監察医 朝顔2

本日から12月12日まで無料!

2020年11月から放送されたドラマ『監察医 朝顔2』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『監察医 朝顔2』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、FOD Premiumであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

FOD Premiumの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『監察医 朝顔2』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
関連作品
話数 全19話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 

目次

ドラマ『監察医 朝顔2』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「監察医 朝顔2」の動画は、FOD Premiumにて見放題配信中です。

監察医朝顔2 FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「監察医 朝顔2」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

また期間中であればドラマ「監察医 朝顔2」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、FOD Premiumの特徴を表にまとめています。

月額料金 976円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 100ポイント付与、8のつく日に400ポイントGET
継続特典 8のつく日に400ポイントGET
見放題作品数 4万本以上
取扱作品数 5万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード不可
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、FODオリジナルドラマや、オリジナルバラエティ番組も独占配信中!

他では見れないオリジナル作品を、楽しむことができますよ!

本日から12月12日まで無料!

第1話 「法医の娘と刑事の父と夫がつむぐ命の物語」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)、夫で、平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と一家四人、笑顔が絶えない幸せな日々を送っている。ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいにつぐみが「弟が欲しい」と言い出す。
引用元:FOD

第1話の感想

つぐみ、弟欲しいっていう言い方可愛すぎでしょ?ピーマン食べたら弟くる?って朝から両親は気まずすぎで笑えました。シリアスな事件を取り扱うドラマだからこそ、こんな家族の一コマにめちゃめちゃ和む大好きなドラマです。それにしても刑事と法医学者の家族って、ずっと家でも仕事の話、それが幸せかどうかは本人たち次第なんだなとか思う。それぞれに自分の仕事をまっとうして、追いかける姿はやっぱり泣けるな。自分の息子だけ死因が違うって言われた母親の気持ち考えたら…事故の犯人じゃないことを証明されたことはいいのかもしれないけど、それでもそんな些細な死因なんてつらずぎる。シーズン2ではお母さんの手がかりが少しでも見つかってお父さんが報われればいいなって思います。

ドラマ『監察医 朝顔2』1話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』1話のネタバレ
神奈川県にある法医学教室に勤務する法医学者である万木朝顔(上野樹里)。
変わらず、父の平(時任三郎)と夫で平の元部下の桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみと仲良く一つ屋根の下で暮らしていた。

するとある朝、つぐみが「弟が欲しい」と言い出し、気まずい空気の中三人は出社する。

朝顔はつぐみを保育園に送ると、職場に向かう途中に群衆雪崩の事故現場を目の当たりにした。

近くのスタジアムで大きなイベントがあり、そこで突然火災報知器が作動したため、それに驚いてパニックになって歩道橋に人が集まりおきた事故だった。

職場に着くと、テレビニュースで仲間がその事故の様子を見ていた。

20名が病院に運ばれ、死者が4名、意識不明の重体が1名の大きな事故となっていた。

するとすぐに、法医学教室に解剖の依頼が入った。

同時に平は、事故の原因を調べ始める。

スタジアムで火災は起きていなかったこと、現場で変な匂いがしたという証言があったこと、被害者の中に意識障害などの化学製品が原因の症状を訴えている人が複数いたこと。

さらには事故が起きる前に、金髪の男が騒いでいたという証言があったことから、事故の原因にもっとさらなる真実があるのではと疑問を抱いていた。

死者を解剖していく上で、おかしな点を炙り出していく朝顔はじめとする解剖チーム。

そんなある日、つぐみをかばって平は手を怪我してしまう。

その怪我した手で東北に向かうという平に対して、心配して朝顔は自分が代わりに行くと言い出す。

朝顔は「母親を探したいというより、父親に何かしてあげたい」という本音を真也にもらす。

第2話 「双子の少年が突然死!2人が隠した悲しい秘密とは」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。朝顔が1階へ降りると、すでに平(時任三郎)が支度を終えていた。ただちに現場に向かう平。被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。
引用元:FOD

第2話の感想

それにしてもその時だけユニホーム変えて父親を喜ばせようとして今回の結果って悲しすぎる。本当に仲の良かった双子の兄弟ってことも。でもそれ以上に入れ替わってるとは知らず、周りが言いたい放題言っているところはなんだか胸が締め付けられた。自分が死んだときにあんな言われ方してたらいてもたってもいられないな。最後は本当のことがわかって良かったけど。でも双子の判別を医学的に実証するのは難しいってことには驚きました。

ドラマ『監察医 朝顔2』2話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』2話のネタバレ
野毛山署管内の人通りのない空き地で、中学生の男子が遺体で発見されます。
その件で、休日だった朝顔(上野樹里)は法医学教室から電話が入り仕事となるも、娘のつぐみ(加藤柚凪)は駄々をこねるのでした。

その事件で同様に平(時任三郎)も現場へと向かいます。

遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網に挟まっていました。

その頃解剖した朝顔は、手のマメのような後を不審に感じます。

みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなく検査の結果が出ずに現場はイラついていたました。

そんな時、被害者の父親が階段から滑らせて意識不明の重体であると連絡が入ります。

被害者に母親はいないため、祖母と双子の兄が身元確認へきたのです。

兄は会うことができず、祖母は痛いの顔を見るなり声を上げて号泣するのでした。

捜査線上に上がってきたのは被害者の野球チームの監督でした。

練習も厳しく、その厳しさからチームを辞めた部員もいるほどだったという。

しかし事件は思わぬ方向へと動いていく。

なんと死んだのは双子の弟ではなく、兄の方だったのです。

事件当日だけユニホームを変えて、野球が下手でなかなか試合に出れなかった弟にいい思いをさせようとしていたのです。

久々に父親が試合を観に来ることになっていたので、代わりにホームランを打つと約束していたのです。

第3話 「ミイラ化遺体は20年前の凶悪犯!?」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)たちが暮らす万木家に、野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が突然訪ねてくる。山倉は、平(時任三郎)が保育園でつぐみ(加藤柚凪)を引き取って戻るまで、雨の中、傘もささずに万木家の前に佇んでいた。平が事情を聞こうとしても、泣くばかりで何も言わない山倉。
引用元:FOD

第3話の感想

今回の話であった、遺体についた虫から志望時間を突き止めるっていうのは初めて知った。解剖医のドラマって最近増えているけど、なんだか新鮮だった。それにしても科学的根拠ってすごいペースでいろんな手法が増えているんだろうな。そう思うと本当知らない世界が多すぎるって改めて感じました。でもそれがあったからこそ、今回の家族はなんとか見つけ出会い、再会の仕方はさすがに辛いものがあったけど、会えないよりましかな?でも最期が楽しく好きな人と過ごせていたなら、心救われるなって。朝顔たちいい仕事した!

ドラマ『監察医 朝顔2』3話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』3話のネタバレ
朝顔(上野樹里)が家に帰ってくると、そこにはお風呂に入った野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が泣きながら居た。
自分が左遷されるかもしれないと言う噂を聞いてしまったから。

そんなの噂だと言うが、そのことにひどく落ち込むのだった。

翌日、朝顔は検視官の丸屋(杉本哲太)から電話がかかってきて、神奈川と山梨の間にある田園地帯にいくようにとのこと。

そして遺体が見つかった倉庫にいくと、旧知の検視官・伊東(三宅弘城)が揉めていたのだ。

どっちが動くのかというところで、県境だからこそどちらも主張を譲らない。

解剖医は、すんなりと朝顔が担当することとなる。

遺体は脂肪から時間が経っており、乾燥してミイラ化していた。

そのため身元の特定に困難を示し、研究室は頭を抱えていた。

唯一の手がかりで不可解な点は、遺体がタキシードと蝶ネクタイをつけていたこと。

そこで安岡はしつこく、遺体に虫がついていなかったかと聞いてくる。

なんと安岡は自分も何か力をつけたいと、誰も勉強していない虫で死亡時間を特定するという手法を独学で勉強していたのだ。

そのことから死後半年くらいであることがわかった。

そこから当てはまる人を絞り、なんとか身元特定に至ったのだ。

遺体に会いにきたのは娘。しかし父親の遺体はミイラ化しており、娘も見れたものではなかった。

解剖医のできることはここまでで、それ以上娘さんにできることはないとわかっていたが、朝顔はどこか心残り。

そこで今一度、何か情報を伝えることができないか力を合わせて取り組むことになる。

すると最期に食べたであろう店が見つかり、そこで女性と楽しく食べていたという事実を掴む。

その事実を娘さんに伝えるため、そのお店に呼ぶことに。

父親がまさか恋愛をしていたなんてと驚く娘でしたが、ここ1年くらい楽しそうにしていた父親のことを思い出す。

そうやって過ごしていたということを知り、どこか救われる娘だった。

第4話 「密室殺人の謎!朝顔 秘密を知る」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)が法医学教室に出勤すると、茶子(山口智子)から、車に閉じ込められているから休む、という電話が入る。応対した藤堂(板尾創路)は、絶対嘘の言い訳だと言って気に留めなかった。
引用元:FOD

第4話の感想

いつもクールで達観した感じの茶子先生のロマンスとも言えそうな話が出てきて、大人の恋愛の雰囲気に、ドキドキが止まりません!また、そのお相手が大谷良平さんというこれまたダンディーな俳優さんで。ここの部分だけ切り取って大人の恋愛ドラマが成立してしまいそうな勢いです。いつまでも若々しい山口智子さんの往年の恋愛ドラマを思い出しました。いつも朝顔さんを陰に日向に支えてきた茶子先生ですが、今回は茶子先生自身も応援したい気持ちでいっぱいです!

ドラマ『監察医 朝顔2』4話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』4話のネタバレ
ある朝、朝顔(上野樹里)がいつものように法医学教室に出勤すると、藤堂(板尾創路)が茶子(山口智子)からの電話を受けているところだった。
車に閉じ込められてしまい、休むという茶子。

藤堂は嘘だなとしつつも、そんなこともあるかという様子だ。

実は、茶子には若林(大谷亮平)との関係をどうするかという問題があったのだった。

一方、真也(風間俊介)の所属する野毛山署強行犯係に、マンションの一室で若い女性の遺体が発見されたという一報が入る。

被害者の女性は坂井亜衣(椚ありさ)といい、姉の美優(高梨臨)と大家からの通報で、遺体は発見されたのだった。

捜査により、死因は窒息によるものであり、部屋が密室であったこと、青いタートルネックのセーターが脱ぎ捨てられていたことなどがわかる。

しかし窒息ついては、司法解剖で病死の線も捨てきれないとされた。

遺体の首の軟骨に骨折がみられるものの、他殺を疑うには首に残る絞殺のあとも薄すぎることなどがネックとなっていた。

更に亜衣が交際相手との金銭トラブルに巻き込まれていたことも判明する。

情報が錯綜する中、事件の解明に向けて懸命に捜査を進める平(時任三郎)や朝顔たちだった。

一方で、つぐみ(加藤柚凪)とともに祖父の浩之(柄本明)のもとを訪ねた朝顔は、仏壇にハンカチに包まれていた白い歯を見つけてしまう。

浩之は、朝顔の母・里子(石田ひかり)の歯だというのだった。

第5話 「朝顔東北で解剖!? 桑原夫妻は…」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、娘のつぐみ(加藤柚凪)を連れて、祖父・浩之(柄本明)が暮らす仙ノ浦を訪れていた。そんな朝顔のもとへ、ある遺体を解剖すべきかどうか判断してほしいという連絡が入る。朝顔が現場へ向かうと、何故かそこには丸屋(杉本哲太)の姿があり、岩手県警のベテラン刑事・佐山(才勝)ともめていた。
引用元:FOD

第5話の感想

朝顔先生たちが東北で司法解剖を行った女性の娘さんの演技がとても光っていました。介護はきれいごとではなく、実の親子であっても時には憎しみの感情まで生まれてしまう過酷なものであること。そういった状況で、親子でありながらも、介護する側が親の死を願ってしまう気持ち。そして、いざ本当に亡くなってしまったとなると、やはり喪失感から涙があふれてしまうという難しい感情を見事に表現されていたと思います。端役の役者さんでしたが、何年か後にはテレビで沢山お見掛けすることもあるかも知れないなと思いました。

ドラマ『監察医 朝顔2』5話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』5話のネタバレ
興雲大学法医学教室に男性の遺体が運び込まれた。
遺体は全身に30か所も傷があり、それらは前夜の強風で看板が窓を突き抜けて部屋に飛び込んでできたということだった。

朝顔(上野樹里)と茶子(山口智子)が不在の中、藤堂(板尾創路)らの調査により、死因は太ももに刺さったガラス片を、自分で引き抜いたことによる失血死ということに落ち着いた。

けれども、この結論に違和感を感じた平(時任三郎)は、更に細かい調査を依頼する。

一方、東北の祖父の家に滞在していた朝顔は、地元の司法解剖に協力することになる。

朝顔をサポートする為、光子(志田未来)と恵美(平岩紙)も朝顔のもとに駆け付けた。

朝顔たち三人が司法解剖したのは、8年前の脳梗塞発症以来寝たきりとなり、娘の介護を受けていた71歳の女性だった。

母娘の口論などの証言から娘に殺人の疑いがかかるが、朝顔たちは遺体の頬に残る黒い遺留物や、口腔内の状況など、細部に渡り調査を進めるのだった。

東北での仕事を終え、神奈川の家に戻った朝顔。

祖父の家にある仏壇から母のものだという歯を見つける朝顔だったが、それについての祖父・浩之(柄本明)の想いを聞き、それ以上掘り下げた話ができなかった朝顔だった。

つぐみ(加藤柚凪)が寝静まった後、朝顔は、母・里子(石田ひかり)のものとして浩之が歯を保管していることを平と夫の真也(風間俊介)に伝える。

そして、朝顔は浩之はそれ以上を望まず、もうこれでおしまいにしたいと思っていることも二人に話すのだった。

第6話 「桑原が射撃!?朝顔には残酷な真実」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、朝になっても帰宅せず、電話にも出ない桑原(風間俊介)のことを心配していた。テレビからは、昨夜発生した、警察官殺害事件のニュースが流れていた。犯人は、警察官を襲って拳銃を奪い、現在も逃走中だという。そこに、仙ノ浦を訪れている平(時任三郎)から電話が入る。桑原のことを聞いた平は、聞き込みや検問で徹夜なのだろう、と言って朝顔を安心させる。
引用元:FOD

第6話の感想

とんでもない事件に巻き込まれてしまった真也。取り調べをしている監視官があまりにも真也の言い分をハナから信用していないので、これはドラマだ、お話だとわかっていても、ガチでイライラしてしまいました。真也を犯人とするのは状況証拠からすると簡単かもしれないけれど、聖奈さんを殺す動機がないじゃん!とテレビの前で叫びだしかねない勢いでした。なんだか、陰謀のにおいがプンプンします。状況は不利だけど、何とかみんなが証拠を見つけて早く真也君が解放されてほしいです!

ドラマ『監察医 朝顔2』6話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』6話のネタバレ
夜が明けても家に戻らない真也(風間俊介)を心配する朝顔(上野樹里)。
居間にあるテレビでは、新藤沢で警察官が拳銃を奪われ、犯人が逃亡中というニュースが流れる。

平(時任三郎)も仙ノ浦に出かけていて留守なこともあり、拳銃をもった犯人が逃走中で保育園が休みとなったつぐみ(加藤柚凪)を連れて興雲大学法医学教室に出勤する朝顔だった。

朝顔が出勤して間もなく、緊急解剖の要請が入る。

運び込まれたのは、額を銃で撃たれた若い女性の遺体だったが、驚くべきことに真也がこの件に関係していることから、朝顔ではなく藤堂(板尾創路)が解剖することになった。

一方現場に残っていた真也は、監察官の五十嵐(松角洋平)から厳しい取り調べを受けていた。

被害者の女性は、真也が風営法違反の件で交際相手の相談に乗ってほしいと言われて度たび顔を合わせていた田村聖奈(中村里帆)だった。

真也は、聖奈に呼び出されて事件現場に向かった際、彼女の交際相手の背後に銃を構えた桐谷(坂本慶介)を認めたと五十嵐に供述するが、なぜか、五十嵐は真也の供述を頭から信用しないのだった。

一方、仙ノ浦では平(時任三郎)が妻・里子(石田ひかり)の父・浩之(柄本明)と話していた。

時折せき込み、体調があまりすぐれない様子の浩之は、春先に里子のものと思われる歯を見つけたにも関わらず、平に知らせなかったことを詫びる。

そして、浩之は近いうちに入院すると告げ、仙ノ浦への移住を考えている平に、自分の家に住むのはどうかと提案するのだった。

第7話 「桑原射殺事件解決編! 朝顔第1章ここに完結!」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)の夫で、神奈川県捜査一課の桑原(風間俊介)は、田村聖奈(中村里帆)を射殺した容疑で監察官の五十嵐(松角洋平)から厳しい追及を受けていた。桑原は、聖奈を撃ったのは交際相手の桐谷大和(坂本慶介)だと主張。自分は、聖奈の背後から彼女に拳銃を向けた桐谷の右足を撃ったと証言した。だが、その桐谷が焼死体となって発見され、解剖の結果、聖奈が射殺されるよりも前に死亡していたことが明らかになる。桐谷の解剖を行ったのは朝顔だった。
引用元:FOD

第7話の感想

真也に聖奈殺害の容疑がかかってしまいました。桑原容疑者という呼び名には、もちろん違和感しかわかず、人の話を全く聞かずに取り調べをする五十嵐監察官は憎らしさ満載でした。朝顔も忍も、ついでと言っては何ですが、丸屋さんまで担当を外されてしまってどうなることかと思いましたが、茶子先生が戻ってきてくれて良かった!心底ほっとしました。頼もしさ倍増どころか、千倍増以上に感じました。人との繋がりについていろいろと考えてしまう昨今ですが、このドラマの中には、仲間との繋がりを強く感じさせてくれるものがあり、いいな、こういう関係って。と毎回思います。

ドラマ『監察医 朝顔2』7話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』7話のネタバレ
死亡した桐谷(坂本慶介)の解剖を担当していた朝顔(上野樹里)だったが、田村聖奈(中村里帆)殺害の容疑者となってしまった真也(風間俊介)の家族であることから、担当を外れるように監察官の五十嵐(松角洋平)から言い渡される。

光子(志田未来)が後を引き継ぎ、桐谷の解剖の担当となる。

茶子(山口智子)の指示により、朝顔も光子のサポートとして調査チームに残ることとなった。

同様に、真也の姉である忍(ともさかりえ)も捜査から外されてしまう。

事件のあらましを知った平(時任三郎)は、仙ノ浦から野毛山署に現場の防犯カメラを洗うように連絡を入れる。

真也を信じ、一丸となって調査・調査を続ける捜査一課と法医学教室だった。

桐山の遺体の再調査を進める光子と朝顔は、ある論文からひとつの可能性を見出す。

その情報に基づき、脳を復元し、桐山の遺体を確認したところ、大脳運動野に損傷がないことから、即死ではないことが判明する。

また、防犯カメラに映る死亡直前の田村聖奈の妙な歩き方が、捜査一課の目に留まるのだった。

更に、現場での再調査をしていた丸屋検視官(杉本哲太)らが持ち込んだ遺留物の中に、日本には存在しないタイのハエが見つかる。

仙ノ浦に移る前日、平は朝顔に、里子(石田ひかり)の遺品である手袋を渡す。

翌日、出発の時間まで二人でいつもと変わらない時間を過ごす平と朝顔。

朝顔は玄関先で駅に向かう平を見送りながら、来週つぐみと二人で行くからねと言葉をかけるのだった。

第8話 「新章スタート!朝顔、娘と2人暮らし…30年前の事件が」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)が所属する興雲大学法医学教室に、新しいアルバイト学生として、医学科3年の牛島翔真(望月歩)が加わった。藤堂(板尾創路)や高橋(中尾明慶)は、また辞められたら困る、という理由から、何かと牛島に気を遣っていた。一方、長野県警への異動を命じられた桑原(風間俊介)は、非番だった姉の忍(ともさかりえ)に手伝ってもらい、これからひとり暮らしをするマンションで荷解きをしていた。朝顔と結婚し、万木家で暮らすことになったときの思い出に浸る桑原。忍は、そんな桑原に対し、ある忠告をする。
引用元:FOD

第8話の感想

今回の話の中心には、30年前の少女殺人事件がありますが、私も一人の親として、ドラマとはいえ、凄惨な事件の内容に胸がつぶれるような思いでした。話が進むにつれて、少女の父親が抱えていた無念さがいかに強いものであったのかが描かれていましたが、大切な家族がある日突然、思いもよらない形でいなくなってしまうと、こうも我を忘れた行動にでるものなのかと、驚きをもちました。思いもよらない形という意味では、朝顔さん家族も、お母さんを震災で亡くしていますが、殺人と違い、そのやるせない気持ちをどのように折り合いをつけているのか、考えるにつけ、複雑な心境になりました。

ドラマ『監察医 朝顔2』8話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』8話のネタバレ
興雲大学法医学教室に、海岸で自殺したと思われる60代後半の男性の遺体が運び込まれた。

朝顔(上野樹里)や光子(志田未来)らの調べにより、遺体には多くの擦過痕があり、右手は複雑骨折、爪の間には石灰のようなものが残されていることが判明する。

死因は、頭骸骨陥没による失血死の可能性が高いものの、腕に創痕があることや、右手の複雑骨折ができた背景が見えないなど、疑問点も多く洗い出された。

一方真也(風間俊介)は、長野で交番勤務につくことになった。

真也の長野駐在は、拳銃発砲事件のほとぼりが冷めるまでの、一時的な配置転換とされていたが、神奈川の家は、平(時任三郎)も仙ノ浦に移り、朝顔とつぐみ(加藤柚凪)の二人暮らしとなっていた。

ほどなくして、この男性は、30年前に起きた6歳の少女殺人事件の父親であることが判明した。

当時この事件の担当をしていた茶子(山口智子)の記憶にも鮮明に残っている事件だった。

30年前の事件の被害者の少女は、殺害されただけでなく、死後ばらばらにされてしまうという、非業の死を遂げていた。

少女のばらばらにされた遺体は、右手だけがどうしても見つからず、やむなく、右手の捜索は打ち切られてしまっていたのだった。

更に、法医学教室に、人間の足と、日をおいて左手が運び込まれてくる。

あらゆる調査の結果、この足と左手は同一人物のもので、左手の爪に残されていた皮膚片は、先の海岸で発見された男性のものであることが判明するのだった。

朝顔は、30年前の調査記録に平の名前を見つけ、ヒントを求めて仙ノ浦の平へ連絡するのだった。

第9話 「女子大生連続刺殺事件にSNSの暴走!」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、つぐみ(加藤柚凪)と一緒に保育園の運動会に参加する。楽しそうなつぐみの姿を見つめる朝顔。同じころ、藤堂(板尾創路)や光子(志田未来)たちは、マンションの前で死亡していた21歳の大学生・小湊真由(愛甲ひかり)の解剖を行っていた。真由は、全身を11ヵ所も刺されており、死因は背部刺創による出血性ショックだった。真由が雑誌の人気読者モデルだったため、SNS上にはこの事件に関するさまざまな情報が流れていた。その中には、真由と親交があったモデル仲間の吉永明日花(水野瑛)や、かつて交際が噂された橘凛太朗(宮内伊織)の犯行を疑う声も上がっていた。
引用元:FOD

第9話の感想

警察の内部って、本当にがちがちの権力せかいなんですね!真也さんは全然全く悪いことしてないのに、自分たちや組織の立場が危うくなると、割と平気で下の人に全部しわ寄せする。まるで昭和のドラマのようでした。救いだったのは、それを心配した神奈川県警のみんなが真也さんを励ましたこと。検視官の伊藤さんが真也さんにいった、あまり理不尽なことを言われてたら言い返していい、何も悪いことはしていないのだからというセリフはすごくよかったです。

ドラマ『監察医 朝顔2』9話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』9話のネタバレ
朝顔(上野樹里)がつぐみ(加藤柚凪)の運動会で休暇中に、女子大生の刺殺体が法医学教室に運び込まれてきた。

被害者の女子大生は、読者モデルをしていて、刺創や遺体の状況からから背面から襲われ、左から右へ刺されており、犯人は左利きの可能性が高いと予想された。

休暇の翌日に、女子大生の遺体についての情報を受けた朝顔だったが、アクシデントで解剖室が使えないことになってしまう。

そんな中、平(時任三郎)から、祖父の浩之(柄本明)の容体が思わしくないと連絡を受ける。

朝顔は茶子(山口智子)の勧めもあり、有休をとり、つぐみと二人で仙ノ浦へと向かった。

朝顔とつぐみの顔を見て浩之は元気を取り戻すが、里子(石田ひかり)の歯について、やはり朝顔に鑑定してほしいと言い出す。

朝顔は浩之から里子のものとされる歯を預かるが、鑑定については気持ちが進まず、平にひとまず預けることにした。

一方、長野で単身赴任中の真也(風間俊介)は、拳銃発砲事件についての審議会のために上京していた。

審議会で真也は発砲した行為について厳しく追及され、暗に、自主降格を進められてしまう。

また、法医学教室には、更に新たな刺殺体が運び込まれてくる。

被害者は先の女子大生殺人事件の重要参考人の女性だった。

不思議なことに、女性二人の刺跡や遺体の状況は驚く程酷似していたのだった。

事件のいきさつはSNS上を大いに賑わす出来事となっており、メディアでも大きく取り上げられるのだった。

新春SP

新春SPの無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

このスペシャルは全編新撮で、朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)との出会いや、朝顔がつぐみを身ごもってから生まれるまでのことなど、これまで描かれることのなかった朝顔たちの宝物のような物語を描いていきます。さらに、初めて執刀助手として解剖に臨んだ朝顔のエピソードも明かされます。初めての執刀助手ということで緊張する朝顔たちのもとへ運ばれてきた遺体は、特殊造形の作家をしている男性で、第1発見者は小学2年生の男児。遺体は発見時、体中に砂糖がふりかけられているという異様な状況で、遺体の発見現場にあった砂糖ケースからは、なんと男児のものらしき指紋が検出されます。この男児が事件とどのように関わっているのか。そして、解剖の結果は?
引用元:FOD

新春SPの感想

新人の頃の朝顔さんが、とても初々しくて可愛らしかったです。けれども、その後の成長を確信させるような的確な仕事の進め方は流石としか言いようがありませんでした。そして、アトリエ作家の事件の時に見せた子供への接し方なども見ると、人格もやっぱり素晴らしく、桑原君がほれ込み、何度降られてもあきらめずにアタックし続けたのは納得できます。やっぱり人柄が良い人が一番ですからね。あ、朝顔さんは人柄だけでなくルックスも抜群にかわいいですけれどもね!

アトリエ作家さんの事件で、子供を理解する事の大切さを改めて認識しました。大人になると、ついそれまでの経験や先入観からろくに話を聞くことなく子供を叱ってしまうことが多々あります。でも、朝顔先生は冷静に状況を分析し、話を聞き、子供の本当の気持ちを引き出すことができました。これは、見習わなくてはいけないなと素直に思いました。日々の忙しさに追われてついついイライラしがちですが、そこを抑えて耳を傾けるのも重要な大人の役目だなと思いました。

平さんと二人暮らしの時。そこへ真也が加わって同居を始めたとき。そして、つぐみちゃんが生まれた時。と時間をへて変わっていく万木家の居間と台所を見ていくのが楽しかったです。家族編成が変わるにつれて、家の中もどんどん変わっていきますよね。特に、つぐみちゃんが生まれてからは、家の中がぱっと明るくなりました。それはインテリアだけではなく、やはり、子供がいるってことはそれだけで家族の空間が明るくなるものなんだなと感じました。これからつぐみちゃんがもっと大きくなったら、小学生、中学生、高校生と成長していったらどんな家になっていくのか想像するのも楽しいです。

ドラマ『監察医 朝顔2』新春SP無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』新春SPのネタバレ
真也(風間俊介)、つぐみ(加藤柚凪)という家族ができる前、平(時任三郎)と二人暮らしをしていた朝顔(上野樹里)。

今は、興雲大学法医学教室の優秀な監察医である朝顔も、8年前はまだ監察医になりたての新人だった。

当時交番勤務だった真也との出会いもこの頃で、朝顔の優しい人柄に惹かれた真也の一目ぼれだった。

そんなころ、茶子(山口智子)不在の法医学教室に、アトリエで発見された特殊造形作家の男性の遺体の解剖依頼が入る。

この依頼で初めて朝顔は解剖の助手を務めたのだった。

藤堂(板尾創路)のサポートをしながら、解剖を進めると、遺体には砂糖がまぶされており、顎が不自然に閉じられていることが分かった。

遺体の第一発見者は8歳の男児で、子供ということもあり、捜査は難航していたが、朝顔は子供に寄り添いながら、事件の解明に努めるのだった。

時はそこから5年前まで進む。

朝顔は真也と結婚し、二人は万木家で平と同居生活をしていた。

朝顔は妊娠8か月だった。

生まれてくる子供を楽しみに待つ朝顔たち。

朝顔は監察医の仕事は続けていたが、そんな折に工事現場で男性の遺体が発見される。

遺体は広告代理店に勤務する大野雄太(25歳)で、首には多数のひっかき傷があり、衣類の状況から発見現場の工事現場まで引きずられてきたことが分かった。

更に、大野は死後かなりの量の食事をしていたことが判明するのだった。

様々な事件と向き合い、家族との時間を大切に過ごしてきた朝顔だったが、今、平は警察を辞職したのを機に、母・里子(石田ひかり)が命を落とした仙ノ浦へ移って行った。

未だ見つかっていない里子を探す平を見守る朝顔だったが、父の小さな変化に一抹の不安を感じるのだった。

第10話 「解剖で怪我…感染症と懸命に闘う法医の苦しみ」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)たちのもとへ、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入る。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼むと、光子(志田未来)や絵美(平岩紙)たちと手分けして解剖を行った。光子たちの好意で先に法医学教室を後にした朝顔は、つぐみを迎えに行き、帰宅する。と、そこに美幸(大竹しのぶ)から宅配荷物が届く。美幸によれば平(時任三郎)が最近、食堂の手伝いをしてくれているらしい。その中には、まんじゅうや干物などの仙ノ浦土産のほかに、母・里子(石田ひかり)が合唱部時代に使っていたというピアノ譜も入っていた。
引用元:FOD

第10話の感想

今回のストーリーは、考えさせられるものがありました。何気なく話題に上る噂話の罪深さです。法医学教室で感染症にかかわる事故があったという報道の切れ端の情報から、その家族にも感染が広がっているのではないかという根も葉もない噂が、つぐみちゃんを深く傷つけてしまいます。こういったことは子供が原因なのではなくて、子供は大人の話していることを真似ているだけなんですよね。そうはいっても、保育園でお前のママは病気だと言われたつぐみちゃんの気持ちを考えると本当にかわいそうに思いました。

保育園でつらい経験をしたつぐみちゃんに、優しくお母さんの仕事について語りかける真也さんは本当に素敵なおとうさんだと思いました。子供にもわかりやすい言葉で、必要以上に朝顔さんを持ち上げることもなく、事実を話し、大変な仕事をしているお母さんを一緒に応援しようと話す真也さん。本当に素敵です。ひどい言葉をいったお友達の事も、一言も責めませんでした。立派だと思います。きっとつぐみちゃんも、真也さんや朝顔さんのように強く思いやりのある大人になると思います。

今回の話は、人間の感情の弱い部分、嫌な部分をわかりやすく表現していたものだと感じました。人は、不安になった時に弱い人を攻撃します。いわれのない攻撃をする人は攻撃をしているように見えても実は心の弱い人なのかもしれません。自分が理不尽な目にあったときに相手の状況を分析してみると、もしかしたら、その人の置かれている立場の危うさや、心理的な不安が見えてくることもあるかと思います。そう考えると、自分さえしっかりしていれば、そういった物は気にするに値しないのかもしれません。

ドラマ『監察医 朝顔2』10話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』10話のネタバレ
茶子(山口智子)が退職し、興雲大学法医学教室は毎日ギリギリの人数で、絶え間なくある解剖依頼をこなしていた。

そんなある日、工事現場で転落しされたとされる男性の遺体が運び込まれてくる。

ご遺体は35歳の坂口という男性で、ビルの屋上で配管のメンテナンスを行っている際に転落したとされたものの、雨で足を滑らせたとも、自分で安全ベルトを外したとも言われており、事故の背景ははっきりしていなかった。

この男性の解剖は、光子(志田未来)が執刀することとなり、朝顔(上野樹里)はサポートに回ることになった。

しかし、執刀中、光子は誤って自分の手をメスで傷つけてしまう。

更にその後の調査で、亡くなった坂口は狂犬病に感染していたことが判明する。

執刀中に負傷した光子も感染の可能性があり、不安で押しつぶされそうになる光子を朝顔たち法医学教室の面々は懸命に励まし、光子の検査の結果を待ち、無事を祈るのだった。

一方、解剖中の光子の事故の件はマスコミにも伝わり、このためか保育園でつぐみ(加藤柚凪)は友達から心無い言葉をかけられてしまう。

朝顔のことを病気と言われ、その子供の自分も病気だと言われ、深く傷つくつぐみだった。

第11話 「トンネル事故! 法医の職務とは…朝顔夫妻に衝撃のラスト」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

 興雲大学法医学教師では、検事との打ち合わせがあった朝顔(上野樹里)を始め、光子(志田未来)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)らもそれぞれ仕事に追われていた。そこに、パンの訪問販売をしている『ホワイトベーカリー』の店員・愛菜(矢作穂香)がやってくる。実は高橋(中尾明慶)は、来週、愛菜と食事に行く約束をしていた。朝顔は、薬物の過剰摂取により中毒死した若い男性の遺体を解剖する。血液からは覚せい剤の成分が検出されたが、不純物が多いことからかなり粗悪な薬物を使用していたものと思われた。別の大学でも似たようなケースの解剖結果があったことから、朝顔は、解剖する遺体は可能な限り薬物検査をしようと高橋に伝える。
引用元:FOD

第11話の感想

今回のシリーズでは、冒頭に法医学教室の皆さんのワチャワチャシーンがあることが多く、個人的には、とても楽しみな部分です。今回は藤堂先生の若いころのイケメンな写真をいじられるシーンや、高橋さんとパン屋さんのラブラブシーンで、ほんわかした始まりでした。物語の中心になるエピソードがどうしても固めな会話だったり、法医学ということで遺体のシーンもあるので、こういう下りは登場人物の皆さんのそれらとは違ったキャラクターが見られて嬉しくもあります。次回以降、どんなワチャワチャシーンがあるのか、これからも楽しみにしたいです!

平さんの物忘れの頻度が回数を追うごとに深刻になっていく様子は、見ていてとても辛いです。特に今回は平さん自身が、それに気づき戸惑う様子も見られて切なくなりました。平さんを心配する朝顔さんの気持ちも察して余りあるものがあります。けれども、みゆきさんにはあまり賛同できません。悩む平さんを慰めるまではよしとしても、父を心配する朝顔さんに牽制をかけるような事はいうべきではないと思います。みゆきさんはいつまでも平さんに仙ノ浦にいて欲しいという気持ちがあって、平さんの変化を認めてしまうと、神奈川に帰ってしまうのではないかいという心配があるのかも知れません。でも、それは家族の気持ちを押しやった考えのように感じて、モヤモヤしてしまいました。

忍さんとお留守番中に家を飛び出してしまったつぐみちゃん。いままでつぐみちゃんは、たくさん我慢してきました。文句も言わず、いつもお父さんとお母さんを応援して、その笑顔で支えてきました。でも、朝顔さんと二人暮らしになってしまったら、日々仕事に忙しく、休日にも仕事に出かけていくお母さんを心配するのは当然でしょう。それよりも、よく、これまで我慢してきたと思います。そうとはいえ、一人でどこへ行ってしまったのか。交通事故にあったりしてないか、誘拐されたりしてないか、一人で泣いているんじゃないか。私まで朝顔さんの気持ちになってしまいました。早く次回が見たいです。

ドラマ『監察医 朝顔2』11話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』11話のネタバレ
震災で亡くなった妻の里子(石田ひかり)を探しながら仙ノ浦で暮らしている朝顔(上野樹里)の父・平(時任三郎)。

平はここの所、自分のもの忘れの多さに悩み、みゆき(大竹しのぶ)に相談する。

みゆきは、自分たちはそういう年齢になったんだ、気のせいだと慰め、もし平がボケてしまったら自分が面倒をみると話すのだった。

そんな中、祖父の浩之(柄本明)の転院の連絡を聞いた朝顔はつぐみ(加藤柚凪)と共に仙ノ浦を訪れる。

朝顔は浩之の見舞いに出かけ、その時に、浩之から母・里子をなくして嘆き悲しむ本当の気持ちを聞かされる。

浩之から頼まれていた、里子のものとされている歯の鑑定は、それを明らかにしたところで誰も幸せにならないという考えから行っていなかった朝顔。

浩之の心の叫びを受け止め、平に預けていた歯を引き取るのだった。

そして、平の健康状態に不安を残しながら朝顔はつぐみと共に神奈川に戻っていく。

そんな折、長野の諏訪でトンネルの崩落事故が発生。

現場の応援に興雲大学法医学教室も向かうことになった。

自分が不在の間、つぐみは真也(風間俊介)の姉・忍(ともさかりえ)に見てもらうことになったが、仕事が忙しい母を心配したつぐみは、忍の目が離れたすきに家を飛び出してしまう。

第12話 「つぐみはどこに!?娘の家出に涙・・・あの人が帰ってくる!?」

12話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)たち興雲大学法医学教室のメンバーは、派遣要請を受け、長野で起きたトンネル崩落事故の現場に向かった。巡回中に事故に巻き込まれていた桑原(風間俊介)が無事だったことを知ってほっとしたのも束の間、忍(ともさかりえ)と一緒に留守番をしていたはずのつぐみ(加藤柚凪)が行方不明になったとの知らせが入る。朝顔は、事故対策現場を光子(志田未来)や絵美(平岩紙)に任せて、桑原とともに万木家へと急いだ。万木家に到着した朝顔たちは、手分けしてつぐみの行方を探したが、見つからない。連絡を受けた野毛山署の森本(森本慎太郎)らも、仕事を終えるとつぐみの捜索に加わった。一方、藤堂(板尾創路)は、バーで働いていたという若い男性・木嶋和樹の解剖を行う。死因は薬物の過剰摂取で、先日、朝顔が解剖した薬物中毒死の男性と全く同じ成分の覚せい剤が検出されていた。その際、木嶋の資料を見た牛島(望月歩)は、彼が働いていたバーに行ったことがあると言い出す。するとそこに、階段から転落したという20歳の女性の解剖依頼が入り……。
引用元:FOD

第12話の感想

小さなつぐみちゃんが無事に見つかってまずは良かったです。それにしても、家をでてしまった理由が、お母さんを気遣って一人で平さんのところへ行こうとしたからだなんて、なんて賢い子なんでしょうと思いました。朝顔さんも桑原君も、忙しくてもキチンと丁寧に子供に向き合って来たんでしょうね。見習わなくては!と思いました。その後の桑原君が朝顔さんを慰める場面もとても良かったです。笑顔を見るだけじゃなくて、辛いときに寄り添うために結婚したんだというセリフは最高でした。

ここの所高橋さんは、大学の構内にやってくるパン屋の愛菜ちゃんといい感じで、このまま二人は恋人関係に発展していくのかなとワクワクしていたのに、予想外の展開でびっくりしてしまいました。疑いながらもそうであってほしくないという高橋さんの心情が手に取るようにわかり、切なかったです。心を寄せる人に暗い影が見えてしまったら、自分だったらどう感じて、どう行動するんだろうと考えさせられました。いつも明るい高橋さんの笑顔が泣き顔になるような方向には行ってほしくないなと思います。

前回に続いて、桑原君のお父さんは百点満点です。無事に家に帰ってきたつぐみちゃんに、どうして約束を破って一人で外にでたのかと、皆がどれだけ心配したかを、感情的にならずに子供にもわかるように、でも厳しい態度で話していました。なかなかできることではありません。どんな場合でも子供に対する思いが強いほど、感情的になって、特に不安などを抱えた時には、親の不安を子供に叱ったり怒鳴ったりという形でぶつけてしまいがちです。だけど、それじゃ何も伝わらないんだなと改めて思いました。

ドラマ『監察医 朝顔2』12話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』12話のネタバレ
諏訪でトンネル事故が起こり、朝顔(上野樹里)たち興雲大学法医学教室も現地へ向かうことになった。

その際、忍(ともさかりえ)に見てもらっていたつぐみ(加藤柚凪)が一人で家を出てしまい、行方が分からなくなってしまった。

朝顔と桑原(風間俊介)は神奈川に戻り、県警の協力も得てつぐみの行方を必死に探すのだった。

ほどなくして、無事につぐみは見つかる。

しかし、つぐみが一人で家を出た理由が忙しい自分を気遣って仙ノ浦の平(時任三郎)のもとへ行こうとした為だと知った朝顔は、自分を責めるのだった。

桑原はそんな朝顔の話を聞き、優しく慰め、神奈川県警に戻る事を考え始めるのだった。

そんなころ、法医学教室には、立て続けに20代の若者の解剖依頼が入ってきていた。

22歳の松野紗英(依田ゆい)もその一人で、家出中に薬物中毒による脳出血を起こし、雑居ビルから転落し死亡したと推測された。

捜査が進む中、興雲大学構内でパンの移動販売をしている愛菜(矢作穂香)が麻薬販売の関係者と関連があるとして捜査対象になっていることを高橋(中尾明慶)は知る。

第13話 「茶子先生が帰ってきた!そしてあの男も・・・?」

13話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)たちは、覚せい剤の過剰摂取で死亡し、変わり果てた姿になった22歳の女性・松野紗英(依田ゆい)を、何とか元の姿に戻せないかと苦慮していた。するとそこに、興雲大学法医学教室を去った元教授の茶子(山口智子)が突然現れる。茶子は、若林昭信(大谷亮平)と一緒だった。実は若林は、遺体に防腐処理を施して生前に近い状態に戻すエンバーマーだった。茶子はヘッドハンティングされ、若林が興した会社のアシスタントエンバーマ―になったのだという。若林の会社は、エンバーミングだけでなく、大切な存在を失った人たちが抱える深い悲しみに寄り添う「グリーフケア」を目的としていた。
引用元:FOD

第13話の感想

今回の話で、エンバーマーという仕事を始めて知りました。ドラマの中では、茶子先生をヘッドハンティングした若林さんはアメリカ帰りという事でしたが、アメリカでは一般的な職業なのでしょうか。いずれにしろ、不幸にして肉体に損傷を受けてお亡くなりになったご遺体を生前の姿にできる限り近づける事により、遺族の心の傷がどれだけ救われるだろうかと想像すると、日本でもポピュラーになってほしい、本当に尊い仕事だなと思いました。

高橋さんの淡い恋が思いもよらない形で壊れてしまいました。せっかく楽しそうにパンを買いに行っていたのに切ないですね。高橋さんが必死に愛菜さんに覚せい剤の恐ろしさを語るシーンは、胸を打つものがありました。覚せい剤が精神だけではなく、肉体もぼろぼろにしてしまう恐ろしさ、聞いていて今更ながらですが、改めて再認識しました。切ない恋の終わりとなってしまいましたが、また素敵な恋が高橋さんにやってくることを願ってやみません!

平さんの病状が回を重ねるごとにどんどん悪くなってしまっていて、本当に心配です。今回、平さんが一人で夜うどんをすすっているシーンがありましたが、すぐそばに石油ストーブがあり、とてもハラハラしました。本編には関係のないところですが、実際に認知症の家族がいたら、どんなに軽いレベルでも、石油ストーブなどの火の近くに患者を一人にしたくはないです。朝顔さんも、そんな心配がどんどん膨らんで来ているんじゃないのかな。

ドラマ『監察医 朝顔2』13話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』13話のネタバレ
覚せい剤過剰摂取による脳出血で命を落とした松野紗英(依田ゆい)の遺体は、覚せい剤の影響が体中に及んでいた。

そこへ、茶子(山口智子)と若林(大谷亮平)がやってくる。

二人はエンバーマーとして、ご遺体を生前に近い状態にする事により、遺族の悲しみに寄り添うという仕事をしているのだった。

覚せい剤の影響で、ひどく傷つけられた紗英の遺体を目の当たりにした高橋(中尾明慶)は、愛菜(矢作穂香)の髪の毛に覚せい剤が検出されたことを朝顔に報告する。

警察に同行を求められても頑なに覚せい剤の使用を認めない愛菜。

そんな愛菜に、高橋は、覚せい剤の恐ろしさを切々と訴える。

はじめは頑なだった愛菜も、自分が覚せい剤の売人と付き合ったことで、友人の紗英までも危険に巻き込んでしまったことを深く後悔する。

一方で桑原(風間俊介)は、仙ノ浦にいる平(時任三郎)に会いに行きたいと連絡を取るが、拒絶されてしまう。

桑原の来訪を断りつつも、平自身も、自分の記憶能力が衰えてきている事に不安を覚えているのだった。

そんな中、朝顔は平に電話をし、自分が平の気持ちを考えずに追い詰めるようなことを言ってしまったことを謝る。

平も、朝顔に怒鳴ってしまったことを詫び、翌日の朝一で病院に行き、きちんと検査をしてもらうことを約束するのだった。

第14話 「孤独編ついに完結!家族が集うクリスマスに涙」

14話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、父親の平(時任三郎)と、もう一度きちんと話し合おうと決意する。平は、朝顔と電話で話した際に、明日病院へ行くと約束したが、翌朝になるともうその約束を覚えていなかったのだ。一方、桑原(風間俊介)は、仕事や子育てに追われている朝顔を少しでも手助けしようと、休日のたびに長野から神奈川に戻っていた。同時に、神奈川県警への復帰を模索するが、話を聞いてもらえない桑原。事情を知った野毛山署強行犯係長の山倉(戸次重幸)は、個人的な相談だと前置きして、桑原を戻すために県警の人脈に当たってほしいと部下たちに頼んだ。
引用元:FOD

第14話の感想

自分はきっと認知症なのではないかと思いながら、それでも一人で何とかやっていこうと懸命に暮らしている平さんに胸が詰まる思いでした。話の回が進むたびに、平さんの病状が明らかに悪くなっていく様子は本当に悲しくて寂しくて、刑事をしていたころの頼りがいのあるお父さんがどんどん不安げな様子を見せていくのは、とても切ない気持ちになりました。みゆきさんは懸命に平さんをサポートしていましたが、やはりこうなると、家族に勝るものはないのかなとも思いました。

朝顔さんの思いやりに感動しました。平さんを神奈川に連れて帰ったほうがいいと思いつつも、その考えを押し付けることはせずに、見守る姿は立派です。子育てにも同じことが言えますが、相手の気持ちを思いやり、じっと見守る事は本当に大変なことです。ましてや、相手がこのままにしておいたら、きっと困るに違いないという場合には、焦りの気持ちも出てくると思います。現実はドラマのようにうまくいかないことのほうが多いですが、朝顔さんの姿勢は見習いたいと思いました。

毎回思うのですが、他のドラマと違い、朝顔さんのおうちのご飯はどれも現実の食卓に上がりそうなものばかりでとても好きです。カレーライス、焼きそば、そして今回の鍋焼きうどん。ドラマに出てくる料理があまりにおしゃれすぎたり、豪華だったりすると、観る分には華やかでよいのですが、現実味が薄れてしまいます。でも、このドラマはそういった部分が余りなくてとても好感が持てます。朝顔さんのお家も昭和な感じでおしゃれとは違った雰囲気があり、とても好きです。

ドラマ『監察医 朝顔2』14話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』14話のネタバレ
仙ノ浦の沼で、震災で亡くなった妻の里子(石田ひかり)の遺体を探し続ける平(時任三郎)だったが、仙ノ浦スポーツセンターの着工日が目前に迫っていた。

物忘れが日に日に悪化していく平は、毎日みゆきの電話で起床し、外出時の持ち物やその日の細かな用事についても、みゆきの助けを借りている状態だった。

長野の桑原(風間俊介)は、仕事・育児に追われ、更に平の心配をする朝顔(上野樹里)の為に、神奈川に帰れるよう配置転換を求めて動き出す。

しかし、大問題となった発砲事件に端を発する長野への配属だったため、神奈川への転属はなかなかうまく行かないのだった。

一方、朝顔は職場の理解を得て一週間の休暇を取り、再びつぐみ(加藤柚凪)と仙ノ浦の平を訪れる。

平の部屋は、物忘れが進んでいる事を表すように、忘れないようにと張られたメモでいっぱいだった。

浩之(柄本明)のもとへ朝顔が出かけている時に、つぐみは平に、平はいつになったら帰ってくるのか、なぜつぐみと一緒にいないのかと問いかける。

つぐみのまっすぐな問いかけに、答えに詰まる平だった。

その夜、平は朝顔に、最近の自分は全然だめだ、少し前の話も忘れてしまい、自分が変わっていってしまうようだと自分の気持ちを吐露する。

前のお父さんとは違うという平に、朝顔は、お父さんはお父さんだと優しく語り掛ける。

翌日、みゆき(大竹しのぶ)を訪ねた朝顔。

朝顔はみゆきから、母・里子が高校時代にピアノ伴奏を務めた合唱部のテープを譲り受けるのだった。

第15話 「最終章家族の時間編!万木家のお正月・・・」

15話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)、桑原(風間俊介)、そして娘のつぐみ(加藤柚凪)は、仙ノ浦から戻り、また一緒に暮らすことになった平(時任三郎)と一家四人、水入らずで年末年始を過ごす。朝顔は、三が日明けに訪ねてくる桑原の両親や忍(ともさかりえ)一家を迎える準備も進めていた。そんな折、朝顔のもとに茶子(山口智子)から連絡が入る。承諾解剖の相談だった。興雲大学法医学教室にやってきた茶子と若林(大谷亮平)は、今回の案件に関して朝顔たちに説明をする。遺体は猿渡正夫という65歳の男性。猿渡は、ヨーロッパのとある国のホテルで亡くなっていた。猿渡は、妻の佳織(美保純)、ひとり娘の優香(菅野莉央)と3人で暮らしていたが、突然姿を消し、家族から捜索願が出されていた。
引用元:FOD

第15話の感想

法医学教室のワチャワチャシーンに、うっしーと丸屋さんが加わるようになり、より楽しくなりました。男三人でワチャワチャするところに、光子や絵美先生の鋭いツッコミが入るのはお決まりのパターンとなるのでしょうか。朝顔さんは、そんな皆を優しく見守る感じで、興雲大学法医学教室は本当によいチームなんだなと毎回思います。たぶんそれは、茶子先生や藤堂先生といった年長者の人格によるものなのでしょう。前に出ずに若者を育てる姿勢。見習いたいです。

平さん、神奈川のお家に帰ってきて本当に良かったです。回を追うごとに認知症の症状が目に見えて悪化していましたし、認知症患者の一人暮らしは危険です。病気を受け入れ通院を始めた平さんですが、心の中は、すんなり気持ちの整理がついたわけではなかったという事も、観ていて痛いほどわかりました。認知症の患者さんは世の中に沢山いらっしゃいますが、皆さん初期の頃にこういった葛藤を抱えているのかなと想像しました。かわいいつぐみちゃんや皆に囲まれて、少しでも平さんが心穏やかに過ごせればいいなと思います。

本当に桑原君は最高の旦那さんです。義理のお父さんに、もしお父さんが自分を忘れてしまっても、自分がお父さんを覚えているから大丈夫ですなんて、中々言えることではないです。平さんが刑事だったころは一緒に仕事をしていた時期もあったからなのでしょうか、信頼関係がとても強いのか、平さんの事を本当に尊敬しているからなのか。とにかく、この桑原君のセリフには感動してしまいました。きっと演じている風間俊介さんも桑原君みたいな人なんだろうなと妄想しています。

ドラマ『監察医 朝顔2』15話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』15話のネタバレ
東北の震災による津波で亡くなった妻の里子(石田ひかり)の遺体を探すために、朝顔(上野樹里)達と離れて仙ノ浦で暮らしていた平(時任三郎)。

けれども、平は離れて暮らしている間に認知症を発症し、里子の遺体探しにも区切りをつけ、神奈川の家に戻ってきたのだった。

じいじが戻ってきたと喜ぶつぐみ(加藤柚凪)。

けれども、平は認知症が悪化したらいずれ朝顔たちに迷惑をかけることになると、何かにつけてごめんと繰り返すのだった。

そんな平に桑原(風間俊介)は、少し位物忘れがあったって大丈夫、もし平が自分を忘れてしまっても、自分が平を覚えているから何の問題もない、といってもうごめんは止めにしようと言う。

そんな折、興雲大学法医学教室に、承諾解剖の依頼が入る。

猿渡正夫という65歳の男性の遺体で、海外で死亡し解剖を受けた結果、自殺と判定されていた。

しかし、正夫の娘である優香(菅野莉央)は、自殺の判定に納得ができず、追加費用が掛かることも厭わず、朝顔たちに再解剖を依頼する。

けれども、熱心に再解剖を依頼する優香とは裏腹に、妻である佳織(美保純)は、どこか気が進まない様子なのだった。

優香の依頼を受け入れ、一度は再解剖をする朝顔達だったが、やはり死因は自殺と結論付けられる。

一方、長野から神奈川への配置転換を希望していた桑原は、晴れて神奈川県警に戻ることが決まる。

第16話 「史上最凶の殺人!祖父に語る朝顔の嘘」

16話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、入院中だった祖父・浩之(柄本明)の容体が悪化したとの連絡を受け、岩手の病院へと駆けつける。朝顔は、浩之が目を覚ましたら、母のものである可能性があった歯の検査結果を伝えようと考えていた。だが浩之は目を覚まさず、裁判を控えていた朝顔は神奈川へ戻るしかなかった。一方、神奈川県警に復帰した桑原(風間俊介)は、意外な男と再会する。それは、以前マンホールを盗んで捕まった今野(上島竜兵)だった。とんでもないものを見た、といってポケットからチラシを取り出す今野。それは、10年ほど前に発生し、いまだ未解決だった三田村一家殺人事件の情報提供を呼びかけるチラシだった。
引用元:FOD

第16話の感想

認知症を発症してしまった平さんが、病状に戸惑いながらも、神奈川の家で家族と一緒に穏やかな毎日を過ごしている様子に安心しました。また、朝顔さんの平さんに対する態度も、病人扱いすることもなく、それでいて、さりげなくフォローをしていることが見て取れて、本当にすごいなと感じました。現実にはそんなにうまくいくことばかりではないのかも知れませんが、小さな思いやりの一つ一つが病人の心を穏やかにするものなのかなと思います。

浩之さんの仙ノ浦での孤独な毎日を想うと、涙が出てしまった朝顔さんの気持ち。とても辛いですね。ドラマの中で、朝顔は、里子さんがいなくなってしまったトラウマを理由にして、中々仙ノ浦に行かなかった自分が浩之を一人にさせてしまったと自分を責めていましたが、朝顔だって大変な目にあってしまった被害者です。そんなに自分を悪く思わなくてもいいのにと思う一方、そこが、彼女の優しさでもあると感じました。孤独や寂しさの問題は、誰にでも訪れるものなのかもしれません。

過去に自分の関係していた事件に対して、職を辞してから協力を求められるのは本当はうれしいはずですが、平さんにとっては悩ましいものだったかもしれません。認知症を患っている身で、覚えているだろうか、うまく話せるだろうかと不安だったと思います。結果として自分がしたためていた捜査ノートを提供することにした平さんですが、今の自分に何ができるか精一杯考えて、少しでも役に立ちたいという気持ちからだったと思います。病に甘えず、立派だと思いました。

ドラマ『監察医 朝顔2』16話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』16話のネタバレ
浩之(柄本明)が見つけた歯は、鑑定の結果、里子(石田ひかり)ではなく、仙ノ浦から40キロも離れた宮城の人のものだと判明した。

そこへ、入院中の浩之が危篤だという連絡が入り、朝顔(上野樹里)は、急ぎ病院へ向かう。

何とか持ち直した浩之だったが、今は薬で眠っているが、次に目を覚ましたら親族へ連絡を入れたほうが良いと医師から言い渡される朝顔。

一方、晴れて神奈川県警に戻った桑原(風間俊介)は、過去に取り調べをしたことがある男性から、過去の殺人事件の目撃情報を得る。

それは、2011年に起こった未解決の三田村一家殺人事件に関するものだった。

更に、同事件の現場で新たに殺人事件が起こる。

被害者は風呂場で倒れており、現場の状況や、遺体の直接の死因・被害者の頬に残る十字型の切創なども三田村一家の事件と同様だった。

それ以上詳しい情報がない中、捜査に行き詰った県警は、当時捜査に関係していた平(時任三郎)の協力を朝顔に依頼する。

平の認知症を心配する朝顔は、依頼をどの様に扱うべきか悩むが、平は、自分にできることがあれば協力したいと話すのだった。

後日、平は朝顔と共に県警に赴き、自分の捜査ノートを託す。

そんな中、浩之が目を覚ましたと連絡が入り、朝顔は再び仙ノ浦へ向かう。

里子の死以来、初めて里子の夢を見たという浩之に、朝顔は、仙ノ浦で一人里子の帰りを待った浩之の寂しさを想い、涙するのだった。

第17話 「みんな、おかえり・・・母との再会」

17話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、娘のつぐみ(加藤柚凪)を手伝って、バレンタインデー用のチョコクッキーを焼く。保育園の男の子に渡したいらしい。それを知った桑原(風間俊介)は、まだ早すぎると怒り、平(時任三郎)を呆れさせる。テレビからは、震災以降、月命日のたびに捜索活動を行ってきた宮城県警と地元消防団の活動を紹介するニュースが流れていた。そんな折、興雲大学法医学教室に生後8ヵ月の女児の解剖依頼が入る。母親の田崎直子(岡崎紗絵)によれば、食事の支度で目を離したわずかの間に意識がなくなっており、すぐに救急搬送したが間に合わなかったのだという。
引用元:FOD

第17話の感想

お母さん、見つかってよかったです!本当に。これまで朝顔や平さんがお母さんの死を受け入れるのにどれだけ辛い思いをしてきたか、ずっとずっと観てきたので、心から良かったと思います。もちろん、生きていてほしいという一縷の望みがあったとは思いますが、10年かけて本当の事が分かり、長年の気がかりなことが、雲が晴れたように消えていったと思います。現実にも同じような思いをしていらっしゃる方が沢山いると思います。気持ちの整理のつけ方は人それぞれ。周りの人々が焦らず、自分の考えを押し付けずにいること。それが大切なんじゃないのかなと思いました。

つぐみちゃんの大きな成長に驚きました。少し前の回では、保育園の登園を渋るといったこともあった愛実ちゃんでしたが、今回は、初めて会うばあばにキチンと向き合うことが出来ていたのがとても立派です。小さい子供に「死」を教えたり、向き合わせる事は、親にとて勇気が必要なことだと思います。朝顔さん一家は、それを上手に出来ているなと思いました。ばあばの遺骨をみて、つぐみちゃんなりに感じることが沢山あったでしょう。そして詳しい事情は分からなくても、人の死がどの様な影響を周りに与えるかという事も肌で感じることが出来たはずだと思います。

今回、法医学教室に入った解剖依頼が小さな赤ちゃんの遺体ばかりだったので、とても心が痛みました。しかも、虐待を疑わせるものが含まれていたのは、苦しかったです。SNSの影響が虐待に絡んでいる展開となっていました。自分の欲望を満たすために、他人特に小さな子供を利用したり、手にかけてしまったりするといった行為は本当に酷いです。後半、里子さんの遺骨がみつかり、家族が涙する機会がありましたが、このように人の死というものを感じることが出来ていれば、思いやりの心というものが小さいうちから育つんじゃないのかなと思います。

ドラマ『監察医 朝顔2』17話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』17話のネタバレ
興雲大学法医学教室に立て続けに乳児の解剖依頼が入る。

一件目は、シングルマザーの母親が少し目を離したすきに、意識不明の状態でみつかった8ヶ月の乳児だった。

解剖の結果、死因は誤嚥による窒息で虐待を疑わせる現象はなかったものの、母親の他人事のような態度に、警察や法医学教室は違和感を感じる。

二件目は、階段から転落し救急搬送されたものの、亡くなってしまった10ヶ月の乳児だった。

悲嘆にくれる両親だったが、遺体を引き取る際に亡くなった子供の姿を携帯で撮影する姿に、忍(ともさかりえ)達は不信感を抱く。

平は茶子(山口智子)に会い、自分の後始末の手伝いをして欲しいと頼む。

里子や朝顔たち家族のことを忘れてしまうことが怖いという平。

こんな話をされても困るでしょうという平に、マブダチだから全然構わないと優しく応えるちゃこだった。

一方、誤嚥による亡くなった母親のどこか他人事のようだった態度が、子供が亡くなったことを実感できず、自分を保つためのギリギリの精神状態が背景にあったことを知った朝顔(上野樹里)たち。

朝顔は茶子や忍と、大切な家族の死を数日で受け入れるのは難しい事で、無理をしなくてもいい、焦らず、誰かを頼ってもいいという事を心を尽くして話すのだった。

そんな中、震災による津波で命を落とした里子(石田ひかり)の遺骨の一部が青森で見つかったと連絡が入る。

里子と再会し、その小さな遺骨が入った骨壺を、涙ながらに抱きしめる平だった。

第18話 「残された時間は少ない・・・父、忘れる」

18話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)は、平(時任三郎)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、祖父・浩之(柄本明)の葬儀に出席する。一方、桑原(風間俊介)は、管理官の五十嵐(松角洋平)から、『三田村一家殺人事件』の捜査に関して、平の同期でもある糀谷(肥後克広)と組むよう指示される。そんな折、朝顔の元に検視官の伊東純(三宅弘城)から、裏路地で女性の遺体が発見されたという連絡が入る。葬儀が落ち着いたところで遺体の発見現場へと向かう朝顔。遺体で発見された女性は、現場の目の前のマンションに住んでおり、マンションの屋上には遺書と女性の靴があったことから、飛び降り自殺ではないかと見られていた。だが朝顔は、マンションの反対側には開けた駐車場があるにも関わらず、なぜわざわざ狭く入り組んだ裏路地の方へ向かって飛び降りたのか不審を抱く。
引用元:FOD

第18話の感想

つぐみちゃんが、あかちゃんが生まれた時に、周りの大人たち心が自分から離れて行ってしまうのではないかと悩んでいるのは、じーんときました。下の兄弟が生まれたあるあるですよね。親としては平等に接しているつもりでも、ついついあかちゃん優先になってしまいがち。そんな心配に、平さんは本当に的確な答えをつぐみちゃんにしてあげていると思いました。こんなときに、おじいちゃんおばあちゃんが一緒に住んでいたら、ちょっと寂しくなってしまっている子供の気持ちも救われるのかなと思いました。

朝顔さんが、結婚式を遅ればせながら挙げることを決めた流れは、涙なしには見られませんでした。切なすぎます。。。冒頭に、浩之じいちゃんも背広を新調していたというくだりがありましたが、本当に、皆が望んでいた結婚式だったんですね。今回、平さんの認知症がきっかけではありますが、苦しい時期が続いている朝顔たちが、結婚式で今一度、家族の愛情を確認できたらいいなと思います。沢山の周りの人々に囲まれて、きっときっと心のこもった素敵な結婚式になるんじゃないかなと、今から楽しみです。

最後の最後に、EXITのりんたろーさんが登場した時には驚きました。お笑いの時は、あんなに、何なら常識人なりんたろーさんですが、ナイフで刺した後の表情は、余りにも狂気じみていて、ちょっとゾクッとしました。お笑い芸人さんがドラマに登場することが増えてきていますが、皆さん演技が上手ですね。ネタをみせるのも演じることと通じるのでしょうか。まだ三田村殺人事件がそれほど解決への進展を見せていないので、次回は、りんたろーさんの出番が多くなるのでしょうか?新たな一面を楽しみにしています。

ドラマ『監察医 朝顔2』18話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』18話のネタバレ
長く見つからなかった母・里子(石田ひかり)の遺体の一部が見つかり、安心したかのように、祖父・浩之(柄本明)は亡くなった。

浩之の葬儀で、朝顔(上野樹里)は、浩之が自分の結婚式のために背広を新調していたことを知る。

実際は結婚式を挙げなかった朝顔だが、改めて浩之の愛情の深さを知るのだった。

神奈川にもどった朝顔は、伊藤検視官(三宅弘城)から連絡を受け、マンションの駐輪場前で発見された女性の遺体の状況を見に行く。

自殺でありながら、障害物に当たり命が助かる可能性のある狭い駐輪場前に飛び降りたとされる遺体の状況に、違和感を覚える朝顔だった。

程なくして、興雲大学の松本教授(片桐はいり)が、自分が新井千秋を殺害したと自主して来る。

遺体の女性・新井千秋は、興雲大学教授である松本の秘書をしていたことが判明する。

松本は、新井のマンションに侵入し、麻酔及び筋弛緩薬を注射した後、屋上へ運び突き落としたと供述する。

神奈川に帰ってきて以来、夜は、つぐみ(加藤柚凪)と一緒に寝ている平(時任三郎)。

ある夜、つぐみは平に、妹が生まれたら、みんな赤ちゃんに気持ちが行ってしまい、自分を嫌いになってしまうのではないかと打ち明ける。

平は、一番好きな大好きな人は一人じゃなくていい、みんな赤ちゃんが生まれても、つぐみの事が大好きなんだよと優しく話すのだった。

平の症状が安定していて、少し気持ちが落ち着いていた朝顔だったが、ある日、記憶が混乱した平に、自分と真也(風間俊介)はなぜ結婚式をしないのかとなじられ、大きなショックを受ける。

平の時間が余りないのかも知れないと感じた朝顔は、平の希望をかなえ、結婚式を挙げることを決めるのだった。

第19話 「ついに完結!最後の悲劇に立ち向かう・・・!朝顔と桑原の結婚式、父のスピーチ7分間」

19話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

朝顔(上野樹里)たちは、凶悪な事件に遭遇する――。野毛山署強行犯係の森本(森本慎太郎)が“頬に火傷の跡がある男”に刺され、血まみれの状態で発見された。自宅でその知らせを受け、捜査本部へと向かう桑原(風間俊介)。刑事時代の最後の相棒だった森本が刺されたことに憤る平(時任三郎)も、事件現場に行きたいと朝顔に頼む。山倉(戸次重幸)たち野毛山署の刑事たちは、森本が刺された現場周辺で犯人に繋がる痕跡を探していた。山倉は、朝顔とともに現場にやってきた平に、2011年に起きた三田村一家殺人事件と、その三田村邸で最近発生した男性殺害事件との関連性にも言及する。
引用元:FOD

第19話の感想

最終回にふさわしい、感動的な内容でした。特に平さんの結婚式でのスピーチは胸に迫るものがありました。平さんも涙ぐんでいましたが、私も負けないくらい涙ぐみました。そのスピーチの中には、寡黙な平さんの想いがストレートに込められていて、きっとこんな実直な人だから、周りの皆に慕われて、娘の朝顔さんも心優しい女性に成長したんだと思います。特に、里子さんが生きている頃は、あまり家庭を顧みなかったことを正直に話していたのは驚きでした。そして、だからこそ、深い後悔があるのかなと感じました。

毎週楽しみに視聴していました。このドラマに出てくる朝顔さん一家の、穏やかな雰囲気が大好きでした。平さんが結婚式でスピーチをした後、つぐみちゃんが、朝顔さんと真也君の手をそっと重ね合わせるシーンがありました。何気ない動作でしたが、ここに、この家族の優しさが全て現わされているように感じました。平さんの感謝のスピーチは、家族の愛があっての事だって、つぐみちゃんはきっと感じたんだと思います。本当に素敵な家族。来週からあえなくなってしまうのが残念です。

本当に、考えさせられることが多く、毎回感動なしには見られないドラマでした。2クール連続で放送されたにもかかわらず、これほど飽きが来なかった内容は素晴らしいものでした。特に象徴的なのは、平さんを演じた時任三郎さんの演技です。認知症の進行具合が本当によくわかる演技でした。最後のつぐみちゃんの卒園式での平さんは、朝顔さんの結婚式の時より認知症の症状が進行しているのが分かります。うつろな視線は衝撃でした。それでも、里子さんのテープに入っていた曲を聞き、穏やかな笑みをうかべ、つぐみちゃんをかわいいなという表情は、とても印象深いものでした。

ドラマ『監察医 朝顔2』19話無料動画

ドラマ『監察医 朝顔2』19話のネタバレ
道端で女性に絡む若い男に事情を聞こうとして、森本刑事(森本慎太郎)が刺され、救急搬送された。

犯人の頬にやけどの傷があったことから、未解決である三田村一家殺人事件との繋がりが疑われた。

朝顔(上野樹里)や茶子(山口智子)達は、森本刑事の傷害事件を含め、改めて三田村一家殺人事件と関連があるとされる事件を再調査するのだった。

その結果、凶器の刃物の形状の違いから、今回の一連の事件と三田村一家殺人事件の犯人は同一犯ではないという見解に至る。

そんな中、野毛山学院小学校に刃物を持った男が侵入し、二人を殺害したという連絡が興雲大学法医学教室に入る。

50代の男性教諭と、19歳のボランティアの大学生が犠牲となってしまった。

この被害者の大学生を解剖し、彼がかつて心臓移植を行った事を知る朝顔。

移植をして命を繋いだという経験があるにも関わらず、この大学生がこのような事件に巻き込まれて人生を終えなければならなかったことに、朝顔と真也(風間俊介)はやりきれない想いを抱くのだった。

そうして迎えた3月11日。

朝顔と真也の結婚式で、平(時任三郎)はスピーチに立った。

平は、これまで里子(石田ひかり)の命日なのかもしれない3月11日がたまらなく嫌だったこと、なぜ自分はあの日、一緒に東北へ行かなかったのかという後悔を語った。

そんな辛い3月11日だけど、今年の3月11日は全く違う、こんな日を贈ってくれた朝顔と真也に心から感謝したいと、平は声を詰まらせて語るのだった。

そして、今日の事は忘れたくないなとポツリと平はつぶやく。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『監察医 朝顔2』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『監察医 朝顔2』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

FOD Premium

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

Paravi

配信なし
無料
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年9月現在ドラマ「監察医 朝顔2」は、FOD Premiumにて配信中です。

FOD Premiumは、フジテレビなどで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間中があるので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

FOD Premiumでドラマ『監察医 朝顔2』の動画を無料視聴

ドラマ「監察医 朝顔2」はFOD Premiumにて見放題配信中です。

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「監察医 朝顔2」に出演している上野樹里の出演作品

  • グッド・ドクター
  • のだめカンタービレ
  • 素直になれなくて

もFOD Premiumで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「監察医 朝顔2」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月12日まで無料!

FOD Premiumの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

FOD Premiumの登録方法
  1. FOD Premium TOPの「今すぐはじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを設定し、「アカウントを作成する」をクリック
  3. お支払い方法を選択する
  4. 購入内容を確認して問題なければ、「決済に進む」をクリック
  5. 以下の表示で登録完了です
FOD Premiumの解約方法
  1. FOD PremiumTOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録コースの確認・解約」をクリック
  3. 「解約する」をクリック
  4. もう一度「解約する」をクリック

 

ドラマ『監察医 朝顔2』あらすじや感想

ドラマ「監察医 朝顔2」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「監察医 朝顔2」の全体あらすじ
『監察医 朝顔』(第1シーズン)のラストで、悲しみは完全に癒えずとも前へ一歩踏み出し、母の実家があり、母が被災した東北の海辺の街を訪れることができた朝顔。その翌年の春を舞台に『監察医 朝顔』第2シーズンは幕を開けます。 いまも変わることなく、興雲大学法医学教室で法医学者として働く朝顔。 父の平はそれまでと同じく野毛山署の強行犯係で刑事として働いていました。平は変わらず時間があれば東北へ向かい妻の遺体を探しています。一方、朝顔の夫の桑原は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送り、娘のつぐみは、最近になって「弟が欲しい」と朝顔たちにこぼしています。そんな万木家の日常は、これからもずっと同じように流れいくと思われた中、とあることがきっかけで朝顔は平の代わりに母の遺体を探すためひとりで東北の地を訪れ、新たな物語が紡がれることに――。
引用元:フジテレビ公式サイト
ドラマ「監察医 朝顔2」の見どころ
母が東日本大震災で被災し今もなお、行方がわからない状態。

そんなこともあり、朝顔は監察医という仕事にたどり着きます。

その仕事は死んだ人の、死因をはっきりと解明するという複雑なお仕事。

個性豊かな研究室のメンバーがさらにグレードアップして、第2シリーズも盛り上げていきます。

父親と娘の家族の絆を含め、人間の生と死に正面から向き合い生きる意味を力強く描いたドラマです。

2クールという月9史上初の長いスパンで視聴者を楽しませること間違いなしですよ!

本日から12月12日まで無料!

ドラマ『監察医 朝顔2』の感想

女性40代

1話は親子の絆を見て感動しました。どんな馬鹿息子でも、親子なんだなって。最後に人様に迷惑をかけずってところが証明されてどれだけあのお母さんが報われたんだろうって思うと涙が止まらなかった。母親って本当に強いな〜って思いました。法医学者って死んだ人を解剖して、死因を調べる。助ける医学じゃなくて、残された遺族のために、なんとも言えないお仕事だなと感じます。

男性30代

つぐみちゃんの可愛さ倍増だな〜「弟欲しい」ってねだるつぐみ、本当可愛すぎだし、両親の気まずさが笑えました。死因の解明はシーズン1と変わらず人情味があって感動します。それにプラスして、家族のほんわかな温かい絆がとってもほっこりしてこれこそ朝顔のドラマだな〜って感じです。今回2クールの放送ということで楽しみすぎます!

男性30代

監察医朝顔は前のシーズン1も大好きで毎週楽しみに見ていました。ちょっと現実的な東日本大震災の様子も描いていて、ハッピーエンドとまではいかないけど当たり前の幸せが当たり前じゃないことを教えてくれるドラマです。シーズン2は当然だけど、つぐみちゃんも大きくなっていて、家族の団欒もちゃんと描いてくれてほっこりした気持ちで見れるシーンもあり大好きです。しかし朝顔の仕事はやっぱりなんともいえない。そこに関わった家族を見てる切なくなります。でも真実を遺族に伝えたいという一心で仕事に邁進する朝顔は応援したくなります。

女性20代

法医学って最近ではピックアップするドラマも増えてきたけど、いつ見てもなんだか切ない気持ちになります。患者を助けることはできないけど、目の前の遺族の方を助けることができる、次につなげることができる、生きている人を助けることができる。朝顔を見てると、当たり前の幸せがいつなくなるかわからないし、今の幸せを噛み締めて生きていこうって再認識できる。

女性30代

2話でつぐみにおばあちゃんを探してるって伝えたとき、ジーンとしました。それに対してのつぐみの、おばあちゃん早く見つかるといいねって言葉も胸がキュンとしてしまいました。命に対しての理解はまだまだ子供かもしれないけど、子どもながらに感じるものがあったし、お母さんが頑張っているってわかったんだろうな。それにしても水族館にいってる時の自然な演技が可愛くて目が離せません。

ドラマ『監察医 朝顔2』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、上野樹里主演のドラマ「監察医 朝顔2」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

法医学者と刑事という親子の異色のハートフルドラマである第2シリーズ。

フジテレビが自信を持って2クールで放送するほどの監察医朝顔シリーズは、感動ストーリーとその出演者のほっこりとした雰囲気が人気の秘訣となっています。

そんなドラマ「監察医 朝顔2」の動画はFOD Premiumで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間もあるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月12日まで無料!