僕のいた時間

本日から12月28日まで無料!

2014年1月から放送されたドラマ『僕のいた時間』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『僕のいた時間』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TSUTAYA DISCASであれば1話から最終話まで全話無料レンタルが可能です!

TSUTAYA DISCASの無料期間を使えば、無料でレンタルして全話視聴できます。

ドラマ『僕のいた時間』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料) サービスはありません
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料)
配信なし
話数 全11話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 

ドラマ『僕のいた時間』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「僕のいた時間」の動画は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

僕のいた時間 TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「僕のいた時間」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TSUTAYA
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

また期間中であればドラマ「僕のいた時間」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TSUTAYA DISCASの特徴を表にまとめています。

月額料金 2,052円
無料お試し期間 30日間
初回登録特典 準新作が8枚まで、まだまだ話題作・旧作DVDレンタル借り放題
継続特典 新作以外借り放題、
新作・準新作は月8枚まで無料レンタル
取扱作品数 49万作品以上(DVD、Blu-rayレンタル)

著作権の厳しいジャニーズ出演ドラマなど、動画配信サービスでは見れない作品も多く楽しめます。

さらに動画配信サービスでは取り扱いのない作品も無料DVDレンタルできるため、懐かしい作品や諦めていた作品も無料視聴できますよ!

本日から12月28日まで無料!

第1話 「難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

澤田拓人(三浦春馬)は就職活動中の大学生。実家は山梨で総合病院を営んでおり、母親の佐和子(原田美枝子)や父親の昭夫(小市慢太郎)からは医者になることを期待されていたが、いつからかその期待は4歳下の弟・陸人(野村周平)に向けられるようになっていた。
引用元:公式サイト

第1話の感想

医者の息子ということで、医者になることを強要されている拓人が、弟の方が成績がいいということで、期待されなくなっている姿がかわいそうに感じます。医者になるのがそんなに偉いことなのでしょうか。どんな息子であっても、大切に、その人らしい姿を認めてあげられる親は医者にはいないのでしょうか。そんな親ばかりなのかと残念に感じます。もっと医者にならなくても大事にしてくれる親を描いたドラマを見てみたいです。拓人と恵、繁之の関係が気になります。どういう恋に発展するのか今から楽しみですが、拓人の病気について、知らないことが多いので、このドラマを通して知りたいです。

ドラマ『僕のいた時間』1話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』1話のネタバレ
大学3年の澤田拓人(三浦春馬)は、就活中。

実家は山梨にある病院の息子だが、医者になるように期待されていた拓人への期待は、弟の陸人(野村周平)が背負っていました。

就活セミナーには親友の水島守(風間俊介)と一緒に行った拓人。

後に出会う本郷恵(多部未華子)と友人の村山陽菜(山本美月)がいました。

大学4年の面接中。

拓人と恵は、隣同士で面接をしていたが、突然恵の電話が鳴ります。

面接での空気を悪くしてしまい、動揺する恵に、電話の音が鳴ってしまったことを謝罪する拓人。

庇ってくれたお礼を告げる恵に、拓人は自分のアピールだと告げました。

それから、中々就職内定が決まらない4人。

同じ学部で同じ大学だったのに、初めて再会した拓人と恵は、内定がもらえないことで、気晴らしに海へ向かいます。

そこで、3年後の自分に向けた手紙を書いた二人は砂に埋めました。

フットサルをする先輩の向井繁之(斎藤工)と一緒にフットサル中に足を吊った拓人は、その後恵のバイトをするカフェへ行きます。

恵のことが気になる繁之と、拓人が気になる恵。

就職が中々決まらない拓人と一緒に面接を受けていた同級生の坂下柊二(夕輝嘉太)が内定がもらえないことで、自殺。

葬式に参列した恵に、坂下のこと、死について話している時にキスをしていいかと聞く拓人。

その場は拒絶された拓人は、しばらくした時面接会場で再会。

キスを謝罪する拓人は、恵が気になると話します。

恵といい雰囲気だった帰り道、拓人は、左手が動かず自転車を倒してしまいます。

第2話 「キスで結ばれた二人に忍びよる病魔―!!」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

澤田拓人(三浦春馬)は、家具販売会社で正社員として働き始める。拓人は、年上のアルバイト店員から仕事を教えられるが覚えなければならないことも多く、懸命についていくような毎日だった。
引用元:公式サイト

第2話の感想

だんだんと症状が出始める拓人。最初は違和感から来るのだと、この病気の怖さを実感しています。自分の体の違和感を感じているのに、仕事だったり、恋が順調であると、病院に行くという選択は頭にはないよなと改めて感じます。私でも、病院という選択は最終的はものであって、気軽に気になるから行こうと考えられない場所だから、拓人の選択は理解できます。さらに、ALSについて調べて恐怖な病気であると知ったら、余計に、病院へ行く足が動かないのはわかるからです。拓人が次回病院へ行くのかが気になりますが、どのように進行するのか恐怖ながら気になるので、次回以降に目が離せないです。

ドラマ『僕のいた時間』2話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』2話のネタバレ
宮前家具に就職した澤田拓人(三浦春馬)。

左手が痺れたり、右腕が上がらないなどの症状が出始めます。

覚えることがたくさんあり、怒られながらも日々仕事に向き合う拓人。

本郷恵(多部未華子)は、就職できずに、ファミレスでのバイトを続けながら就活中。

久しぶりに再会をした二人は、拓人の家で互いの友人である水島守(風間俊介)と、村山陽菜(山本美月)とパーティーをしようと話します。

食事の後、片付けをしているとバイトなのに、社員に仕事を教えるのが辛いと話す恵に反論する拓人。

拓人が今その立場だからだが、険悪な雰囲気になります。

喧嘩をしたことを後悔する恵は、拓人に謝罪。

キスから始まる二人の関係が恋人へと発展したのでした。

だが、拓人は手が使えなくなることが増えていたために自分の症状を調べていると、ALSという病気の前兆だと知ります。

認めたくない拓人に少しずつ病魔が近づきます。

恵は、母親の翔子(浅田美代子)の仕事を手伝い、介護に興味を持ちます。

第3話 「どうして、僕が…!?お母さん、助けて!」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

突然左腕が動かせなくなった澤田拓人(三浦春馬)は、整形外科を訪ねる。診察をした医師は、頚椎症だと思われるがしばらく様子をみよう、と拓人に告げる。一方、介護施設でボランティアを始めた本郷恵(多部未華子)は、施設の職員から、これからはアルバイトとして来てほしいと誘われる。
引用元:公式サイト

第3話の感想

若いからと一度は頚椎症であると診断されるというのは、医者にとっても珍しい病気であって、診断の難しいものなのだと感じました。さらに、実際のALSの患者を見た拓人が、恐怖の顔をしていました。そうですよね。恐怖ですよね。生きているのに、自分では呼吸ができずに、言葉を話せないのに、命はあるのですから。そんな未来の自分の姿を見たら、誰であっても恐怖の顔をすると思います。私もそうなります。原因不明で、完治できない謎の多い病気だということで、これからの拓人がどういう生き方をするのかが見所だと感じます。もし自分が同じ立場ならと考えながら見たいです。

ドラマ『僕のいた時間』3話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』3話のネタバレ
何の前触れもなく左腕が動かなくなった澤田拓人(三浦春馬)。

整形外科では、頚椎症だと診断されました。

本郷恵(多部未華子)の母親の翔子(浅田美代子)に気に入られた拓人。

しかし、仕事で腕が上がらずにミスをしてしまい、再び病院へ行くと、神経内科の谷本和志(吹越満)からALSという筋萎縮性側索硬化症であると診断されました。

突然の診断に戸惑う拓人は、仕事では腕が上がらないだけだと配置を代えてもらい、父親の昭夫(小市慢太郎)には誤診をしたことはあるかと聞きます。

受け入れられない拓人は、フットサル中に転倒し、病院に運ばれます。

向井繁之(斎藤工)が不思議に感じる拓人の転倒でしたが、それもALSの症状。

拓人は、ALSの患者の様子を見たり、谷本に誤診ではないかと聞くが、自分の現実だと受け入れられずにいました。

恵と温泉へ行った拓人は、恵が介護の道へ進むと将来の希望に満ちた表情をしているのを見ました。

第4話 「好きだからこそ…。涙の決断!!」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

フットサルをしていた拓人(三浦春馬)と繁之(斎藤工)のところに、恵(多部未華子)がやってきた。恵は、繁之に温泉旅行の土産を差し出し、介護のアルバイトをしながら資格を取るための勉強を始めることにした、と報告する。
引用元:公式サイト

第4話の感想

家族は、弟の医者になるということにしか興味のない感じなので、拓人が自分の話をしようという気持ちがないのは理解できます。だから、恵に話そうとしているのだとわかります。自分のことをきちんと見てくれているのは恵だけだと思っているからです。辛いですよね。医者にならない息子は興味のないという親は最低です。弟も自分の方が優位だと思っているのが伝わるので、嫌な家族です。拓人だけがまともに育ってくれていて、良かったなと思うのですが、そんな人に病気を与えるのは厳しい神様だと感じます。恵と別れてしまった拓人と、繁之は恵と交際するのかが気になります。

ドラマ『僕のいた時間』4話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』4話のネタバレ
澤田拓人(三浦春馬)の病気は本人の意思とは関係なく進行していました。

医師の谷本和志(吹越満)からは、医療費の補助を申請するために、両親や大切な人には早く伝えるように助言。

一番最初に浮かんだ本郷恵(多部未華子)は、介護の資格を取ろうと頑張っています。

恵に自分の病気の話をしようとするが、中々言い出せない拓人。

左手が動かなくなっても、一緒にいると言ってくれた恵。

さらに、恵の母親の翔子(浅田美代子)が父親の介護をしていたと聞き、話を聞きに向かった拓人は、恵に同じ思いをさせないために別れを選びました。

突然の別れを告げられた恵は向井繁之(斎藤工)に相談します。

繁之は、拓人に恵が気になると話すが、拓人の鞄から見えたALSの書類を見て、恵が知っているのかと問い詰めます。

しかし、自暴自棄になっている拓人は繁之の話を聞きませんでした。

第5話 「前を向き生きる覚悟僕は負けない!」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)は、恋人の恵(多部未華子)に別れを告げた。ALSを発症したことは言わなかった。拓人から病気のことを打ち明けられた守(風間俊介)も、恵のことを気にかけていた。しかし拓人は、彼女には絶対に知られたくない、という。
引用元:公式サイト

第5話の感想

親友だった守は、拓人の異変に気づいたのがすごいと感じますし、病気のことを知っても友達でいることが素晴らしいです。守は良い人ですが、拓人が、きちんと守と向き合ってたのだと改めて感じられます。この二人の友情は、今後も続いてくれているといいなと思います。拓人が職場や家族に病気を告白したシーンもありました。辛かったと思いますが、きちんと受け入れてくれた人がいたことが良かったです。今後も嫌みを言う人はいると思いますが、助けてくれる人ができたことは良かったです。恵ときちんと別れることができた拓人ですが、私の願いとしては病気だから恋を諦めるのではなく、恵と最後まで一緒にいられたらいいなと思います。

ドラマ『僕のいた時間』5話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』5話のネタバレ
澤田拓人(三浦春馬)の左手が気になる水島守(風間俊介)。

拓人から病気の話を聞くが、本郷恵(多部未華子)には知られたくないという拓人の気持ちを尊重しようとします。

恵は、向井繁之(斎藤工)から告白をされるが、返事を待ってもらっている状態。

拓人のことを忘れられない恵は、介護の仕事で、ALSの患者の担当になりました。

拓人は職場でALSであることを告白。

拓人の母親の佐和子(原田美枝子)が弟の陸人(野村周平)のことが気になりやって来ました。

拓人のことは眼中にはない感じでしたが、拓人は病気のことを告白。

泣く母親にどんな状態でも生きていくからと伝えます。

恵は繁之と交際をスタート。

拓人と埋めた瓶を探す恵は見当たらずに拓人に電話をします。

数分前に掘り起こしていた拓人は、そのことは告げずにきちんと恵と別れます。

瓶には何も書かずに入れていた拓人は、今の自分の気持ちを書いて入れることにしました。

第6話 「今、僕にできること一歩、踏み出す勇気」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)が恵(多部未華子)と別れてから1年半以上の月日が流れた。病状が進行した拓人は、電動車椅子を使って生活をしていた。親友の守(風間俊介)は、拓人のもとを度々訪れ、行動をともにしている。
引用元:公式サイト

第6話の感想

拓人が病気を受け入れて懸命に生きている姿を、弟が受け入れて自分を見つめ直すきっかけになったことが、すごいなと感じます。病気の人は、他人を励ますことができるからです。弟の陸人は、他人の気持ちが考えられずに、勉強はできる人なので、回りから孤立しているようでしたが、どうして孤立しているのかにも、気づかないのかと思っていました。しかし、拓人の病気をきっかけで、自分を考え見つめ直すことができたことは素晴らしいです。これから、医学を学び、拓人を少しでも長く生かせられるようにしてほしいです。恩人なのですからね。

ドラマ『僕のいた時間』6話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』6話のネタバレ
本郷恵(多部未華子)と別れて1年以上経った頃、澤田拓人(三浦春馬)は電動車イスでの生活をしていました。

ヘルパーや母親の佐和子(原田美枝子)、親友の水島守(風間俊介)が手伝ってくれての生活。

恵は介護の資格を取り、正社員として働いていました。

父親の昭夫(小市慢太郎)は、ALSについて調べたり、主治医の谷本和志(吹越満)に様子を聞くが、今だに拓人とは会えていませんでした。

拓人は守に連れられ、車イスでできるサッカーを楽しそうにやっています。

それを見て、不思議がる弟の陸人(野村周平)。

陸人は、人の気持ちに鈍感で不用意に発言してしまう性格から大学で孤立し、医学にも興味が持てない日々でしたが、拓人を見て少しずつ変わろうとしていました。

向井繁之(佐藤工)は、恵にプロポーズ。

そのことも拓人に報告し、祝福されます。

拓人が同じ病気である今井保(河原健二)と連絡を取り合っていて、拓人のするサッカーを見に来ますが、そこには恵も介護者として同行。

初めて見た拓人の姿に動揺する恵。

プロポーズを考え直そうとしてしまいます。

そんな恵に幸せになってほしいと手紙を書く拓人。

第7話 「動き出す二人の時間抱きしめたい!!」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)は電動車椅子サッカーの練習中に、恵(多部未華子)と偶然再会した。ある日、恵は、陽菜(山本美月)から電話をもらう。近ごろ守(風間俊介)の様子がおかしいから尾行したいという。
引用元:公式サイト

第7話の感想

恵も拓人もお互いのことをまだ思っているのだと感じる今回の内容でした。やはり相思相愛だったのだと感じます。しかし、昔のようにお互いがフリーではないですし、繁之という拓人にとっても知っている人がいることで、恵へ向かう気持ちを突っ走ることはできないですよね。先輩を傷つけたくないと優しい拓人は考えるでしょうから。難しい心境にいる2人でした。見ている側も難しい局面にいると感じて、繁之を幸せにするか、拓人を幸せにするのがいい展開なのか考えてしまいます。作者はどちらを選んだのか、来週の結果を受け入れたいと思います。どちらでも仕方がないと思うからです。

ドラマ『僕のいた時間』7話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』7話のネタバレ
澤田拓人(三浦春馬)の病気の姿を見た本郷恵(多部未華子)。

動揺している時に友人の村山陽菜(山本美月)から様子がおかしい恋人の水島守(風間俊介)の尾行を手伝ってほしいと連絡が入ります。

守が一緒にいたのは拓人で、陽菜の誤解でした。

4人での食事を提案する拓人。

弟の陸人(野村周平)は、大学を辞めたいと両親の昭夫(小市慢太郎)と佐和子(原田美枝子)に言います。

辞める前に実家に帰るように言われた陸人でしたが、一緒に帰ろうと誘われた拓人は拒否。

こっちで仕事があるからと一人暮らしになりました。

ヘルパーの動きに納得のいかない守は、向井繁之(斎藤工)と恵に拓人のヘルパーに恵を貸してほしいと願います。

納得のいかない繁之でしたが、恵は了承し、拓人に返し忘れたマフラーのお礼だと掃除と料理をします。

拓人と一緒にいる時間が増えると、拓人への気持ちが溢れだす恵。

それは拓人も同じでした。

恵が繁之と一緒に住む前日に海に訪れた拓人と恵は抱き合うのでした。

第8話 「俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ!お母さん!」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)は、恵(多部未華子)が何度か自宅に手伝いに来てくれたことを守(風間俊介)に話す。恵と繁之(斎藤工)に会いに行き、拓人の手伝いを頼んだのは守だった。一方、恵は、一緒に暮らすことはできないと繁之に伝える。
引用元:公式サイト

第8話の感想

拓人と陸人、母親には言いたいことも言えない子供時代があったのだと知りました。病院の嫁は、医者にさせないといけないプレッシャーがあったのだと知りました。拓人も陸人も悩んでいるのは、ドラマを見ているうちに理解できていましたが、母親にもプレッシャーがあったのだと今回知り、みんなこの家族は悩みをも持って、それを解決できずに過ごしてきたのだと知りました。辛い時間を過ごしていたことに、もっと、早く解決してほしかったと感じます。ですが、これから、やっと親子としての時間、みんなの気持ちがオープンになって家族らしい時間が過ごせることに安堵したお話でした。

ドラマ『僕のいた時間』8話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』8話のネタバレ
引っ越しの日、恋人の向井繁之(斎藤工)とは一緒に暮らせないと発言する本郷恵(多部未華子)。

延期という方向に持っていく繁之。

澤田拓人(三浦春馬)は主治医の谷本和志(吹越満)に、今のデザインの仕事がうまくいっていること、その仕事ができなくなったら、実家に帰ろうと考えていると話します。

恵の母親の翔子(浅田美代子)が、恵が、結婚を辞めようとしていることを拓人に報告。

拓人は、恵に結婚したほうがいいと告げるが、拓人のことを好きな恵と言い合いになってしまいます。

弟の陸人(野村周平)は、母親の佐和子(原田美枝子)が自分ではなく、医者になる息子という目線でしか見ていないことを知っていました。

そのことをもう辞めたいと告げる陸人。

自分のことは自分で決めたいと発言。

さらに、拓人も、陸人の好きなものは唐揚げではないこと、息子たちのことをきちんと見てほしいと告げます。

親子3人の絆が生まれた瞬間でした。

母親に言いたかったことが言えた拓人は、恵にもそばにいてほしいと告げ、一緒にいることになりました。

第9話 「お父さん、お母さんありがとう!そして」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)は、母親の佐和子(原田美枝子)に恵(多部未華子)のことを紹介する。佐和子は、陸人(野村周平)から、拓人と恵が以前交際していたことを教えられる。その後、本郷家を訪れた拓人は、翔子(浅田美代子)に、また恵と親しくさせてもらうことになった、と報告した。
引用元:公式サイト

第9話の感想

呼吸器をつけない選択は難しいですよね。機械の力を借りてまで、生きているのがいいことなのか、自分らしく機械に頼らないで生きていることがいいことなのかという選択。自分の納得できる日まで、やりたいことができる日まで、生きていることがいいことなのかという選択は難しいです。どちらも正しいことだと思います。間違いはないと思うからです。しかし、回りの人の気持ちも考えてほしいなと思ってしまいます。周りのにも、別れまでの納得のいく期間が必要だと思うから、自分の生き方だけでなく、周りの死を受け入れられる期間も、考慮してほしいです。

ドラマ『僕のいた時間』9話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』9話のネタバレ
本郷恵(多部未華子)と一緒に生活をすることを決意した澤田拓人(三浦春馬)。

自分の母親の佐和子(原田美枝子)、恵の母親の翔子(浅田美代子)、向井繁之(斎藤工)にそれぞれ謝罪と報告をします。

主治医の谷本和志(吹越満)にも紹介し、一緒に呼吸器の説明を聞きます。

拓人と、恵、水島守(風間俊介)、村山陽菜(山本美月)は一緒に食事をします。

そこで、守が陽菜に結婚を申し込み承諾されます。

ALS仲間の今井保(河原健二)が呼吸器をしない選択をしたこと、そろそろ死期が迫っていることの報告を受けた拓人。

自分の最期を感じます。

拓人は、仕事を退職。

拓人の世話をする恵を見て、恵の母親に会いに行く佐和子は、反対していることを拓人に伝えます。

保が亡くなりました。

自分も呼吸器をつけない選択をしようとしていた拓人ですが、恵と一緒にいたいと願っていること、医学の道に進みたいと思っていることを両親に伝えます。

父親の昭夫(小市慢太郎)は、拓人、恐竜を学びたいという陸人の夢を応援することにしました。

第10話 「最後の日記」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

拓人(三浦春馬)は、母・佐和子(原田美枝子)に、恵(多部未華子)と一緒に暮らしたいと話す。佐和子は、恵の母・翔子(浅田美代子)のことを気づかいながらも、ふたりの気持ちを尊重する。
引用元:公式サイト

第10話の感想

生きていることが辛い、怖いと発言した拓人。これからの自分に恐怖を感じているのが伝わりました。死ぬことも怖いですが、自分ではなくなってしまう自分が、生きていることも恐怖なのだと発言する拓人の気持ちが理解できます。今は自分の口から発言できて、生きている実感が持てますが、言葉を発せなくなったり、会話ができないことで、人の距離を感じてしまうのがわかるからです。周りは生きているだけでいいと思うのも理解できますが、自分らしくない姿になってでも生きていることがいいことなのかは難しい選択だと思いました。

ドラマ『僕のいた時間』10話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』10話のネタバレ
本郷恵(多部未華子)と一緒に暮らすことになった澤田拓人(三浦春馬)。

母親の佐和子(原田美枝子)は了承してくれたが、恵の母親の翔子(浅田美代子)は反対したままです。

恵と拓人は幸せな時間を過ごします。

水島守(風間俊介)と村山陽菜(山本美月)の結婚式に参列した拓人と恵。

恵はブーケを受けとりました。

反対している翔子の元を訪れた佐和子と父親の昭夫(小市慢太郎)。

二人の説得のお陰で翔子も納得。

拓人に手紙を書きましたが、内容は恵は、拓人と一緒にいると強くなり、笑顔が増えたというものでした。

恵は拓人の呼吸が止まることがあることに気づきます。

守は、呼吸器をつけて、結婚することを提案。

子供も持てると話す守に、簡単なことではないと告げる拓人。

拓人は一度つけたらはずせない呼吸器が、その後の意思表示できなくなった自分に悪影響を与えるのではないかということ、生きていることが怖いと話すのでした。

それでも一緒にいると励ます恵。

守や家族は生きていてほしいと願います。

そんな時拓人がいなくなります。

必死で探しますが、拓人は工事現場に挟まれ動けなくなっていました。

第11話 「命の選択」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

死にたいわけじゃない、生きるのが怖いんだ…。突然姿を消した拓人(三浦春馬)は、降りしきる雨の中、車椅子ごと転倒し病院に収容される。病院へかけつける恵(多部未華子)、守(風間俊介)、弟の陸人(野村周平)、母の佐和子(原田美枝子)、父の昭夫(小市慢太郎)。
引用元:公式サイト

第11話の感想

3年たっても生きていたことが良かったです。呼吸器をつけて、わずかに動く左目での意思表示という、深刻な病状のようでしたが、生きていることが良かったです。結婚もしていました。二人が仲良く一緒にいてくれることが何より嬉しかったです。病気だからと恋に諦めるのではなく、病気の人ではなく、その人本来の人の良さを見ることができる拓人と恵の関係性が、本当に羨ましく感じられました。いつか来る死期にも二人なら乗り越えられると思っています。ALSは誰でもなり得る病気だと知りました。もし身近な人だったり、自分がなった時に、拓人のように気持ちを強く持てるか心配ですが、拓人のように生きられたらいいなと思います。

ドラマ『僕のいた時間』11話無料動画

ドラマ『僕のいた時間』11話のネタバレ
工事現場に挟まれて動けない澤田拓人(三浦春馬)は、死にたくないと感じながら、救急車で運ばれます。

命に関係はしないという診断でしたが、本郷恵(多部未華子)は、拓人の家族や主治医の谷本和志(吹越満)に拓人の不安要素を告げます。

拓人が毎日楽しく生きていられるように配慮しようとみんなで誓います。

向井繁之(斎藤工)が拓人を探してくれたと聞き、お礼に向かいます。

そこで、中学校で講演をすることを告白。

講演には拓人の両親の昭夫(小市慢太郎)、佐和子(原田美枝子)、恵の母親の翔子(浅田美代子)、水島守(風間俊介)、村山陽菜(山本美月)、繁之が参列。

拓人は、今までの生きてきたこと、病気になった時の心境、生きている意味、これからの生き方について話します。

拓人は、病気に負けずに生きていられる限り生きていくことが、周りの人の生き甲斐になり、社会に問いかけることができると考えたことを報告。

呼吸器をつけることを決意した拓人。

パソコンでの意思表示だったり、自分では食べられなくなったりと確実に死期が近づいていました。

そんな時に拓人は、恵に3年後の自分に向けた手紙を書いて砂に埋めようと提案。

3年後。

恵は介護の仕事を続けています。

拓人は、わずかに動く左目で、意思表示をしたり、講演をしたりしています。

二人は結婚。

海に来た二人は、3年前の手紙を掘ります。

そこには、互いに一緒にいてくれてありがとうと手紙を書いていました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『僕のいた時間』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『僕のいた時間』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
無料
DVD無料レンタル30日間無料
ポイント付与なし

TSUTAYA TV

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

ひかりTV

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年10月現在ドラマ「僕のいた時間」は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタルすることができます。

TSUTAYA DISCASは、新作以外のDVDが借り放題です。

もちろん30日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月28日まで無料!

TSUTAYA DISCASでドラマ『僕のいた時間』の動画を無料視聴

ドラマ「僕のいた時間」はTSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASでは、動画配信サービスでは取り扱いの少ないジャニーズ出演作品も多くラインナップされています。

ドラマ「僕のいた時間」に出演している三浦春馬の出演作品

  • アイネクライネナハトムジーク
  • ブラッディ・マンデイ
  • 君に届け

もTSUTAYA DISCASで無料レンタルできるため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「僕のいた時間」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月28日まで無料!

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

 

ドラマ『僕のいた時間』あらすじや感想

ドラマ「僕のいた時間」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「僕のいた時間」の全体あらすじ
筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気、筋萎縮性側索硬化症という難病と闘う澤田拓人(さわだたくと)。生きる目的を漠然としか考えていなかった若者の澤田拓人が、自分の余命がわずかだと知り、残された人生を模索していく物語だ。今を生きる若者が難病に侵され、命のリミットを初めて意識した時、恋人とはどう向き合うのか?家族とはどう向き合うのか?未来ある主人公・澤田拓人は、自分の病気とどう向き合っていくのか?
引用元:公式サイト
ドラマ「僕のいた時間」の見どころ
難病の、筋肉が徐々に衰えていく病気、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘う青年の物語。

筋肉が衰えるため、呼吸困難になってしまいます。

そのため、最終的には人工呼吸器をつけなければ死に至ることになる病。

この難病に立ち向かう、主人公の澤田拓人を演じるのは三浦春馬です。

生きるということは、何なのか、という難しいテーマにも挑みます。

就職活動中の拓人は、ある時、身体の異変に気が付きます。

力が入らないことを不安に思った拓人は、医師の診察を受けます。

紹介された病院で拓人に伝えられた病名は、ALS。

この日から、拓人と病との闘いが始まりました。

症状が進むにつれ、自分の命のリミットを告げられます。

病気になって、初めてわかる命の大切さ。

生きる、ということの意味を考えさせてくれる作品です。

本日から12月28日まで無料!

ドラマ『僕のいた時間』の感想

男性30代

普段、何気なく過ごしている事が一番幸せなんだと気づかせてくれる作品です。健康な時には分からない、健康であることが一番の幸せ。ドラマを観て、毎日何もなく過ごせていることに感謝するようになりました。段々と筋肉が動かなくなる恐怖に怯える毎日。大切な人だから一緒にはいないという選択や、人工呼吸器をつけるかどうかは、もし自分が拓人の立場だったら、悩んでしまうと思います。生きるという、自分の中での意味と、周りの人たちの意味との間でも考えてしまう。自分がいつなってもおかしくない病気に、その時を想像して悩みながら観てしまいました。拓人の選んだ道は、間違ってないと思います。

女性30代

少し耳にするようになった病気でしたが、どのように進行していくのかなどは詳しく知りませんでした。ドラマを通してですが、どのような症状が出るのかを知りました。拓人の心の動きと、毎週一緒に揺れていました。突然突き付けられた病名に一睡もできずに過ごして、不安な夜を一人ぼっちで明かして、不安に飲み込まれそうになるところは、胸が苦しかったです。症状が出始めて、自分一人では過ごせなくなった時の、「死にたいんじゃない、生きるのが怖い」という言葉を聞いた時は、涙がボロボロこぼれました。観ていて楽しいドラマではないかもしれませんが、今生きていることを大切にしようと思えるドラマです。

男性40代

主演の三浦春馬の演技に引き込まれ、毎話時間を忘れて視聴しました。ALSという難病に侵された若者が、若さゆえ進行も早く、徐々に車いすや寝たきりになっていってしまいます。人工呼吸器を装着しなければ、呼吸も出来なくなってしまうのですが、主人公の拓人は、人工呼吸器装着のために喉に穴を開けることを拒むのです。穴を開けてしまうと、食事はもちろん、声を出すことも難しくなって、生きている実感がなくなってしまう。でも、付けなければ、近い将来必ず死が訪れます。この場面が、自分的には一番印象に残りました。生きている意味は、人それぞれ違うので、何を大切にするかなのですが、私自身、まだ悩んでいます。

 

無料動画情報まとめ

以上、三浦春馬主演のドラマ「僕のいた時間」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

生きている、とは、ただ呼吸をしていることでしょうか。

拓人は、生きる、ということをそんな風には捉えていません。

普段あまり考えることのない、生きる、ということを改めて考えてみませんか。

そんなドラマ「僕のいた時間」の動画はTSUTAYA DISCASで見放題配信中です。

無料お試し期間の30日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月28日まで無料!