ミステリと言う勿れ(ドラマ)

本日から7月9日まで無料!

2022年1月から放送されたドラマ『ミステリと言う勿れ』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『ミステリと言う勿れ』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、FOD Premiumであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

FOD Premiumの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
菅田将暉の出演ドラマ・映画
話数 全12話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

目次

ドラマ『ミステリと言う勿れ』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画は、FOD Premiumにて見放題配信中です。

ミステリと言う勿れ FOD Premium
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

そんなParaviでは、ドラマ「ミステリと言う勿れ」が1話から最終話まで見放題配信されています。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

また期間中であればドラマ「ミステリと言う勿れ」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、FOD Premiumの特徴を表にまとめています。

月額料金 976円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 100ポイント付与、8のつく日に400ポイントGET
継続特典 8のつく日に400ポイントGET
見放題作品数 4万本以上
取扱作品数 5万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード不可
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、FODオリジナルドラマや、オリジナルバラエティ番組も独占配信中!

他では見れないオリジナル作品を、楽しむことができますよ!

本日から7月9日まで無料!

第1話 「変わり者の大学生が殺人容疑、真実は人の数だけある!」 

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

秋も深まるとある日、自宅で大好物のカレー作りをしている大学生・久能整(菅田将暉)の元に刑事がやってきた。近所の公園で殺人事件があり、遺体で発見されたのは整の大学の同級生だという。どうやら警察は整に疑いの目を向けているようで、任意同行を求められてしまう。取り調べ室で事情聴取が行われるが、話が脱線しがちな上、警察の矛盾点をズバズバと突いてくる、一筋縄ではいかない整に刑事たちは振り回される。中には妻との不仲について悩んでいることを整に言い当てられ、悩み相談をしてしまう者までいる始末。しかし事件の捜査上でついに、整の指紋が付いた凶器が発見されてしまう…。
引用元:FOD

第1話の感想

この作品は漫画で少しだけ見ていて気になっていたので、ドラマとして放送されると知り、とても楽しみにしていました。菅田将暉の演じる久能が本当に漫画のようで、楽しさが倍増しています。久能の警察を味方につける話術が本当に素晴らしく、引き込まれていきます。こんな風に警察に話せるのは素晴らしいなと思いますし、自分はしていないという信念が貫ける心の強さも素晴らしいと感じます。していないと思っていても、警察からの圧力で心がくじけてしまうことはありますからね。久能の心の強さを見習いたいなと思います。次回はバスジャックです。美術館へ行きたいからと早く終わらせてほしいと告げているシーンは笑ってしまいましたが、次回も面白い展開になると予想しています。楽しみです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』1話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』1話のネタバレ
ベランダに出た久能整(菅田将暉)は、今日がカレー日和だと感じて鍋に火をかけた時、家の呼び鈴がなりました。

出てみるとそこには警察の藪鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)が立っています。

久能の家に近くの公園で殺人事件が起き、その参考人として警察に来てほしいと告げられた久能。

被害者の寒河江健(藤枝喜輝)は久能の高校からの同級生でした。

始めから犯人だと決めつけて取り調べを始めた藪と、自分はしていないと告げる久能は、噛み合いませんでした。

久能の取り調べは他に池本、青砥成昭(筒井道隆)、風呂光聖子(伊藤沙莉)が担当していましたが、久能は、一人一人の悩みと向き合いました。

風呂光は、自分の居場所が警察内にないと退職しようとしていたのですが、久能は、ペットの死から立ち直れない風呂光に、猫は大切な人ほど自分の死に目に会わせたくないものだと励まし、退職を思い止まらせます。

池本は、妊娠中の妻が冷たいと、自分は家事を手伝っていると話すので、ごみ捨ては分別して袋の補充をしてゴミ箱を洗って始めて投げられる状態になるものだと告げます。

始めからやってみた池本は、大変さに気づき、妻との関係が良好になりました。

青砥は、以前冤罪を作っていたと報道されている人物。

久能は真実は人の数存在していて、事実はひとつなのだと告げます。

三人は、久能が犯人ではないように感じてきました。

藪は久能の家宅捜索をしたりして、指紋のついたナイフだったり、パソコンから寒河江への借用書が出てきたと犯人だと断定。

このままでは犯人にされてしまうと感じた久能は風呂光の協力を得て捜査を開始。

久能の予想が次々と当たるため風呂光も久能を信頼し始めます。

取り調べ室に呼ばれた藪と青砥。

久能から想像ですがと話始められました。

事件の真相は、藪が一年前に久能の家の鍵を拾ったことから始まりました。

合鍵を作り、久能の家からナイフを盗み、パソコンに借用書のデータを忍ばせました。

寒河江に会った藪は、三年前のひき逃げの犯人ではないかと問い詰め殺害。

藪は否定されたからだと語りますが、三年前のひき逃げの被害者は藪の妻と子供だったための復讐だと思われていました。

しかし、風呂光と久能の捜査の結果、寒河江は、先輩から脅されお金を取られていたこと、その先輩に貸していた車によって事故が起きたことが発覚。

寒河江は犯人ではなく、先輩による被害者でした。

藪は、妻と子供の復讐のために調べていたのですが、最終的なところまで調べてはいませんでした。

子供からの視点で、お父さんは事件に忙しく復讐にも忙しかったけど、自分とは関わってはくれなかったと話す久能。

図星だった藪は怒りで久能を殴りそうになりますが、最後は涙を流していたのでした。

一ヶ月後、再びカレーを作っている時に、池本がやってきました。

妻が冷たいと話す池本に、子育ては義務ではないと告げます。

父親だって子育てをするのは当たり前であると諭された池本は、連続して発見されている殺人事件の話を聞いてほしいと告げますが、これから美術館へ行くのだと断られてしまいます。

バスに慌てて乗った久能。

美術館のチケットを落としてしまい、風呂光から美術館に届けると連絡が入りました。

ホッとした久能は、そのバスでバスジャックに巻き込まれてしまったのでした。

第2話 「奇妙なバスジャック!その目的は・・・」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

美術館に行くため久能整(菅田将暉)が乗った路線バスがジャックされた。乗客に名前を尋ねる犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞く。すると犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗るが、目的はそのうちわかると教えなかった。その頃、大隣警察署には連続殺人事件の捜査本部が立っていた。朝には新たに4体目の遺体が発見されている。被害者に共通点はなく、容疑者の目星すらつかない状態だ。青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(尾上松也)らが忙しく動く中、風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査に加わらせてもらえない。そんな時、風呂光は後輩警官からバスジャックの通報があったと報された。だが、付近の路線バスや観光バスは問題なく運行している。風呂光は青砥たちに話すが、ただのイタズラだと一蹴されてしまった。
引用元:FOD

第2話の感想

犯人は来週なのかと残念に感じたラストでした。時間的には今回はわからないのがわかっていたのですが、早く犯人が知りたいので、次回が待ち遠しいです。バスに乗っていたから殺されたという今回の連続殺人事件ですが、どういう理由があって犯人は四人も殺害したのか気になります。久能によって解決してくれることを期待しています。久能ならもう犯人がわかっているように感じます。久能の言葉は見ている視聴者にも心を奪われるような言葉が多いです。いじめはいじめる側に問題があるとか、体外受精は自然の境地だとか言ってほしい励ましの言葉が多いので、心が軽くなりますね。これからも久能の言葉を期待してしまいます。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』2話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』2話のネタバレ
美術館へ行こうとバスに乗り込んだ久能整(菅田将暉)は、バスジャックに巻き込まれました。

犯人である犬堂オトヤ(阿部亮平)から窓を覆うように指示された乗客。

犯人の名前が犬堂だと知ると、動揺した素振りを見せたのは、コンビニでバイトをしている淡路一平(森永悠希)。

バスは一度トイレ休憩が入り、ある公衆トイレに着きました。

誰かが逃げると乗客は全員殺害されるのだと言われたが、責任はいつでも犯人であると告げる久能。

殺人という言葉で動揺したのは奈良崎幸仁(金田明夫)

それでも逃げるようなことはしないと告げてトイレへ入り、たまたま見つけた池本優人(尾上松也)の携帯番号に手紙を綴り岩の中に隠しました。

バスが出発する際に自転車と衝突しそうになります。

バスが着いたのは犬堂家。

そこで、今回の目的が明らかとなりました。

今回のバスジャックは、犬堂オトヤと坂本正雄(久保田悠来)という偽名を使ってバスジャックをした犬堂ガロの妹である犬堂愛珠(白石麻衣)を殺害した犯人を特定することでした。

愛珠は、雑木林で発見された連続殺人事件の最初の被害者だと警察は捜査してました。

今回のバスジャックの運転手の煙草森誠(森下能幸)は、愛珠が死ぬ前に乗って来たバスの運転手であり、愛珠が殺害されたと聞いたため、協力をしたと言います。

乗客一人一人の悪事を発表してもらう場面で、まずは淡路が話しました。

淡路はずっといじめられてきたのですが、逃げるように言われてこなかったからと万引きを強要されたことを話します。

久能は、そんな淡路に、いじめている方がおかしいと、カウンセリングを受ける側の人間であると海外ではなっているからと励まし、いじめられている側は悪くないのだと、逃げる必要はないと告げます。

次に発表したのは露木リラ(ヒコロヒー)で、嘘をよくつく彼女は、消防車をよく呼んで楽しんでいたら、本当の家事に消防車が来なかったことを話します。

そんな露木は、元カレにバカだと言われたのだが、世界は誰かの仕事で成り立っているのだから、バカではないと告げます。

そんな話をしていた時に、庭に放たれた犬が吠えました。

犬の様子から侵入者が現れたと感じた犬堂兄弟が様子を見に行きます。

すると、鍵が開いたドアに気づいた乗客が逃げようとします。

それを制止したのは柏めぐみ(佐津川愛美)。

協力者ではないが、マスコミが来ていないからと止めたのだと話します。

心配してほしいと訴える柏。

柏は、結婚前に妊娠した夫の子供を体裁が悪いと、義理の母親から中絶をさせられ、その後妊娠できなくなったことで、離婚を告げられているから心配してほしいのだと言います。

そんな柏に体外受精も自然の境地だと告げる久能。

人間が発明したことも自然の境地なのだから、気にしなくてもいいし、そこまで傷つくほど、一緒にいる必要もないと告げます。

乗客の告白を探るような眼差しで見ているのは熊田翔(永山瑛太)。

そうこうしているうちに警察が突入してきました。

青砥成昭(筒井道隆)、池本、風呂光聖子(伊藤沙莉)です。

どうして警察が突入できたのか。

それは風呂光が調べていたからです。

青砥から現場に連れて行ってもらえない理由を考えていた風呂光は、突然聞きこみへと向かいます。

そこで、雑木林で殺害された連続殺人事件の被害者がみんな同じバスを利用していたこと、久能が乗っていたバスは運行のないバスだったことが判明。

バスジャックが起きたというメール、公衆トイレでバスにひき逃げされたという通報も調べた風呂光は、現場で久能の書いた破られている手紙の一部を発見。

バスと連続殺人事件が関係していることを突き止め、さらに、最初の被害者である愛珠の自宅があることから突入となったのでした。

連続殺人事件の犯人がこれから判明します。

第3話 「遂にバスジャック解決編!犯人は誰だ!?哀しき復讐」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

久能整(菅田将暉)たちが監禁された犬堂邸に、いち早く気づいた風呂光聖子(伊藤沙莉)と青砥成昭(筒井道隆)、池本優人(尾上松也)たち大隣警察署・強行犯一係が急ぐ。その頃、邸内では犯人に促された乗客たちによる“これまでに自分が犯した一番重い罪”の告白が続いていた。露木リラ(ヒコロヒー)、柏めぐみ(佐津川愛美)、淡路一平(森永悠希)の次に話したのは、奈良崎幸仁(金田明夫)。部下に自殺された奈良崎は、遺族から自分のせいだと突きつけられて悩んでいる。話を聞いた整はリラたち同様、言葉で奈良崎の心を癒してゆく。
引用元:FOD

第3話の感想

久能の洞察力は素晴らしいと今回も感じたお話でした。煙草森が食料をカーペットに隠すところだったり、甲矢が一度だけ我路に背中を向けていた瞬間を見ていたのですから。そんなところまで気づかないですよね。尊敬します。人を観察することが好きなのでしょうかね。久能の性格だったり、どうしてこんな人を観察するようになったのか、みんなの話と行動だけで推理ができてしまうようになったのかを知りたいです。久能のことがわかる回があればいいなと思います。次回以降の出演者がちらりと見られましたが、豪華な出演者でした。久能とその豪華な出演者がどういう話をしていくのか、今からとても楽しみです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』3話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』3話のネタバレ
バスジャックに巻き込まれた乗客の内の一人、奈良崎幸仁(金田明夫)は、部下の自殺は自分が原因だと言われてること、妻子が定年退職後に出ていったことに納得ができずにいました。

しかし、久能整(菅田将暉)から上司や取引先のご機嫌を伺うことができるのに、家族や部下にはできないのはなぜかと問われ、バスジャックから帰れたら、墓参りと妻子の元へ向かうことを誓いました。

バスの運転手で、バスジャックの協力者である煙草森誠(森下能幸)は、子供の頃、親が大切に育てていた金魚を素手で触って殺したことがあると告白。

ですが、怒られないように隠したから大丈夫だと告げました。

バスジャックの被害に遭った人がみんな過去に犯した罪を告白したところで、久能が語ります。

熊田翔と名乗る人物はバスジャックの真犯人であり、犬堂愛珠(白石麻衣)の兄である犬堂我路(永山瑛太)であることをです。

一度だけ、犬堂ガロだと名乗っていた人が熊田に背中を向けたため味方だと判断した久能。

犬堂ガロだと名乗った人物は、犬堂乙矢(阿部亮平)の兄で愛珠の従兄弟である犬堂甲矢(久保田悠来)でした。

久能に正体が知られてしまった我路は、久能が残したメモを破ったこと、犬堂・殺す・命というワードを聞いた時と逃げられるタイミングで逃げるかどうかという場面を通して犯人を探していたのだと告白。

そこから、淡路一平(森永悠希)が犯人だと告げた我路。

しかし、淡路は愛珠の財布を抜き取っていただけでした。

我路も殺害をした犯人ではないと感じていたが、隠していることがあると感じたための発言でした。

その後、柏めぐみ(佐津川愛美)が苦しそうな愛珠から手を捕まれたが振り払ったこと、露木リラ(ヒコロヒー)が具合が悪そうだったのに声をかけなかったことを謝罪。

真犯人の名前を告げる久能。

それは運転手の煙草森でした。

煙草森は柏が落とした食料をカーペットの中にしまっていたのです。

それを見ていた久能。

煙草森は、いつも行う乗客や忘れ物の確認を愛珠が乗ったその日に限って行っていませんでした。

急ブレーキをかけた時に愛珠が乗っていることを知り、殺してしまったと勘違いをした煙草森は、土に埋めます。

隠して見えなくなれば大丈夫だと思ったからです。

その時、一度命を吹き替えした愛珠。

ですが、煙草森に押さえつけられて殺されました。

殺害している時の高揚感をもう一度味わいたい煙草森は、その後の殺害を繰り返したと言うのでした。

殺人犯が判明しみんなが事情を聞かれることとなり、警察に向かおうとした時、露木はバスジャックは起きていない、バスハイキングだったと宣言。

そのことで、犬堂たちは不起訴となりました。

我路が一度だけ死んでくれと告げた人物は、愛珠。

後悔から手首に懺悔の意味があるエンジェーライトのブレスレットをしていました。

後日、久能の自宅には我路から贈り物が届きます。

中身は右手首。

我路の時計とブレスレットをしていたため困惑した久能ですが、それは移送中に拉致された煙草森のものでした。

煙草森は精神鑑定にかけられるかもしれず、罪を償わせることができないかもしれない状況でした。

きっと犬堂たちが拉致して殺害したのだろうということを警察でもわかっていましたが、証拠がないため指名手配もできませんでした。

そんな状況の中、我路は、甲矢と乙矢と一緒に船に乗っています。

そこに愛珠の家を片付けていた叔母からの着信により、香川県の漂流郵便局に愛珠の手紙があることを知ります。

その場所で発見された愛珠の手紙は遺書のようでした。

ジュートに頼んで死んだと書かれた手紙を見つけた我路は、ジュートを探すことにしました。

そして、何ヵ月か後に久能と再会するのです。

第4話 「記憶喪失の爆弾魔、爆弾はどこへ?爆発を食い止めろ」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

久能整(菅田将暉)がカレー作りを楽しんでいると、スマホに風呂光聖子(伊藤沙莉)から着信。イヤな予感を覚えながらも応答した整に、風呂光は案の定、事件の謎解明を手助けしてほしいという。それは、闇サイトにアップされた爆破予告場所の特定だ。予告にはアルファベットの暗号文が付記されているが警察官たちは解明出来ない。昨日は品川に仕掛けたとアップされたが、幸い予告に書かれてたビルが特定されたため爆弾が発見されて未遂に終わる。だが、再度予告があり、今回は大隣署管内に仕掛けられたため、池本優人(尾上松也)が整に協力を求めようと風呂光を向かわせたのだ。
引用元:FOD

第4話の感想

母親であり先生であった女性が、三船にとっては、生きているための心の支えであったのだと感じます。同時に憎い存在であり、その人との思い出を壊したいと思うようになったようですね。爆発は良くないことですが、理解はできます。思い出は久能によって残される結果となりましたが、三船はどういう気持ちだったのだろうと考えました。壊したいが壊したくもないという気持ちだった三船は、自分の力で壊せないことにいら立ちを感じているのか、安堵しているのかと考えましたが、きっと、久能と話して気持ちが安らかになったように思うので、壊さなくて良かったのだと思います。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』4話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』4話のネタバレ
闇サイトに爆破予告が記されました。

ですが、場所が品川区の32階建ての建物というメッセージにより、一か所しかないことが判明。

警察はすぐに爆弾を解除できました。

もう一度爆破予告が記された闇サイト。

次は大隣市の18階建て、地下3階建ての建物と書かれており、二か所しかないためになんとか場所は特定できました。

しかし、爆弾の場所がわからない警察は、久能整(菅田将暉)に暗号の解読をしてもらうことにしました。

風呂光聖子(伊藤沙莉)から連絡をもらった久能は、カレーライスを食べようとしていたところ、空いていないと言われ、再び警察の取り調べ室へと案内されたのでした。

暗号を見せられた久能は、爆弾魔がどうして爆弾を仕掛けたのかを知りたいと話した上で、暗号を解読。

一足先に現場の池本優人(尾上松也)が爆弾を見つけたのですが、二つの暗号には法則があり、小説のタイトルが暗号で、作者名が場所だとわかりました。

数日後の雨の日、爆弾魔である謎の男(柄本拓)は、道を歩いている時に車にひかれてしまいます。

雨のためカレーライスの気分ではないと判断した久能は、ポテトサラダを食べに行こうと決意。

雨の中歩いていると、山賊の歌を歌う謎の男性と出会います。

記憶を無くしたと話す男性と会話をする久能。

その頃の風呂光は、新たな爆弾の暗号を解析を久能に教わったように行い、ABC殺人事件という小説と作者がアガサ・クリスティーであることを突き止めます。

現場にいた池本は作者名が書かれたお店がある建物で爆弾を探しますが、見つけられませんでした。

今回の爆弾のある場所を記した建物は三階建てということで、墨田区にはたくさんあり、暗号解読がキーポイントになっていたのです。

間違っているのかもしれないと不安になる風呂光。

記憶がないと話す謎の男に救急車や警察を呼ぼうと話すと過剰に反応された久能は、男が指で三角を描いていることを知ります。

人の癖をマネする傾向にある久能は、バスジャックの時に犬堂我路(永山瑛太)から怒られることがあるから辞めるようにと言われたことを思い出します。

記憶を思い出すかもしれないと久能はその男と話すことにしました。

雨の話から爆発というワードになった時、爆弾を仕掛けたかもしれないと話す男。

風呂光に連絡をして一連の爆弾を仕掛けた男と一緒にいると告げた久能は、そのまま爆弾のある場所を探ろうと男との会話を続けます。

男の腕時計が30分進んでいるのは、小学4年生の時の担任から遅れている行動を正すためのものであること、両親が離婚し、母親が出ていき、父親に育てられたがすぐに帰ってこなくなったということ。

担任の先生に三茶祭りや東京タワーに連れて行ってもらったこと、山賊の歌を教えてもらったことを話します。

ふと自分の指にしていた指輪を見た男。

一瞬時が止まりました。

記憶が戻ったのだと感じた久能。

この時爆破まで48分でした。

久能は男に話します。

3にまつわる話ばかりしている男は、三園神社のそばにある小学校に爆弾を仕掛けたのだと推測。

風呂光や池本も現場へ直行。

小学校のどこに爆弾が仕掛けられているのか。

久能はそこで、三枚目の暗号を見て、三枚の暗号が迷路のように繋がり音楽室だと示していることを突き止めます。

三時半に爆発するという予告でしたが、実際は三時だと考えた久能は、警察に逃げるように伝えますが、爆弾処理班がトラップに気づき解除は成功。

爆発はされませんでした。

男は警察に捕まりましたが、その時、自分の名前は、三船三千夫だと告げます。

そして、担任は、自分の出て行った母親であったと告白。

思い出のある学校を爆破したい気持ちとしたくない気持ちが交差していたのだと久能は思いました。

そして、自分の母親が自分に対して何の感情も持てないと言ったことを思い出しました。

第5話 「奇妙な入院生活!22年前の未解決事件が動き出す」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

爆弾魔事件で頭を打った久能整(菅田将暉)。外傷もなく、整も何ともないのだが、念のため大隣総合病院で検査入院をすることになってしまった。事情を知った池本優人(尾上松也)は青砥成昭(筒井道隆)に整は警察に協力したためなので入院費ぐらいこちらで持っても良いのではないかと進言。青砥が許可すると、風呂光聖子(伊藤沙莉)が手続のため病院に向かう。売店で買い物をした整が病室に戻ると宛名と依頼主が自分の名前という小荷物が届いていた。身に覚えのない箱を開けると、中にはドライフラワーと手紙が入っている。手紙の文章から整は犬堂我路(永山瑛太)からのものだと気づき、また良からぬものが入っているのではと警戒しながら箱を改めると何かが落ちた。そこへ、整が探していると風呂光が来た。整が拾い上げた指輪に風呂光は動揺し、手続の用紙を渡してすぐに帰ってしまった。
引用元:FOD

第5話の感想

久能が牛田からの問題にすらすら解けるのがすごいと感じました。久能の正体は、大学生でも事件を推理する能力が長けている人でもなく、犯罪者か、犯罪を作る側の人間なのではないかと疑ってしまいました。犯罪を犯した、または、犯罪を犯そうとしている人ではないことを願います。そっち側の人間だけは辞めてと切に願います。牛田が最後に相棒の罪を告白しました。自分にとっても大切な相棒を警察に売るということは心苦しかったと思います。ですが、霜島が変わってしまったことが牛田にはより辛かったようです。大事な人の変わった姿は嫌ですよね。仕方がないとはいえ、辛いなと感じたラストでした。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』5話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』5話のネタバレ
堤防で風呂光聖子(伊藤沙莉)に声をかけられた時に転倒した久能整(菅田将暉)は、大事をとって検査入院することになりました。

お見舞いだと届いたお花。

それは下手な横好きレベルさんからで、久能は、それが犬堂我路(永山瑛太)からのものだと判断しました。

指輪も同封されていたため、どういう意味があったのだろうと考える久能に、入院の費用を警察が払うからと書類を持ってきた風呂光は、彼女がいるのだと勘違いします。

入院した病室のベッドを使用している別の患者である牛田悟郎(小日向文世)が消灯時間を過ぎた頃に話しかけてきました。

元刑事だと話す牛田。

自分が関わった事件をクイズにして久能に答えさせるというものでしたが、久能はすらすらと犯人や、犯行の手口を解いてしまいました。

久能が正解した第一の問題は、三人の被害者の接点がない殺人事件が発生し、四人目で前科のある人の毛髪が発見され、前科のある人が犯人だとされた事件。

ですが、牛田の相棒である霜鳥信次(相島一之)がおかしいと感じたことで、犯人は、前科のある人に罪を擦り付けるために毛髪を盗んだ美容師で、四人目を殺したいからと前科のある人が疑われるように三人も先に殺したことがわかりました。

第二の問題では、通り魔殺人の犯人についてでした。

その頃同時に発生していた空き巣問題と結びつけ、犯人は、ごみ屋敷のような家に凶器や靴を隠し、疑われないようにしたというものでしたが、それも霜島が近所と密接な関係を築いていたための解決でした。

第三の問題は、少し違っていました。

売春を生業とする女性が三人殺害され、犯人は、体液も指紋も残していた羽喰玄斗(千原ジュニア)だと断定されていたのに、中々捕まえられませんでした。

そんな中、四人目の殺害事件が発生。

事前に情報が寄せられていたため、先に現場へ向かう予定だった牛田は、霜島から着替えてきた方が良いと言われ、自宅に帰り、空き巣の被害に遭っていたことを発見。

通報してから現場へと向かったため、殺人事件を防ぐことができませんでした。

同時に相棒の霜島も負傷。

命は無事でしたが、警察は辞めないといけなくなったのでした。

そこまで牛田が話すと、久能は、犯人は霜島ではないかと告げたのです。

最初の二つの事件は、最後の事件のヒントになっていると話す久能。

最後の事件の三つの殺害は、羽喰によるものですが、最後は、霜島が、犯した殺害だったと話すと、驚かない牛田に、気づいていたのですねと聞きました。

牛田は、羽喰の車から霜島のボールペンが発見したことを隠してしまったこと、その後調べてみると、霜島の犯行を裏付ける証拠が見つかったのだと話します。

そのことを警察に話すべきかと悩んでいるという牛田。

入院している時に霜島がやってきたことを告げたのです。

それは、入院費を肩代わりさせてほしいという話だったのです。

そこで、牛田は、読んでいたマルクス・アウレーリウスの自省録を久能にプレゼント。

持っているからいらないと告げた久能ですが、盤が違うと困るからと譲りませんでした。

翌朝。

看護師から起こされた久能は、牛田が自分が入院する前に亡くなっていたことを知ります。

同じく、牛田が亡くなったことを知り、駆け付けた霜島。

刑事に羽喰殺害の容疑で逮捕されました。

牛田は、霜島の罪を警察に話すことを決断したのでした。

不倫の関係だった四人目の被害者と羽喰を殺害した容疑でしたが、霜島の別荘から羽喰の白骨遺体が発見されたのです。

最後まで隠してくれていたら良かったのにと呟く霜島に、入院費を肩代わりされることを嫌う牛田の性格を忘れていたからではないかと指摘した久能。

病院のロビーで漢字の間違いを発見した久能は、その間違いを正した漢字が、メッセージになっていることに気づきました。

病院にある温室に三時と書かれたメッセージに引き寄せられた久能と風呂光は、さらに、暗号を発見。

牛田からもらった本のページと行と文字の配列が示された暗号を解読した久能は、夜中の三時に来るようにと解析。

迷った久能は、行ってみると、牛田にその本を渡した女性がいて、また、夜中の三時に来るようにと言われたのでした。

その女性であるライカ(門脇麦)と一緒にいるのを気になって自宅から来ていた風呂光も見ていました。

第6話 「放火殺人に潜む闇、子供を救う炎の天使!謎の女性の目的は!?」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

大隣総合病院に検査入院している久能整(菅田将暉)は、退院を翌日に控えた夜、病院の掲示板に秘められた暗号に導かれて院内にある温室へ。そこで整は『自省録』のページや行を組み合わせた数字で言葉を伝えるライカ(門脇麦)と出会った。ライカは数字で、翌日午後3時に再び温室に来るよう整に指示して姿を消す。翌日、退院手続きを済ませた整は、ライカが指定した時間まで昼飯を食べようと病院のレストランへ。すると、患者の下戸陸太(岡山天音)とぶつかってしまう。整は謝るのだが、陸太は難癖をつけて許さない。だが、冷静に理詰めで返す整に陸太は辟易して去った。3時になり、整が温室へ行くと床に数字が書かれている。『自省録』で確認すると、ある場所の土の中となっていた。整がそこを掘ると、何かが入ったビニール袋が出てくる。その時、整を静止する女性の悲鳴が。温室を管理する梅津真波(阿南敦子)だ。ビニール袋は、事情があって真波が埋めたものだった。
引用元:FOD

第6話の感想

久能大ピンチのラストでした。久能のことだから、きっと、倉庫に来る前に警察に連絡をしているか、理屈を並べて説得するのだと思うのですが、次回が待ち遠しいです。虐待から守るための放火。子供にしたら、これ以上痛い思いをしなくてもいいということはうれしいことです。ですが、その自分の痛みから解放されるための両親を亡くすというのは子供にとっては、どういう心境なのだろうと感じます。両親から虐待をされないで、笑顔で生きていけることが一番だと思うのですが、両親がいなくなって嬉しいと感じる子供がいるのかが気になります。自分が願ったからだと後悔していなければいいなと思います。人の命が失われることはいけないことですが、虐待から守るための一つの手段なのだとしたら、放火も悪いものではないのかと良心と倫理で悩む問題でした。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』6話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』6話のネタバレ
一人の男性(早乙女太一)が、少年に君は自由だと告げながら火を放ちました。

退院した久能整(菅田将暉)は、病院の庭である男性(岡本天音)とすれ違いざまにぶつかってしまいました。

男性は久能に対し、土下座をするように強要。

だが久能は、土下座でいいのか、治療費の方がいいのではないか、でも、土下座は強要罪になるなどと理屈を並べます。

どうでもよくなった男性は、その場を立ち去りました。

三時に温室に来るようにと前日ライカ(門脇麦)から言われた久能。

そこで、新たな暗号が記されていました。

解読した先には、正面の右奥の大きな鉢の土の中の中を見るようにという指示。

久能がショベルで掘り起こした時、カバンを見つけましたが、梅津真波(阿南敦子)が見つけられたら困るものだったと動揺し、久能を殺すと言い出します。

梅津の話を聞くと、入院患者であった宗像冴子(富田恵子)は、娘のためにわに革のカバンを購入。

しかし、娘は一度もお見舞いには来ませんでした。

突然別れもできずに宗像が亡くなり、遺品は処分されるというので、もらってきてしまった梅津は、カバンの中にお金が入っていることを知り、慌てて土の中に入れたのでした。

久能は、ライカからの暗号の中の中というフレーズを思い出し、梅津に確認させます。

すると、このかばんは梅津へ宗像が用意したもので、お金も梅津へのお礼だったと手紙に綴られていました。

娘は見舞いにも来ないひどい奴だと告げる梅津に、子供がそうなるのは親の責任だと告げた久能。

すっきりすべきだと久能に言われ、梅津は、病院関係者と話をすることに決めました。

次のライカからの指示は、桜の木につけられていた一枚の写真。

そこには、赤で山のような記号と、その記号が記されている場所が記されていました。

その場に行ってみる久能。

そこには、病院の庭でぶつかった男性である下戸陸太(岡本天音)と、猫を抱く井原香音人(早乙女太一)がいました。

ライカは何がしたいのかわからず、大学の先生である天達春生(鈴木浩介)に相談。

助けてほしいのかもしれないと言われます。

久能がライカに指示されて向かった場所は、放火現場。

そこには警察の青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(尾上松也)、風呂光聖子(伊藤沙莉)がいて、お香の匂いがしたことで、ある男性を容疑者として考えていました。

その人物は放火の現場に下戸といた井原で、母子家庭で育った井原は、一度火事を起こし母親を死亡させているのだが、虐待されていたのでした。

それから、山の記号のようなものが発見された家では子供は助かるが、親は死亡し、みな虐待をしていた親という事件が何件か報告されていました。

すべて井原の犯行ではないかと考えた青砥。

一方、久能は、ライカにクリスマスプレゼントの交換を提案されます。

悩んだ久能は、美術展のポストカードにしました。

ライカからは、クリスマスのオーナメント。

携帯につければいいと言われ、つけた久能でした。

美術展に行ったことがないと話すライカを誘う久能ですが、病院の見回りから抜けて来ているからと断られます。

その帰りに、病院の壁に山の記号を描く少女の里沙(福島青蘭)を見た久能。

そこに、下戸もやってきて、里沙の虐待されている現状を聞かされます。

炎の天使が虐待から救ってくれるのだと話す下戸。

その夜病院の倉庫にクリスマスの準備に手伝ってと、梅津が言っていたから来るようにと言われた久能。

その前に自宅で下戸について調べると、下戸は、虐待されていた過去があること、放火によって、両親が亡くなっていることを知ります。

夜、倉庫に行ってみる久能は、赤を見ると、具合の悪くなる下戸が、サングラスをしていないことに違和感を感じます。

クリスマスの飾りは赤が多いからです。

さらに、里沙に虐待をしていた両親(村木エリ・一條恭輔)が縛られているのを見て、これから放火するのだと感じた久能。

第7話 「炎の天使編完結!炎の天使の正体とは・・・驚愕の真実が明らかに」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ライカ(門脇麦)に導かれて、久能整(菅田将暉)は奇妙な放火殺人事件を調べ始めた。すると、放火された住居の家族は、親が死亡し子供だけが助かっている。また、風呂光聖子(伊藤沙莉)たち警察などの情報から、整は虐待された子供が親の殺害を依頼するという“炎の天使”に関する都市伝説サイトがあることを確認。そして、整は下戸陸太(岡山天音)も放火による火災で両親を亡くした事を知った。しかし、クリスマスイブの夜、大隣総合病院で行われるイベントの手伝いをして欲しいと陸太に呼ばれて倉庫に向かった整は襲われてしまう。倉庫には、入院している虐待疑いがある子供の両親も拘束されていた。
引用元:FOD

第7話の感想

終始切ない話だと感じていました。虐待を受けた子供は決して悪くないです。なのに、犯罪を犯してしまい、逮捕されるというのは言葉では言えないほど、辛いものだと感じます。今回の犯行は、本人が助けていると思っていること、また、確かに救われているので、犯罪なのですが、犯罪ではないように感じてしまいます。伝えるのが難しいですが、虐待から救っているのはほかでもない炎です。警察でもできない子供の命を救ったのです。それは間違っているのかもしれませんが、命を救った事実は変えることはできません。虐待をする親は殺されても仕方がないと私は思います。虐待をもっと、深刻に考えてほしいです。子供の命も大人の命も同じ重さであると知ってほしいです。ですが、決断をした子供が辛いと感じていることも事実で、どんなひどい親でも好きな存在だということが辛いです。虐待をするようなひどい親を嫌いになれない辛さを感じて苦しいです。親は、嫌いになれない子供の気持ちをもっと、きちんと考えて虐待をしない方向に進んでほしいなと思います。この事件は考えさせられるものでしたが、どの命も同じなのだと誰にも知ってほしいなと思ったものでした。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』7話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』7話のネタバレ
12月23日、逮捕される二日前。

警察では、炎の天使というサイトを発見し、一連の放火殺人を前科のある井原香音人(早乙女太一)の犯行だと推測されていました。

炎の天使というサイトの運営人を調べることにした警察。

12月24日、逮捕される前日。

病院で、放火してほしいと願うマークを発見した久能整(菅田将暉)は、風呂光聖子(伊藤沙莉)に電話をしますが、出ませんでした。

そこにやってきた下戸陸太(岡本天音)から虐待されている子供が幸せになるために炎の天使を呼ぶマークであることを教えられました。

警察では、炎の天使というサイトの運営をしている鷲見翼(今井悠貴)に話を聞きに行きます。

鷲見は、火事の生き残りで、その火事に後悔している人を探すためのサイトだったこと、炎の天使のことは明かさないが、半年前に会ったことを告げます。

久能は、下戸に呼ばれ、十一時に病院の倉庫に来ていました。

そこに病院のマークを描いた里沙(福島青蘭)の両親(村木エリ・一條恭輔)が縛られた状態でいて、これから放火が始まるのだと気づく久能。

必死で逃げようとしますが、久能も一緒に燃えてほしいと告げられます。

そこに久能の携帯が鳴りました。

相手は風呂光で、先ほど久能が連絡し、出られなかったからでした。

久能を抑えていた下戸の動きが止まります。

それは、久能の携帯のストラップの赤が目に入ったから。

そのストラップは、ライカ(門脇麦)からのクリスマスプレゼント。

その隙に離れることに成功した久能は、倉庫にあったトマト缶を持ち、下戸が苦手な赤を脅しに使い、下戸の先輩だという炎の天使に会いに行きます。

下戸に連れられ、井原の元へ向かった久能は、井原の子供の時の話を聞きます。

井原は、両親が離婚した頃から母親に溺愛されていたと同時に虐待を受けていました。

お香が好きだった母親が間違ってお香を畳の落としたために火事が起き、母親が死亡。

井原は、なんとか逃げたために生きていましたが、その炎のお陰で自分が殺されなくて済んだのだと感じたのです。

それから、炎の天使となり、放火をする決断をした子供の手助けをしていた井原。

鷲見の自宅もそうでした。

しかし、刑務所を出所した井原が、サイトの管理人である鷲見の元に行き、幸せに暮らしていると感じていたのが大きな間違いだったと知ったのです。

鷲見は、自分が決断をした責任の大きさ、殺人をしたという後悔で苦しい状態でした。

両親がいなくなっても辛いことはあり、それでもあの時よりはましだと思わないと自分の責任の大きさに押しつぶされそうになっていたのです。

その事実を知った井原は、ショックを受け、炎の天使を辞めることを決断。

それを許さなかったのが下戸でした。

久能は、井原はこの世にいないこと、下戸一人で話していることを伝えます。

今まで生きていると感じていた井原は、すでに下戸によって殺されていたのです。

さらに、井原が可愛がっていた猫のししも一緒に冷凍庫にいました。

下戸が井原を殺害した理由。

それは、井原だけは、赤いものを自宅に入れないと思っていたのに、リンゴを剥いていたから。

井原に裏切られたと感じた下戸の犯行でした。

それからの炎の天使は下戸の犯行で、下戸は、死刑になるのは構わないが、それまでどうしたらいいのかと久能に聞きます。

すべてのことに疑問を持ち、考えることを提案。

それは、子供の時に美吉喜和(水川あさみ)に言われたことでした。

また、久能が教師になりたいと伝えると、自分の担任の話をする下戸。

下戸は、友達だけではく、教師にもカエルと呼ばれていたのでした。

親から突き飛ばされ骨が折れた足でも構わずに滑り台をさせられていた時、教師は助けてはくれず、友達を褒めたのです。

そんな教師は失格だとばっさりと切る久能は、カエルと呼ぶこと自体ダメだと断言。

下戸の心が軽くなった瞬間でした。

そこにライカが登場。

炎の天使の最近のやり方に疑問を持っていたために久能に調べさせてたのでした。

下戸が赤が苦手なことを知っていたライカが、久能に敢えて赤のオーナメントを渡していたのでした。

ライカは、井原の遺体に手を合わし感謝を述べます。

ライカも炎の天使に助けられた一人でした。

久能と下戸の話を聞いていた風呂光たちが到着し、下戸は連行されました。

第8話 「ミステリーナイト開幕!殺すのか?殺されるのか?」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

久能整(菅田将暉)は美吉喜和(水川あさみ)の墓参りに行く。すると、そこには天達春生(鈴木浩介)がいて、かつて天達のパートナーだった喜和の命日を忘れないでいてくれたと整に礼を言う。そんな天達は、整に高校時代の同級生とゲストを呼んで、別荘でミステリー会を開くので来て欲しいと頼む。また、自分の講演会に風呂光聖子(伊藤沙莉)が来たことを話し、そこで風呂光から、整が警察に協力をしていることを聞いたので、ミステリー会で謎解きの腕前を披露して欲しいと言うのだ。整が答えに困っていると、天達はただ荷物運びや食事の片付けの手伝いのアルバイトだと安心させる。そして、ひとつだけ頼みがあるとある事を付け加えた。
引用元:FOD

第8話の感想

蔦と橘高が何かを隠しているように感じますし、天達は、美吉の死を起こした犯人を知ったことで、復讐をしようとしていること、久能と風呂光には捕まえてほしい気持ちと止めてほしいという気持ちがあるのではないかと感じ取れます。天達が殺人を犯そうとしているように見えるこのお話は次回に進展があると感じます。アイビーの家は三週放送なのかなと予想していますので、次回に事件の動きがあり、その次に解決を予想します。久能には天達を止めてほしいです。犯罪者にさせないでほしいなと思いますが、美吉に関してはもしかしたら、透明のフィルターでは見えない状態に久能もなってしまうのではないかと気になってしまいます。身内のことだと真実が見えないことは第一話で分かっているからです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』8話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』8話のネタバレ
パソコンの画面には殺すか殺されるか、やっぱり殺すしかないのだろうなと書かれています。

久能整(菅田将暉)は、墓参りへと向かいます。

今日は、お世話になっていた美吉喜和(水川あさみ)の命日。

同じく墓参りに来ていた美吉のパートナーである天達春生(鈴木浩介)と団子を食べながら、ミステリー会に一緒に行くことを頼まれました。

警察の風呂光聖子(伊東沙莉)から、警察の助けをしていると聞いていたから。

ミステリーの解読ではなく、バイトとして行くということに了承した久能は、天達から、嘘を付いている人を見破ってほしいと言われます。

約束をしていないのですが、ライカ(門脇麦)がいるような気持ちがして病院へ行ってみる久能。

ライカと再会し、桜の木を見つめます。

そして、ライカが桜の花を見る前に死ぬことを知ります。

ミステリー会へ向かう車には天達と、久能の他に風呂光も参加。

警察であることは隠して久能と一緒にバイトとしてでした。

アイビーハウスに到着した久能たちは、そこで潔癖の橘高勝(佐々木蔵之介)と会います。

バーベキューを頂くことになり、今日のメンバーが紹介されました。

ミステリー会のメンバーであるデラ(田口浩正)と、パン(渋谷譲人)、天達の同級生である橘高と蔦薫平(池内万作)で、蔦はこの別荘の所有者でした。

食事の後、謎を解く時間が始まり、この別荘にかつて住んでいた夫婦の妻がバルコニーから転落した事件を聞かされました。

夫は、妻の死が事故ではないと考え証拠を知りたいと思っているからと別荘にあるヒントを探すように告げる蔦。

久能は書庫の書庫の整理を頼まれたのですが、そこには先ほど蔦の話していた妻の手紙や本があり、本にはすべて同じページに栞が挟められていたのです。

ページが全て252であったことから、夫から逃げられない妻が自殺をしたのだと推測し、夫婦で飲む予定だったワインには毒が入っていると考えた久能は、慌てて止めに入りました。

ワインに混入されている毒は庭に咲いているキョウチクトウのもの。

その場にいたみんなが騒然をした時に天達と蔦が正解だと笑い、謎解きのための仕掛けであったことが判明しました。

当然、ワインにも毒は混入されていません。

ゲームだったと笑う天達と蔦に激怒するのは橘高で、その話は美吉の死と似ていると言います。

美吉は、ストーカーに命を狙われていて、この別荘に隠れていたのだが、五年前暖炉の前で殺害されていたのです。

ストーカーも一緒に死んでいたのだが、ストーカーの死因はキョウチクトウを燃やしたことによる煙でした。

夜、眠れない久能は、部屋から出ていきますが、その光景を見ていたのは天達。

風呂光から天達から嘘をつかない人を見破ってほしいと頼まれたことを知った久能は、何かが起こる予感がするのでした。

美吉の描いた廊下の絵を見ながら時間を巻き戻したいと泣く久能を見る天達。

パンは、仕事をしているようですが、資料には美吉がいたのでした。

第9話 「ミステリーナイト真相編!恩人を殺したのは誰だ」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

整は、天達春生(鈴木浩介)に招かれ参加したミステリー会が行われている山荘で、かつて美吉喜和(水川あさみ)がストーカーに殺害されたという事実を知る。喜和だけでなく、ストーカーも暖炉にくべられた夾竹桃(きょうちくとう)の毒性の煙で死んでいる。最近、都内でもストーカーによる連続殺人が発生していると言う風呂光に、整は山荘に来る前、天達から「参加者の中に一人だけ嘘をつく人物がいるので見ていて欲しい」と頼まれたことを話す。すると、風呂光は天達から逆に「嘘をつかない人を見ていて欲しい」と言われたと言うではないか。整と風呂光は喜和の事件に何か裏があるのではないかと考え始める。翌朝、目覚めた参加者たちは雪かきをする。整が天達に、喜和の事件に関して尋ねると、天達は第三者の進入の形跡はなかったが、ずっと事件について違和感があったと答えた。そして天達は整に、「とにかく会の状況を先入観なしに見て欲しい」と頼む。そんな時、風呂光は夾竹桃の枝が数本折れている事に気づいた。
引用元:FOD

第9話の感想

橘高が怪しいなとは感じていたので、犯人だったと知り、やっぱりという感じでした。しかし、天達が復讐をするのかなという予想もしていたので、それは見事に外れました。また、まだ事件が続くと思っていたので、まだこのエピソードが続くと思っていたのも外れました。デラとパンが刑事だったということで、最初から橘高が怪しいと思われているというのも驚きで、まさか橘高が殺人も起こしている悪人になっているというのも驚きです。犯人だというのは当たっていましたが、犯行は驚くことばかりで、久能の話に聞き入っていました。久能はすごい人です。刑事になったら事件を解決してくれると思いますが、教師であっても子供の気持ちを救える人になるでしょうから、どの仕事でも重宝される逸材だと感じます。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』9話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』9話のネタバレ
ミステリー会の集まりのため、蔦薫平(池内万作)の別荘に来ていた久能整(菅田将暉)は、一緒に来ていた橘高勝(佐々木蔵之介)の呼びかけで雪はねをすることになりました。

この別荘で亡くなった美吉喜和(水川あさみ)の事件の日も雪が降っていたと思い出す美吉の婚約者の天達春生(鈴木浩介)。

犯人の足跡が半分欠けていたことを思い出します。

第三者が関与していると考えている天達

同じく雪はねをしていた刑事の風呂光聖子(伊東沙莉)は、キョウモクソウの枝が折れていることに気づきます。

ガレージにスコップを片付けていた久能と風呂光は、停電の被害に遭い、ガレージに閉じ込められてしまいます。

ランプを探す久能は、橘高のテントで地図を見つけます。

内側からは開けられるドアがガレージについていたので、天達によって閉じ込められている状況からは脱出できたのでした。

停電の修理は夕方になったということで、カレーを作ることになった久能。

カレーを作りながら、違和感を感じています。

橘高がワインを飲もうと言った時、その違和感を知るのです。

まだ演技をしているということに。

久能が語り始めます。

天達に言われていた嘘を付く人は橘高だと。

橘高は、嘘を付く時に鼻を触っていたこと、ピノキオ効果だと天達の講義で習ったのだが、橘高が鼻を触ったのは玄関に敷かれたマットの時でした。

橘高は冬にも来たことがあったと告げる久能に、美吉の事件を思い出したくないと嘘を付いていないのは橘高だと風呂光も言います。

時間を戻したいと告げる橘高は、後悔していることがあると久能に語り、橘高が美吉から連絡があり、若宮という男性からの電話に自分の今いる別荘の住所を教えてほしいと頼まれたことを話します。

しかし、橘高は、相手の名前を聞かず、若宮だと思い住所を告げてしまったのです。

時間が経ってから、それがストーカーだったのではないかと不安になり別荘に行くと、美吉がストーカーと亡くなっていて、自分の足跡を消したことがわかりました。

自分の足跡を消した時に一緒に犯人の足跡を半分消してしまった橘高。

橘高のことがなんとなく予想ついていた天達は、自分から話してほしいと思っていたのでした。

最近ストーカーによる殺害が多発していることを話し出すデラ(田口浩正)とパン(渋谷譲人)は、ストーカーから逃げている場所にストーカーが場所を知って殺害されていることを指摘。

橘高が市役所勤めだということで、デラとパンは橘高がストーカー殺害の事件に関与していると考え、捜査をしている刑事の奥寺と小麦であることが判明。

橘高は、情報をストーカーに小旅行に行った先で連絡をしていたことを自供し、罪なのかと聞きます。

罪に問われると知りますが、それだけが橘高の狙いではないと久能は語ります。

橘高はずっと透明人間になりたいと思っていると言うのです。

潔癖症である橘高は、自分の食器やコップを用意してテントも準備。

橘高の用意したワインに睡眠薬を仕込み、みんなが寝た後にキョウモクソウの煙によって自殺したというシナリオを実行し、自分はテントにあった使われていない用水路の地図を辿りに逃げる予定であると言います。

しかし、停電が発生し、誤算が生じたために焦っていると告げると、風呂光がある記事を出します。

それは前日にゲームの前に話した透明人間の話で、実際に長野県で無理心中をしている事件があるということ。

それは橘高の予行練習でした。

天達の婚約者であった美吉が天達と一緒にいるという嫉妬、蔦の自由が時間への嫉妬、自分は親の介護で疲れているという状況のストレスをぶつける場所を、ストーカーへの情報だったり、今回の計画につながっていたのでした。

ですが、久能は橘高に言います。

美吉の事件は橘高の責任ではないので、誰かに話せていたら、怖がることがなかったらこのような事件を起こすことはなかったと。

パソコンの画面に殺すべきかと書いたのは橘高。

事件の後、病院へ書類を取りに向かった風呂光は、ライカ(門脇麦)と遭遇。

だが、突然倒れたライカは看護師から千夜子と呼ばれていて、どうして自分がここにいるのかわからないと言います。

第10話 「ファイナルエピソード!さようなら、ライカさん・・・」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

久能整(菅田将暉)とライカ(門脇麦)が大隣総合病院の温室で足湯を楽しんでいると、梅津真波(阿南敦子)が来て正月の過ごし方の話になる。病院に来る途中、神社を見かけた整が初詣に行かないかとライカを誘うと、真波も二人で行ってみたら良いと勧めた。ライカも承諾したので、整は元日午前3時に行こうと約束する。二人きりの小イベントに整は大晦日からソワソワしながら過ごし、約束の時間に神社でライカと合流。お互いに初めての初詣に戸惑いながらもお参りをして、おみくじを引き、屋台のたこ焼きを頬張って楽しむ整とライカ。そんな二人を風呂光聖子(伊藤沙莉)と池本優人(尾上松也)が見かける。二人は年始のパトロールに駆り出されていたのだ。ライカを見た池本は何かに気がつくが、風呂光に二人の邪魔をしてはいけないと促されパトロールに戻る。神社から出ると、ライカは焼肉を食べようと整を誘う。元日のこんな時間に空いている店はないと整は言うのだが、すでにライカが灯りの点いている焼肉店を見つけていた。
引用元:FOD

第10話の感想

ライカのことが好きになっていた久能。ライカもまた久能のことが好きになっていたのですね。ですが、かなわない恋でした。解離性同一障害の人格は恋愛も生きることもできないのは辛いですね。感情がある人間なのに、生きられないというのは辛いなと感じます。本当の人格ではないからなのでしょうが、人と関わるようになっているため感情があり、本当の人格のために消えることは辛いだろうなと別れがつらい今回でした。沙也加の暗号を解いてくれる人がいて本当に良かったです。久能とライカだからできたことですが、二人がいなかったら、沙也加はどうなっていたのか気になります。無事に警察がきて本当に良かったです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』10話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』10話のネタバレ
午前と午後の三時に一時間くらい病室を抜け出していると話すのはライカ(門脇麦)。

千夜子は知らないと言います。

病院の温室にある足湯に入る久能整(菅田将暉)とライカは、そこでお花の手入れをしている梅津真波(阿南敦子)から、お正月はどうするのかと聞かれます。

初詣に行こうという約束をした二人は、午前三時に待ち合わせをします。

何かを考えているライカ。

初詣の時間が迫ると、緊張してくる久能でしたが、おみくじを引いたりたこ焼きを食べたいと楽しい時間を過ごします。

そんな二人をパトロール中の風呂光聖子(伊東沙莉)と池本優人(尾上松也)が見ていました。

池本はライカに見覚えがある様子。

焼肉を食べようと誘うライカに同意して二人で店内に入りますと、店主である沙也加(志田未来)が泣いていました。

水を出す沙也加の手は震えています。

ゴーヤ豆腐を出す沙也加。

おすすめのメニューにタン塩や酢モツ、ケジャン、テールスープを伝えてくる沙也加に様子がおかしいと感じたライカは、本の暗号で久能に知らせます。

五円玉と十円玉を見せてくる沙也加。

盛り合わせの焼肉を注文したライカと久能は、ライカのリストカットを発見し、ライカの素性を知ります。

千夜子は父親からの暴力と性的虐待を受けていて、解離性同一障害を発症したこと、ライカはそのうちの一人だと言います。

千夜子が自殺をしないようにたくさんの人格が現れてきて、父親からの性的虐待から守るためにライカが身代わりになっていたのです。

そんな時に井原香音人(早乙女太一)と下戸陸太(岡山天音)が放火を持ち掛けてくれて両親が死亡。

千夜子は病院に入院し、少しずつ回復してきて、別人格が一人ずついなくなり、ライカは最後の一人でした。

千夜子は歩けないと思っているために変わりに足を鍛えるために出歩いていたと話すライカですが、十歳の精神のまま止まっている千夜子の幸せを見届けていなくなる予定だと伝えます。

そこで、メニューに酢モツがないことを知る久能。

どうしてもすを入れたかったのではないかと話すライカ。

一旦お店を出て行く二人をがっかりした表情で見守る沙也加。

そこにボールペンを忘れたと戻ってきた久能は、たくさんのお客さんを抱えてやってきました。

沙也加に話す久能。

テレビのサスペンスは、犯人から離れたところで、事件の真相を話すが逃げられないのかと不思議だと。

その話の直後に警察に取り押さえられたのは浦部沢邦夫(堀部圭亮)は、強盗殺人を犯していたのでした。

逃げ込んでいた沙也加の焼肉屋には両親が縄で拘束されていたのでした。

久能とライカは、強盗がいるという五円玉と十円玉、たすけてというおすすめのメニューの沙也加のメッセージに気づいていたのでした。

ライカは、今日を最後に消えると話します。

それは、千夜子には久能のことは知らないのに、ライカがずっと、会いたいと思ってしまうのは辛いからというものでした。

ライカの負った傷と同じ傷を持っていると話すのは久能。

久能の鎖骨下には傷がありました。

ライカの願いならと会わないこと、千夜子には話かけないことを約束。

ライカの後ろ姿を見る久能の目には涙があふれていたのでした。

春。

教授の天達春生(鈴木浩介)から、人を知ると、自分を知ることができると言われた久能は、ライカと出会い、人への興味や関わりたいという気持ちが生まれていたのでした。

千夜子は退院します。

風呂光から連絡をもらった久能は、病院で千夜子の退院を見守ります。

池本は、ライカから下戸の放火について話を聞いていたために知っていたのでした。

ライカとの約束の話かけることはしないで千夜子を見守る久能。

寂しそうな久能に友達になると告げる風呂光。

ありがとうと言われたのでした。

第11話 「物語はいよいよクライマックスへ!」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

久能整(菅田将暉)が、犬堂我路(永山瑛太)から教わった大阪で開催される美術展に行くことを考えていた頃、大隣警察署には新たに発生した連続殺人事件の応援要請が来ていた。青砥成昭(筒井道隆)に指名された風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査本部へと向かう。すでに三人の犠牲者を出していたこの犯罪は、遺体を交差点の真ん中に磔のように遺棄する猟奇的な事件だ。さらに、三人目の遺体の傷口から被害者本人のものではない血液が検出される。血液はDNA鑑定で22年前に殺害された被害者と一致。羽喰玄斗による連続婦女暴行殺人事件の17人目の被害者、辻十岐子だ。18件目の殺人を犯して以来、姿を消していた羽喰がまた殺害を始めたのかと捜査本部はいろめき立つ。
引用元:FOD

第11話の感想

今回は久能がほとんどでてきませんでした。久能の語りを聞けないのは残念でしたが、たまには久能も事件とは関係なく、印象派展を見ながら楽しむのもいいかなと思うほど、久能のシーンはほのぼのしていました。我路もなかなか頭の切れる人のようで、久能並みに事件を解決していくのはすごいなと思いました。我路は探していた愛珠が自分を殺害してほしいと頼もうとしたジュートと会いましたが、その後、ジュートをどうするのかが気になります。殺害するのでしょうか、愛珠の殺害には関与していないので、警察に突き出すのでしょうか。我路の動きに注目したいです。次週が最終回ということで、久能の語りがもう一度見られるといいなと思います。我路と再会した久能がどんな感じなのかも楽しみです。二人は友達になれそうな二人ですからね。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』11話無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』11話のネタバレ
四か月前に一人の少女がスーツケースを持って歩いているのが目撃されていました。

交差点に女性の遺体が発見され、三件発生していることから、風呂光聖子(伊東沙莉)が応援要請として捜査に加わることになりました。

今回の殺害は女性ばかり。

ですが、三件目の被害者を殺害した時に使用したであろうナイフから、辻十岐子(奥田恵梨華)の血痕が付着。

その血痕は、22年前に羽喰玄斗(千原ジュニア)が殺害した女性であり、容疑者が羽喰であると断定される要素となり、捜査が開始されました。

羽喰ではないと思うのは備前島操(船越英一郎)。

羽喰は、売春婦ばかりを狙っていたからで、女性の関連性が見つかっていない今は、羽喰が犯人だとは言えないという見解でした。

捜査一課の猫田十朱(松本若菜)がホームレスの加藤(水野智則)に聞き込みをしている時に見ている人がいます。

それは犬堂我路(永山瑛太)で、闇カジノに潜入して横田留美(夏子)と接触。

妹の愛珠(白石麻衣)のことを聞きました。

横田の情報から、愛珠は、愛という名前で闇カジノのバイトをしていたこと、カウンセリングでバイトをするように言われたからだということを知った我路。

闇カジノには占い師がやってくるのだが、愛は、興味がなかったという話も聞きます。

バスの運転手だった煙草森誠(森下能幸)が殺害したのが愛珠だったが、遺書のような手紙から、ジュートに殺害を頼んでいたことが発覚。

我路はジュートを探していたのです。

愛珠がタクシーを利用していたことがわかり、そこから闇カジノに来ていたことを突き止めた我路は、横田から交差点殺害されている女性がみな闇カジノでバイトをしていた女性であると聞きます。

警察では、遺体がたたまれた状態で運ばれていたという鑑定の結果が出て、猫田はホームレスに聞き込みをした時にス-ツケースを持った少女のことを思い出したのです。

我路から、闇カジノの情報と今回の殺人が共通点があると連絡をもらった風呂光。

我路からとはわかっていなかったのですが、のちに殺害された四人目の被害者である横田の携帯から我路の指紋が出てきたことで、発覚。

我路は、風呂光を指名して、かつて出会った久能整(菅田将暉)のことを思い出したのでした。

それは久能も同じで、我路のことを思い出しながら印象派展を楽しんだのでした。

愛珠が好きだった寄木細工の中に入っているものが気になる我路。

寄木細工を開けてほしいと学芸員の辻浩増(北村匠海)の元へ向かったが、愛珠から兄がいると聞いていたと話しだします。

その頃、警察では、ジュートという植物があり別名はコーマということを知りました。

また、闇カジノでバイトをしていた女性が被害者であること、占い師には女性は本名を告げていたこと、スーツケースの少女は男性であることが発覚。

猫田が辻から呼ばれて向かっている時、風呂光は被害者の名前から十という漢字が入っていることを見つけ、辻の名前からジュートになるとひらめきます。

猫田に報告しようにも電話が繋がらず、現場に訪れた風呂光の目の前には死んだ猫田がいたのでした。

足が動かせない風呂光ですが、猫田から怖くなったら、助けを呼ぶように言われていたことを思い出し、備前島に連絡。

ですが、その電話が辻によって止められてしまいました。

風呂光を殺そうとした辻の手を掴む人物。

それは我路で、風呂光は我路の従兄弟である犬堂甲矢(久保田悠来)に眠らされたのでした。

キミがジュートかと聞く我路。

第12話(最終回) 「手紙に隠された秘密・・・暴かれる妹の死の真相、真実は一つじゃない」

12話(最終回)の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

美術展を見終わった久能整(菅田将暉)は東京へ帰る新幹線に乗車。弁当を食べようとした時、隣席に美樹谷紘子(関めぐみ)が座った。何となく気恥ずかしい整は、早々に弁当を食べて寝てしまう。うたた寝から目覚めた整がふと隣席を見ると紘子が手紙を読んでいた。便箋を見た整は思わず“な、ご、や、に、は、く、る、な”と口にする。驚く紘子に整は謝罪。だが、手紙にそんなことは書いていないので、紘子には意味がわからない。整は文章ではなく、イラストの頭文字を並び替えたのだと教える。すると、紘子は他の手紙も整に見せた。紘子は整に手紙は父からのものだと話す。両親を幼い頃に亡くした紘子は、亡き母の親友が引き取って育ててくれた。しかし、最近になり紘子は育ててくれた母のクローゼットに古い手紙が隠してあるのを見つける。それが、今読んでいた手紙で父が今の母に宛てたもの。今の母から両親は亡くなったと聞いていたが、父の手紙は紘子を返して欲しいと訴えていた。
引用元:FOD

第12話(最終回)の感想

確かに殺害はしてはいけないことですが、十斗の伝えたいことが伝わらないために手段としてだったというのを知ると、警察がきちんと対応してくれていたら、十斗に殺される人はいなかったのだろうなと思います。警察にはそこを反省してほしいですが、しないでしょうね。十斗だけの責任にするのだと感じます。嫌な人たちです。我路が協力を依頼したことがラストにあると、続編があるように感じますね。指輪の謎とカウンセラーのことが気になります。カウンセラーが実は殺害や自殺をするように仕向けたのではないかと思うからです。カウンセラーはどんな人なのか気になります。この作品は心にジーと来る言葉があったり、考えさせられることが多く、印象高い作品です。また近いうちに久能に出会えるといいなと思います。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』12話(最終回)無料動画

ドラマ『ミステリと言う勿れ』12話(最終回)のネタバレ
風呂光聖子(伊藤沙莉)が殺されそうになっていた瞬間を止めた犬堂我路(永山瑛太)は、殺人をしようとしていた羽喰十斗(北村匠海)から人を殺したことがある目だと言われます。

話を聞きたいだけだと告げる我路は、十斗を自分たちが生活している船へと連れてきます。

どうして十斗であると気づいたのか、それは闇カジノで見たスーツケースを持った女性と歩き方が一緒だったから。

その頃、風呂光は、猫田十朱(松本若菜)が命に別状がないことを知り、ほっとします。

備前島操(船越英一郎)からもお客様体質ではないと褒められたのでした。

同じくその頃、新幹線に乗っていた久能整(菅田将暉)は、隣に座る女性(関めぐみ)の手紙を見てしまいました。

そこには、文とは別にイラストが添えられていて、そのイラストのはじめの文字をつなぎ合わせると文になることを知ります。

さらに、そのイラストが表す文は、文面とは真逆な内容でした。

会いたいと書かれている文の手紙には嘘だと書かれていたり、暴力と書かれていたりするイラスト。

久能は、その手紙が女性の父親からの手紙だと知り、イラストは暴力で支配されて見張られている状況で描いた母親のものであると話します。

女性に宛てた手紙と、育ての母に託された手紙があると、美樹谷紘子だと名乗る女性が見せてくれた手紙。

紘子は、育ての母が暴力から逃がすために自分を産みの母から託されたのだと話します。

トイレに向かった久能は、帰ってくると、女性が近づいているのが目に入り、知り合いかと尋ねます。

女性は、美樹谷の育ての親のサキ(高畑淳子)で、本当の両親に会うのが心配になりついてきていたのでした。

小さい時から親友だった、サキと産みの母は、イラストで会話をしていたのだと話します。

サキから父親が死んでいると聞かされた紘子は、バージンロードを歩く約束をしていると話しますが、久能が昔と今の手紙の筆跡を指摘。

父親が死んで病気になった産みの母が二重人格になって書いていた手紙でした。

さらに、バージンロードは女性でもいいのだと告げる久能に産みの母と育ての母と一緒に歩きたいと泣きながら語る紘子。

そうしようと約束をしたサキですが、ラストのイラストが理解できないと見せられた手紙を見て驚くのです。

久能も気になり見ると、そこにはふたりで殺したという文字。

紘子は、紘子幸せにと読んだのでした。

サキに問い詰める久能は、サキが産みの母と一緒に夫を殺害したために病気になったのだろうと告げるが、忘れてくれと言われていまいます。

紘子には内緒にしている秘密ですが、それがみんなが幸せになる方法なのだと表情で語るサキ。

我路の船で自分の幼少期を語る十斗は、月に一度会いに来てくれた父親の羽喰玄斗(千原ジュニア)から見せられた別荘での殺害の記録、玄斗が女性と一緒に長くいると殺害したくなること、女性の名前には十が入っていて羨ましいと言っていたのを話します。

父親への憧れから殺害をしたのかということを否定した十斗は、22年前に霜島信次(相島一之)の別荘から玄斗の骨を発見。

玄斗が殺害したとされる最後の女性には十という漢字がないことに違和感を感じていた十斗は、霜島が玄斗を殺害したことを知ったのです。

警察に通報したものの、相手にしてもらえないために、無差別の殺人事件を起こして玄斗のように遺体を交差点の十字路に置くことで、玄斗のことを思い出して遺体を発見してもらおうとしたのでした。

玄斗は、十という字に憧れがあり、息子の辻浩増のコーマは、別名ジュートという植物の名前になり、十斗という二つの名前があると可愛がっていたのです。

22年前に殺害された辻十岐子(奥田恵梨華)は、十斗の母親であり、玄斗が来なくなったことで、不安になり殺害してと十斗に頼んだから殺害したと供述。

記念にとっておいたナイフが今回の事件で使われたのでした。

警察でも、浩増が玄斗の息子であること、殺害の犯人であると断定。

我路は、妹の愛珠(白石麻衣)のことを聞きます。

愛珠には今回の事件のことを話していたという十斗は、殺してほしいと言われたから、バスで大原交差点に来るように指示。

カウンセリングに通っていたという愛珠は、十斗からの紹介でナルコタツミというカウンセラーのところに行っていたこと、十斗はそこで、ラピスラズリの魔除けになる指輪をもらったことを聞きます。

指輪は、愛珠ももらっていたと話します。

寄木細工が開かずに中身がわからない我路は、そこに入っているのだと確定。

カウンセリングに通う理由が、月岡桂(盛岡龍)という寄木細工職人に恋をした愛珠が自分の苛立ちやイライラをなくして普通の人になりたいと思ったからだと聞かされた我路。

十斗はこのままにはしておけないと薬を入れた飲み物で動けなくして縛りつけた状態で警察に発見されるようにしました。

無差別殺人を許せない我路。

月岡の元へと向かった我路は、そこで、愛珠も月岡も互いに好きでいたのだと知り、嬉しくなり、泣きながら感謝します。

寄木細工の中には指輪があり、カウンセラーからのプレゼントだと話していたと告げる月岡。

二人の指輪は何か意味があるのかと久能に十斗の指輪を送った我路。

病院に検査入院している久能に届いたのでした。

我路は、久能に会いに向かいます。

そして、協力してほしいことがあるのだと伝えたのです。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『ミステリと言う勿れ』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『ミステリと言う勿れ』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

FOD Premium

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2022年4月現在ドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画は、FOD Premiumにて見放題配信中です。

FOD Premiumは、フジテレビなどで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間中があるので、この機会にお試しください。

本日から7月9日まで無料!

FOD Premiumでドラマ『ミステリと言う勿れ』の動画を無料視聴

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画はFOD Premiumにて見放題配信中です。

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演している菅田将暉の出演作品

  • タロウのバカ
  • 大切なことはすべて君が教えてくれた
  • Y・O・U やまびこ音楽同好会

もFOD Premiumで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

ぜひこの機会にドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画を公式配信サイトで視聴してみてくださいね。

本日から7月9日まで無料!

FOD Premiumの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

FOD Premiumの登録方法
  1. FOD Premium TOPの「今すぐはじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを設定し、「アカウントを作成する」をクリック
  3. お支払い方法を選択する
  4. 購入内容を確認して問題なければ、「決済に進む」をクリック
  5. 以下の表示で登録完了です
FOD Premiumの解約方法
  1. FOD PremiumTOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録コースの確認・解約」をクリック
  3. 「解約する」をクリック
  4. もう一度「解約する」をクリック

特典の多いAmazonプライムで動画を無料視聴

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画は、2022年4月現在Amazonプライムビデオにて配信はありません。

しかしAmazonプライムを利用すると、原作である「ミステリと言う勿れ」を紙媒体のコミックやKindle版の電子書籍で読むことができます。

ミステリと言う勿れ Amazon
(画像引用元:Amazonプライムビデオ)

Amazonプライムビデオは通常月額500円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

そんなParaviでは、ドラマ「ミステリと言う勿れ」が1話から最終話まで見放題配信されています。

Amazon 無料動画
(画像引用元:Amazonプライムビデオ)

また期間中であれば、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、Amazonプライムビデオの特徴を表にまとめています。

月額料金 500円(年会費4,900円)
無料お試し期間 30日間
初回登録特典 なし
継続特典 なし
見放題作品数 1万本以上
取扱作品数 5万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 3台(同一タイトルは2台まで)

AmazonプライムビデオではAmazonオリジナル作品など、他では見られない作品を楽しむことができます。

さらに追加料金なしで200万曲以上が聴き放題で楽しめる「Prime Music」、数百冊が読み放題の「Prime Reading」の利用も可能。

さらにドラマ「ミステリと言う勿れ」に出演している伊藤沙莉の出演作品

  • ホテルローヤル
  • 寝ても覚めても
  • 獣道

もAmazonプライムビデオで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

ぜひこの機会にドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画を公式配信サイトで視聴してみてくださいね。

本日から7月25日まで無料!

Amazonプライムビデオの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

Amazonプライムビデオの登録方法
  1. AmazonTOPから「今すぐ30日間無料体験」を選択
  2. Amazonプライム登録
  3. 「30日間無料トライアル」を選択
  4. Amazonプライム登録
  5. 「Amazonアカウントを作成する」を選択
  6. Amazonプライム登録
  7. 必要事項を入力し、「Amazonアカウントを作成する」を選択
  8. Amazonプライム登録
  9. メールに届いたワンタイムパスワードを入力
  10. Amazonプライム登録
  11. 支払い情報を入力し、「あなたのカードを追加」を選択
  12. Amazonプライム登録
  13. 名前・住所・電話番号を入力し「この住所を使う」を選択
  14. Amazonプライム登録
  15. 「続行」を選択
  16. Amazonプライム登録
  17. 登録内容を確認し、「30日間の無料体験を始める」を選択
  18. Amazonプライム登録
Amazonプライムビデオの解約方法
  1. Amazonのアプリ・またはwebサイトにアクセス
  2. アプリは右下、webサイトは左上にある「三」のマークを選択
  3. Amazonプライム解約
  4. 「アカウントサービス」を選択
  5. Amazonプライム解約
  6. 「プライム会員情報の設定・変更」を選択
  7. Amazonプライム解約
  8. 「会員資格を終了する(特典を終了)」を選択
  9. Amazonプライム解約
  10. 「特典と会員資格を終了する」を選択
  11. Amazonプライム解約
  12. 「会員資格を終了する」を選択
  13. Amazonプライム解約
  14. 「(日付)特典と会員資格を終了」を選択
  15. ※「(日付)特典と会員資格を終了」を選択すると、記載の日付まで特典が利用できます。忘れそうな方は、事前にこちらの手続きを行っておくと自動継続にならないのでおすすめです。

    ※「今すぐ解約する」を選択すると、その場で即時解約となります。

    Amazonプライム解約

ドラマ『ミステリと言う勿れ』1話から最新話までの再放送予定は?

2022年4月現在、ドラマ「ミステリと言う勿れ」の再放送情報はありませんでした。

残念ながら、まとめての再放送の予定はないため見逃してしまった方はFOD Premiumがおすすめです。

FOD Premiumであれば、再放送を待たずに今すぐ全話無料視聴することができます。

2週間の無料お試し期間もあるので、ぜひこの機会にお試しください。

本日から7月9日まで無料!

 

ドラマ『ミステリと言う勿れ』あらすじや感想

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の全体あらすじ
菅田将暉さんが、月9初主演!大人気コミック待望の映像化!究極の会話劇で事件の謎も人の悩みも解きほぐす!令和版、新感覚ミステリードラマが始まる!
引用元:公式サイト
ドラマ「ミステリと言う勿れ」の見どころ
本作は、累計発行部数800万部という大人気コミック「ミステリと言う勿れ」を実写ドラマ化した作品です。

実写化を待ち望まれており、2022年1月クールの月9枠での放送が決定となりました。

主人公・久能整がある日、身に覚えのない殺人事件の容疑をかけられてしまいます。

取り調べを受ける中で、事件に隠されたヒントや、刑事が抱えている悩みに気づいていきます。

ただただマイペースに話していくうちに、事件の謎や人の心まで解決してしまうと言う一風変わったミステリードラマとなっています。

主人公である大学生の久能整を演じるのは、様々な役をこなしている菅田将暉。

今回が月9初主演ということで、より一層ドラマが楽しみになってきますよね!

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の見どころは、久能整が淡々と会話をし、事件解決へと導くストーリー展開でしょう。

今までに見たことのない新感覚のミステリードラマとなっていますよ!

本日から7月9日まで無料!

ドラマ『ミステリと言う勿れ』の感想

女性20代

ここ最近で一番大好きなコミック「ミステリと言う勿れ」がドラマ化すると知った時はすごく嬉しかった!しかも、菅田将暉さんが整を演じるということで…淡々とひたすら話す姿をどこまで忠実に演じることができるのかとても楽しみです。その他のキャストも原作とマッチしていていいと思います。

女性30代

たまたま知人に勧められて読んでいた漫画、久しぶりに面白い!と思った矢先にドラマ化するというニュースが!すごく面白そう。月9はやっぱり外れないですよね!原作はまだ終わってないはずですけど、一体どこまでドラマ化されるんだろう。2022年始めのドラマにぴったりな作品だと思います。主演は菅田将暉くん…もう、放送日が待ち遠しいです!!

女性30代

原作コミックは読んだことありませんが、予告編を見ただけで、これ面白いでしょ!と確信してしまいました。キャストを見てみると菅田将暉くんが主役で、伊藤沙莉さんも出演されるということで…伊藤沙莉さんすごく好きなので連続ドラマ、しかも月9で見られるのはとても楽しみです。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』の関連動画

菅田将暉の出演ドラマ・映画

 

無料動画情報まとめ

以上、菅田将暉主演のドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

大人気コミックが待望の実写ドラマ化!

どんな役でも難なくこなす菅田将暉の演技力に今作も大注目ですよ!

そんなドラマ「ミステリと言う勿れ」の動画はFOD Premiumで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間もあるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から7月9日まで無料!