モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~

本日から12月12日まで無料!

2021年1月から放送されたドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TELASAであれば1話から最終話まで全話見放題で配信中!

TELASAの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
小芝風花の出演ドラマ
話数 全10話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の動画は、TELASAにて見放題配信中です。

モコミ TELASA
(画像引用元:TELASA)

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

また期間中であればドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TELASAの特徴を表にまとめています。

月額料金 618円
無料お試し期間 15日間
初回登録特典 なし
継続特典 毎月550円分のビデオポイント付与
見放題作品数 1万本以上
取扱作品数 非公開
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに、他では配信されていない特撮ヒーロー作品や、テレビ朝日の人気ドラマやバラエティ番組を独占配信中!

他では見れない人気の作品を、楽しむことができますよ!

本日から12月12日まで無料!

第1話

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

小さな工場で不良品のチェックをしている清水萌子美(小芝風花)。仕分ける速度が他の従業員に比べて速く、黙々と仕事をしていた。ある日のこと。萌子美は他の従業員が仕分け終わった部品に不良品があるのを見つけ、思わず「その子、ケガ――」と言いかけてしまう。実は萌子美には、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”があったのだ。幼い頃はこの感覚を隠すことが出来ず、モノの気持ちを“代弁”することで、周囲との間に波風を立てることも少なくなかった。
引用元:TELASA

第1話の感想

22歳なのに母にいろいろ言われてはへこんで傷ついて、とても弱くて繊細な女性のお話です。その母親が1番萌子美のことを信じてあげられていないなと思いました。そして、なかなかめんどくさいお母さんなので、萌子美が母に勝つ日が来るのではないかと楽しみです。あと、父親の頼りなさを感じましたが、これから変化があるかな?と期待です。最後におじいちゃんが出てきました。一緒に暮らす事になるのですが、母の千華子が縁を切ったと言っているので何があったのか気になるところです。おじいちゃんは萌子美の良き理解者になって欲しいと思います。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』1話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』1話のネタバレ
清水萌子美(小芝風花)は、小さな工場でネジの不良品チェックの仕事をしていますが、社内ではどこか浮いた存在です。

ある日、萌子美は工場の高い窓が気になり、上司に「拭き掃除をした方がいいと思います」と言います。

すると、次に清掃業者が来るのはまだ先になりそうだと聞きました。

そこで萌子美は脚立を使って自分で拭こうと思ったが、足を滑らして落下してしまいました。

工場から萌子美が怪我をしたと連絡を受けた母の千華子(富田靖子)と兄の俊祐(工藤阿須加)が病院に迎えに行きます。

その時、「なんでそんな余計な事したの?工場の迷惑になる事はしないでね」と母に言われ、萌子美は悲しくなりました。

千華子は、子どもの頃に引きこもりになった萌子美が、やっと続いている仕事をこの事故でクビになったらどうしようなど、常に萌子美が悩みの種でした。

周りの子とどこか違う事に千華子は長年悩み、何事もなく暮らしいたいと願う日々ですがうまくいきません。

実は萌子美は、本来聞こえるはずのない物の声が聞こえてしまう繊細な“ 感覚 ”の持ち主だったのです。

第2話

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。千華子はさらに、萌子美の言った「窓が泣いている」という言葉が引っかかっていた。千華子は萌子美が幼い頃から、他の子とは違う言動を見せるたび心配を募らせてきたのだ。萌子美が観に打ち明けたのは、勤める工場の窓のことだった。窓が泣くのを見たくないという萌子美の気持ちを観はあっさりと受け止め、「俺に任せろ」と孫を安心させる。
引用元:TELASA

第2話の感想

萌子美が母の千華子に本当の気持ちを伝えることができた時、私も嬉しくなりました。背中を押してくれたおじいちゃんの存在は大きいですね。これからもよき理解者で相談相手になってくれそうです。兄の俊祐も優しくて、萌子美の味方になってくれそうです。また、千華子がおじいちゃんの事を嫌っていますが、昔何があったのか気になります。最後、父の伸寛が自宅で仕事をするという事も、千華子が話を聞こうとしなかったので突然荷物が送られてきました。伸寛も、千華子にガツンと言ってやって欲しいと思います。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』2話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』2話のネタバレ
祖父・須田観(橋爪功)との同居することになり、萌子美は気になっていたことを相談しました。

萌子美が、働いている工場の窓が泣いているのを見たくないから行きたくないと話すと、観はすぐに受け止め「分かった!俺に任せろ。」と言うのです。

千華子は、萌子美のいう「窓が泣いている」という言葉に、そんな事あるはずがない、また変な事を言っていると心配していました。

するとその日の昼間、観と兄の俊祐が工場を挨拶ついでに訪れ、窓を拭いてくれました。

萌子美は、仕事帰りに父方の祖父から継いだ兄の花屋に寄り、花達と会話する事を楽しみにしていました。

学校を休むことの多い萌子美にとって、花との会話は心が落ち着き大好きな場所でした。

その時、俊祐がはじめて仕入れたバラを使おうとすると萌子美が「それは、あまり長くもたない」と指摘して帰りましたが、俊祐は気にしていないようです。

ある日の夜、萌子美は以前から考えていた事を伝える為に家族に集まってもらいました。

第3話

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は念願が叶い、兄・俊祐(工藤阿須加)が経営する花屋で働き始める。しかし、なれない作業が多くて失敗ばかり。1人で店の留守番を頼まれた際も、イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)を見かけてつい追いかけ、予約の花を受け取りに来た客の対応が出来ず、迷惑をかけてしまう。俊祐はバイトの依田涼音(水沢エレナ)から、従業員を増やすなら時給を上げてほしいと不満を言われる。それでも、萌子美が自分から初めてやりたいと言い出したことだけに、兄としてその思いを大切にしたかった。一方、母・千華子(富田靖子)は人とコミュニケーションを取るのが苦手な萌子美に客商売が務まるとは思えず、工場のアルバイトに戻ることを内心望んでいた。
引用元:TELASA

第3話の感想

何度も自分の考えや思いを咄嗟に言えない萌子美に少しモヤモヤしますが、そういう人も居るのかもしれないとも思います。私も、大勢で集まっている時はそういう事があります。物の声や感情が見えてしまう特殊な力を持った萌子美は、人に理解されず母にでさえ理解されず、とても繊細な性格になってしまいました。やっと自分のやりたい事をさせてもらってるので、どんどん幅を広げ自信につなげてほしいです。おじいちゃんと千華子のわだかまりの理由は観の浮気ではないかと思われます。伸寛が在宅となりまたトラブルが起きそうですね。次回も楽しみです。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』3話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』3話のネタバレ
萌子美は、兄の経営する花屋で働き始めたが花の入ったバケツをこぼしたり失敗ばかりです。

花屋のバイトの依田(水沢エレナ)は、「なんで相談してくれなかったの?増やすなら給料上げて欲しい。」と俊祐に不満を言います。

すると俊祐は、「萌子美が初めて自分からやりたいって言ってきた事で、学校休んでた事もあって人に慣れてないから心配なんだ。」と説明しました。

ある日、バイトの1人が休む事になり萌子美1人で店の留守番を頼まれた時、以前イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)を見かけ、店を離れてしまい予約の花を取りに来た客の対応ができず、迷惑をかけてしまいます。

それも依田に上手く説明出来ず、悩みます。
 
家では、夫の伸寛が税理士事務所をたたみ在宅でリモートワークになり荷物の片付けが行われているが、千華子は相談されておらず突然の事で納得できません。

千華子は、伸寛が在宅になると昼食は作らなくなりランチに出るようになりました。

その頃花屋では、萌子美が涼音からフラワーアレンジメントを教えてもらっていました。

萌子美は、花の声を聞きながら配置するが涼音にセオリー通りに手直しされ、思いを伝えたいが上手く説明できませんでした。

その日の閉店間際、配達に追われる俊祐と涼音に変わって1人で閉店作業をすることになった萌子美が、突然フラワーアレンジを作って欲しいと飛び込んで来た新規の客に対応する事になります。

第4話

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は店の近くで見かける青年(加藤清史郎)にやっと拾ったイヤホンを渡すことができた。思わずイヤホンが落とし主の元に戻りたがっていたと言ってしまうが、青年は萌子美の発言を何の抵抗もなく受け入れる。清水俊祐(工藤阿須加)は妹がナンパされているのではないかと心配するが、萌子美に「自分から声をかけた」と言われ、驚くのだった。その後も青年は萌子美に会いに来る。萌子美は胸をときめかせながら、名前も知らない彼と交流を重ねていく。そんなある日、萌子美にフラワーアレンジメントを注文した石野伸司(庄野崎謙)が再び店に現れる。店長を務めるドーナツ屋に定期的にアレンジメントを配達してほしいと頼まれ、うれしい萌子美だったが、今後は俊祐がアレンジメントを手がけることに。まだまだ学ぶ身だと兄に言われ、萌子美は納得するが…。
引用元:TELASA

第4話の感想

萌子美の理解者となりそうな青年が現れました。名前もまだ分からないですが、良い関係になってくれると期待です。しかし、清水家では大波乱です。おじいちゃんの昔の浮気の相手がまさか生徒だったとは驚きでしたが、萌子美は笑っていたので安心しました。千華子の言い方はいつも良くないですね。悪気がなく正論を言ってるつもりなのがイライラさせます。伸寛頑張れと思いました。そして、兄の俊祐の裏の顔が判明しました。いつも優しくて怒らない人って逆に怖かったりします。どこかで爆発しそうです。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』4話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』4話のネタバレ
萌子美は、以前拾ったイヤホンをやっと青年(加藤清史郎)に渡すことができました。

「もう見つからないと思っていた」と青年が言うと、「イヤホンが戻りたがっていた」と思わず言ってしまったが、青年は「そっかー!戻りたがってたか。」と笑顔で受け入れました。

その様子を見た俊祐は萌子美がナンパされていると心配し中断させたが、萌子美は「自分から声をかけた」と言うので、俊祐は驚きます。

後日その青年はお礼がしたいと萌子美に伝えに来ます。

まだ名前も知らない青年に心ときめく萌子美です。

そんな時萌子美にフラワーアレンジメントを頼んだドーナツ店の石野(庄野崎謙)が、花を絶やしたくないので定期的に届けて欲しいと注文に来ました。

萌子美は喜んだが、俊祐は萌子美はまだ見習いだから自分がアレンジメントを作ると伝えます。

一方萌子美の家では、両親のぎくしゃくした雰囲気が続いていました。

伸寛は千華子にお弁当を作ってくれなくなったワケを聞いたが、「私は適当にすませてるんだし、家にいるのになんでお弁当作らないといけないの?」と言われてしまいます。

伸寛は、コンビニでカップ麺を買ってきて食べる事にしました。

その夜、千華子は「近所の人に、旦那さんがお昼にカップ麺買ってるを見かけたって言われた。お昼ご飯作ってない妻って思われたじゃない!今までずっとお弁当作ってきた私がなんでこんな思いしなきゃいけないの」と伸寛に文句を言い始めました。

ずっと千華子に我慢してきた伸寛は、「いい加減にしろよ」と激高し、父・観の過去の浮気を持ち出して「うらやましい」と言ってしまいました。

それを聞いた萌子美も2階に上がってしまい、観を気に入っている萌子美に知られてしまったと千華子は泣き出します。

さらに、「私に不満があったなんて…」とショックを受けていると俊祐は、「母さんに不満なんてないよ」となぐさめます。

第5話

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)はイヤホンを拾ったことで言葉を交わすようになった青年(加藤清史郎)と再会。公園で花たちと“会話”していたと告げても、当たり前のことのように話を続ける彼に、萌子美の心は安らぐ。さらに青年が愛用する自転車に名前を付けていると知り、萌子美も自分の大切な存在に、トミーと名付けていると打ち明ける。いつかトミーに会わせてほしいと言われ、萌子美はうれしさのあまり、仕事中もついニヤけてしまう。職場でも萌子美にうれしい出来事が起きる。花屋のリニューアル案をアルバイトの依田涼音(水沢エレナ)が提案。彼女も萌子美が花の気持ちがわかるということに理解を示し、店内のインテリアや仕入れる花を任せてみればいいのではないか、と言ってきたのだ。萌子美の兄で店長の俊祐(工藤阿須加)はこの話を受け入れるが…。
引用元:TELASA

第5話の感想

どんどん面白くなってきました。俊祐の嫉妬や妬みが膨れ上がりSNSで毎日ストレス発散する日々で、気持ちをぶつける先が欲しくなるのも分かります。萌子美の素の感性や悪気のない嬉しそうな顔が鼻に着くのも分かります。少しづつ顔や態度に出始めているのでいつ爆発してもおかしくないです。千華子は、家族の為にと思ってやっていた事が全て否定されいじけています。これも気持ち分かりますが、ちょっと子どもじみた態度にさらにイライラしました。最後は反省して家族は仲直りしましたが、観の不倫の件はなかなか許す事は出来なさそうです。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』5話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』5話のネタバレ
萌子美は、先日イヤホンを拾ったきっかけで知り合った青年に偶然公園で会います。

「スイセンと話していた。」と萌子美は正直に話すが、青年は「そうなんだぁ!」と笑顔で受け入れました。

萌子美が「あの子元気ですか?」も聞くと、青年には意図が通じてイヤホンを取り出し「元気です」と答え、当たり前のように話を続けます。

また、青年は自転車に名前をつけていると言い、萌子美は自分の相棒はトミーだと教えました。

青年は、いつかトミーに会わせて欲しいと話します。

一方職場でも嬉しい事が起きました。

花屋をリニューアルしないかとバイトの依田涼音が店長の俊祐に提案します。

涼音は、萌子美の感性を褒めつつ、以前バラが枯れると予測したことにふれ、「もしかして花と会話できるとか?」と聞くと、 萌子美は花の気持ちが分かると正直に話しました。

涼音は、驚きながら理解を示し、お店のリニューアルを萌子美に任せてみたらどうかと兄である店長の俊祐に提案します。

俊祐はやってみたらいいと思うと萌子美に伝えました。

その頃、清水家では夫婦喧嘩をしてから家事など何もしなくなった千華子は、ずっと意固地になってブツブツと文句を言うばかりでした。

萌子美がお店のリニューアルを任され、父・伸寛と祖父・観が喜んでいるそばで、萌子美の事を祝福できず自分が観のせいで夢を諦めさせられたと愚痴をこぼします。

そして俊祐は、表向きはみんなの味方で、理解ある人物を演じているが裏ではSNSでネガティブ発言をしてストレス発散をしていました。

第6話

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

 清水萌子美(小芝風花)が家族と一緒に、リニューアルした「清水生花店」で記念写真を撮っていると、デリバリーのアルバイトをする佑矢(加藤清史郎)が現れる。人見知りな萌子美が異性と親しげに話す姿に、母の千華子(富田靖子)も父の伸寛(田辺誠一)も驚くばかり。いつ知り合ったのか、何をしている人なのか、どういう関係なのか…。つい根掘り葉掘り聞いてしまう。萌子美は清水生花店がSNSを始めたのをきっかけに、自分専用のアカウントを作る。すると、SNS上でも佑矢と繋がることが出来た上、初めてちゃんと名前を教えてもらう。仕事の合間、萌子美はたまたま、兄・俊祐(工藤阿須加)のスマホを見てしまう。画面には“いい人”という人物のアカウントが映し出され、人を非難する投稿が目に入ってくる。萌子美が改めて“いい人”の投稿を確認すると、自分たち家族への悪口が羅列されていた。兄の“裏の顔”を知ってしまい、萌子美は衝撃を受ける。
引用元:TELASA

第6話の感想

ずっと家に閉じこもり、ぬいぐるみを友達に生きてきたモコミが、兄の花屋を手伝い人と交流できるようになり、彼女の笑顔が沢山見られるようになってとても嬉しく思っています。一方で、これまで祖父が営む花屋を継ぎ、引きこもりの妹を支えて家族を守り、何の問題もなく「理想の長男」を演じてきたモコミの兄・俊祐が、モコミと親しい佑矢の話を聞いて突如抱え込んできた不満を家族に対してぶちまけました。これまで強権的だった母や、その母に対して弱腰の父親を見、不甲斐ない妹を守るために色々我慢して生きてきたでしょうから不満はあるでしょうが、最後にキレてしまった彼が今後どうなってしまうのか、とても心配になりました。モコミが明るくなった途端家族の問題が表面化して、彼女がまた暗闇に戻ってしまわないか心配です。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』6話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』6話のネタバレ
清水萌子美(モコミ・小芝風花)のアイデアを元に「清水生花店」のリニューアルが終わり、店の前で家族と記念写真を撮っていると、フードデリバリーの佑矢(加藤清史郎)が現れました。

日頃人見知りが激しいモコミが異性と親しげに話す姿を見て、母の千華子(富田靖子)も父の伸寛(田辺誠一)も驚き、彼の事を根掘り葉掘り聞いてしまいます。

生花店がSNSを始めたことを契機にモコミも自分専用のアカウントを作ると、佑矢とSNS上でも繋がることができ初めて名前を教えて貰えました。

モコミは偶然店にあった兄・俊祐(工藤阿須加)のスマホを見てしまい、“いい人”という人物のアカウントを使った、人を中傷する投稿を目にします。

改めて“いい人”の投稿を確認すると、モコミたち家族への悪口が羅列されており、兄の“裏の顔”を知ってしまったモコミは衝撃を受けてしまいました。

佑矢から「リアルで話しませんか?」と誘われたモコミが会いに行くと、偶然その様子を見た俊祐が近づいてきて自宅へ誘います。

一方の佑矢は俊祐の牽制を知ってか知らずかその申し出を受け、両親や祖父と打ち解けて歓待を受け、その様子に俊祐は不満を募らせるのでした。

第7話

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は兄の俊祐(工藤阿須加)の本心を知り、衝撃を受ける。子どもの頃から父の伸寛(田辺誠一)も母の千華子(富田靖子)も、“変わり者”として周囲から浮いていた萌子美のことしか見ていないと感じていたのだ。それでも何とか優等生のふりをして妹を助けてきたが、一人で守ってきた「清水生花店」を萌子美の感性でリニューアルされたことで我慢の限界に。「いいお兄ちゃんの役は、今日で降板させていただいます」と言って家を出て行ってしまう。萌子美は家族に、俊祐が“いい人”の名でSNSに投稿していた書き込みを見せる。乱暴な言葉で書かれた俊祐の本音を千華子は受け止めきれず、自分を責めるばかり。そんな中でも萌子美は気丈に花屋の仕事を続けようとする。
 俊祐が店を休むと知り、アルバイトの依田涼音(水沢エレナ)は自分が原因だと言い出す。俊祐と涼音はつき合っていたが、いつまでもその関係を公にしない俊祐に腹を立てた涼音は、勢いで別れると宣言。そのことで俊祐が落ち込んでいると思ったのだ。萌子美は涼音やもう一人のアルバイト・桜井真由(内藤理沙)と力を合わせて店を開くものの、配達など俊祐の力が必要な業務が発生する。
引用元:TELASA

第7話の感想

俊祐の変貌ぶりには驚きましたが、少し笑えました。我慢ばかりさせられている家族の集まりだったのだなと思いました。家族でも、気を使うのは当然だし仕方がないですが我慢しすぎると、大人になってから俊祐のように爆発してしまいます。いい人すぎるのも怖いなと思いました。萌子美は、俊祐のハサミを握り何かヒントを得てフラワーアレンジを成功させました。何と聞こえたのかきになります。しかし、最後の萌子美がお花達の声が聞こえ無くなってしまったという出来事はショックです。素敵な感性だと思うので復活してくれるといいのですが。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』7話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』7話のネタバレ
萌子美の兄・俊祐は、「ずっといい人を演じてきたんだ」と本心を大爆発し、萌子美はショックを受けます。

俊祐は、父も母も萌子美のことばかりだが、自分が妹を助ける優等生の振りをして何とかやってきたのに唯一の居場所である花屋も萌子美によってリニューアルされ、自分の店では無くなったと憤慨します。

そして、「今日でいいお兄ちゃん役は降板します 」と言って、この日以来家にも花屋にも来なくなりました。

萌子美は、俊祐の“ いい人 ”という名のSNSの書き込みを家族に見せます。

千華子は、俊祐の事は何も心配しておらず、本音を知り受け止められず自分を責めます。

伸寛も、花屋は継ぎたくなかったという言葉にショックを受けていました。

次の日の朝、萌子美は花屋の仕事は休まず続けると言って出ていきました。

店に行き俊祐が休むと話すと、涼音が「自分のせいだ」と話し出します。

涼音は、俊祐と付き合っているがいつまでもこの関係を隠す俊祐に腹が立ち別れると言ってしまったと話し、メールしてみると言いました。

しかし俊祐から返事は無く、3人でお店を何とか切り盛りしようと頑張るが、配達は力仕事なので困っていると祖父の観が現れ、手助けしてくれる事になりました。

萌子美は、常連客の注文のフラワーアレンジを
作り持って行くが、「俊祐くんのオーソドックスなアレンジが好きなんだけどな…」と言われてしまいます。

第8話

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

清水萌子美(小芝風花)は兄・俊祐(工藤阿須加)のハサミで、兄のようなフラワーアレンジメントを作って以来、花やモノたち、さらにぬいぐるみのトミーとも話せなくなってしまう。たまらず岸田佑矢(加藤清史郎)に相談すると、萌子美の苦しい心情を理解し、モノと話せない分、自分といっぱい話そうと励ましてくれる。一方、萌子美の両親・伸寛(田辺誠一)と千華子(富田靖子)に、新たな問題が起こる。伸寛が突然、「田舎暮らしを始めたい」と言い出したのだ。千華子が昼食用に弁当を作ってくれたことで、今が打ち明けるチャンスと話した伸寛だったが、千華子は「調子に乗らないで」と一喝。伸寛は夫婦のやりとりを見ていた千華子の父・須田観(橋爪功)から、励ましにも皮肉にも取れる言葉をかけられる。
引用元:TELASA

第8話の感想

萌子美の魅力であり安心材料でもある物や花の声が聞く事ができなくなり、不安もありながらそれが普通なんだからと言い聞かせている萌子美の様子が切ないです。俊祐は相変わらずちょっとやさぐれているようですが、落ち着きを戻して、素の自分を出しつつも優しいお兄ちゃんが見えてちょっと面白いです。伸寛の田舎暮らし希望には驚きました。なんだか影でいろいろ考えていたようですが突然すぎて無理ですよね。萌子美がこんな感じだし、花屋もあるし今じゃないでしょ、とは思いました。バタバタな清水家、これからどうなっていくのでしょう。萌子美の力は元に戻るのか期待です。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』8話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』8話のネタバレ
萌子美は突然花の声も物の声も聞こえなくなり、相棒のトミーとも話せなくなってしまいました。

兄の俊祐のハサミでオーソドックスなフラワーアレンジを作ってからだと思われました。

辛い気持ちを佑矢に話すと「僕といっぱい話そう!」と励ましてくれました。

その頃、伸寛は「田舎暮らしをしたい」と千華子に言い出していました。

千華子が伸寛にお弁当を作ってくれた事で気分を良くし、打ち明けるチャンスと思ったが千華子は「調子に乗らないで」と聞く耳を持ちませんでした。

その日の夜ご飯に、佑矢を呼んでもいいかと聞く萌子美でしたが、部屋で二人で食べたいと言って伸寛と千華子は驚き、気になって仕方がありません。

俊祐は、「萌子美調子に乗ってるな」と話しはじめました。

自分が居ない間に店を切り盛りしたことで調子にのって男を連れ込んでいるとイライラしています。

その後萌子美を呼び止め問い詰めると、「花と話せなくなった」と萌子美は告白し、花屋の仕入れには行けないが仕事は続けたいと話しました。

何も聞こえなくなると、静かすぎて落ち着かないから佑矢に来てもらったんだと萌子美は打ち明けました。

俊祐は、自分が数日前に酷いことを言って傷つけた事で萌子美は話せなくなったのかもしれないと、観に相談するが「言葉の威力は凄いが今はほっとけ」と伝えてるだけでした。

萌子美は、仕事もこなし、これが本当は普通なんだから今の状況に慣れたいと家族にはなしました。

第9話

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

モノと話せなくなった清水萌子美(小芝風花)は平気なふりをしつつ、内心では不安が大きくなるばかりだった。岸田佑矢(加藤清史郎)に支えられて何とか気持ちを落ち着かせるが、家族は自分にとって”普通のこと”が出来なくなった萌子美を心配する。兄・俊祐(工藤阿須加)は自分を責めながらも素直になれず、ぶっきらぼうに当分仕事を休むことを妹に提案。萌子美もそれを受け入れる。萌子美は祖父・須田観(橋爪功)に、もし再びモノと話せるようになったら、その力を何に使いたいか問われる。今まで、自分に与えられた力の使い道など考えたことのなかった萌子美だが…。
引用元:TELASA

第9話の感想

モノと話せなくなり萌子美は調子が狂ってしまい、どうしたらいいか分からなくなってしまいました。しかし、辛いからお店を休んでいいと言ってもらえる環境、無理は良くないですがなかなか甘いなと思ってしまいました。伸寛が千華子に本気でぶつかるようになり、観が来てから家族の本音が見えてくるようになりました。観が帰ってきたのは、それが目的だったのかもしれません。萌子美の力は、最後復活したように感じました。トニーが見つかりますように。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』9話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』9話のネタバレ
モノとの会話が出来なくなった萌子美は、大丈夫だと言い聞かせ店でも明るく振る舞っていたが、本当は不安が募るばかりでした。

佑矢に家に来てもらいながら、何とか落ち着こうとするが家族も心配をしています。

俊祐は、当分仕事を休んだら?と、妹に提案し、自分のせいで無理されたくないと文句を言いながら自分を責めていました。

萌子美はそれを受け入れてしばらく休む事にします。

観は、「もしまたモノと話せるようになったら、その力何に使いたい?」と、萌子美に聞くがそういう風に考えた事も無かった萌子美は答えられませんでした。

そんな時、観が「ちょっとに部屋に荷物を取りに行ってくる」とうっかり言ってしまいました。

火事を起こして部屋に住めなくなったのでこの家に来ているというのは、嘘だったのです。

千華子は怒り、出ていってと言うが観は気にせず帰宅してきました。

伸寛が以前話していた田舎暮らしの件はどうなったのかと観が聞くと、「萌子美のこともあるし進んでいない」と伸寛は答えました。

観は、亡くなった妻と自分も移住を本気で考えていたと話します。

千華子はご飯作る気になれないから勝手に食べてと言って2階に上がってしまいます。

俊祐は、「本当に生徒と浮気したの?反省はした?」と観に不倫騒動について聞くと、「後悔はない。妻の事も浮気相手の事も好きだった。」と観は平然と答えるので、伸寛も萌子美も俊祐も驚きます。

その話を千華子は偶然聞いてしまいました。

第10話

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

行方がわからなくなったぬいぐるみのトミーを捜すため、清水萌子美(小芝風花)は木々たちに居場所を知らないか問いかける。すると、萌子美の祈りが通じたのか、再びモノたちの声が聞こえるように。木々たちに導かれ、萌子美はついにトミーとの再会を果たす。帰宅した萌子美は以前にも増して積極的になる。職場に復帰し、仕事に行く前に岸田佑矢(加藤清史郎)とジョギングを開始。そこにはある思いが秘められていて…。父の伸寛(田辺誠一)も山梨への移住に向け、不要なものを処分し始める。千華子(富田靖子)はいまだ東京から離れる気はなく、伸寛は1人でも田舎暮らしを始めるという。「もちろん、一緒に来てほしい」そんな夫の言葉に心揺れる千華子だった。そして役者志望の佑矢は夢を叶えるため、新たな挑戦を始めることにする。これまでのように頻繁に会えなくなるとわかるが、夢に向かって頑張る佑矢を萌子美は応援する。
引用元:TELASA

第10話の感想

最終回、萌子美の力は復活しそれを活かした仕事を見つけることができ、母親からの干渉からも離れて暮らすことを決め成長しました。佑矢とは、恋人になるのかなと思っていたが良き理解者という感じで特に進展は無いが、素敵な関係だなと思います。1番驚いたのは、俊祐が俳優をやってみたいと言い出したことです。佑矢をバカにしていたのに信じられません。すがすがしい顔で戻ってきたので、いい意味で気持ちよく諦めがついた感じでした。伸寛夫婦も、田舎暮らしを始めて自分達らしく楽しく暮らしていけそうです。それもこれも観おじいちゃんのおかげです。なかなか面白いドラマでした。

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』10話無料動画

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』10話のネタバレ
川原でトミーがいなくなり、家族皆で森に入って探すが見つからず、萌子美は木々達に「お願い、教えて」と問いかけます。

その時、木々達の声が聞こえてきた萌子美は、トミーを見つけることができたのです。

次の日から萌子美は仕事復帰し、佑矢と出勤前にジョギングに行くようになります。

伸寛は、1人でも山梨に引っ越す事を決め準備を始めています。

本当は千華子も一緒に来て欲しいが、千華子は東京を離れる気になれません。

役者志望の佑矢は、裏方ばかりの現実から抜け出したくて自分で劇団を立ち上げ全国をまわりたいと、清水家の皆に打ち明けます。

佑矢と会えなくなるが応援すると言う萌子美です。

一方の萌子美も、新たにやりたい事が見つかり、ひとり暮らしをして頑張りたいと話します。

伸寛や観達は、喜び応援してると話すが千華子は、心配ばかりでまた萌子美を不安にさせるような事を言い始めます。

そんな母に萌子美は、「お母さんは全然かわってない。本当に教師になりたかったのならおじいちゃんの事は関係なくなってたはず。人のせいにしているだけだよ。」と伝えました。

俊祐は、萌子美の成長を目の当たりにして自分はどうしようかと考えはじめます。

そして、伸寛が山梨へ出発したあと千華子は今までの自分の考えを見つめ直し、観との関係を改めるようになりました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TELASA

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

レンタル配信
165円
今すぐ動画視聴31日間無料
600pt付与

dtv

レンタル配信
165円
今すぐ動画視聴31日間無料
ポイント付与なし

music.jp

レンタル配信
165円(パック880円)
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

Amazon

有料レンタル
165円
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

ひかりTV

レンタル配信
165円(パック880円)
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

FOD Premium

配信なし
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」は、TELASAにて配信中です。

他にも、

  • music.jp

の無料お試し期間を使えば、ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の動画を無料視聴することができます。

TELASAは、テレビ朝日で放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん15日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

TELASAでドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の動画を無料視聴

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」はTELASAにて見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

TELASAでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演している小芝風花の出演作品

  • 妖怪シェアハウス
  • べしゃり暮らし
  • ラッパーに噛まれたらラッパーになる…

もTELASAで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月12日まで無料!

TELASAの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TELASAの登録方法
  1. 「TELASA」にアクセスして、「初回15日間無料」または「今すぐ始める」を選択
  2. au IDがある場合は「ログイン」を選択
  3. au IDがある場合はログイン後、利用規約を確認し「規約に同意して加入」を選択し、登録完了
  4. au IDがない場合、「au IDを新規登録」を選択
  5. 「au IDを登録」を選択
  6. メールアドレスを入力して、「確認コードを送信する」を選択
  7. 確認コードを入力して「次へ」を選択
  8. 必要な情報を入力して、「利用規約に同意して登録する」を選択し、登録完了
TELASAの解約方法
  1. TELASAのWebサイトにアクセスし、ログインする
  2. 右上のボタンを押し、「退会」ボタンを選択
  3. 画面の指示に従い「退会手続きを進める」を選択
  4. 「退会する」を選択
  5. 退会完了

 

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』あらすじや感想

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の全体あらすじ
主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”の持ち主。そんな不思議な感覚を持っているがゆえ、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきました。ところがあることをきっかけに、自分自身を狭い世界に閉じ込めていた彼女が広い世界に踏み出すことを決意。さまざまな経験を重ねながら、成長していく姿を綴っていきます。
引用元:テレビ朝日公式
ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の見どころ
本作は、感情を持たないモノの気持ちがわかってしまうという女性を主人公としたヒューマンホームドラマです。

とある工場で不良品チェックの仕事をしている清水萌子美(小芝風花)は、感情を持たないモノの気持ちがわかるという特殊な能力を持っていました。

そのことで周囲から変な目で見られることもあった萌子実。工場でも少し浮いた存在になっています。

そんななか、ある理由から工場に行きたくないと言い出す萌子実。その日は彼女の誕生日であり、家族も穏便に過ごしたいと萌子実を休ませますが…。

感情を持たないモノの気持ちがわかるという繊細な役を演じたのは小芝風花。

「妖怪シェアハウス」に続き、民法連続ドラマで主演を演じることになりました。

少し変わった女の子が織りなす感動ストーリーに心打たれること必至。

家族の絆を再確認できるドラマでもあるので、本作を見た後は優しい気持ちになれるはずですよ。

本日から12月12日まで無料!

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の感想

女性30代

小芝風花さん、とてもかわいくてファンなので楽しみにしているドラマです。脚本も橋部敦子さんなのですね。橋部敦子さんが脚本で三浦春馬さんが主演の「僕のいた時間」は、かなり泣きました。すごく丁寧に作られているように感じてとても大好きなドラマです。今回のモコミも、きっとメッセージ性のある素敵なドラマになるだろうと期待しています。

女性40代

とても面白いドラマです。実際に物とお話し出来ないけど、なんとなくみんなと違う感覚、感性だなぁって自分でもあるから。自分らしいって、難しいけど、らしく生きている人見て癒されますね!毎週の楽しみが増えました!

男性20代

母の愛情の押し売りがモコミを苦しめているように感じて、これはきついハラスメントだなと思ってしまいました。でも、お爺ちゃんとモコミは関係がいいのでほっこりしますね!キャスティングはとても合っていると思います!

ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の関連動画

小芝風花の出演ドラマ

 

無料動画情報まとめ

以上、小芝風花主演のドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

演技派女優・小芝風花が女優として新境地に挑んだホームドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。

主人公の成長、彼女を見守る家族の絆など見どころ満載でのヒューマンドラマになっています。

泣けるドラマ、感動できるドラマを探している人は、ぜひご覧ください。

そんなドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」の動画はTELASAで見放題配信中です。

無料お試し期間の15日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月12日まで無料!