アライブ がん専門医のカルテ

本日から12月23日まで無料!

2020年1月から放送されたドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとめてみました!

結論からお伝えすると、FOD Premiumであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

FOD Premiumの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料)
    サービスはありません
配信なし
松下奈緒の出演ドラマ・映画
話数 全11話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 
 

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の動画は、FOD Premiumにて見放題配信中です。

アライブ FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

また期間中であればドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、FOD Premiumの特徴を表にまとめています。

月額料金 976円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 100ポイント付与、8のつく日に400ポイントGET
継続特典 8のつく日に400ポイントGET
見放題作品数 4万本以上
取扱作品数 5万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード不可
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、FODオリジナルドラマや、オリジナルバラエティ番組も独占配信中!

他では見れないオリジナル作品を、楽しむことができますよ!

本日から12月23日まで無料!

第1話 「原発部位が不明のがん」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。
引用元:FOD

第1話の感想

自分自身、医療系に興味があるためとてものめり込んでこのアライブを視聴することができました。自分は、今まで医療系のドラマで面白いなとか、感動できたなと思えたことはほとんどないのですが、アライブは違いました。癌患者本人の、闘病での苦しみや辛さをとても上手に表現出来ていました。またそれだけでなく、癌患者の御家族や身近な人たちの複雑な心境についても、すごく丁寧に演じられており、癌の大変さがものすごく伝わってきました。まだ始まったばかりですが、これからの心と薫の関係性がどうなっていくのかが、とても楽しみです。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』1話のネタバレ
腫瘍内科医は癌を取り扱う専門医です。

主人公の恩田心(松下奈緒)は、横浜みなと総合病院で働いて、日本でも数少ない腫瘍内科医です。

ある日のこと、化学療法室からの報告により、心は部屋の前に横たわっていた患者を診察します。

カルテを見て不思議な感じを覚えた心は担当医の美川に生検をするように言いますが、怒らせてしまい断られてしまいます。

しかし心は美川に秘密で生検をしようとしましたが、既に誰かによって検査された後でした。

その誰かとは、関東医大から最近やってきた梶山薫(木村佳乃)でした。

心と薫は面識があったため、心は薫に会ったときとても驚きました。

心の旦那である匠が事故により意識不明の重体で入院をしていたときに、家族会へ参加した際に薫はボランティアスタッフとして働いていたのでした。

そんな中で、心はある癌患者を担当します。

投薬治療をすすめる心に、恋人の記憶がある内に楽しい思い出を残したいため、手術をしたいという患者。

それを聞いた薫は、手術をしようと言いました。

薫の手術は無事成功しました。

ですが、実は薫は関東医大時代に匠の手術を担当していたことを心に隠していました。

薫は匠を助けられなかったことを悔やみ、心に近づいたのでした。

第2話 「知られざる、男性の乳がん」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。
引用元:FOD

第2話の感想

自分が乳ガンだという事実を受け止めることはとっても難しいよな、莉子ちゃんの気持ちわかります。誰だって自分がまさか、と思うと思います。そういう点で、このドラマは色々と考えさせられる、まるでドキュメンタリー作品のように感じました。莉子ちゃんを薫さんに会わせてあげた心の優しいところも。すごく感動しました。やっぱり経験者から話を聞くというのは一番の安心につながると思うからです。そこで働く人達も私たちと同じ人間なのだと言うことをこの作品から教えられたような、そんな感じがしました。考えさせられるドラマです。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』2話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』2話のネタバレ
乳がんである患者・佐倉莉子(小川紗良)の診察をすることになった心(松下奈緒)。

莉子は自らが乳がんであるという事実を受け止めきれず、会社へもその事を伝えるか思い悩みます。

心はそんな莉子の思いを察して、治療と仕事両立が可能になるための手伝いをすることに。

ところが、友人の妊娠を知った莉子は自暴自棄になってしまうのでした。そしてすぐにでも手術をしてくれと心に頼んできたのです。

大切な友人の幸せすら喜べなくなった自分自身に、莉子は嫌悪感を感じたのです。

心は莉子のことが心配になり、乳がんの手術経験がある薫(木村佳乃)に彼女を引き会わせることにしました。

莉子は、手術を受けたあと薫が以前と変わらぬ生活を送っていることを知り、治療に対してポジティブになれました。

匠(中村俊介)のを助けられなかったことに罪悪感を抱く薫は、心を支えるべく、同病院にやってきたのです。

そんなある日、匠の意識が戻ることを諦めてしまったかのような言動をする義理の父・京太郎(北大路欣也)の愚痴を心から聞かされ、薫は答えに窮してしまいます。

そんななか、匠の容態急変の連絡が。

薫は動揺する心が心配で、病院まで送っていくことに・・・。

第3話 「愛する家族との最期の時間」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。
引用元:FOD

第3話の感想

「がん」を専門に扱ったストーリーで、今までの医療ドラマとは一線を画していた。がんというと亡くなる率が高い病気なので、毎回重い内容になるのか、と見る前は思っていた。視聴して感じたことは、自分ががんになった時、心先生に診てもらいたいと思った。2人に1人ががんになる可能性がある現在、患者一人一人にとって最善の治療を一緒に考えてくれるところに温かさを感じた。心を演じている松下奈緒さん自身から出る柔らかな雰囲気も相乗効果として出ていたように思います。薫先生がシャキシャキしているので対照的な2人の絡みは陰と陽の関係でバランスが良かったと思います。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』3話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』3話のネタバレ
横浜みなと総合病院に急患が運ばれてきた。

患者は心が担当している木内陽子で肺がんが悪化していた。

患者の気持ちを考え抗がん剤治療を継続したい心(松下奈緒)は、緩和医療に切り替えるべきと主張する医局員との意見の食い違いに悩んでいた。

本当に患者のために抗がん剤治療を続けたほうが良いのかを考えあぐねている心を見かねた薫(木村佳乃)が声をかけた。

その言葉で心は勇気づけられ、改めて患者と向き合おう気持ちを取り戻すことができた。

そして、心は陽子とその夫と今後の治療方針を話し合い、在宅医療を選択した。

陽子の2人の娘は介護が負担になると反対していたが、陽子の残された時間を悔いなく過ごしたいという思いを心から聞き、家族でこの瞬間を過ごす在宅医療を受け入れた。

数日後、心の夫・匠が息を引き取った。

心は匠との最後の会話が言い合ってしまったことを後悔し、涙する。

そこへ、須藤から匠のことを聞いた薫がやってきた。

憔悴した心の姿に薫は小声で「ごめんなさい」と言うことが精いっぱいで、匠の手術の本当のことは言えなかった。

第4話 「愛する人の死の受け入れ方」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。
引用元:FOD

第4話の感想

今期の医療ドラマで一番好きで毎話じっくりと観ています。前回の終わり方がとても辛かったですが、今話は遺族の心のケアに関する話がメインの回でとても考えさせられました。最愛の人が亡くなっていっぱいいっぱいの心先生に胸が締め付けられ、京太郎が飛び降りそうになるシーンはついやめて!飛び降りないで!と声が出そうになりました。木下ほうかさん演じる上司のお話はとてもよかったです。理想的な上司でとても泣かされました。来週は関河は動き出し心と薫の関係に不穏な兆しを感じますが、何も起こらないといいなと思います。来週も楽しみです。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』4話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』4話のネタバレ
心(松下奈緒)は匠(中村俊介)が亡くなり途方に暮れていましたが、気を紛らわせようと3日で仕事に復帰。

そんな折、心に警察から京太郎(北大路欣也)が酒に酔い横断歩道で大声で泣いていると連絡が。

それは匠の事故現場でした。

心は京太郎のうつ病を疑い、辛い中でも気をしっかり持たなくてはと誓います。

薫(木村佳乃)は心を心配し「何でもする」と声をかけますが、心は「できることはない」と涙を流すばかり。

悲しみやを忘れようと仕事に没頭する心は、患者に寄り添うことは二の次となってしまっていました。

そして京太郎をうつ病だと決めつけ、悲しみを理解をしようとしなかったことにも気付き反省します。

一方その頃、京太郎はベランダから飛び降りようとしていましたが、心からの連絡で間一髪自殺を思い留まります。

薫は自分が匠の手術に携わっていたと心に言えずにいました。

悩む薫の前に、再び関河隆一(三浦翔平)が現れます。

関河はジャーナリストだと名乗り、匠が亡くなったのは薫のミスが原因ではと疑っていることを伝えます。

関河は薫を問い詰めますが、薫は何も答えませんでした。

そこで関河は病院へ向かうことにします。

心に直接会って話しを聞くために。

第5話 「愛する人の死の受け入れ方」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に…。
引用元:FOD

第5話の感想

父親を医療ミスで亡くしていた薫が、担当医師の死によって自らの言葉がまるでブーメランのように返ってきて、心に匠の件は自分のせいだと伝える気持ちになったシーンはなんだか考えさせられるものがありました。こんなことってある?って思っちゃいましたけど、まあそれが薫という人となりなのかな、とちょっと思ったりもしました。この作品は毎回比較的重めの内容で、見終えるとドッとつかれが出ますが自分がもし、心の立場だったらどうするかな、薫だったら・・・と色々な考え方をしながら見ています。医療に携わる人達藻私たちと何ら変わらないひとりの人間なんだと思い知らされますね。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』5話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』5話のネタバレ
取材をしたいと心(松下奈緒)の前に現れた、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)。

ところが関河の真の目的は、関東医大の事を聞きだすことでした。

薫(木村佳乃)がある手術で医療ミスを起こしたと主張する関河。

変だと感じた心は薫に、関河に気をつけてとアドバイスします。

ある日、長尾春香(遊井亮子)が病院へやって来て、治療期間を教えてくれと言います。

心は経過を見ないと明白な期間は分からない、入院が必要と話しますが、春香は仕事で無理と入院を拒否。

春香は夫と息子の親権を争っていて、仕事を無くすと親権を夫に取られると思っていたのです。

心は春香の夫に相談、治療中だけ夫が親権を持つということに。

話を聞いた春香は、前向きに治療する気持ちを持てました。

そんな中、薫を訪ねてきたのは北陸総合病院の医師。

かつて薫は父親を医療ミスで亡くしていました。

その時の医師・宇佐美が亡くなったのです。

宇佐美は薫に謝罪をしたがっていましたが、病院から止められていました。

薫は、意思があればどんな手段でも謝罪をするはず、と言いますがその言葉は自らに返ってきます。

薫は心に、匠(中村俊介)が亡くなったのは自分のせいと打ち明け・・・。

第6話 「がんの標準治療と民間療法」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。
引用元:FOD

第6話の感想

匠が亡くなった原因に関わっていたのが須藤(田辺誠一)で驚きました。薫先生に罪を擦り付けようとするなんて最低です。どうして薫先生もそんな最低な相手を庇おうとするのか疑問です。今回出てきた患者の父親にもいら立ってしまいました。確かに抗がん剤による副作用は辛いものがありますが、それを毒だなんてあまりにも無知すぎます。娘を助けたいなら正しい知識を得ようとする姿勢、周りからの正しい助言を聞く耳を持つべきだと強く思いました。最愛の娘の危機に気が動転してしまうのはわかりますが、そこで心を強く持って向き合うことこそ子供を救うことにつながるのだと子供を持つ私も考えさせられました。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話のネタバレ
匠(中村俊介)が亡くなった原因が自分の手術ミスだと薫(木村佳乃)から聞かされた心(松下奈緒)は、薫を避けていました。

薫は居場所が亡くなり退職願を提出しますが、美川史郎(阿南健治)からオペを待つ患者たちのためにも受け取れないと突き返されます。

一方、心は胃癌患者の土方絵麻(清水くるみ)に、今後の治療方針として、抗がん剤治療を勧めます。

しかし猛反対する父親の徳介(ベンガル)。
さらに化学療法をやらない方針の病院へと転院したいと言い出します。

心がその院について調べた結果、高額でがんが消える水を販売していたのです。

その後、その院長らは逮捕されました。

高坂(高畑淳子)はその様子を見ながら、患者は病気を治すためなら何でも良いからすがってしまうのだと言いました。

そこへちょうど徳介が現れます。

心は落ち込む徳介に、治療は今からでもできると説明します。

それを受けて徳介は、「よろしくお願いします」と頭を下げました。

ある日、心は関河(三浦翔平)と会い、匠が亡くなった原因は薫ではなく須藤(田辺誠一)だったと聞かされます。

心は薫に謝りますが、須藤にはめられたことを知り酷く動揺する薫なのでした。

第7話 「孤立する高齢の親子とがん」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。
引用元:FOD

第7話の感想

今回の親子の話はとてもよかったです。私にも引きこもりに近い時期があったためとても共感できる内容でした。でも無職で自分自身に収入がない人が見たらもの凄い恐怖を感じそうですが、その恐怖は現状を脱するためにも大切な感情なので、今現在近い状態にある人たちが見るべき回だと思いました。でもプログラマーという在宅でもできるスキルを持っているのに職場勤めにこだわらなくてもよかったんじゃないかと少し心の中で突っ込んでしまいました。最後は心が匠の死を受け止め前向きに進もうという場面が描かれていて希望が持てて嬉しかったです。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』7話のネタバレ
須藤(田辺誠一)の医療過誤が匠(中村俊介)の死の原因だと知った心(松下奈緒)は、調査委員会に報告します。

それを聞き複雑な思いを抱く薫(木村佳乃)。

数日後、匠の件は医療過誤と認められず、責任を須藤個人に問うことは難しいと調査委員会から連絡が。

そんな中、心は肺への転移が発見された武井正弘(平田満)の担当に。

検査結果を家族同席の場で伝える予定が、現れたのは武井ひとりでした。

心は入院を勧めますが武井は拒否。

実は武井の息子は引きこもりで、彼を心配し入院を拒否していたのです。

その後武井の容体が急変、病院に運び込まれます。

息子が自宅で苦しむ武井を見て救急車を呼んだのでした。

付き添いの息子に必死に訴える心ですが、彼は自分には何もできないと言います。

しかし、武井が自分のために集めた求人募集を見た息子は父の思いを初めて知ります。

それ以降外出ができるように。

ある日、須藤が心の自宅を訪れ真実を話したいと言います。

そして失敗を認めず薫に責任を押し付けたことを謝罪します。

心は須藤がずっと責任を感じていたことを知り、恨み続けるのではなく、前を向いて進もうと決意したのでした。

第8話 「18歳の少年が抱えるがん」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。
引用元:FOD

第8話の感想

薫先生が病院に残ることを決めてくれてよかったです。前回前向きに進もうと決めた心でしたが、今話で薫先生が残留を決め、本当の意味で医療過誤の問題が解決してすっきりしました。ふたりがより固いきずなで繋がってこれから最強バディとして活躍していってほしいです。そして、1話から登場している患者の民代さんが治療を受けずに海外へ行ってしまいました。こんなに優しくて素敵な人が何度も再発や転移に苦しめられるなんて神様が憎く思ってしまいます。レギュラー的存在だったのでとても寂しくロスになりそうです。また出てきてくれたら嬉しいです。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』8話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』8話のネタバレ
胚細胞腫瘍の再発で入院することになった高校生の井上和樹(萩原利久)。

心(松下奈緒)は何でも相談してほしいと告げますが、和樹はみんな嘘つきだと突き放します。

幼少期から入退院を繰り返し、今回が2度目の再発となってしまった和樹。

昔の和樹は思いやりがあり何事にも全力でしたが、希望を裏切られてきた現在は心を閉ざしてしまっていました。

奈海(岡崎紗絵)はそんな和樹に寄り添おうと、優しく声をかけますが和樹は反発します。

若い患者と話せる場を作ろうと提案を受け、心は交流会を開くことに。

奈海は若い患者には悩みを相談する場が少なく孤立しがちだと感じていました。

そこで、患者同士が交流できるイベントを開催、和樹も姿を見せます。

その中で、和樹は幼い頃に光野守男(藤井隆)から言われた「君の笑顔には人を幸せにする力がある」という言葉を思い出し、前向きに生きる気持ちが再び芽生えるのでした。

心は薫(木村佳乃)が病院を辞めようとしていることを知り、自分にも病院にも薫が必要だと説得します。

薫は心の思いを知り、病院に残ることを決意するのでした。

第9話 「妊娠中にがんになったら―」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出される。前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話す。
引用元:FOD

第9話の感想

前回、民代さんロスになりそうだと思っていましたが、こんな風に戻ってくるのはとても辛かったです。高畑淳子さんの熱演に大号泣の回でした。VRでパリの朝日を見た民代さんの表情に本当に涙が止まらなくなってしまいました。同時にVRの可能性を感じました。病気などの事情で旅行ができない人でも疑似体験ができて素晴らしい活用方法だと思います。こういった場面で活用されるのであれば技術の進歩も悪くないなと思えました。そして妊婦とその夫、そしてお腹の赤ちゃんの話。医療ドラマではよくある題材ですが、とても難しい選択に迫られていて毎回胸が苦しくなります。それでも前向きに生きていこうとする夫婦のゆく先が明るいものになることを願います。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』9話のネタバレ
入小山内静(山田真歩)が切迫流産で病院に搬送されてきました。

静は過去に大腸の癌でステージ3という診断を受け、腫瘍を切除し化学療法を受けていました。

検査の結果転移が見つかり、心(松下奈緒)は妊娠の継続は難しいと判断し静に病状を説明します。

しかし夫婦は揃って中絶するつもりはないと告げるのでした。

そんなある日、民代(高畑淳子)が旅先で倒れ、再び入院することになります。

病状はさらに悪化し深刻な状態の民代でしたが、症状を緩和する以外の治療はしないと抗がん剤を拒否。

そして癌になって得たものもあったと言いながら涙しました。

そんな中、静の容態も急変し緊急手術を行うことになります。

手術は薫の執刀で無事に成功。

抗がん剤治療を進めることになりますが、胎児の安全は保証できないと厳しい現実を告げられます。

それを聞いた静は、夫の敬(落合モトキ)に離婚を持ち掛けます。

実は2人は子供が望めなくなったら離婚という残酷な約束を交わしていたのです。

しかし敬は約束を守るつもりは最初からなかったと離婚を拒否。

敬の思いを知った静は、2人で病気と闘う決意をするのでした。

第10話 「すい臓がんと、最後の試練」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。
引用元:FOD

第10話の感想

清原翔演じる結城涼の家族が登場する回でした。みなと病院で外科医を目指すという結城の目標を受け入れた母。家族の絆や応援が背中を押し、力を与えてくれることを描いていました。すい臓がんは初期症状が出にくいことから気づくのが遅れやすいとよくドラマでも取り上げられていますが、今回もそんなすい臓がんがテーマ。予想外の転移から根治はできませんでしたが、兄弟でこれからの癌との闘いに立ち向かっていく前向きな展開となっていてよかったです。最後の薫のガン再発の告白シーンはショックでした。心がしっかり支えてあげてほしいと思いました。最終回に向けて救いがあることを願います。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』10話のネタバレ
芳雄(相島一之)がすい臓がんだとわかり、弟の佐伯隼人(丸山智己)は第一線の医師が揃う有馬総合病院に転院させると申し出ます。

しかし有馬総合病院の理事・結城美紀子(とよた真帆)は、大勢の手術待ちの患者がおり、すぐには手術ができないと転院を拒否します。

結局当初の予定通り横浜みなと総合病院で手術を受けることになった芳雄。

そして手術当日、芳雄の癌は予想外に広がっており、根治はできませんでした。

大きなショックを受ける隼人でしたが、心(松下奈緒)の寄り添う言葉で前向きに。

そんな中、心に国立がん医療センターへの異動の話が。

阿久津(木下ほうか)が心の仕事ぶりを評価し、推薦していたのです。

そして心が異動した後のことを考え、結城や夏樹(岡崎紗絵)の腫瘍内科への残留を願っていましたが、2人は他科への異動を希望。

結城には父親のように患者第一の医師になるという目標があり、横浜みなと総合病院で外科医を目指すことを決意していました。

母である美紀子はそれを聞き結城を応援することを決めます。

ある日、薫(木村佳乃)は乳がんが再発したことを心に打ち明け「一緒に闘って欲しい」と告げます。

心は「もちろん」と答えるのでした。

第11話 「乳がん再発を乗り越えて」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。
引用元:FOD

第11話の感想

心と薫って、すごくこころが通じ合っていて、私もこういう仲間がほしいなぁって思いました。仕事中に薫が倒れてしまって、手術を受けて眠っているところを見た心が思わず泣いちゃうシーンは、なんていうか二人の絆の深さを見た気がしました。そして、薫もそんな心の思いを知って涙を流してて・・・。もう、涙が止まりませんでした。3年後、心が医療センターへ転籍できて、部長の阿久津さんもグッジョブ!って感じですが、何よりも、また薫が前みたく外科医としてバリバリと働く姿は、本当に良かったな~って思いました!単なる医療ドラマというのではなくて、人を思う気持ちの大切さを描いている作品です。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』11話無料動画

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』11話のネタバレ
癌の再発を薫(木村佳乃)から聞き、ショックな心(松下奈緒)。

が、治療をしつつ仕事も続けたいというポジティブな薫の考えに心を動かされ、薫をサポートすることに。

ある日、食道がんの橘千寿子(三田寛子)の手術を担当することになった薫。

抗がん剤の効果が芳しくなく、辛そうな薫を目の当たりにした心は、千寿子の手術を降りるよう頼み、他の医師にやってもらうことになります。

そんなある日、仕事中に倒れた薫は、緊急手術を受けます。

心は術後の眠る薫を見て号泣します。

そんな心に気づいた薫も、彼女がいなくなってから静かに涙を流しました。

少しでも薫のそばに居たいと思った心は、部長の阿久津(木下ほうか)から勧められていた、国立がん医療センターへ移るという話を断ろうと決めます。

薫は他の医師からそれを聞き、心に異動をするよう勧めました。

心は薫を納得させるべく、薫の治療が落ちついてから医療センターに移る、とうそをついたのです。

それから3年がたち、国立がん医療センターの医師になった心。

一旦は転籍の話がなしになったのですが、阿久津のおかげで移ることができました。

薫はガンを見事克服、外科医として以前のように働いていました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FOD Premiumなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

FOD Premium

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

ひかりTV

レンタル配信
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」は、FOD Premiumにて配信中です。

FOD Premiumで登録したことがある人は、TSUTAYA DISCASにて全話DVDを無料レンタルすることもできますよ。

FOD Premiumは、フジテレビなどで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間もあるので、この機会にお試しください。

本日から12月23日まで無料!

FOD Premiumでドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画を無料視聴

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」はFOD Premiumにて見放題配信中です。

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に出演している松下奈緒の出演作品

  • 鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~
  • 人間の証明
  • トップキャスター

もFOD Premiumで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月23日まで無料!

FOD Premiumの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

FOD Premiumの登録方法
  1. FOD Premium TOPの「今すぐはじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを設定し、「アカウントを作成する」をクリック
  3. お支払い方法を選択する
  4. 購入内容を確認して問題なければ、「決済に進む」をクリック
  5. 以下の表示で登録完了です
FOD Premiumの解約方法
  1. FOD PremiumTOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録コースの確認・解約」をクリック
  3. 「解約する」をクリック
  4. もう一度「解約する」をクリック

 

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』あらすじや感想

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の全体あらすじ
恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。さまざまな症状のがん患者と日々向き合い忙しい毎日。この日、心は担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は化学療法室から緊急の連絡。
引用元:公式サイト
ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の見どころ
ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」は、フジテレビで放送された医療系ヒューマンドラマです。

がんをテーマとし、これまでの医療ドラマとは少し違う医療ドラマとなっています。

主演は、ピアノも弾ける女優として話題の松下奈緒、そして共演は実力派女優の木村佳乃。

2人に1人はかかるという「がん」に立ち向かい、2人の女医が奮闘する姿を演じています。

2人の女医がそれぞれに患者や自分と向き合い、痛みなどを抱え生きる姿が見どころです。

絆を深め合いながらも必死に人生を生きる姿を、繊細に描いています。

「アライブ がん専門医のカルテ」は、日本で初めて本格的に「腫瘍内科」を題材とした作品。

こんな現代を生きるすべての人に贈る医療ドラマとなっています。

本日から12月23日まで無料!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の感想

男性40代

とても優しさにあふれたドラマでした。全員いい人しかいなくて、そのふれ合いの様子と素敵な音楽で何気ないシーンでもほろっと涙が出てしまうほど…はじめは心(松下奈緒さん)と薫(木村佳乃さん)を中心に、心の夫の医療過誤をめぐりサスペンス的要素もあった展開でした。えー心と出会うきっかけとなる薫のパンク行為は未だに引っかかりますが、まぁ気持ちが病んでいたということで……

女性20代

薫が心にやっと打ち明けたシーンは号泣でした。その後、須藤先生(田辺誠一さん)が医療過誤の原因とわかり、サスペンス要素が続くと思いましたが、彼もすぐ償うことになり後半は医療ドラマとしてがんと向き合うメディカルヒューマンドラマをしっかり描かれました。 心先生も夫を亡くし、自身が病んでいた前半から抜け出し、やっとオンコロ先生って名前が似合う温かいキャストになってきました。

男性30代

“がん”を通しての個々の生き方や目標が描かれていました。夫への心残りとどん底からの再生、がん医療センターへ移籍してがんの薬の研究に没頭する姿が印象的です。漣くんが心に小説家になりたいと打ち明けるシーンの2人のやりとりが可愛かったなぁ。恩田一家のやりとりにほっこりさせていただきました。このドラマでみんなを支えてきた民代さんの9話のエピソードは大号泣でした。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の関連動画

松下奈緒の出演ドラマ・映画

 

無料動画情報まとめ

以上、松下奈緒主演のドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

腫瘍内科×外科の女医タッグでお送りする、「がん」に着目した医療ドラマである本作。

苦しむ人も多い「がん」に対し奮闘する、医者の苦悩の毎日が描かれています。

そんなドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の動画はFOD Premiumで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間があるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月23日まで無料!