔵金と共に埋められ、それを知った元刑事も殺害されたと思ったのに、予想を裏切る展開です。埋蔵金と元刑事の繋がりも、伏線もあり無理なく繋がっていて推理も楽しめましたし、右京さんと別行動の冠城も冠城ならではの捜査を行い、右京さんをサポート。2人は一緒に居なくても相棒、阿吽の呼吸で捜査するんだと感じました。捜査1課の人達も、何故か青木と一緒に右京さんの埋蔵金動画を熱心に見ていたり、いつもと違う雰囲気で愉快でした。実際の捜査会議でも、仕事の合間はこんな感じなのかも。参事官がイラっとして「動画見るより犯人探せ」と言うのも、日頃は文句を言いながらも実は右京さんのことを心配している?と思わせます。失踪していた長男夫人は、義父の命令に従い息子にも会えず気の毒でしたが、全体の雰囲気は明るく楽しい回でした。

ドラマ『相棒 season20』12話無料動画

ドラマ『相棒 season20』12話のネタバレ
自宅で、元刑事の安岡(小宮孝泰)が撲殺され見つかります。

警視庁捜査一課は、刑事時代に逆恨みされ殺害された可能性を視野に捜査を開始しました。

しかし、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、安岡が埋蔵金発掘動画をサイトに投稿していたと知り、事件と何らかの繋がりがあると考えます。

事件の手掛かりを探して埋蔵金の発掘現場である赤城山を訪れた杉下は、安岡と埋蔵金探しを一緒に行っていた新井(山本龍二)と接触し、作業を手伝うと言い周辺を捜査。

一方東京で安岡の背後関係を調べる冠城は、安岡と新井が発掘している場所が、不動産会社の経営者東堂(目黒祐樹)が、既に大金を使い探し終えた場所だと情報を得ます。

さらに、安岡が東堂の会社で警備員をしていたと判明し東堂に確認しますが、面識はなかったと返答されました。

不審を覚えた冠城が調べを進めると、東堂の長男の妻が3年前から行方不明で、東堂が発掘中止の指示を出していたのがその直後だったと判明します。

第13話 「死者の結婚」

13話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ある日、伊丹(川原和久)のもとに、所轄時代に世話になった黒瀬という先輩刑事が訪ねてくる。現役時代、似顔絵捜査官だった黒瀬は、現在ボランティアで『冥婚絵』を描いているという。冥婚とは、未婚のまま亡くなった人の遺族が、弔いのため仮想の結婚式をあげる風習のこと。黒瀬は数か月前、多岐川という夫婦からの依頼で、13年前に行方不明になったままの、未来という名の娘の冥婚絵を描いたのだが、最近になって、その絵とそっくりの若い女性が、多岐川家にいるのを見たという。しかし、行方不明だった少女が保護されたという報告はなく、伊丹は取り合わなかったが、興味を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は独自の捜査を開始する。
引用元:TELASA

第13話の感想

タイトルに冥婚とあったので、今回もオカルトじみた内容なのかと思いましたが、その要素はこほぼなく、二転三転する内容に振り回され面白く見ました。13年間行方不明の娘を待ち続ける両親が、「冥婚絵」を書いて欲しいと願った気持ちが切なく、その両親に頼まれて絵を描いたのが当時事件を担当した元似顔絵捜査官でした。似顔絵が良くできていると何度も繰り返す右京さんは、似顔絵を見たとき既に捜査官が目撃者の証言を曲げ、絵に手心を加えたと気付いていたのかも。事件そのものは幼い少女が高校生によって事故死?し、身勝手な大人が隠ぺいのため遺体を埋め、高校生はその後自宅に引きこもり生活するように。そして元捜査官がネットに掲載した「冥婚絵」を見て贖罪の念を持ち、自首しようと相談して隠ぺいした人物に殺された、あまりに身勝手で腹立たしいモノでした。でも行方不明の娘(というか冥婚絵にそっくりな女性)が、切っ掛けは何であれ両親と交流して3人の間に生まれた感情を知ると、その腹立たしさが緩和されます。小さな伏線が張り巡らされていて途中何度かミスリードされる細工も施され、でも最終的には全てが回収されて救われた気持ちになりました。

ドラマ『相棒 season20』13話無料動画

ドラマ『相棒 season20』13話のネタバレ
ある日、捜査1課刑事の伊丹(川原和久)を、所轄時代に世話になった元刑事の黒瀬が訪ねて来ます。

現役時代に似顔絵捜査官だった黒瀬は、現在ボランティアで未婚のまま死亡した人の遺族が、仮想の結婚式をあげて故人を弔う『冥婚絵』を描いていました。

黒瀬は数か月前、多岐川夫婦に依頼を受け13年年来行方不明のままの、未来という娘の冥婚絵を描きましたが、最近その絵と瓜二つの女性を多岐川家で見たと言うのです。

伊丹は少女が保護されたという報告はないと取り合いませんでしたが、特命係の杉下右京(水谷豊)は興味を持ち、杉下亘(反町隆史)と共に独自に捜査を始めました。

そのころ、引きこもり男性の刺殺事件が起き、現場からなぜか黒瀬が書いた未来の冥婚絵が発見され、杉下と冠城は訪れた多岐川家で絵と似た若い女性と会います。

しかしそれは親戚の娘で遥香(山本舞香)と言い、未来の従姉妹だとのことでしたが、調べ続けるうちに思いがけない事実が判明しました。

第14話 「ディアボロス」

14話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

右京(水谷豊)は、小手鞠(森口瑤子)の誘いで、氷室聖矢(渡部豪太)というフラワーアーティストの展覧会を見学する。氷室は、婚約者の女性と仲睦まじい姿を見せていたが、その後、女性が氷室のオフィスで殺されているのが発見される。捜査一課が氷室を疑ういっぽう、右京と亘(反町隆史)は、氷室と十年来の仕事仲間だという生花の卸売業者・一之瀬(冨田佳輔)から話を聞く。ところが、取り憑かれたように仕事をする氷室に、聴取を遮られてしまう。小手鞠によると、氷室の前のパートナーは3年前に謎の失踪を遂げていて、氷室が婚約者を失うのは、これで二度目だという。そんな中、氷室が高名な美術評論家の家に押し入る事件を起こす。
引用元:TELASA

第14話の感想

元は生花店に勤めていた氷室は、偶然出入りの料理屋で活けた花が好評になって口コミで広がり、アーティストとして活躍するようになった人物。婚約者の死因は絞殺で、凶器は花材のテッセン。右京さんが初めて氷室に会ったのも花の展覧会で、殺害現場も氷室のオフィスだったことから、ふんだんに飾られた花が美しく、それだけに事件の残酷さが際立ち物語の雰囲気によく合っています。今回は早い段階でこの人が犯人だろうと目星が付いて、動機も推測し易かったのです。一方で容疑者が右京さんたちに自白した内容と、連行された後亡くなった犯人が氷室宛に残した遺書に書かれた内容とが違っていました。そのため真の動機は何だったのか、想像する余白がある分最近の相棒作品とはちょっと違ってそこが良かったです。短いシーンでしたが一課の出雲刑事が悔しがる所や青木に平気で噓をついてあしらう右京さんなど登場人物の個性がよく描かれていてそこも面白かった。最後に容疑者について冠城が「嫉妬のためにこんなことを」という意味の呟きを漏らします。この人は、基本情よりも法律とか決まり事を優先する人だなあと感じました。

ドラマ『相棒 season20』14話無料動画

ドラマ『相棒 season20』14話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)は、小料理屋の女将小手鞠(森口瑤子)に誘われて、フラワーアーティストの氷室聖矢(渡部豪太)の展覧会を見に行きました。

会場では氷室が、婚約者の女性と幸せそうな様子を見せていましたが、婚約者の女性はその後氷室のオフィスで殺害され発見されました。

捜査一課は氷室を疑うなか、氷室は取り憑かれたように仕事を続けます。

杉下と同僚の冠城亘(反町隆史)は、氷室とは十年来仕事を共にしている生花の卸売業者の一之瀬(冨田佳輔)から話を聞く途中、氷室に話を遮られてしまいました。

小手鞠の話では、氷室は3年前にも交際していた女性が失踪し、婚約者を失うのはこれで2度目だと心配します。

捜査が続く中、氷室が高名な美術評論家で華道家の自宅に怒鳴り込む事件を起こしました。

相手の評論家は、以前氷室の個展を酷評して活動を妨げたことがありましたが、恨まれる筋合いはないと憤ります。

その頃、評論家から告訴された氷室は、取り調べのあいだ婚約者の失踪と殺害が「悪魔の仕業だ」と呟いていました。

第15話 「食わせもの」

15話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

繁華街のゴミ置き場で男性の刺殺死体が発見された。被害者の風体から、カタギでないと踏んだ警察は、暴力団絡みの事件を視野に捜査を始める。いっぽう、都内マンションの植え込みで、男性の転落死体が発見された。その映像を動画サイトで見つけた青木(浅利陽介)は、映像の中に、5年ほど前、特命係が詐欺で逮捕した平井(風間杜夫)という男が映り込んでいることに気付く。どうやら、刑期を終えた平井は現在、マンションの管理人に収まっているらしい。興味を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。そんな中、平井が管理人を務めるマンションに、不審な2人組の男が姿を見せていた。
引用元:TELASA

第15話の感想

平井が逮捕された事件では青木が美人局の被害に遭っていて、根に持つタイプの彼は平井に復讐?する気分で動画を特命係に見せたのでしょうね。平井の方は、知人の詐欺師が麻薬の密売に加担していると知り「麻薬に手を出すなんて」と怒っていました。詐欺師にも矜持というか越えてはいけない一線があると考える平井に「昭和感」を覚えます。親孝行な女性(若くて美人だから?)好意を持つところも、根は良い人?と思わせ、憎めない。そして好意を寄せた女性が実は詐欺師で、騙されていたと解り、良い人ではなく人が良い詐欺師です。女性に振り回されるところは捜査1課で経理を担当する陣川(原田龍二)にも重なりました。それにしても女性詐欺師桜田美月の関谷奈津美さん、右京さんに詐欺行為を指摘される前後では表情が全く違っていて驚きました。美月に騙されていた父親役の樋浦勉さんも、実は娘が偽物と知っていて、世話をしてくれて楽しかったと最後に話します。一般人に詐欺師も騙されるとは…殺人や麻薬、詐欺と殺伐とした内容の話が、この見応えがあるお芝居により救われた気持ちに変わりました。

ドラマ『相棒 season20』15話無料動画

ドラマ『相棒 season20』15話のネタバレ
男性の刺殺死体が繁華街のゴミ置き場で発見され、遺体に刺青があったことから、警察は暴力団関係者だと予測を立てて捜査を始めました。

同じころ都内マンションの敷地内で男性の転落死体が発見され、現場の映像を撮影した動画の中に、サイバー担当の青木(浅利陽介)がある人物を見つけます。

それは、特命係が5年ほど前に詐欺で逮捕した平井(風間杜夫)で、青木も関わりがある男でした。

平井は、刑期を終えた後マンションの管理人として働いているらしく、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、早速この転落事件を調べ始めます。

そのころ平井が管理しているマンションに、不審な男2人が姿を見せていました。

男たちのうち1人は平井の知人である詐欺師、もう1人は麻薬の密売人で、マンションの空き部屋を利用し麻薬の密輸をしていたようです。

しかし受け取りに来た麻薬がマンション内で消えてしまい、密売人は平井を脅し麻薬を探す手伝いをさせようとしますが、そこへ杉下と冠城がやって来ました。

慌てた平井は、必死に取り繕いますが杉下は何かを見抜いた様子で…。

第16話 「ある晴れた日の殺人」

16話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

オフィスビルの屋上で、中年男性の刺殺遺体が発見された。被害者は、中松誠(高橋和也)という広告会社の社員。複数の刺し傷があったことから、捜査一課は怨恨の可能性を視野に捜査を始める。手掛かりは、凶器である刃渡り22センチのハサミと、ハサミの指紋を拭ったとみられる『T』の文字が入ったハンカチ。その現場にひょっこり現れた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、いつものようにシレっと捜査に加わる。関係者に聞き込むと、中松は出世争いに負け、閑職に追いやられていたことが判明。容疑者として、ライバルだった同期の男や、中松の巻き添えで左遷された部下の男が浮上してくる。さらに、離婚を望んでいたという妻には、社内の男性との不倫疑惑が。怪しげな関係者たちが浮上してくるいっぽう、神出鬼没の“謎の男”が、捜査の動きを注視していて…!?出世のライバル、一蓮托生の後輩、不倫妻と交際相手…次々に浮かんでくる疑惑の人物たち二転三転の末、明かされる驚がくの真実とは!?
引用元:TELASA

第16話の感想

オフィスビルの屋上にハサミでメッタ刺しされた遺体。現場には指紋が拭き取られた凶器と、被害者とは違うイニシャル付きハンカチが残されていた。さらに被害者周辺には殺人の動機を持つ者が複数居て…となれば殺人事件を疑うのは当たり前。捜査1課に邪険にされつつ、右京さんと冠城も周辺を調べ始めました。途中何度も現れた「謎の男」が被害者?なら他殺じゃない?と途中から思い始めましたが、そこに気付いても被害者の同期や部下、離婚秒読みの妻の話も面白く、飽きずに楽しめます。一時減少していた自殺者も最近また増加傾向にあるとか。人が死にたいと思う時、原因はひとつではなく、何かの切っ掛けでまた生きようと考え直すかも知れない。ならば個人でできることは僅かでも、せめて手が届く範囲の人には想いを伝え続けるのが大切と、改めて気付かされました。今回は「謎の男」の気配に右京さんが気付く場面が何度かありました。このシリーズでは右京さんの神秘体験が増えた気がするし、ずっと幽霊が見たいと言っていた右京さんも「視える」体質に変わったのかも。冠城卒業と共にこの「相棒」自体も今後方向性を変えるのか?と思う回でした。

ドラマ『相棒 season20』16話無料動画

ドラマ『相棒 season20』16話のネタバレ
中年男性の刺殺遺体が、オフィスビルの屋上で発見され、被害者は広告会社の社員の中松誠(高橋和也)と判明しました。

遺体には複数の刺し傷があったため、捜査一課は動機が怨恨の可能性があると考えて捜査を開始します。

容疑者の手掛かりは凶器と見られる刃渡り22センチのハサミと、その指紋を拭ったと思われる『T』の文字が入ったハンカチでした。

その現場に、いつものようにひょっこり現れた特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、何げなく捜査に参加します。

被害者の関係先に聞き込んだところ、被害者は出世争いに負けて閑職に追いやられていたと判明しました。

そしてかつてのライバルだった同期の男性や、被害者の巻き添えになった形で左遷された部下が容疑者として浮上します。

さらに、容疑者の妻は離婚を望んでおり、社内に不倫相手が居るとの疑惑が。

有力な容疑者が複数上がる一方で、「謎の男」が現れ捜査の行方を注視していました。

第17話 「米沢守再びの事件」

17話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

鉄道愛好家として、ある路線を訪れた米沢(六角精児)は、線路脇で遺体を発見。連絡を受けた右京(水谷豊)は、亘(反町隆史)と共に臨場する。遺体や凶器が沿線で見つかったことから、そこに何らかのメッセージがあると思われた。捜査から浮かび上がってきたのは、廃線の噂がある『星川鉄道』。米沢によると、廃線を進めたい運営会社と、沿線住民が立ち上げた“復活させる会”の間に軋轢が生じているという。被害者は廃線支持住民の中心人物で、運営会社にも脅迫メールが届いていたことから、廃線をめぐる対立が関係している可能性が高かった。
引用元:TELASA

第17話の感想

警視庁から警察学校に移動して教官になった米沢さんが、右京さんと並んでお仕事をする様子が久し振りに見られて嬉しいです。始めはオフの日にヲタ活中に発生した事件だったので、私服で聞き込みを行いますが、最後現場で鑑識活動を行う際には鑑識の制服にお着換え。そしてこの時使う鑑識道具には「警察学校」のロゴが入っていました。この細かい作り込みももう警視庁じゃなく寂しい反面、嬉しく思います。最後に、勝手に鑑識活動を行ったことを刑事部長から叱られましたが、それを受け流す米沢さんに、以前とは違う余裕を感じました。ちょっとふっくらしたせいもあるかも。遺品や凶器がどこにあるかや、今泉が実は線路に侵入する「撮りヲタ」ではないと気付き、事件を解明する場面には知識の豊富さを感じ、鉄道に対する熱い思いを叫ぶシーンでは深い鉄道愛を感じます。まもなく卒業する冠城が、今泉の右手が不自然に汚れているのに気付くところには右京さんの影響を感じ、今回はストーリー全体に脚本家や俳優陣の相棒愛が感じられました。

ドラマ『相棒 season20』17話無料動画

ドラマ『相棒 season20』17話のネタバレ
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)に、元捜査一課の鑑識係だった米沢(六角精児)から連絡が入りました。

久し振りの電話に喜ぶ杉下に、米沢は鉄ヲタとして来ていたある路線の線路脇で、けいsh遺体を発見したと話します。

早速右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は現場に行き、遺体の状況や凶器などの遺留品が沿線で見つかったため、何かのメッセージが隠されていると考えました。

捜査の結果浮かんだのは、廃線の噂が起きている『星川鉄道』で、米沢は天災被害を切っ掛けに廃線したい運営会社側と、沿線住民の「復活させる会」間に軋轢があると言います。

被害者が廃線支持派の中心人物で、運営会社には脅迫メールが届いていたため、事件は廃線が関係してする可能性が高いと思われました。

すると、自称鉄道ファンの今泉(松浦祐也)が線路に侵入し、騒ぎを起こして逮捕されました。

さらに遺体や凶器の発見現場では、事件直前に今泉が姿を見せていたと判明。

杉下と米沢が星川鉄道の地元民から情報を聞くと、廃線の是非をめぐり住民同士でも激しい対立が起きていたことが解ります。

第18話 「詩集を売る女」

18話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

亘(反町隆史)が飛び出す―――そして、ナイフを手にした女の前に立ち塞がった次の瞬間、胸を突き刺されて…!? 36時間前。警視庁では、AIの活用や事件の防止に関する研修が行われていた。その帰路、街を歩いていた右京(水谷豊)と亘は、踏切前でうつろな目をした女性を見掛ける。気になった2人は、女性を見守ることに。すると、マキ(太田莉菜)というその女性は、『千里一歩(せんり・かずほ)』というペンネームで、手作り詩集の路上販売を始めた。そこに、カタギとは思えない風体の男が近づく。聞き耳を立てると、どうやら男は出所間もないヤクザ者らしい。ますます気になった右京は、民事不介入を訴える亘を説得し、マキを尾行。彼女が血相を変えて手にした雑誌には、KAZHO(篠原真衣)という気鋭のデザイナーの特集記事が掲載されていた。詩集を売る女性と気鋭のデザイナーの関係は!?亘は、誰に、なぜ刺されてしまうのか…“悲しい事件”を防ぐため、特命係が奔走する!
引用元:TELASA

第18話の感想

冒頭冠城が心臓の辺りを刺されたので、驚きました。まさか殉職して相棒卒業なのか?と思ったのですが、マキが渡した詩集が冠城の命を救いました。警視庁で行われたAI講習会では、中園参事官(小野了)が講師を務めていて、如何にも「内容を分からず読んでるだけ」感があって面白かったです。この原稿を書いたのが青木(浅利陽介)で、1課の刑事たちがぶつぶつ文句を言う様子も、面倒臭そうな雰囲気が伝わりました。おなじみの面々が捜査をする時以外の素顔を見たような、得した気分になりました。辛く過酷な経験を経て、不孝な偶然で出会ってしまったマキとKAZUHOが、これ以上大変な目に遭うことにならなくて良かった。右京さんの小さなことが気になるクセが、マキの人生を救い、KAZHOが殺人犯になるのを防いだ展開。初期の相棒を思い出す内容で楽しめました。右京さんが居ればAIも要らない?冠城のパシリになった青木は気の毒でしたが、本当に起きた傷害(未遂?)事件解決の役に立って報われた…と思って欲しいです。

ドラマ『相棒 season20』18話無料動画

ドラマ『相棒 season20』18話のネタバレ
警視庁特命係の冠城亘(反町隆史)が飛び出し、ナイフを手にした女性の前に立ちはだかると、ナイフで胸を刺された?

警視庁ではその36時間前、AIを活用し事件を防ぐ方法などIT関連の研修が行われていました。

研修後、特命係の杉下右京(水谷豊)と亘は、うつろな目をした女性が踏切の前に居るのを見かけ、気になって女性を見守ることにします。

するとマキ(太田莉菜)と名乗るその女性は、『千里一歩(せんり・かずほ)』名義で作成した手作りの詩集を路上で販売し始めました。

見守る2人を前に、明らかに一般人に見えない1人の男がマキへ近づき、話している内容から推察すると、男はどうやら出所後間もないヤクザ者のようです。

杉下はマキのことが気になってしまい、冠城が民事不介入を口にするのも構わずマキを尾行しはじめました。

そしてマキが、KAZHO(篠原真衣)と名乗る新進気鋭のデザイナーの特集記事を見て、顔色を変える様子を目にします。

第19話(最終回スペシャル前編) 「冠城亘最後の事件―仇敵」

19話(最終回スペシャル前編)の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

特命係の杉下右京(水谷豊)は最近、冠城亘(反町隆史)に“春”が来た――つまり恋人ができたのではないかと勘繰っていた。このところ、そそくさと帰ることが多くなったばかりか、“野暮用”という名目でサイバーセキュリティ対策本部・青木年男(浅利陽介)との約束を2度もすっぽかしていたのだ…。同じ頃、8年前に鑓鞍兵衛(柄本明)を襲撃した京匡平(本宮泰風)という男が出所し、再び鑓鞍を狙っているという情報が浮上。日下部(榎木孝明)や美彌子(仲間由紀恵)が状況の把握に乗り出す。京の動機は、書生として世話になっている東京郊外の名家・王隠堂家の長男が、鑓鞍の差し金で選挙戦に敗北し、失意のうちに事故死した件を、逆恨みしてのことだった。いっぽう、鑓鞍は総選挙を控え、国会議員への返り咲きを狙う片山雛子(木村佳乃)に対し、自ら刺客となるべく選挙区の“国替え”準備を進めていた。一連の経緯に興味を持った右京と亘は、独自に動き始める。
引用元:TELASA

第19話(最終回スペシャル前編)の感想

冠城亘最後の事件だからか、レギュラー陣がほぼ全員出演しましたね。今シリーズではお見掛けしなかった?大河内管理官(神保悟志)や副総監(杉本哲太)まで登場。しかも刑事部長たちと4人が並んで声をそろえて冠城を叱るとはおちゃめで豪華です。癖が強い国会議員の鑓鞍や元議員の片山雛子との対決も楽しいですが、キッチンカーの相貌失認症の彼女も見たかった。冠城とは結ばれない運命だったのでしょうか。久しぶりに見た社美彌子の娘マリアがすっかり成長していて驚きましたし、冠城との援助交際疑惑も気になります。前後編に分かれているとは言え、随分たくさん犯罪のタネや気になることが散らばっていました。これが全て解決されて冠城がすっきり特命係から卒業できるのか、心配でもあり楽しみです。

ドラマ『相棒 season20』19話(最終回スペシャル前編)無料動画

ドラマ『相棒 season20』19話(最終回スペシャル前編)のネタバレ
特命係の冠城亘(反町隆史)は、野暮用を理由にサイバーセキュリティ担当の青木年男(浅利陽介)との約束を2度もすっぽかし、杉下右京(水谷豊)も恋人の存在を疑うほどです。

同じ頃、鑓鞍兵衛(柄本明)を8年前に襲った京匡平(本宮泰風)が、刑務所内で鑓鞍を襲うと話していたとの噂が流れていました。

情報を受けて法務事務次官の日下部(榎木孝明)や内閣情報調査室の社美彌子(仲間由紀恵)が、真偽を調べ始めます。

京は、東京郊外の名家・王隠堂家の書生で、鑓鞍の指金で選挙戦に敗北した長男がその後事故死した件を、逆恨みして鑓鞍を襲ったのです。

そのころ総選挙を控え、鑓鞍は再度国会議員に立候補を企む片山雛子(木村佳乃)の刺客候補として「国替え」して立候補する用意を始めています。

そんな中、王隠堂家の当主・鷹春(勝野洋)と出所した京が、鑓鞍を襲撃する計画を練っている、と鷹春の娘・美馬(酒井美紀)が知って警察に相談し、鷹春が美馬を殴り逮捕されました。

これで鑓鞍襲撃計画は信憑性が高まったと警察は警戒を強化、すると鑓鞍は何故か8年前の事件で鑓鞍を守り重傷を負った、津崎真茅(野波麻帆)を名指ししSPに指名します。

第20話(最終回) 「冠城亘最後の事件―特命係との別離」

20話(最終回)の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

京匡平(本宮泰風)が投稿した、虚実を混ぜ込んだ告発動画によって、王隠堂家を監視していた伊丹(川原和久)たち捜査一課の行動が問題に。さらに、片山雛子(木村佳乃)と議席争っている鑓鞍兵衛(柄本明)も打撃必至の状況となる。いっぽう、怪文書により“パパ活”の疑惑を掛けられた亘(反町隆史)は、何か事情があると踏んだ右京(水谷豊)の追及で観念し、騒動の収拾に動き出す。そんな中、京と王隠堂鷹春(勝野洋)が鑓鞍の襲撃を目論んでいる件について、一計を案じた右京は、捜査一課を巻き込み、意外な方法で美馬 (酒井美紀)たちが暮らす王隠堂家に接近する。ところが、その矢先、右京が危機的状況に見舞われ、事態はますます混沌。警視庁警備部の津崎真茅 (野波麻帆)は、鑓鞍の警護を厳重にせざるをえなくなる。同じ頃、一連の騒動の火の粉は、青木(浅利陽介)や美彌子(仲間由紀恵)にも降りかかっていた。複雑に絡み合う関係者たちの思い そして、試される相棒としての絆…冠城亘最後の事件が、予想外の結末を迎える!
引用元:TELASA

第20話(最終回)の感想

美馬(酒井美紀)たちが暮らす王隠堂家に見張りのために入り込むくだりで、伊丹たちと特命係、刑事部長のやり取りに長くチームを組んだ人たちの阿吽の呼吸が伺えて感慨深かったです。王隠堂は事故ではなく自殺で、娘の美馬が黒幕だったのは予測できましたが、SPとグルだったとは思わなかった…。彼女が京を狙う動機が切なく、鑓鞍に土下座までしてSPを担当を願い出たシーンも胸に響きました。一方で冠城が公安調査庁へ転職した理由は何だったのか。内調トップの社が娘・真利亜を守ろうと闇落ちするのを防ぐため、敢えて対立する公調入り?それなら「友達」の青木が内調に居れば良いのでは?この辺りが唐突で説明不足だと思いました。次回以降も冠城と特命係、刑事1課が連携し続ける伏線なのでしょうか。さらに言えば、国会議員に返り咲いた片山と落選した鑓鞍のバトルも今後続きそうで、ここに警視庁に加えて公調、内調が絡んだ大きな事件が起きる予兆とも考えられます。最後の右京さんが冠城を引き留めるシーンには、これ以上相棒を失いたくないという、悲しみと疲労感が漂っていました。今後相棒シリーズが続いても、今までとは違い人情派?の右京さんになる予感がします。

ドラマ『相棒 season20』20話(最終回)無料動画

ドラマ『相棒 season20』20話(最終回)のネタバレ
国会議員の鑓鞍兵衛(柄本明)を襲撃すると、服役中から公言していた京匡平(本宮泰風)が、虚実を混ぜ込んだ動画を投稿し、捜査1課の伊丹(川原和久)の行動が問題視されます。

さらに、片山雛子(木村佳乃)に対する刺客候補として議席を争う鑓鞍も、大きな影響を受けそうな状況になってしまいました。

いっぽう「パパ活」をしているとの怪文書が出回り、疑惑の目で見られている冠城亘(反町隆史)は、杉下右京(水谷豊)の追及を受けて事態の収拾のため動き出します。

杉下は、京と王隠堂鷹春(勝野洋)が計画している鑓鞍襲撃を阻止するため、捜査一課を巻き込んで王隠堂家に接近します。

しかし杉下までが危機的な状況に陥り事態は収拾がつかない状況になりました。

警視庁警備部で鑓鞍の警備を担当する津崎真茅 (野波麻帆)は、警備を厳重にせざるを得なくなってしまいます。

そして一連の騒動は、警視庁の青木(浅利陽介)や内調情報館の社美彌子(仲間由紀恵)までも巻き込んでしまいました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『相棒 season20』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『相棒 season20』の見逃し動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TELASA

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

FOD Premium

配信なし
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2022年4月現在ドラマ「相棒 season20」の動画は、TELASAにて配信中です。

TELASAは、テレビ朝日で放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん15日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から6月9日まで無料!

TELASAでドラマ『相棒 season20』の動画を無料視聴

ドラマ「相棒 season20」の動画はTELASAにて見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

TELASAでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「相棒 season20」のシリーズ作品である

  • 相棒 season1
  • 相棒 season2
  • 相棒 season3
  • 相棒 season4
  • 相棒 season5
  • 相棒 season6
  • 相棒 season7
  • 相棒 season8
  • 相棒 season9
  • 相棒 season10
  • 相棒 season11
  • 相棒 season12
  • 相棒 season13
  • 相棒 season14
  • 相棒 season15
  • 相棒 season16
  • 相棒 season17
  • 相棒 season18
  • 相棒 season19

もTELASAで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「相棒 season20」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から6月9日まで無料!

TELASAの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TELASAの登録方法
  1. 「TELASA」にアクセスして、「初回15日間無料」または「今すぐ始める」を選択
  2. au IDがある場合は「ログイン」を選択
  3. au IDがある場合はログイン後、利用規約を確認し「規約に同意して加入」を選択し、登録完了
  4. au IDがない場合、「au IDを新規登録」を選択
  5. 「au IDを登録」を選択
  6. メールアドレスを入力して、「確認コードを送信する」を選択
  7. 確認コードを入力して「次へ」を選択
  8. 必要な情報を入力して、「利用規約に同意して登録する」を選択し、登録完了
TELASAの解約方法
  1. TELASAのWebサイトにアクセスし、ログインする
  2. 右上のボタンを押し、「退会」ボタンを選択
  3. 画面の指示に従い「退会手続きを進める」を選択
  4. 「退会する」を選択
  5. 退会完了

ドラマ『相棒 season20』1話から最新話までの再放送予定は?(2022年)

2022年4月現在、ドラマ「相棒 season20」の再放送情報はありませんでした。

今すぐ、ドラマ「相棒 season20」を1話から最新話まで無料視聴したいのであればTELASAがおすすめです!

TELASAであれば、再放送を待たずに今すぐ全話無料視聴することができます。

2週間の無料お試し期間もあるので、ぜひこの機会にお試しください。

本日から6月9日まで無料!

 

ドラマ『相棒 season20』あらすじや感想

ドラマ「相棒 season20」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「相棒 season20」の全体あらすじ
2021年秋――国民的ドラマは新たな境地に到達する…。記念すべき『season20』、ついに開幕!水谷豊×反町隆史――“7年目”の特命係、今こそ進化の時!『season20』のメモリアルイヤー到来! 『相棒』は立ち止まらない…!
引用元:公式サイト
ドラマ「相棒 season20」の見どころ
数々の伝説を築き、国民的ドラマとして代表的な「相棒」がついに20周年を迎えてスタートする記念すべきドラマ「相棒 season20」。

右京と亘が相棒を組んで7年目突入!

信頼感を増した名コンビが今作品も様々な難事件に挑みます。

杉下右京役は水谷豊、冠城亘役は反町隆史が務め、その他のキャストも前作に引き続き続投され、安定感のあるドラマに仕上がっていますよ。

第1話から、一連の事件の黒幕である内閣官房長官・鶴田翁助と大きな戦いを繰り広げることになります。

そして、亘が逮捕されてしまう!?という衝撃な展開が待ち受けており、1話から見どころ満載です。

いきなり窮地に立たされてしまう特命係の奮闘を最後まで見届けてみてください。

本日から6月9日まで無料!

ドラマ『相棒 season20』の感想

男性40代

相棒シリーズもう20作品目ですか!!もうそんなに長く続いているドラマ他にないのでは?毎シーズン楽しくみています。特に、反町さんになってからは、ストーリーに渋みが出たというか…生半可なドラマではなくなりどの回も最高に楽しむことができます。シーズン20も期待したいですね。

女性30代

学生の頃からずーっとみていた相棒。また新シーズンが始まるなんてとても嬉しいです。反町隆史がめちゃくちゃかっこよくて惚れ惚れしちゃいます。特命係以外のキャストも豪華な俳優ばかりで、ドラマのみならず映画も楽しませてもらっています。毎シーズン第一話で衝撃な展開が待っているので今シーズンも楽しみです。

女性40代

反町さんになってから相棒を初めてみたのですが、とても面白くてハマってしまいました。こんなにも面白い刑事ドラマがあるのか!と、思いました。また新たに始まるということでとても楽しみにしています。

女性20代

やっぱり、相棒において見どころかつ面白いと思えるポイントは杉下右京さん一択と言っても過言ではないです。ほんの些細なところにもアンテナを貼っていて、おかしな点が見つかるや否や気がついてしまうのが本当に凄いなと驚かされてしまいます。あまりにも難しい事件に取り組むが故に見ていて置いてけぼりを食うこともしばしばあるけれど、それでも杉下右京さんの鮮やかな事件解決のアレコレはめちゃくちゃかっこよくて目が離せません。

女性30代

待ってました!相棒!もう、小学生の頃から見ている相棒ファンです!!!寺脇さんも、成宮くんも、反町さんも歴代相棒さん方の回も好きですけど、及川さんの相棒は個人的には、、、(笑)(笑)内容は好きですけど(笑)刑事ドラマ全般結構好きですが、犯人が最後まで当てられないのが唯一、相棒です(泣)毎回自分の予想した犯人ではなく、カーブ球がきます(笑)(笑)でも、そこがまたおもしろい!職場のご年配の方々も見ており、毎週放送内容について熱く語り合います(笑)これからも楽しみにしています!

女性40代

今回も反町さんとコンビをされていて、やはり2人はすごくあっているなと思います。反町さんが留置場に入った時はまさかとは思いましたが、これからどんな展開になっていくのかワクワクします。私個人でさ仲間由紀恵さんもやはりいい味が出ていて、今まであまり女性の刑事さんは出て来なかったので新鮮です。水谷さん演じる右京さんはシーズン1からキャラクターをまったく変えず演じられてるところが本当にすごいと思います。今回のシーズンも楽しみです。

ドラマ『相棒 season20』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、水谷豊主演のドラマ「相棒 season20」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

記念すべき節目のシーズン20。

初っ端から窮地に立たされる特命係は今作品のどのような歴史を刻んでくれるのでしょうか!!

そんなドラマ「相棒 season20」の動画はTELASAで見放題配信中です。

無料お試し期間の15日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から6月9日まで無料!