七つの会議(2013)

本日から12月27日まで無料!

2013年7月から放送されたドラマ『七つの会議(2013)』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『七つの会議(2013)』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TSUTAYA DISCASであれば1話から最終話まで全話無料レンタルが可能です!

TSUTAYA DISCASの無料期間を使えば、無料でレンタルして全話視聴できます。

ドラマ『七つの会議(2013)』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料) サービスはありません
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料)
配信なし
関連作品
話数 全4話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『七つの会議(2013)』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「七つの会議(2013)」の動画は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

七つの会議(2013) TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「七つの会議(2013)」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TSUTAYA
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

また期間中であればドラマ「七つの会議(2013)」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TSUTAYA DISCASの特徴を表にまとめています。

月額料金 2,052円
無料お試し期間 30日間
初回登録特典 準新作が8枚まで、まだまだ話題作・旧作DVDレンタル借り放題
継続特典 新作以外借り放題、
新作・準新作は月8枚まで無料レンタル
取扱作品数 49万作品以上(DVD、Blu-rayレンタル)

著作権の厳しいジャニーズ出演ドラマなど、動画配信サービスでは見れない作品も多く楽しめます。

さらに動画配信サービスでは取り扱いのない作品も無料DVDレンタルできるため、懐かしい作品や諦めていた作品も無料視聴できますよ!

本日から12月27日まで無料!

第1話 「だれかが消えていく」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

中堅の電機メーカー・東京建電の営業部4課長・原島万二(東山紀之)は業績が常にふるわず、会議で上司に叱責され続けだった。対照的に営業1課長の坂戸(眞島秀和)は営業のエースと誰からも認められていた。その坂戸が1課の万年係長とあだ名される八角(吉田鋼太郎)から突如パワハラで訴えられ、更迭。原島は不可解な人事に驚き、下請に発注される製品用のねじに隠された謎に直面するが・・・。
引用元:TSUTAYA DISCAS

第1話の感想

「半沢直樹」でその名を日本中に轟かせた池井戸潤の本が原作になっているドラマ、面白くないわけがありませんよね。全く違うキャストであり職業が舞台であるものの、何だかどうしても半沢直樹を感じてしまうのはやっぱり独特な池井戸ワールドならでは故なのでしょうか。とにかく、超重厚なキャストたちの迫力ある演技から目が離せない、それでいて謎だらけでどこから紐解いて行くのかワクワクするドラマです。まだまだわからないところが多いのでこれから解明して行くのが楽しみです。

ドラマ『七つの会議(2013)』1話無料動画

ドラマ『七つの会議(2013)』1話のネタバレ
中堅の電機メーカー、東京建電の営業部は一課と二課に分かれていてその扱いは天国と地獄ほどに差がありました。

地獄のニ課を任されているのが主人公の原島万二(東山紀之)で営業会議のたびに鬼の営業部長の北川誠(石橋凌)に叱責を受けていたのです。

そんなある日、花形の一課長・坂戸宣彦(眞島秀和)がパワハラで人事部に異動させられてしまうという一大事が。

その代わりに一課長となった原島でしたが、一連の人事に不信感を抱くように。

パワハラを訴えた八角民生(吉田鋼太郎)は万年ほぼヒラで坂戸よりもずっと年長者。

訴えが上に上がったこと自体が不自然なのです。

調べていくと、何とこれは坂戸を営業から遠ざけるために巧妙に仕組まれた罠だったことが判明。

坂戸が去ったとともに下請けを全て変えろという異例の命令にも不自然さを覚えます。

するとこれが実は坂手の扱っていた下請け会社・トーメイテックは安かろう悪かろうの不良品を納品していたことが判明。

さらにはパワハラを訴えた八角が何か大きな秘密を握っているらしいこともわかってきて…?!

第2話 「二度と戻れない」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

製品用ねじが強度不足で折れる瞬間を見た原島は、前課長の坂戸更迭の裏側に何かが隠されているのではと考え、真実を探り始める。坂戸が課長のころに発注されていたねじを入手するため、カスタマーセンター室長・佐野(豊原功補)と共謀して高崎工場への顧客見学ツアーを企画する原島。ねじにまつわる戦慄すべき真実が明らかになるが、報告を受けた宮野社長(長塚京三)は意外な指示を出し・・・。
引用元:TSUTAYA DISCAS

第2話の感想

2話になってだいぶ話がみえてきて、面白さが増してきました。重要な事実が明らかになってきて、原島が重要な話は会議で話し合うべきだという場面がありました。しかし、それに対して佐野が「会議で話すのは建前だけだ」と言い返して言いました。このセリフは本当になるほどそうだよねと唸りましたね。日本の会社の会議って本当にそういうところが多くて、本音は別のところで語られている…なんてことが日常茶飯事で繰り広げられているのだと思います。ということは、一日の中で何時間も割かれているあの会議の時間というのは…ほぼ時間の無駄?と自分の会社生活に重ねて思わず苦笑いしてしまいました。

ドラマ『七つの会議(2013)』2話無料動画

ドラマ『七つの会議(2013)』2話のネタバレ
原島(東山紀之)が新しく頼み込んだ小さいけれど高性能なネジを作る会社・ねじ六の社長(甲本雅裕)によって明らかになったトーメイテックの杜撰な仕事。

規格外の不良品のねじは強度不足のためにたくさんのクレームを受けていたのです。

クレーム係の佐野健一郎(豊原功補)は社内事情に非常に詳しく、原島は彼を使ってトーメイテックと坂戸(眞島秀和)の不正を暴こうと考えます。

問題のねじを調べていくと、全32種類のうち22種類で何らかの不備が見つかります。

しかもそれらのねじは高速鉄道や飛行機の椅子など重要な機器として使用されていたのです。

営業部の実績を上げるために徹底してコストダウンを要求していた坂戸。

しかし不良品を納入していたことは部長の北川(石橋凌)も了解していることだったのです。

これ以上の隠蔽は無理だということで坂戸を陥れることによって不正をストップしたよう。

しかしこれが表沙汰になったら会社などあっという間に潰れてしまうような大不祥事、と原島は頭を抱えます。

しかし一方でこの事実を知った佐野は、自分をクレーム係などという窓際に追いやった会社へこのネタで復讐してやろうとほくそ笑むのでした。

第3話 「すべてが壊れていく」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

製品にまつわる大がかりな隠蔽を知った原島(東山紀之)は、他にどうすることもできずにヤミ改修に手を染める。東京建電の親会社「フロンティア」から出向中の副社長・村西(北見敏之)に内部告発の文書が届き、本社から定期調査に名を借りての調査チームが送り込まれてくることになる。下請の町工場で働く人びとの暮らしや、現場で額に汗する社員たちのことを思い、原島はデータを改ざんしてその調査を切り抜けようと決意して・・・。
引用元:TSUTAYA DISCAS

第3話の感想

会議室での生々しいやりとりに俳優陣の力量を見せつけられるものすごい迫力です。皆結局のところ自分の保身で、綺麗なことを言っていても実際に手を汚す勇気のある人はおらず。そんな中、手をあげた原島ですが、一連の中で何もできない自分に苛立っていたと言う最悪のタイミング。隠蔽なんてもともと正義感が強くて真面目な原島みたいな人がやるようなことじゃないんですよね。でも会社って本当にずるい。正義感が強い人が、ばかを見るみたいなところ、本当にあるんだと思います。村西に内部告発したり監査で不良品が見つかるように画策したりした八角はそんなことを原島に説教していたものの、自分自身でも何が正しいのかわからないでいるような印象が強かったです。でも本当にそれも納得。自分がねじ六の社長だったらリコールなんて絶対にしないで欲しいと思いますし…。原島は一体どうするのでしょうか?

ドラマ『七つの会議(2013)』3話無料動画

ドラマ『七つの会議(2013)』3話のネタバレ
会社を揺るがすほどの不祥事を知ってしまった会社に恨みをもつ佐野(豊原功補)は告発文書を提出。

「隠蔽せよ」と言う社長命令を受けて、八角(吉田鋼太郎)と原島(東山紀之)ほか関係部署の部長が会議室に集まります。

これからすることは不正の事実を隠蔽することと、すでに流通してしまっている不良品のネジを全て交換すること。

原島は一課長にしてもらえた恩を返せと後始末をすることに。

しかし、ネジの追加受注を依頼したねじ六の三沢の要望と、上司の北川(石橋凌)の間で双方の注文をうまく取り計らえず悩む原島。

そんな時、親会社のフロンティア出身の副社長・村西(北見敏之)に「誰か」が告発文を送りつけたのです。

村西の報告を受けたフロンティアは東京建電に監査を送ることを決定。

村西に全てを話すか、隠蔽を続けて監査をくぐり抜けるか。

失敗したら即身の破滅を意味する大きな賭けにその場の誰もが口を噤みます。

しかし、そんな中で手をあげたのは原島でした。

そして監査の日、「誰か」の裏切りで不正が明るみに出そうになったのですが原島がそれを事前に対処。

原島が疑っていた裏切り者の「誰か」は八角だったのでした。

不正ねじで誰かが怪我をしないため、会社を潰さないため、下請けをまもるために隠蔽をしようとする原島の善意を間違っていると指摘。

会社と言うものは善意を利用して漬け込むだけなんだと言うのでした。

第4話 「だれかが生き残る」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

フロンティアは不祥事の罪を坂戸(眞島秀和)ひとりに着せ、組織の生き残りをはかろうとする。それを承服できない原島(東山紀之)と八角(吉田鋼太郎)は、東京建電の生き残りを賭けて、坂戸から事件の詳細を聞き出し、独自の調査を開始する。しかし、原島がつきとめた真実は、予想することすらできない悪の構図だった。東京建電の再生と顧客の安全のため、原島は最後の行動に出る。そして、その結果は・・・。
引用元:TSUTAYA DISCAS

第4話の感想

最後の原島の決意に泣きました。。放っておけば、自らの保身はいくらでもできたのに。自分の中の正義を貫いたのですね。そして彼の背中をそっと見送る奥さんの姿にも泣きました。こんなこと、自分だったらできない…夫を絶対責めてやめてくれと縋るだろうと思いました。もちろん、悪事は真実でこんなこと繰り返していいもののはずがありません。連鎖は誰かが止めなければいけないと誰もが思うはず。でもその誰かに自分が、もしくは自分の家族がなるとなったら躊躇するでしょう。原島もそうだし、ねじ六の三沢もそう、こう言う人が仕事に誇りを持っている人なんでしょうね。汚い会社にしがみついて自分の中の正義を殺して生き残るか、立場は厳しくなってバッシングを受けてでも誇り高く生きて行くのか。どちらが正しいかは一目瞭然ですが、生きていくという意味では双方の意見があることもまた事実なんだというとても難しいテーマではありましたが、最後まで吸い込まれるように見通すことができるドラマでした。

ドラマ『七つの会議(2013)』4話無料動画

ドラマ『七つの会議(2013)』4話のネタバレ
八角(吉田鋼太郎)が全てを話してしまったことで親会社のフロンティアに今回の不正と隠蔽が知られてしまい御前会議が開かれることに。

東京建電社長の宮野は必死に親会社に今回の不祥事解決のための資金援助を求めます。

もちろんフロンティアの役員たちは激怒。

八角(吉田鋼太郎)をチーフとした調査チームを立ち上げることに。

フロンティア側の弁護士・安達とともに前一課長の坂戸(眞島秀和)を取り調べます。

トーメイテックの江木社長によると坂戸の方から偽装の打診があったとのこと。

しかし坂戸は真っ向から反論します。

そんな坂戸を見て、安達は偽装は坂戸が実績を上げるために個人の判断で行ったことにすると言います。

事実を会社の都合の良いように捏造しようと言うのです。

その後、謹慎先のホテルから姿を消した坂戸はねじ六を訪れ謝罪をしていました。

呼び出された八角と原嶋(東山紀之)はそこで偽装はやはりトーメイテック側から持ちかけられたという事実を知らされるのでした。

こうして真実の究明を進めるなかで、原島は全てが社長の宮野の指示だったことにたどり着きます。

こうして綺麗事を言い、不正を繰り返そうとする宮野の言葉に原島はある決意を固めます。

そして翌日、新しいネクタイを締めて、新聞社に向かう原島の姿があったのでした。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『七つの会議(2013)』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『七つの会議(2013)』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
無料
DVD無料レンタル30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「七つの会議(2013)」は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタルすることができます。

TSUTAYA DISCASは、新作以外のDVDが借り放題です。

もちろん30日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月27日まで無料!

TSUTAYA DISCASでドラマ『七つの会議(2013)』の動画を無料視聴

ドラマ「七つの会議(2013)」はTSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASでは、動画配信サービスでは取り扱いの少ないジャニーズ出演作品も多くラインナップされています。

ドラマ「七つの会議(2013)」に出演している東山紀之の出演作品

  • 刑事7人
  • 喰いタン
  • おとなの事情 スマホをのぞいたら

もTSUTAYA DISCASで無料レンタルできるため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「七つの会議(2013)」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月27日まで無料!

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

 

ドラマ『七つの会議(2013)』あらすじや感想

ドラマ「七つの会議(2013)」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「七つの会議(2013)」の全体あらすじ
直木賞作家・池井戸潤の同名小説を原作に、大手電機メーカーの下請けである中小企業の「内部告発」を描いた企業サスペンスドラマ。ひとりの平凡な課長が思いがけない出来事をきっかけに、それまで知ることのなかった会社の深層に迫り、巨悪と向かい合っていく。企業が抱える体質、組織の一員として働くサラリーマンの矜持(きょうじ)と悲哀、そして下請けの現場の人間模様。
引用元:NHK公式サイト
ドラマ「七つの会議(2013)」の見どころ
2019年には野村萬斎を主演に迎え、映画化もされた本作。

原作は池井戸潤が手がけたサスペンスドラマで、原作・ドラマ・映画ともに高い人気を獲得しました。

ドラマ版の本作で原島万二を演じたのは東山紀之、八角民夫役に吉田鋼太郎、坂戸宣彦役に眞島秀和など、豪華俳優陣達が集結、

脚本は『アシガール』などの宮村優子が担当しています。

演出は、土曜ドラマ枠で『外事警察』や『ロング・グッバイ』などを手がけた、堀切園健太郎。

堀切園はかなりエキセントリックな作風で知られていますので、彼らしい独特な世界観に引き込まれるでしょう。

企業の裏で不正を働く者を明るみに出すという内容は、『半沢直樹』にも共通する部分がありますので、ぜひ池井戸ワールドをお楽しみください!

本日から12月27日まで無料!

ドラマ『七つの会議(2013)』の感想

男性30代

池井戸さんが描くお話は、どれもこれも本当にスッキリする内容で、観ていて元気が出ます。中でも「半沢直樹」が好きな人は特に好きなんじゃないかと思います。東山紀之さんの演技も素晴らしく、いい味を出していました!

女性40代

悪事を明るみに・・・という内容が好きなので、最高に面白かったし、観た後に清々しい気持ちになりました。4話完結なので、全体的にテンポの良い展開が観やすくて一気見しても疲れません。明日から頑張ろうと思わせてくれる作品です!

男性30代

日本の会社の風潮や日本人の性質を的確に表現している感じがしました。人間の本性やズルい部分がしっかり描かれているので、リアルだしドロドロしてるし、予想外の展開が続いてドキドキ感が最高でした!

ドラマ『七つの会議(2013)』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、東山紀之主演のドラマ「七つの会議(2013)」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

池井戸作品にもってこいの豪華キャストが集結した本作。

ぜひ、小説・映画版も一緒にチェックしてみてください!

そんなドラマ「七つの会議(2013)」の動画はTSUTAYA DISCASで見放題配信中です。

無料お試し期間の30日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月27日まで無料!