彼女はキレイだった(日本版)

本日から6月23日まで無料!

2021年7月から放送されたドラマ『彼女はキレイだった(日本版)』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『彼女はキレイだった』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、U-NEXTであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

U-NEXTの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『彼女はキレイだった』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(課金)
配信なし
関連動画
話数 全10話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『彼女はキレイだった』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「彼女はキレイだった」の動画は、U-NEXTにて見放題配信中です。

彼女はキレイだった U-NEXT
(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは通常月額2,189円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「彼女はキレイだった」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

また無料期間中にももらえる600ポイントを使って、有料作品を無料で見ることもできますよ。

U-NEXT
(画像引用元:U-NEXT)

また期間中であればドラマ「彼女はキレイだった」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、U-NEXTの特徴を表にまとめています。

月額料金 2,189円
無料お試し期間 31日間
初回登録特典 600ポイント付与
継続特典 毎月1200ポイント付与
見放題作品数 22万本以上
取扱作品数 24万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 4台

U-NEXTは、テレビ局の縛りなく幅広い人気作品が取り扱われています。

他では見れないオリジナル作品もあり、お試し期間も飽きることなく楽しむことができますよ!

本日から6月23日まで無料!

第1話 「毒舌男子と残念女子!」視聴率:7.6%

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

子供の頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝風花)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。求職中の28歳の誕生日にバイトをクビになり、今やすっかりダサくなった自分の容姿や、何もかもうまくいかない人生に激しく落ち込む。そんなある日、アメリカへ引っ越した初恋の相手・長谷部宗介(中島健人)から、「帰国するので会いたい」とメールが届く。気弱で太っていたことから、いじめられっ子だった宗介。しかし、愛は彼の優しい一面が大好きで、2人は両思いだった。久しぶりの再会に胸を躍らせる愛だったが、待ち合わせ場所にいた宗介は、昔の面影などまったくない洗練されたクールな男に成長していた。それに比べて自分は——。幻滅され、嫌われることを恐れた愛は、急きょ、代役として梨沙を宗介の元へ向かわせる。相手がニセモノの愛だとは知らず、再会を喜ぶ宗介。懐かしい思い出がよみがえり、またあの頃のように一緒にいたいと願う宗介に、愛は明日からイギリスに留学すると告げる。それは、楽しかった思い出を残したまま、もう会わないと決めた愛の悲しいウソだった。それからしばらくして、大手出版社に採用された愛は、ファッション誌『ザ・モスト』の編集部で働くことになる。樋口拓也(赤楚衛二)の指導のもと、自分とは無縁の華やかな世界に戸惑いを隠せない愛。そのうえ、売上が低調な雑誌を立て直すためにやってきたクリエイティブディレクター兼副編集長が、なんと宗介で…。
引用元:公式サイト

第1話の感想

残念な容姿だと回りから言われて、さらに、親友がスタイル抜群な容姿を持っているのに、羨ましいだとか、努力をして自分を見返そうという気持ちが沸かないのが不思議であります。私だったら、そこまでばかにされるのなら、自分を変えたいと思うからです。そこをしないで、自分を否定する愛に共感はないですし、見ていてとても腹が立ちます。宗介が同じ名前というだけでムカつくと発言をする意味が理解できます。自分を諦めている愛に共感も尊敬も持てないからです。愛がこれからどんな風に変わるのか見所ですが、このままなら、梨沙に宗介が取られるのではないかと思います。このままの容姿で、好きになってくれる人の方を選ぶという曖昧な感じで進むのだけは、辞めてと思いながら次回以降を見ていきたいです。

ドラマ『彼女はキレイだった』1話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』1話のネタバレ
容姿を見て残念と言われる女子の佐藤愛(小芝風花)は、小学生の時の初恋の相手からの連絡を受け再会を心待ちにしていました。

しかし、実際に会うと、小学生の時の太っている長谷部宗介(中島健人)ではなく、イケメンに変貌。

自分の容姿を見て気づいてもらえないことに落ち込みます。

親友の桐山梨沙(佐久間由衣)に代理を頼み、信じ込ませることに成功します。

しかし、愛の気持ちはショックのまま。

ですが、そんな愛に朗報が入り、就職先が決定するのです。

出版社に就職した愛ですが、届け物をしたファッション雑誌の編集部での校閲が評価され、3ヶ月限定で異動になりました。

ファッションには興味のない愛でしたが、さらに不運は続き、その編集部にやって来たニューヨークからの上司が宗介だったのです。

愛は、必死に隠れようとしますが、ミスを犯し見つかってしまいます。

初恋の相手であるとは思ってもらえていない愛ですが、名前が一緒というだけで、毛嫌いされてしまいます。

自分の知っている宗介はここにはいないと断言した愛。

仕事で見返してやろうと決意するのでした。

一方、梨沙は、愛に成り済まして宗介と会いましたが、自分はイギリスへ留学していることにしています。

しかし、自分のレストランの前で遭遇してしまった梨沙と宗介。

第2話 「恋の四角関係が動き出す!」視聴率:7.0%

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

愛(小芝風花)に扮(ふん)し、宗介(中島健人)に留学先のイギリスにいるよう装った梨沙(佐久間由衣)だったが、仕事中に偶然、宗介と遭遇。とっさの言い訳でその場は何とか切り抜けるが、このままでは自分が愛でないこともすぐに気付かれてしまうと焦る。しかし、すでに宗介のことを吹っ切って仕事に打ち込む愛には相談できず、梨沙は自分で何とかしようと心に決める。『ザ・モスト』編集部では、読者の興味を引く企画を打ち出せない編集部員たちに、宗介がイライラを募らせていた。一方で、自身は海外の一流デザイナーに接触を図り、ライバル誌に打ち勝つための起爆剤となる企画を準備していた。愛もまた、相変わらず厳しい言葉を連発する宗介に反発しながらも、自分に与えられた仕事をまっとうしようと、ファッションやメークの勉強を開始。そのかいあって、次第に唯子(片瀬那奈)たち編集部員に認めてもらえるようになり、樋口(赤楚衛二)も、そんな愛をやさしく見守る。そんななか、愛は、帰国直前のデザイナーにアポイントを取りつけた宗介のサポート役として、一緒に空港へ向かうことに。ところが、移動中の車内で宗介がとんでもないことに気づく…!
引用元:公式サイト

第2話の感想

自分が愛であることは、しばらく言わないのだと思っていたので、ラストは衝撃的でした。酔っているからだとしても、もう言ってしまうのだという感じでした。梨沙が宗介のことを好きになっているような雰囲気ですし、愛も本当は宗介が気になる存在なので、恋のライバルになることが予想されます。友情に亀裂が入らなければいいなと思うのですが、宗介はかっこいいと思っていた愛の本性が実は仕事のできない部下であり、どうするのかも気になります。自分の考えていた愛とは違うことで、宗介の思いがどう変わるのかを見所として、次回を楽しみに待ちたいと思います。

ドラマ『彼女はキレイだった』2話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』2話のネタバレ
自分がオーナーを勤めるレストランの入り口で、長谷部宗介(中島健人)と再会してしまった桐山梨沙(佐久間由衣)。

なんとか叔父が倒れたための助っ人だと誤魔化すことに成功します。

佐藤愛(小芝風花)本人は、ファッション部に配属になったが、3ヶ月だけという期間限定だというスタンスのためにファッションについて学ぶことを怠っていました。

そのことで、宗介に激怒される愛。

味方をしてくれると思っていた梨沙からも宗介と同じことを告げられた愛は、猛勉強をしてファッションに詳しくなります。

そんな時に宗介が暖めてきた企画のために空港で打ち合わせをすることになりました。

荷物を持つために同行する愛ですが、タブレットばかりを見ている宗介に成田か羽田かと聞いても答えてくれませんでした。

仕方がないために成田へ向かったのですが、羽田であると判明。

宗介は電車で向かい、愛はタクシーで荷物を持って後を追いますが、荷物がすべてなかったことで、完璧な打ち合わせにならなかったと激怒する宗介。

愛は、タブレットばかりを見ていた宗介のことを責め、もっと編集部の人の内面を見るように告げます。

ぎくしゃくしている愛と宗介。

それを見た樋口拓也(赤楚衛二)から飲みに誘われた愛。

宗介もまた梨沙と食事をして、フリスビーをして気持ちを落ち着かせていました。

梨沙は宗介に樋口は愛に惹かれていきます。

酔っていた愛は宗介に自分が幼馴染みであることを電話で告げてしまいます。

第3話 「明かされる本当の思い!運命の嵐の夜!」視聴率:7.1%

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

宗介(中島健人)が一流デザイナーとのコラボ企画を成立させ、編集部のメンバーはお祝いを兼ねて食事へ行くことに。しかしその晩、残業していた愛(小芝風花)は偶然、宗介が「モストジャパンを廃刊になどさせません」と話しているのを聞いてしまう。食事会では、アルコールが苦手な宗介がうっかり酒を口にしてしまい、愛が倒れた宗介を送っていくことに。すると、部屋には2人の思い出のパズルが飾ってあり、それを見た愛は…。宗介は、連日残業しながら、人に押しつけられた仕事も懸命にこなす愛のことが気になっていた。「自分は脇役だから、サポート役が性に合っている」と明るく笑う愛に、宗介は子供の頃、自分がある人に勇気づけられたエピソードを話して聞かせる。一方、梨沙(佐久間由衣)は、宗介の存在が日に日に自分の中で大きくなっていることに戸惑いを覚えていた。相手は親友の初恋の人で、自分はあくまで身代わり。このまま愛に内緒で宗介と会っていいのか悩んでいた矢先、梨沙は、ひょんなことから樋口(赤楚衛二)と知り合いになる。まさか愛と宗介の同僚だとは知るよしもない梨沙は、思い切って、樋口にあることを頼んで…。
引用元:公式サイト

第3話の感想

前回のラストで、宗介に自分のことを電話するシーンを見て、どうなるのだろうと思っていたのですが、樋口のナイスプレーで告げられていなかったことに安堵しました。まだ真実を告げるには早いと思っていたので、良かったと思ったからです。しかし、宗介も愛だとは知らないのに、気になっているような視線が目立つ今回の演出だったり、ラストに愛かと聞くシーンで、そろそろわかるのかという気がしてしまいます。わかったことで、愛の容姿を変えようとするのか、そのままの見た目ではなく中身に寄り添うのか、梨沙を愛だと思って惹かれている気持ちはどうなるのかという謎が浮かびます。梨沙ではなく、愛と結ばれてほしいですが、どういう展開で結ばれるのかが楽しみです。

ドラマ『彼女はキレイだった』3話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』3話のネタバレ
ファッション雑誌の編集部の樋口拓也(赤楚衛二)と飲みに行った佐藤愛(小芝風花)。

上司で幼馴染みである長谷部宗介(中島健人)に自分が幼馴染みであることを電話してしまった愛でしたが、機転を効かせてくれた樋口のお陰で通話はされていませんでした。

しかし、樋口には幼馴染みであること、初恋の相手であることがバレてしまいます。

残業ばかりする愛のことが気になる宗介。

気づけば目線を送っている宗介は、電話で手掛けている雑誌が廃刊の危機に陥っているという話を愛に聞かれてしまいます。

内緒にするように言われる愛。

その後の部の打ち上げでお酒を飲んだ倒れた宗介を家まで送った愛は、なつかしのパズルを発見。

宗介が起きたことで、驚きパズルを壊してしまいます。

翌日も残業をする愛を手伝う宗介は、仕事を断らない愛を不思議に思います。

愛は今まで仕事のない日々を過ごし、バイトも首になったことで、仕事のある生活が大事だからだと笑顔で話します。

そんな愛に昔の自分を重ねる宗介。

愛に言われた自分の可能性を信じるべきだと言われた話をした宗介ですが、愛の記憶にも残っている話が、宗介を励ましてきた過去に嬉しくなりました。

一方、桐山梨沙(佐久間由衣)は、宗介への恋心を加速させます。

しかし、自分の気持ち以上に大切な愛のことを裏切れないと思う梨沙。

ジョギングで知り合った樋口に、宗介と会い自分の婚約者であると嘘をついてほしいと頼みます。

承諾した樋口でしが、宗介は約束の時間に現れませんでした。

宗介は約束の場所に向かう途中で、母親の事故と同じ状態の事故を目撃。

その場から動けないでいたのです。

そこに偶然現れたのは愛。

小学生の時と同じように安心させる言葉を伝える愛に、宗介は幼馴染みの愛ではないかと問いかけます。

第4話 「二人きりの出張旅行 鬼上司の最高の笑顔」視聴率:4.8%

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

梨沙(佐久間由衣)扮(ふん)する愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介(中島健人)。偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。翌日、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚える。さらに、好きな人をあきらめたいという梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになり、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介で…。翌日、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめく。その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。
引用元:公式サイト

第4話の感想

愛がナレーションで宗介に気づいてほしいと話すシーンは、納得の言葉でした。まだ好きだし、初恋を忘れられない愛にとって、宗介が目の前にいるのに親友を愛と勘違いをしている、自分の名前は昔の思い出を汚されると言われるほど、今の愛を否定されている状況だからです。辛いですよね。さらに、少しずつ現れる昔と同じ宗介の優しさが、余計に愛だと気づいてほしいと思ってしまうのは仕方がないことです。ですが、宗介も愛のことが気になっているし、本当のことを話しても大丈夫なように感じられます。本当のことがバレたところで、親友にはいかないと思うのですが、見た目だけでなく中身も親友が愛だと思っている宗介が、本当の愛だと知りどう行動するのかが楽しみです。否定されないことだけを願います。

ドラマ『彼女はキレイだった』4話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』4話のネタバレ
交通事故を目撃してしまった長谷部宗介(中島健人)は、その場から動けなくなり、たまたまそこを訪れた佐藤愛(小芝風花)に落ち着かせてもらいます。

幼馴染みの愛だと思っている桐山梨沙(佐久間由衣)との約束をキャンセル。

梨沙は、宗介を諦めるために婚約者であると嘘をついてもらう樋口拓也(赤楚衛二)から、好きなら好きでいいのではないかと言われます。

ですが、梨沙にとっては自分より愛が大切であり、愛を傷付けたくないのです。

翌日。

風邪を引いた愛に、薬や風邪に効くたまねぎを渡そうをする宗介。

しかし、愛を見るとどう話しかけたらいいかわからず、きつく当たってしまいます。

愛はまた怒らせてしまったと嘆きますが、玉ねぎは宗介からだと気づくのでした。

梨沙から再び婚約者のふりを頼まれた樋口は、梨沙が会う人が宗介だと知り、愛と梨沙、宗介の関係を把握。

その日は会えないと断ります。

里中純一(高橋優斗)が親知らずのために一泊の取材が行けなくなり、愛が宗介に同行することになりました。

ぎこちない空気を纏う二人でしたが、車が道路から脱線したことがきっかけで笑い合えるようになります。

一人旅の特集を記事にする今回の取材で、手紙が書きたくなるという愛の言葉を受け、タイトルが変更され、取材先が増えます。

そのことが余計に二人の距離を縮めました。

事あるごとに昔のことを話に出す宗介。

それは愛が言ったことや行動したことでした。

愛は宗介に、自分が幼馴染みの愛であると気づいてほしいと思ってしまいます。

第5話 「まさかの解雇!?運命の決断と涙の理由」視聴率:6.4%

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

愛(小芝風花)のアイディアが採用された特集記事『手紙が書きたくなる一人旅』の掲載誌が完成した。届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も載っていて、愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして、うれしくてたまらない。しかし喜んだのもつかの間、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく水をあけられ、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされる。一方、出張がきっかけで愛と宗介の距離が縮まったことに気をもむ樋口(赤楚衛二)は、愛のある決意を知り、梨沙(佐久間由衣)に自分が愛と宗介の同僚であることを明かす。そして、親友を傷つけないためにも、宗介と会っていることを今のうちに愛に打ち明けるべきだとアドバイスする。そんなある日、宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われる。決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。ところが、予期せぬハプニングで一瞬目を離したその隙に、大事なドレスが破損。撮影は続行不可能となり、怒ったデザイナーは、挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介に、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう告げて…。
引用元:公式サイト

第5話の感想

ラストの衝撃的な変貌に驚きました。元はおしゃれな女優さんですので、違和感はないのですが、このドラマでは、天然パーマでのイメージが強すぎているので、衝撃的でした。編集部のみんなも、宗介も驚いた表情をしていたのですが、これから訪れる展開にワクワクしています。見違えるほどの変貌を遂げた愛を見て、編集部ではどういう感じになるのか、樋口はますます愛を好きになり、アタックをするのではないか、宗介は、愛を幼馴染みの愛だと気づいてくれるようになるのではないかと予想するからです。私の予想通りに展開してくれて、愛と宗介が進展することを願って次回を楽しみにしています。

ドラマ『彼女はキレイだった』5話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』5話のネタバレ
長谷部宗介(中島健人)に小学生の同級生であると告白しようとした佐藤愛(小芝風花)。

寸前のところで、樋口拓也(赤楚衛二)が登場して回避されました。

愛も冷静になったときに告白しなくて良かったと安堵します。

それから宗介が愛を呼ぶ通称が、総務部から佐藤に変わりました。

樋口は桐山梨沙(佐久間由衣)が佐藤愛のふりをして宗介に会っていることを確信し、梨沙に愛に正直に話すように告げました。

梨沙は自分では止められないくらいに宗介を好きになっています。

宗介が温めてきた企画の日。

ドレスを傷つけたとして愛を解雇。

愛は、里中純一(高橋優斗)のミスをカバーするためにドレスから離れてしまったこと、結局は愛のミスではなく、ゲスト側のミスだったのだが、愛を解雇することが決定されました。

編集部内でも愛の解雇に苦言を呈するものがいました。

そうした中、次回の企画で、愛の企画を発表する樋口。

編集部内でも愛の企画を実行しようという動きがあり、宗介が編集部に戻るように説得します。

最初は、固くなに戻らない宣言をしていた愛でしたが、宗介の願いを受け編集部に戻ります。

それまでの天然パーマをストレートにして、ピアスや化粧もしたおしゃれな愛に変貌した状態に驚く編集部のみんな。

第6話 「混乱する記憶と四角関係!雨の中の告白」視聴率:6.9%

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

「早く帰ってこい」という宗介(中島健人)の言葉で編集部に戻ることを決めた愛(小芝風花)。ファッションもメークも洗練され、まるで別人のように美しく変身した愛の姿に、編集部のメンバーは驚く。早速、愛が考えた童話企画について編集会議が行われ、その席で愛は、コラムの執筆を人気絵本作家の夏川ちかげに依頼したいと申し出る。しかし、彼女は10年前に引退していた。作品への思い入れが強い愛は、それでも何とか交渉したいと食い下がり、その真剣な表情を見た宗介はGOサインを出す。一方、宗介への思いが募る梨沙(佐久間由衣)は、会うたびに幼い頃の話ばかりする宗介に、「昔の話はもうやめない?」と切り出す。愛ではなく、自分を見てほしいという切ない思いからだったが、宗介にはその言葉の意味が分からない。それどころか、愛(梨沙)のある言葉に違和感を覚え、目の前にいるのは、自分の知っている“佐藤愛”ではないかもしれないと疑念を抱く。焦った梨沙は、何とか宗介の気持ちをつなぎとめようと、ある行動に出て…。その頃愛は、ようやく夏川ちかげ本人に話を聞いてもらえることになり、待ち合わせ場所のホテルへ向かっていた。しかし、そこである事件が発生。ニュースを知った樋口(赤楚衛二)、そして梨沙と会っている最中に愛の窮地を知った宗介は…。
引用元:公式サイト

第6話の感想

宗介が気づく違和感に、何度も愛はそこにいるじゃんとつっこみを入れたくなるシーンが多くありました。梨沙を嫌いになってしまいそうになるくらい、梨沙の宗介への気持ちの暴走を止めたくなります。梨沙はこのままだと愛も失うのですが、そんなことより、宗介の方を取ろうとしている、梨沙はかわいいので、自分が勝つと思っているような気持ちがしているからです。愛の性格を宗介は好きなのだと、見た目ではないと梨沙には気づいてほしいです。愛を失ったら、梨沙に残るものはないのですから。早く気づいてほしいです。

ドラマ『彼女はキレイだった』6話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』6話のネタバレ
天然パーマをストレートにし、服装も女性らしく変貌した佐藤愛(小芝風花)。

編集部のみんなは、愛の変貌に驚いていたが、長谷部宗介もその一人でした。

愛の企画の童話の悪役のファッションを記事にするというもので、愛は子供の
頃から好きだった絵本作家を起用したいと発言。

宗介は、愛の起用を許可したが、愛が気になり始めていたのでした。

桐山梨沙(佐久間由衣)が、男性に絡まれているところを助けた宗介。

梨沙は、昔話をする宗介に今の自分を見てほしいと告げます。

不思議がる宗介に、自分のことを見ているのではなく、佐藤愛を見ているのだと実感してしまう梨沙。

梨沙は、もう少しだけ宗介と一緒にいたいと感じ、愛の大切な宗介との思い出のパズルのピースを持ち出し、宗介に自分が愛だと宣言。

しかし、梨沙の言動と昔の愛の記憶が違っていること、愛の素直さに惹かれ始めている宗介は困惑してしまいます。

そんな時に愛が火災に巻き込まれたかもしれないと連絡が入り、走る宗介。

愛は無事でしたが、雨の中の事故は宗介にとって、嫌な記憶であり、愛は宗介のことを心配します。

愛は自分が昔の愛であること、宗介に好きだと伝えようとした時、梨沙が宗介に愛と呼ばれているのを目撃。

第7話 「明かされる正体!?止まらぬ思いとキス」視聴率:7.2%

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

昔も今も、宗介(中島健人)が好き——。自分の気持ちに気づいた愛(小芝風花)は、すべてを打ち明けようと宗介の元へ急ぐが、そこには梨沙(佐久間由衣)の姿が。物陰から2人の様子を見ていた愛は、梨沙がいまだに愛のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたことを知りショックを受けるが、それでも梨沙を問いただすことはできない。一方の宗介は、愛を思う気持ちが日に日に強くなり、その思いを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口(赤楚衛二)は、もはや自分の恋が実ることはないのだと、ある決意をするが…。数日後、宗介は編集長とともに、レストランチェーンの役員と会食を楽しんでいた。その席で、手渡された広報誌に目を通していた宗介は、あるページに見覚えのある顔を見つけ、顔色を変える。編集部では、部員たちが体調を崩した樋口のことを心配していた。愛がホテルで火災に巻き込まれた日、樋口もまた、雨が降りしきるなか愛を心配して駆けつけ、ずぶぬれになり風邪を引いていたのだ。そのことを初めて知った愛は…。
引用元:公式サイト

第7話の感想

今回は、物語が大きく動いたお話で、どのシーンも見逃せないものでした。宗介が積極的にアプローチをしてくるシーンは、大胆で、宗介のかっこ良さが引きだっていましたし、愛のことを真剣に考えている雰囲気が見られ、こんな人に愛されると嬉しいだろうなと感じました。若干海外にいた人らしい積極性だとも感じました。樋口が梨沙にお節介をするシーンだったり、樋口の報われない恋を少しでも進展できたらと考えての行動に、愛は樋口を選ぶのではないかと考えてしまいました。それくらい、樋口は愛に優しく頼れる存在でしたので、愛がどちらを選んでも仕方がないと感じられていました。まだ7話で宗介と結ばれてしまうということは、まだまだ二人に難題が待っていると予想します。最後まで、二人の中が壊れずに成就することを願って見ていきます。

ドラマ『彼女はキレイだった』7話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』7話のネタバレ
自分の気持ちを打ち明けようとした佐藤愛(小芝風花)。

長谷部宗介(中島健人)の自宅へ向かうも、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)がいて、自分を演じていることを知りショックでその場を立ち去ります。

それから、宗介も梨沙も避けるようになった愛。

さらに、梨沙の本当に好きな人は宗介なのだと自覚し、恋愛と友情のどちらを選ぶべきかを悩みます。

宗介は、愛に積極的にアプローチを開始。

悩んだ愛は樋口拓也(赤楚衛二)に相談。

好きな人からの相談に戸惑いながらも、愛に向けたアドバイスをし、梨沙に愛が知っていることを連絡します。

仕事の打ち合わせで訪れたレストランで、衝撃的な写真を発見した宗介。

梨沙の元へ向かい、誰かと問います。

衝撃的な写真とは、梨沙がマネージャーを勤めていると書かれていた広報誌で、梨沙の嘘がばれたのでした。

本当の愛は宗介の近くにいる愛だと知った宗介は、梨沙の言い訳も聞かずに愛の元へ。

その頃愛は、樋口から自分のことも気にしてほしいと言われていました。

宗介のことが好きだけど、梨沙のこともあり動揺している愛に追い討ちをかけるように抱き締める樋口。

だが、愛の携帯の着信があり、宗介がすべてを知った連絡が入ります。

会いたいと言われた愛は、樋口の制止を聞かずに走り出し、宗介とキス。

第8話 「愛情と友情の狭間!仲間たちの絆と決意」視聴率:7.2%

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

今思いを寄せている愛(小芝風花)こそが、16年間、再会を夢見てきた初恋の相手“佐藤愛”その人だと知った宗介(中島健人)。愛もまた、宗介が自分の正体に気づいたことを知り、樋口(赤楚衛二)の告白を振り切って宗介の元へ急ぐ。お互いの気持ちが通じ合った2人は晴れて再会を果たすが、喜んだのもつかの間、愛は梨沙(佐久間由衣)のことが気になっていた。帰宅後、ごみ箱に捨てられていた手紙から、梨沙が宗介に本気で恋をしていたことを知った愛は、宗介の恋人になることをちゅうちょする。翌日、愛の童話特集が掲載された最新号が発売される。売上は好調だったが、それでもライバル誌に追いつくことはできず、宗介は岸田(木村祐一)から廃刊までのカウントダウンを宣告される。ところが、その会話を偶然、里中(髙橋優斗)が聞いてしまい、廃刊の話は編集部員の知るところに。事実を隠していた宗介に腹を立てた唯子(片瀬那奈)たちは、廃刊をかけた次号の制作を拒否。孤立した宗介が1人で作ることになってしまう。宗介はその状況を甘んじて受け入れるが、孤軍奮闘する上司を前に、樋口は部員たちの思いを代弁するかのような厳しい忠告をする。愛も、宗介と唯子たちの懸け橋になるべく動き出し…。
引用元:公式サイト

第8話の感想

梨沙と愛の友情が羨ましく感じました。恋ではなく、友情大切にするところに、二人の友情の深さや、今までの二人の時間の濃さが感じられました。もう二人は宗介が愛と一緒でも大丈夫、二人の友情に亀裂は入らないと感じました。こんな友情がほしいなと思います。女同士の友情はあまり信じられないところがあったので、二人の友情から、信じられるものだと教えられました。宗介に素直に梨沙のことで、悩んでいると話せば良かったのにと感じるほど、愛が隠すことに苛立ちを覚えました。宗介はもう愛のことを受け止めてくれると思うので、全部話せばいいのにと感じました。ラストは両想いなので、嬉しいですが、宗介が倒れたので心配です。

ドラマ『彼女はキレイだった』8話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』8話のネタバレ
本当の長谷部宗介(中島健人)と佐藤愛(小芝風花)として再会。

嬉しい気持ちで一杯の愛だったが、自宅に帰り親友の桐山梨沙(佐久間由衣)の初恋が宗介だったと知り、宗介の愛を素直に受け入れていいのかと悩みます。

宗介にぎこちない態度を取ってしまう愛。

宗介がMOSTが廃刊になるという話をしていることを聞いてしまった里中純一(高橋優斗)。

MOSTの編集部員たちは、隠されていたことに激怒をして、宗介に次刊を一人でするように告げます。

愛は、宗介の助けになりたいと思い、編集部員の岡島唯子(片瀬那奈)を説得したり、次刊の企画書を提出。

愛と樋口拓也(赤楚衛二)からの言葉を受け編集部員に謝罪と一緒に作りたいと話す宗介。

次刊も頑張って作り、廃刊をさせないと一致団結したのでした。

一方、愛と梨沙は梨沙の誕生日に泣きながら話し合いをします。

梨沙は、愛に話せないことが一番辛かったと告白。

初恋よりも愛との友情が大切だと感じた梨沙は、愛と和解をして、宗介に別れを告げました。

梨沙との問題を解決し、素直に宗介に気持ちを告げられるようになった愛は、自分から告白。

昔からずっと好きだったと話し、やっと両想いになれた二人でしたが、宗介が倒れます。

第9話 「史上最大のピンチ!恋の嵐と驚愕の正体」視聴率:7.1%

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

宗介(中島健人)が過労で倒れた。愛(小芝風花)は、連日激務をこなす宗介を心配するが、当の宗介は、愛と晴れて恋人同士になれた喜びでいっぱい。仕事にもより一層精を出し、存続がかかった次号の目玉企画として、メディアにほとんど出ない人気アーティスト・アリサの独占インタビューをとってくる。一方の愛は、宗介との恋が実ったことで、樋口(赤楚衛二)に対し気まずさを感じていた。そんな愛の胸中を察した樋口は、「気を使わなくていい」と、愛の“最高の友達”になることを宣言。恋人にはなれなくても、せめて仕事仲間として、これまで通りの関係でいたいと願っていた。そんなある日、休日出勤している宗介に弁当を差し入れた愛は、宗介から「モストの存続が決まったら、プロポーズする」と告げられ、2人の幸せは最高潮に。しかしそこへ、週刊誌にアリサのスクープ記事が出るという知らせが飛び込んできて、独占インタビューはお蔵入りが決まってしまう。次号の〆切まであと数日、編集部員たちが急いで新たな取材対象者を探すなか、白羽の矢が立ったのは、年齢・性別・国籍すべて非公表の謎の小説家・楠瀬凛。しかし、出版社の編集担当者ですら、楠瀬凛本人に会ったことはないといい、交渉は難航。タイムリミットが刻一刻と迫り、後がなくなった宗介は、あることを決断して…。
引用元:公式サイト

第9話の感想

愛と宗介の甘い時間は見ているこちらが気になってしまい、恥ずかしくなるくらいに積極的で、戸惑うくらいでした。宗介と愛にとっては、学生の時のような感覚なのかなと感じます。初々しさが出ていたからです。小学生の時以来の再会をして恋が実ったので、小学生の時のような感じを残したまま、大人な恋愛をするのかなと想像してしまいました。初々しさが良かったです。編集部が存続できるのかが気になる来週は最終回です。どんな展開になるのかなと想像しながら、待ちたいです。編集部の存続も気になりますが、宗介と愛が別れるような次回予告も見られ、それだけはやめてと思っています。二人のハッピーエンドも合わせて願う私です。

ドラマ『彼女はキレイだった』9話無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』9話のネタバレ
長谷部宗介(中島健人)は過労のために倒れ病院に運ばれました。

心配する佐藤愛(小芝風花)はお見舞いに訪れますが、愛との甘い時間を過ごしたい宗介は、積極的でした。

そんな時、編集部の岡島唯子(片瀬那奈)がお見舞いにやって来て、必死に隠れる愛。

やっと両思いになった二人には甘い時間が流れるのでした。

愛との交際をきっかけにキャラが崩壊した宗介。

愛に忠告をされて、普段の宗介に戻りましたが、内心は嬉しそうでした。

桐山梨沙(佐久間由衣)は、父親のレストランを辞めて、自分の人生を見つめ直し、自分のやりたいことをやることを愛に宣言。

そんな時、目玉企画として、顔出しをしていないアーティストのインタビューを予定していたが、脱税のために使用できなくなりました。

校了まで10日という期日で、新しいインタビューを取れる人はおらず、最後は編集部が書きたい記事を作りました。

打ち上げをしようと提案した宗介でしたが、やってきませんでした。

宗介は、雑誌を守りたかったと編集部で涙を流し愛にそばにいてもらうのでした。

そんな姿を見ていたのは樋口拓也(赤楚衛二)。

愛に振られましたが、仕事の仲間として、最高の友人として愛のそばにいると決めていました。

翌日、印刷会社から社員からの連絡でストップしていると連絡が入る宗介。

同時に顔出ししていない小説家の楠瀬凛からインタビューの了承を得ます。

会いに行く宗介は、その人物が樋口で驚きます。

第10話(最終回) 「最終回!二人を襲う波乱の危機!初恋のフィナーレとは?」

10話(最終回)の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

宗介(中島健人)が起死回生の一手として取材交渉を続けてきた謎の作家・楠瀬凛の正体は、樋口(赤楚衛二)だった。にわかには信じられず、言葉を失う宗介に、樋口は「モストを救いたい」と、自らの生い立ちや小説への思いをつづったインタビュー原稿を手渡す。記事を掲載すれば話題になることは間違いなく、『ザ・モスト』の存続も夢ではない。しかし、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまう——。悩んだ末、宗介は掲載を見送ることを決めるが…。一方、愛(小芝風花)の元には、絵本作家のちかげ(日髙のり子)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが届く。さらに、ちかげのアトリエへ行くと、「ここで、いっしょに働かない?」と誘われ、胸がときめく愛。絵本作家になることが幼い頃からの夢だった愛は、うれしくなり、早速宗介に報告するが…。小さなうそから始まった、愛と宗介の初恋の行方は!?
引用元:公式サイト

第10話(最終回)の感想

それぞれのやりたいことを我慢せずにやっていくことが、きれいという表現に結び付いていたお話でした。タイトルのきれいは好きなことをしている人はきれいだということで、愛が本当にきれいに感じました。やりたかった絵本作家にもなれ、宗介との間に子供も生まれ、幸せな時間を過ごしていることに感動でした。NYについていくことと絵本作家という夢を天秤にかけている時には別れてしまうのかと心配になりましたが、結婚という形で結ばれようという結論が、今まで離れていた二人ならではの考えだったと思いました。普通なら、離れることが苦しいと感じるのですが、二人は、結婚という約束を果たした上で互いの夢を頑張るという新しい姿を見せてくれて、こういう関係もいいなと思いました。

ドラマ『彼女はキレイだった』10話(最終回)無料動画

ドラマ『彼女はキレイだった』10話(最終回)のネタバレ
楠瀬凛の正体が樋口拓也(赤楚衛二)だと知った長谷部宗介(中島健人)。

宗介は樋口の生活を守ろうと記事にしないことにするが、正体がいつかばれるのなら、大好きなMOSTでばれたいという樋口の思いは強く勝手に記事を載せてしまいました。

樋口のお陰で雑誌の廃刊はなくなりましたが、樋口は辞めていきました。

佐藤愛(小芝風花)は総務部へ異動し、物足りなさを感じていました。

すると、絵本作家の夏川ちかげ(日高のり子)から、一緒に絵本を作らないかと誘われます。

宗介はNYでの仕事に誘われていて、お互いに一緒にいたいけどとどうしたらいいのかわからない状態。

桐山梨沙(佐久間由衣)は経営の勉強をしてレストランを持ちたいという夢に向かい頑張っています。

悩む愛の前にやって来たのは樋口。

愛に好きだったこと、納豆をかき混ぜている時は自分を思い出してほしいこと、人生を楽しむことを告げて去って行きます。

愛の中で答えが出ました。

愛は宗介に結婚を申し込み指輪を用意します。

しかし、やりたいことがあるからと待っていてほしいと願うのです。

それは宗介も同じ気持ちでした。

互いにNYと絵本作家としての道に進むことを決断。

2年後、樋口は海外で小説を作り、梨沙は彼氏の森沢柊治(浜中文一)ができて、勉強を頑張っていました。

愛は宗介のサプライズで再会。

結婚をして、5年後に愛の絵本を持った小さな女の子がいました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『彼女はキレイだった』の動画を配信サービスで視聴

ドラマ『彼女はキレイだった』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

U-NEXT

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴31日間無料
600pt付与

FOD Premium

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

dtv

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴31日間無料
ポイント付与なし

Amazon

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

Netflix

見放題配信
今すぐ動画視聴無料期間なし
ポイント付与なし

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
新作・有料
DVD無料レンタル30日間無料
ポイント付与なし

TELASA

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

music.jp

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

クランクインビデオ

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴14日間無料
3,000pt付与

ひかりTV

有料レンタル
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

上記の表のように2022年3月現在ドラマ「彼女はキレイだった」の動画は、

  • U-NEXT
  • FOD Premium
  • dTV
  • Amazonプライム

の無料お試し期間を使えば、ドラマ「彼女はキレイだった」の動画を無料視聴することができます。

その中でも、U-NEXTは、テレビ局の縛りなく幅広く作品を取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん31日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から6月23日まで無料!

U-NEXTでドラマ『彼女はキレイだった』の動画を無料視聴

ドラマ「彼女はキレイだった」はU-NEXTにて見放題配信中。

U-NEXTは通常月額2,189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用可能です。

さらにその無料期間中にも600円分のポイントが付与されます。

U-NEXT
(画像引用元:U-NEXT)

ドラマ「彼女はキレイだった」に出演している小芝風花の出演作品

  • ガールズ・ステップ
  • べしゃり暮らし
  • 天使のいる図書館

もU-NEXTで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「彼女はキレイだった」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から6月23日まで無料!

U-NEXTの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

U-NEXTの登録方法
  1. U-NEXT TOPの「まずは31日間無料トライアル」をクリックする
  2. 必要情報を入力し、「次へ」をクリックする
  3. 決済方法を選んで、入力内容に間違いがなければ「送信」をクリックする
  4. 以下の表示で登録完了です
U-NEXTの解約方法
  1. U-NEXT TOPの「設定・サポート」をクリックする
  2. お客様サポートの「契約内容の確認・変更」をクリックする
  3. 「解約はこちら」をクリックする
  4. 「次へ」をクリックする
  5. アンケートに答えて、「解約する」をクリックする

ドラマ『彼女はキレイだった』再放送(2022年)の予定は?

2022年3月現在、ドラマ「彼女はキレイだった」の再放送予定はありませんでした。

再放送される条件として、

  • 再放送して視聴率が見込める
  • 出演者の不祥事がないこと
  • 映画や続編などの新シリーズが始まるタイミング
  • 主演キャストの新ドラマが始まるタイミング

などさまざまなケースが考えられます。

2022年中に再放送があるという情報は見つかりませんでした。

再放送を待たずに今すぐドラマ「彼女はキレイだった」の動画を視聴したいなら、見放題配信中のU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTであれば初回登録から31日間の無料お試し期間がありますので、ドラマ「彼女はキレイだった」を無料視聴できます。

この機会にぜひドラマ「彼女はキレイだった」を無料で視聴してくださいね。

本日から6月23日まで無料!

 

ドラマ『彼女はキレイだった』あらすじや感想

ドラマ「彼女はキレイだった」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「彼女はキレイだった」の全体あらすじ
冴えない太っちょの少年からイケメンエリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)。真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブストーリー。
引用元:公式サイト
ドラマ「彼女はキレイだった」の見どころ
今作は韓国で放送され、中国でもリメイクされたドラマの日本版です。

主演は、中島健人と小芝風花の二人が務めます。

地味で丸々とした少年時代を過ごした長谷部宗介を中島が演じます。

小芝が演じるのは、美しい少女だった頃から変わり、職も無くしてしまった佐藤愛。

幼い頃のイメージとは、それぞれ逆に成長した二人が織りなす恋の物語です。

宗介と愛は幼なじみですが、宗介はそれに気づいていません。

お互いに初めての恋の相手だった二人。

そんなことは知らない宗介は初恋の相手を探します。

大人になった今、お互いの存在に気づいたとき、どうなっていくのでしょうか。

すれ違う二人の恋。

二人の行方を見守りながら、一緒にキュンキュンしませんか。

本日から6月23日まで無料!

ドラマ『彼女はキレイだった』の感想

女性20代

すれ違いの恋、って聞くだけでドキドキします。韓国ドラマのリメイクは、あんまりかな、と思いながらも観てしまいます。日本版だと、半分くらいの長さにしなくちゃいけなくて、観たい所がカットされてたりするので、ちょっと残念なんですよね。でも、主演の二人が結構好きなので、楽しみにしています。

女性30代

韓国ドラマが元になってるんだ。家での時間が増えて、海外ドラマを観る人も増えたと思うので、韓国っぽさのある行き違いのドラマは観たい人も多いかも。すぐそこに居るのに気づかない、とか、きーってなるけど、それも楽しめる。最後はハッピーエンドがいいな。このドラマが面白かったら、韓国のも観てみよう。

男性40代

海外ドラマのリメイクは、原作物の実写化のように賛否あると思います。純粋に海外ドラマが好きな人には物足りないでしょうが、日本のドラマが好きな人には見やすくなっていて良いと思います。私は結構好きなので、このドラマも楽しみです。小芝さんもかわいいし、中島さんも色気のある方で、2人のラブストーリーに期待しています。

ドラマ『彼女はキレイだった(日本版)』の関連動画

関連動画

 

無料動画情報まとめ

以上、中島健人と小芝風花主演のドラマ「彼女はキレイだった(日本版)」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

初恋の相手を探す宗介と、自分だと言い出せない愛。

二人の恋がすれ違っていく場面は、居ても立ってもいられません。

二人の恋を応援しながら見守りましょう。

そんなドラマ「彼女はキレイだった」の動画はU-NEXTで見放題配信中です。

無料お試し期間の31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から6月23日まで無料!