アイシテル〜海容〜

本日から12月12日まで無料!

2009年4月から放送されたドラマ『アイシテル〜海容〜』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『アイシテル〜海容〜』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、huluであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

huluの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料)
配信なし
関連作品
話数 全10話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 

ドラマ『アイシテル〜海容〜』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「アイシテル〜海容〜」の動画は、huluにて見放題配信中です。

アイシテル〜海容〜 hulu
(画像引用元:hulu)

huluは通常月額1,026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「アイシテル〜海容〜」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

hulu
(画像引用元:hulu)

また期間中であればドラマ「アイシテル〜海容〜」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、huluの特徴を表にまとめています。

月額料金 1,026円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 なし
継続特典 なし
見放題作品数 70,000本以上
取扱作品数 70,000本以上
ダウンロード機能 ダウンロード一部作品可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、さまざまなドラマの本編では入りきれなかった部分をhuluオリジナルストーリーとして独占配信中!

他では見れないサイドストーリーとして、違う視点でドラマを楽しむことができますよ。

本日から12月12日まで無料!

第1話 「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

野口さつき(稲森いずみ)は小学5年生の智也(嘉数一星)と夫・和彦(山本太郎)のごく普通の3人家族。さつきの目下の関心事は智也の進学だ。智也の塾代にとウェイトレスのバイトをし、栄養バランスを考えた食事を摂らせるなど気を配っている。肝心の智也は最近ロクに口もきいてくれないが、さつきは「男の子はそんなものかも」とあきらめぎみだ。
引用元:公式サイト

第1話の感想

これもなかなか重たい流れになりそうな予感です。初回から子どもが殺人を犯してしまうのだが、智也は何故清貴を殺す事になったのか、元々から知り合いだったのか、なぜなぜなぜがグルグルと頭を駆け巡りました。私も同年代の子どもがいるのですごく気になるテーマです。最後のさつきと和彦の会話が不信です。智也が生まれた時何があったのでしょうか。そして聖子の気持ちを思うといたたまれません。必ず自分を責めるし死にたいとも思うでしょう。この2つの家族がどう生きていくのか注目です。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』1話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』1話のネタバレ
小沢聖子(板谷由夏)は、夫の秀昭(佐野史郎)と、小学2年の清貴(佐藤詩音)、中学生の美帆子(川島海荷)の四人家族です。

清貴は家族から「きよたん」と呼ばれ可愛いさかり、美帆子はそんな様子を「うざい」と思っていますが、ごく普通の家族です。

一方野口さつき(稲森いずみ)は、夫・和彦(山本太郎)、小学5年の智也(嘉数一星)の3人家族です。

さつきは智也の塾代を考えてウエイトレスのバイトをしているが、当の本人は反抗期なのか口もきいてくれません。

和彦は、成長の証だと話すがさつきはもう少しコミュニケーションを取りたいのです。

そんなある日、聖子が清貴の靴を選んでいると友人とばったり会いそのままランチに行くことになりました。

行ったレストランにはさつきがいました。

子供たちの話題で盛り上がっていたが、聖子は清貴の下校時間が早くなった日だと忘れていて急いで帰宅します。

その頃清貴は、家の鍵が開いてないので玄関で待っています。

するとその時、智也が通ります。

その後、さつきはパートを終えて帰宅します。

智也は、塾に行っていると思っていたが塾から智也が来ていないと連絡が入ります。

その時智也が帰ってきたので「どこ行ってたの?」とさつきが聞くと、「人を殺していた」と言ったのです。

さつきは本気にしませんでした。

そして清貴の方は、7時を過ぎても帰ってこないので警察に通報し捜索していました。

その夜、清貴は遺体となって発見されます。

智也の家では、清貴のニュースがテレビで流れています。

和彦が智也と会話をしようとさつきの思いを伝えると「もう遅いよ」と智也は答えました。

第2話 「禁断の葬儀」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

小学生の母親として、また妻として、ごく普通の生活を送っていた主婦の野口さつき(稲森いずみ)。しかし5年生の息子・智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の息子・清貴(佐藤詩音)を殺害した罪で警察に保護されてしまった。
引用元:公式サイト

第2話の感想

2話は、事件が起きてすぐのそれぞれの家族の動揺と悲しみがメインで大きな変化はありませんでした。本当に智也が犯人なのかと思ってしまいます。血痕付いた服は見つかったけど、動機が分かりません。親に褒められたり可愛がられたりする子が羨ましかったのでしょうか。その点がすごく気になります。さつきは、息子の犯した罪に向き合うようです。智也はまだ話してくれない気もします。聖子が、おかしな方向に怒りや悲しみを向けないで欲しいなと願います。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』2話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』2話のネタバレ
智也に会いに来たさつきは、自分が殺したと話すと息子に「ちゃんと説明しなさい。クチついてるでしょ。」と言う。

しかし、智也は調査官の富田葉子(田中美佐子)だ差し入れしたおにぎりを食べ特に表情を変えることなく「お母さんこそ、ちゃんと耳ついてるの?」と言うだけです。

和彦が会いに来ても、和彦を見ることも無く「刑事さん、僕が殺しました。」と言うので、「嘘だー!」とさつきは泣き叫びました。

その頃聖子は、「自分が家で清貴を出迎えなかったからだ…」と自分を責めて食事もとりません。

新聞記事には『ランチの犠牲になった我が子』と書かれ、自宅には報道陣たちが押し掛けてきています。

秀昭と美帆子も心配し、犯人は誰だ!と警察に電話する秀昭ですが、教えてくれるわけがありません。

一方さつきの家では家宅捜索が行われ、近所の人達は噂し、犯人が誰なのか知れることとなってしまいました。

智也の部屋のクローゼットから血の着いたジャンパーが発見され、DNA鑑定で清貴と一致しました。

警察は記者会見を開き、犯人は小学5年生だと発表しました。

それを聞いた聖子達は衝撃を受けます。

智也は鑑別所に移送されました。

その時、さつきの家の窓ガラスが突然割られました。

嫌がらせが始まったのです。

第3話 「告白…少年の殺意」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

野口さつき(稲森いずみ)の5年生の息子・智也(嘉数一星)が、小沢聖子(板谷由夏)の息子・清貴(佐藤詩音)を殺害した容疑で、少年鑑別所に収容されてしまう。面会に行ったさつきは自分を拒絶する智也の態度にショックを受けるが、担当の調査員・富田(田中美佐子)の励ましで、母親として智也と向き合う決心をする。
引用元:公式サイト

第3話の感想

ストーリー展開がわりとゆっくりです。智也が清貴を殺した日の事が少しわかりました。清貴にトイレを貸してあげたみたいですが、その後何があったのかは苦しみ出して話せなかった事から、何が衝撃的な事があったと予想されます。また、さつきと和彦は少しだけ分かり合えたようです。そんな時、美帆子が清貴の事を話す富田とさつきを見かけてしまいました。これもかなりショックだと思います。今の聖子には話せないと思うので、美帆子も悩む事になりそうです。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』3話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』3話のネタバレ
智也に再び会いに行ったさつきは、一生懸命話しかけるが「うざいよ…」と言われてしまいました。

何も話してくれず拒絶する智也にショックを受けていると、家裁調査官の富田が励まします。

富田は「新しいスタートラインに立ったのです。諦めず智也くんを見つめていきましょう。」と声をかけました。

さつきは、母として智也と向き合う事を決意します。

小沢家では、清貴は自分のせいで死んだと責め続けている聖子を、秀昭と美帆子が必死で支えていました。

その頃、和彦が新たな部屋を借りれたとさつきに話し、しばらく別々に暮らそうと提案します。

さつきが、あなたは智也から逃げていると言いうと、口論になってしまい、とりあえずは別々に暮らすことになりました。

さつきの実家ではさつきの母・敏江(藤田弓子)がやっている書道教室の生徒が辞めていっていました。

敏江は、さつきの妹・彩乃(田畑智子)に、さつきには話さないでと口止めしました。

一方さつきは智也の学校から呼び出され、担任(金子貴俊)に会うと、「智也くんは、カブトムシの研究がしたいと話したり、周りを和ませるような子だった。」と聞きます。

鑑別所では、富田と智也が話をしています。

そして、突然事件当日の事を話し始めたのです。

第4話 「被害者家族への手紙」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

さつき(稲森いずみ)は担当の調査員・富田(田中美佐子)の励ましで、母親として智也(嘉数一星)と向き合う決心をする。さつきは富田から事件当日、智也が困っていた清貴(佐藤詩音)を自宅のトイレに案内したと聞かされる。「やさしい気持ちでその子に声をかけていた…」許されることではないと知りつつ、わずかに救われた気分になるさつき。
引用元:公式サイト

第4話の感想

少しづつ動機が分かってきました。恐らく智也の嫉妬ではないかなと思いますが、周りと自分の親を比較していつも寂しくてイライラしていたのではないかなと思いました。学校でのいい子な雰囲気とはまた別の智也がいて、ふつふつと煮えたぎる何かが心の中にあったんだと感じました。一方小沢家の方も、聖子がやっと清貴の事で辛い辛いと嘆いているだけではいけないと気づいたようです。美帆子は、ずっと我慢していました。やっと本当の気持ちを伝える事ができました。そして、さつきと聖子はお互いの 存在を知ることになりました。次回が楽しみです。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』4話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』4話のネタバレ
レストランでさつきと富田が話している所を、美帆子は偶然にも近くの席で聞いてしまいました。

さつきが、「智也が清貴に声をかけた理由が優しさからだったと知り、許されないけど少し救われた」と話していました。

富田が「絶望だけを抱えて生きていくことがいい事では無いと思う。前を向きましょう。」と励ますとさつきは少し微笑みました。

その顔を見た美帆子は憤りを感じていました。

店を出た時富田は、さつきに前向きになれるようにとヘアゴムをプレゼントします。

美帆子は、その帰りに土手でさつきのあの時の笑顔を思い出していました。

すると、秀昭が通りかかり美帆子に声をかけます。

この土手は清貴をよく肩車して歩いたと秀昭が思い出話をして、「キヨたんはもういないのに犯人は …」と言うので、美帆子はさつきの事を話そうと思ったがやめました。

その頃さつきは、事件現場に行き花を手向け、泣きながら謝罪していました。

明日は美帆子の誕生日で、カレンダーに印をつけていたが、真っ黒に塗りつぶしていました。

智也は富田と話をしていました。

そして、あの時何があったのか語りだします。

あの子にトイレを貸した後、キャッチボールをしたんだ。

あの子キャッチボールが上手で、お父さんがキャッチボールをよくしてくれると自慢していた。

でも僕は下手くそで…お父さんは忙しくてキャッチボールなんかしないから…って言ったら、“お兄ちゃんちは変だ”と言われた。

すごくムカついた。

そう智也は話しました。

智也は、何度も何度もムカついたと呟きます。

だからあの子が悪い、そう言うのです。

第5話 「意外な真相…息子の秘密」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

事件現場に花を供えているさつき(稲森いずみ)の姿を偶然見てしまった美帆子(川島海荷)は、秀昭(佐野史郎)と聖子(板谷由夏)にそのことを話そうとするが、事件のことから立ち直ろうとしている二人を思い、なかなか言い出せずにいた。
引用元:公式サイト

第5話の感想

9か月前に智也に何があったのか判明しました。智也はさつきと約束した事をやぶって、怖い目にあい、様子がおかしいのにさつきは無視で叱るだけで何も感じ取ってくれなかった、という心の傷なのだろうと思うが、パニックになったり殺人に発展するには内容が軽いなと思いました。少し予想とは違う展開です。美帆子の行動も中学生としては、そういう行動をするのも理解できるなと思います。聖子は、さつきの母親としての心情を考えようとしています。母親が原因の1つを作ってしまったと知った時、聖子はどういう反応になるのか気になります。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』5話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』5話のネタバレ
美帆子は、さつきが事件現場で花を供えている姿を目撃します。

富田が、「ママはあなたが大好き」という母と子の看板広告を智也に見せると、表情が一変し職員を突き飛ばしてしまいました。

富田は、さつきが半年前から智也の様子に変化があったと言っていた事と併せて、反抗期ではない何かがあると感じていました。

さつきは智也の事が分からないまま上辺だけの謝罪の言葉を並べても伝わらないと考えていました。

富田から「償いは、扉を叩き続けること」と言われ、受け取って貰えなかった謝罪の手紙を前にした和彦とさつき。

智也は何故殺したのか、自分達がいけなかったとしたら何が原因だったのか、それが分からない限り前に進めないし、償いの気持ちも伝わらない、と話し合っていました。

和彦は会社に辞表を出しました。

辞表はあっさりと受け取られ、最後の日は簡単な挨拶で会社を後にします。

その頃さつきは、最近の智也の事を思い出していました。

去年の9月頃雨でもないのにびしょ濡れで帰ってきたことがあり、理由も聞かずに叱ってしまい、その日から智也の態度が変わったと気づきました。

その当時のさつきは、育児サイトでのやり取りに没頭しストレス発散をしていたが、智也が帰ってくる時間になると楽しみが終わりイラついていたのです。

さつきは、友人のエリ(猫背椿)の元を訪れ、娘の遥(野口真緒)に智也の行動について聞きました。

すると遥は、公園の噴水の中に入っていたと話しました。

その事を富田に話すと、富田は刑事課に行きその周辺で事件がなかったかと尋ねます。

第6話 「生きてこその償い」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

「私が殺したようなものなんです」と言ったさつき(稲森いずみ)に対し、「死んで償え」と言ってしまった美帆子(川島海荷)は、やりきれない思いと後悔の念で押し潰されそうになっていた。そんな美帆子に秀昭(佐野史郎)と聖子(板谷由夏)は温かい言葉をかけるが、聖子はさつきのことが気になっていた。
引用元:公式サイト

第6話の感想

やっと家族の本音がぶつかり合い、事件の裏側が少し見えてきた気がします。加害者側の家族も自分達を責めて辛いことはあります。一概に清貴の両親を責められないという聖子は、とても冷静ですごい人なのではと感じます。和彦は、まだ智也から逃げていたが、彩乃の言葉でやっと智也と会うことが出来ました。また、富田の罪の重さを息子に気づかせる事が親の役目だという言葉、グサッときました。いつ誰がこの立場になるか分からないので、子を持つ親として考えさせられます。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』6話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』6話のネタバレ
「あんたが死んでみれば!」さつきにそう言ってしまった美帆子は、本当に死んでしまったら…と悩んでいました。

美帆子は、その時の事を聖子と秀昭に話しました。

秀昭はさつきに腹を立てるが、聖子はキヨたんを殺したのは母親じゃないと言います。

一方、智也は富田との面談を断るようになっていました。

さつきのことを話したくないと思っていると富田は感じていました。

さつきは、妹の彩乃と連絡がつかないと母から聞き、実家に行くと彩乃の結婚が破談になったと知りました。

心配になりさつきは彩乃を探します。

彩乃が小さい頃よく行っていた神社を思い出し、行ってみるとそこにいました。

さつきは謝罪しますが、彩乃は昔から思っていた事も含めてさつきを責めてしまいます。

その頃和彦は、店でお酒を飲み履歴書を誤って燃やしてしまいました。

彩乃に言われた言葉にショックを受け雨の中歩いて帰るさつきの携帯に、和彦が騒ぎを起こしたと警察から連絡が入ります。

その時さつきは気を失って倒れてしまいました。

聖子は美帆子の事を、富田に相談する事にしました。

富田は「大丈夫ですよ」と伝えます。

そして、さつきは栄養失調で入院する事になり、母の敏江と彩乃が病室で付き添っていました。

彩乃は、さつきに言いすぎたと反省し、和彦を迎えに行く事にしたのです。

智也は、清貴との会話を思い出していました。

第7話 「僕は死刑になるの?」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

病院から退院したさつき(稲森いずみ)は、「智也(嘉数一星)が犯した罪を一緒に背負い共に生きていくことが、自分が生きている意味なのだ」と富田(田中美佐子)へ話す。そして、遺族の苦しみを思い続けることだけが唯一の償いであるという想いを込めた小沢家への二度目の手紙を富田に託す。
引用元:公式サイト

第7話の感想

さつきの手紙、反省と覚悟が伝わってきますが被害者側からするといつまでも上っ面だけの言葉に感じてしまいそうで、秀昭の気持ちも理解できます。でも、実際家の前で見た光景に秀昭も加害者側の辛さや苦悩を少し感じたのかもしれません。さつきの真実が知りたいという気持ちも、すごくよく分かります。智也は、ようやくあの時何があったのか話す気になったようです。次回話してくれるといいのですが、どういう展開になるのかとても気になります。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』7話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』7話のネタバレ
小沢家に渡す2通目の手紙を、さつきは書きました。

さつきは、『智也が犯した罪を一緒に背負い、自分達にできるることは、遺族の苦しみを思い続ける事、その為に生きていくことをお許しください。』と書いたと富田に話し、小沢家へ渡してもらうよう頼みました。

そしてさつきは智也に面会に行くと、智也は会ってくれました。

会ってくれた嬉しさから、さつきは涙で溢れ何も話せませんでした。

富田は智也の調査表を早く出すように言われたが、まだ調査が終わっていないと伝え、最後の扉が開く事を信じています。

さっきのマンションにはまた誹謗中傷の貼り紙があり、管理人が退去を伝えてきました。

その頃小沢家には清貴の担任が来て、クラスのみんなで育てたじゃが芋が収穫出来たからと持ってきました。

今日の夕食はそのじゃが芋を使ってカレーを作りみんなで食べました。

すると、富田がさつきの書いた手紙を渡しにやってきました。

富田は無理強いはしませんと伝えると聖子は、「同じ母親としてこの手紙を書いた気持ちや苦しみを知りたい」と受け取りました。

そしてこれで最後にして欲しいと伝えました。

第8話 「審判の日、全ての真相」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

さつき(稲森いずみ)は、智也(嘉数一星)が犯した罪をともに背負い生きるために、懸命に智也と向き合おうとしていた。そんなさつきの思いは少しずつ智也にも届き、智也はついに家裁の担当者・富田(田中美佐子)に事件当日の全てを話し始める。
引用元:公式サイト

第8話の感想

さつきからの手紙に一喜一憂する小沢家です。被害者側には、情報があまり入らずどうしたらいいのか分からないのだと思います。しかし事件の事を忘れるべきだと考える秀昭は許せませんでした。聖子は、他の誰でもない清貴が1番辛かったのだから、事件のことをちゃんと知らないといけないと考えているのに、とモヤモヤしました。そして智也が事件を起こした動機が分かりました。さつきのことを思って起こしてしまったのですね。初めて会った子どもに、言われて殺してしまうほど追い詰められ悩んで寂しい思いをしていたと知り、さつきは苦しいでしょう。2家族がどうやって乗り越えていくのか注目です。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』8話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』8話のネタバレ
智也は、富田に事件の日何があったのか全てを話す決意をしました。

あの日、清貴に自宅のトイレを貸してあげようと家に着くと「ただいまは言わないの?」と清貴が聞いてきた。

家に人がいても言わないと答えると「変なの」と言われた。

そのあと、キャッチボールをしようということになり、智也は自宅でしたかったが清貴はいつも父親としていた場所でしたいと連れ出した。

その場所は智也にとって嫌な場所で、グローブ持ってるのにキャッチボールが下手なのは何故かと清貴に聞かれた。

「パパは忙しいからキャッチボールでしてない」と言うと「お兄ちゃんちやっぱり変だ」と言ってきた。

あの母子の看板の2人と清貴に笑われているようですごくムカついた。

帰るという清貴に「ママは待ってなんかない」と話すと、「すごい嫌な奴!大嫌いだ!自分の母親と僕の母親を一緒にするな。」と言われて…。

そこまで話すと、智也は震えだし「続きは日記に書きたい」と言いました。

富田はそれをさつきに話すと、さつきは面会に駆けつけます。

無理をさせたくなったのでそれを認め、日記の内容は審判で全て明らかになると思うと富田は話しました。

そして、小沢家では秀昭が捨てたさつきの手紙を美帆子が読んだことを秀昭は、「読む必要ない」と吐き捨てます。

聖子は、逆の立場だったらと考えると、さつきもまさか自分の子が人を殺すとは、と思ったはずだと話しました。

しかし、秀昭はこんなものがあるからいけないんだと言って手紙を破いてしまいました。

美帆子は、またバラバラだね、とつぶきました。

第9話 「母と母、衝撃の対面」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

審判で読み上げられた聖子(板谷由夏)からの智也(嘉数一星)宛ての手紙の内容は「清貴(佐藤詩音)の分まで生きて、自分の犯した罪の重さを知ってほしい」というものだった。さつき(稲森いずみ)はその言葉を重く受け止め、親として一生をかけて智也を更正させる決意をする。
引用元:公式サイト

第9話の感想

最後の聖子がさつき宛に書いた手紙は、涙がこぼれました。母親とはなんと割に合わない立場なのだろう。全てを捧げて育ててきたのにひとつのミスで奈落の底に突き落とされる。と、聖子は書いていました。確かに、聖子とさつきは鏡うつしなのだと思いました。私もいつその立場になるか分からないのです。自分も今を大切に大事に、気を抜かずに育てていかないと思うと母親とは本当に大変な仕事だと改めて感じました。最終回、2人は偶然会うようです。どう結末を迎えるのか楽しみです。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』9話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』9話のネタバレ
第二審判の日、聖子が書いた手紙を富田が読みます。

智也くん、あなたにどうしても伝えたい事があります。

清貴を助けてくれてありがとう。

トイレを貸してくれてキャッチボールもしてくれて、本当にありがとう。

それなのに酷いことを言ってしまったようですね。

清貴は、私達の願い通り明るくて人懐っこい子に育ってくれました。

その性格ゆえに思った事を遠慮なく言ってしまったのかもしれません。

傷つけてしまってごめんなさい。

清貴は、熱を出して休んだお友達に花をお見舞いで渡したり、私が疲れていると肩をもんでくれたり、そんな清貴もいたということをどうかわかってあげてください。

最後にお願いがあります。

清貴に代わって、あなたは愛する人と出会い、温かい家庭を築いてください。

愛した人との子どもができた時、あなたがした事がどんな事だったか分かるでしょう。

そう書いてありました。

智也は、どう思ったか聞かれると「分かりません」と答えました。

児童自立支援施設に送られることになった智也は、いつ戻れるか分からずその期間は施設側が決めます。

富田が施設のことをさつきに説明し、聖子が書いた手紙を渡しました。

さつきは手紙を胸にあてながら「清貴くんのお母さんの気持ちが私達の道しるべとなりました。智也を導きます。」と言いました。

その頃聖子は、秀昭と美帆子に内緒でさつきに手紙を書いたと打ち明けました。

「清タンが酷いことを言ったとしても、悪気は無かったし、知った上で罪の重さに気づいて欲しかった。清タンがかわいそう…審判の記録を知れば知るほど色んな思いが出てきて、あの15分私が早く帰ってきていたらと…」と。

そう話しかけたところで、秀昭が「もういい! 」と怒鳴ったが、複雑な表情で頭を冷やしてくると言って出ていきました。

美帆子は私も記録を読んで色々考えたと言います。

さつきと和彦は鑑別所から施設に送られる智也を見送りに来ました。

第10話 「2つの家族…それぞれの結末」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

聖子(板谷由夏)からの手紙を読んださつき(稲森いずみ)は、清貴(佐藤詩音)の墓前でついに聖子と対面する。土下座をして謝るさつきに聖子は涙を流しながら「清貴のためにも、あなたとお子さんに生きて欲しい」と告げる。
引用元:公式サイト

第10話の感想

私もたった1年で出てこれるのかと驚きました。反省しているとはいえ、人を殺して1年でというのは早い気がします。しかし、智也は智也なりに反省し、自分がした事で周りに迷惑をかけているという自覚と、殺してしまった清貴の事を思い明るく過ごせません。そんな智也と接する事で野口家はやっと家族になれたような気がします。聖子と秀昭は、清貴を殺された憎しみを智也に向けるのでは無く違う方に向けようと話し、すごく良い家族です。そんなに素敵に受け入れられるのでしょうか。智也に弟が産まれ、自分のしたことの重さに気づきました。とてもキレイに終わったなという印象ですが、いろいろと考えさせられるドラマでした。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』10話無料動画

ドラマ『アイシテル〜海容〜』10話のネタバレ
偶然にもさつきと聖子は清貴のお墓の前で出会います。

さつきは、聖子に土下座をしました。

聖子は、顔を上げてくださいと言います。

聖子が「あなたがどんなに苦しんでも私は楽にはならない。これからもずっと…お願いです。顔をあげてください。」と言うと、さつきはゆっくり上げました。

「生きてください。清貴のために、あなたもお子さんのために。お花、ありがとうございます。」と言って聖子は去りました。

その先には秀昭がいて、秀昭は「分かってる」とだけ言いました。

さつきは清貴のお墓に手を合わせます。

そして一年後、智也が退所する日が決まったと児童相談所から連絡が来ました。

さつきが富田に連絡すると、智也の未来を皆さんで作ってあげて欲しいと話しました。

1ヶ月後智也は退所しました。

さつきは「これから一緒にがんばろう。何も心配いらない。」と伝えるが、智也の顔は暗いままです。

帰宅しても智也はあまり食事も取らず口数も少ないので、さつきは心配だが腫れ物に触るような対応だったと反省します。

智也はさつきと通う予定の中学に行きました。

さつきは、無理しなくていいから、自然にしていれば友達もできるし、心の底から笑う事もできると励まし、智也は頷きました。

その頃美帆子は、友人と集まっていると1人の友人が携帯で何を見ているのか気になり美帆子が見てみると、智也が退所したという書き込みでした。

美帆子は泣きながら聖子に報告しました。

一方智也は、学校どうだった?とさつきに聞かれても「大丈夫」と言うだけで、食も進まず和彦が買ってきた服もありがとうとは言うが嬉しそうではありません。

秀昭は、智也が退所したと知りたった1年で出てきたのかと驚きながら、美帆子の事を心配します。

そんな時、智也がいなくなってしまいました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『アイシテル〜海容〜』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『アイシテル〜海容〜』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

hulu

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
ポイント付与なし

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
無料
DVD無料レンタル30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

Paravi

配信なし
無料
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「アイシテル〜海容〜」は、huluにて配信中です。

huluで登録したことがある人は、TSUTAYA DISCASにてDVDを無料レンタルすることもできますよ。

huluは、日本テレビや読売テレビで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

huluでドラマ『アイシテル〜海容〜』の動画を無料視聴

ドラマ「アイシテル〜海容〜」はhuluにて見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

hulu
(画像引用元:hulu)

huluでは、ドラマに力を入れている日本テレビや読売テレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「アイシテル〜海容〜」に出演している稲森いずみの出演作品

  • 極主夫道
  • 映画 怪物くん
  • まだ結婚できない男

もhuluで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「アイシテル〜海容〜」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月12日まで無料!

huluの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

huluの登録方法
  1. huluのTOPから「無料でお試し」をクリック
  2. 必要な情報を入力して、「2週間の無料トライアルを開始」をクリックすると登録完了
huluの解約方法
  1. マイページの「アカウント」をクリック
  2. パスワードを入力して「進む」をクリック
  3. 画面下の「解約を解除する」をクリック
  4. 「契約の解除を続ける」をクリック
  5. 内容を確認して「契約を解除する」をクリックすると、解約完了

 

ドラマ『アイシテル〜海容〜』あらすじや感想

ドラマ「アイシテル〜海容〜」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「アイシテル〜海容〜」の全体あらすじ
野口さつき(稲森いずみ)は小学5年生の智也(嘉数一星)と夫・和彦(山本太郎)のごく普通の3人家族。さつきの目下の関心事は智也の進学だ。智也の塾代にとウェイトレスのバイトをし、栄養バランスを考えた食事を摂らせるなど気を配っている。肝心の智也は最近ロクに口もきいてくれないが、さつきは「男の子はそんなものかも」とあきらめぎみだ。
いっぽうの小沢聖子(板谷由夏)もまたどこにでもいる主婦。小学2年生の清貴(佐藤詩音)と中学生の美帆子(川島海荷)、夫・秀昭(佐野史郎)の4人家族のなかで、かわいいざかりの清貴は家族のマスコット的存在だ。姉の美帆子だけは甘え上手な弟と、そんな弟を可愛がる母親をやや冷ややかな目で見ている。
引用元:公式サイト
ドラマ「アイシテル〜海容〜」の見どころ
原作は伊藤実の同名の漫画。

犯罪の加害者家族と被害者家族、どちらの人生も想像を絶する辛さです。

ごく平凡な家庭の小学2年生の男の子が殺害されてしまいます。

犯人として逮捕されたのは小学5年生。

なぜ少年は少年を殺害してしまったのか、知り合いだったのか、など謎は深まるばかりです。

加害者の母親、野口さつきを演じるのは稲森いずみ。

被害者の母親、小沢聖子を演じるのは板谷由夏です。

どちらの母親も自分の子供のことを考えて過ごしていました。

それでも起こってしまった事件。

このドラマは、家族の再生をテーマにしています。

絶望の淵から、立ち上がり、前を向いて生きてこうとする姿。

全てのお母さんに観て欲しいドラマです。

本日から12月12日まで無料!

ドラマ『アイシテル〜海容〜』の感想

女性40代

家族とは、親とは、一体何なんでしょう。さつきも聖子も、どちらも間違ってなかったんじゃないかなと思います。答えなんてなくて、死ぬまで手探り。家族の数だけ家族の形があるもの。子育てって、親がどんなに必死になっていても、子供に伝わっていないのかもしれません。逆に、子供の気持ちも、親に伝わってないことも多いのかも。さつきはさつきで、一生懸命だったはずだし、智也のことを愛してた。智也だってお母さんが大好きだった。そう考えると、すごく苦しくて、やるせない気持ちになりました。

男性40代

子育ては母親という昔からのイメージがこのドラマからも出ていました。でも、母親の方が子供から愛されていると感じることも多いです。やはり、10か月近くもお腹の中で温め育ててきた事実は、子供も覚えているのかもしれません。命がけで産むという行為は、父親には出来ず、その分愛情を注がないといけないんだろうな。ドラマを見て、智也はお母さんが好きで、大切で、そのことで事件が起きてしまった。小さい子は悪気もなく何でも言う、ってことを一人っ子だと理解しづらいのもあったのかも。途中は見てるのも辛かったけど、最後まで見て良かったです。

女性50代

子育ても一段落して、このドラマを観て考えさせられました。家裁の富田さんの言葉が、毎回心に響いて、涙がこぼれました。「絶望だけを抱えて生きていくのはいいことじゃない」や「大丈夫ですよ」という言葉は被害者家族にしたら、どれだけ救われるかわかりません。聖子からの手紙を富田さんが読み上げるところは、もう号泣でした。同じ母親として、我が子が殺されたのにあんな言葉をかけられるか考えてしまいました。相手の子を思いやり、いつか自分の気持ちを分かって欲しい、という内容で、人間としての大きさを感じました。聖子も書いていたように、母親って、本当に割に合わないものなのかもしれないです。

ドラマ『アイシテル〜海容〜』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、稲森いずみ主演のドラマ「アイシテル〜海容〜」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

子育てに自信のある親は、いるのでしょうか。

不安ながらも手探りで、正解のない子育てに奮闘している日々なのではないでしょうか。

今作は、やりきれない事件を通じて、子育ての難しさも描いているドラマです。

そんなドラマ「アイシテル〜海容〜」の動画はhuluで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月12日まで無料!