おじさまと猫

本日から12月14日まで無料!

2021年1月から放送されたドラマ『おじさまと猫』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『おじさまと猫』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、huluであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

huluの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『おじさまと猫』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料)
配信なし
草刈正雄の出演ドラマ
話数 全12話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『おじさまと猫』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「おじさまと猫」の動画は、huluにて見放題配信中です。

おじさまと猫
(画像引用元:hulu)

huluは通常月額1,026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「おじさまと猫」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

hulu
(画像引用元:hulu)

また期間中であればドラマ「おじさまと猫」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、huluの特徴を表にまとめています。

月額料金 1,026円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 なし
継続特典 なし
見放題作品数 70,000本以上
取扱作品数 70,000本以上
ダウンロード機能 ダウンロード一部作品可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、さまざまなドラマの本編では入りきれなかった部分をhuluオリジナルストーリーとして独占配信中!

他では見れないサイドストーリーとして、違う視点でドラマを楽しむことができますよ。

本日から12月14日まで無料!

第1話

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、お客さんに見向きもされなかった猫は、いつしか誰かに愛されることを諦めるようになっていた。しかし、そんなある日、猫の前にひとりの男性・神田(草刈正雄)が現れる。
引用元:Paravi

第1話の感想

最愛の奥さんを失った悲しみは他人には計り知れないことだと感じます。何事にもやる気を見いだせなくなる冬樹を心配する親友がいるだけ幸せなことですが、これからぶさいくな猫のふくまるとの生活で、少しでも人生に希望が見いだせたらいいなと感じます。このドラマを参考に、これからの自分だったり、親の余生に動物を飼うことを視野にいれて、参考にしていきたいと思います。動物との生活が未経験の私ですので、同じ未経験同士の冬樹がどういう感じになるかが、自分にも置き換えられて、参考になると思ったからです。

ドラマ『おじさまと猫』1話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』1話のネタバレ
ピアニストの神田冬樹(草刈正雄)は、最愛に奥さんを失ってから、毎朝写真の奥さんに話かけて生活を送っていた。

一人にはもったいないくらいの大きな家で一人。

親友の小林夏人(升毅)は、愛犬がいるので、いつも冬樹に愛犬の話をするが、冬樹は動物が苦手でした。

しかし、ふと、奥さんが猫を買いたいと話していたことを思い出した冬樹。

ペットショップへ行くもお目当ての猫はなく、帰宅しようとしますが、大切な結婚指輪のネックレスを落としてしまい、探しているとぶさいくだと言われている猫と対面。

この猫は、1歳になろうというのに、見た目がぶさいくだからと誰からも買ってもらえないで処分されようとしている猫でした。

動物が苦手な冬樹でしたが、ぶさいくな猫を見た瞬間に、この猫と家に帰りたいと思い連れて帰ります。

ぶさいくな猫と猫に必要な道具をすべて購入して、嬉しそうに帰る冬樹。

この猫はふくまる(神木隆之介)と名付けられます。

第2話

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

神田(草刈正雄)の家に初めてやってきた猫は、慣れない広い部屋への戸惑いと神田の家族に拒まれることを恐れ、キャリーケースから出られずにいた。そんな様子に、神田は自分一人しか住んでいないことを告げる。自分と同様、神田も孤独を感じていると知ったその猫は、寂しげな表情で話す神田にそっと擦り寄る…。
引用元:Paravi

第2話の感想

ふくまると冬樹の関係は、まるで、人間同士のような関係で、こんな関係に動物を飼うとなるのかと知ることができた回でした。私は動物を飼ったことがありませんので、今後の二人の関係で、動物を飼うのも悪くないのかなと感じられるのかなと期待しながら、二人の関係を見ていきたいと思います。小林の犬なら良かったという気持ちは、冬樹のことを本当に心配していて、自分といれば大丈夫だと思っての発言だと思うので、良い友達だなと感じました。

ドラマ『おじさまと猫』2話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』2話のネタバレ
飼い主の神田冬樹(草刈正雄)の家にやって来た猫は、名前を与えられました。

名前は、「ふくまる」。

冬樹はお店にいる時から、直感で名前が決まっていました。

冬樹の大きい家に入ったふくまる(神木隆之介)は、冬樹以外の家族に仲良くしてもらえるのかが気になっていました。

しかし、自分と同じ一人ぼっちな飼い主だとわかるふくまる。

お互いに一人ぼっちなので、信頼関係が深くなりました。

ふくまるは、冬樹のことを「パパさん」と呼びます。

誰かに自慢したくなった冬樹は、親友の小林夏人(升毅)に連絡すると、犬なら良かったと、ふくまるをブサイクだと罵倒されます。

罵倒されたことで、冬樹は激怒。

ふくまるの存在は自分を変えてくれたと感じた冬樹は、仕事をしようと決意。

音楽教室への面接へ向かい合格を勝ち取っていました。

有名はピアニストなのに、子供への指導でいいのかと問われたが、冬樹は満足していました。

ふくまるのためにキャットタワーを購入。

良いことずくしで喜んでいた冬樹の家に前に小林がいます。

ふくまるのことをブサイクだと言っていた小林だったが、ふくまるのことを好きになります。

ふくまるの方は、抱きかたに不満があるものの、お菓子とおもちゃにつられる子供のように小林を気に入ります。

ふくまるのことをバカにした謝罪と、冬樹の笑顔に嬉しいと感じる小林。

第3話

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

新しい職場に初出勤する神田(草刈正雄)は、そわそわした様子で着替えている。家に置いていくふくまる(声:神木隆之介)のことが心配で仕方ないのだ。そんな神田を励ますように、一人で待てると意気込むふくまるだったが、いざ神田が出ていくと寂しさでいっぱいに…。一方、新しい職場・音楽教室で、同性の職員が来たと喜ぶ森山(小関裕太)から、歓迎会をしようと声をかけられるが、ふくまるのことが心配でたまらない神田は…!
引用元:Paravi

第3話の感想

頭の中がふくまるで一杯という冬樹が、子育て中の母親のように思えてきました。子供に夢中になるのと同じ感覚で、猫のことも好きになるのが、飼い主なのだと改めて感じました。猫も子供と一緒という言葉を聞いたことがありますが、こういうことかと納得できました。冬樹が人間らしくなるのが回を追う事にわかり、人生を無駄に生きていた時間を取り戻そうとしている様子がふくまるとの出会いから伝わります。これからもふくまるとはいい関係を築き、ふたりの時間を堪能してほしいと思います。

ドラマ『おじさまと猫』3話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』3話のネタバレ
音楽教室での指導の初出勤の日。

スーツを着て、準備が整った神田冬樹(草刈正雄)だったが、ふくまる(神木隆之介)と離れることが寂しくなってしまいます。

それは同じ気持ちだったふくまる。

だが、仕事へは行かなければなりません。

一大決心をしたように冬樹は仕事へ向かい、ふくまるはおうちで待っています。

仕事の前に中々売れなくて心配していたであろうふくまるを買ったお店で、名前を公表。

冬樹の職場には冬樹ともう一人の男性教師がいました。

彼は、森山良春(小関裕太)。

バンドもしている森山は、神田がピアニストだとは知らないが、神田から伝わる紳士的な魅力に惹かれています。

仕事をそつなくこなす冬樹。

だが、頭の中はふくまるのことで一杯です。

歓迎会をしてくれるとの誘いも断り、ふくまるとの感動の再会。

たった数時間の別れでも、冬樹にとっては何日も何年も離れていたような感覚でした。

そして、冬樹はふくまるをピアノの部屋へと連れていき、演奏を聞かせます。

ふくまるはピアノより、自分と遊んでほしい気持ちで一杯でしたが、ふくまるのお陰でピアノが弾けると喜ぶ冬樹。

第4話

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

もうすぐ1歳になるふくまる(声:神木隆之介)。神田(草刈正雄)はペットショップの店員・佐藤(武田玲奈)から早めの去勢手術を勧められていた。どの本を読んでも手術すべきだと書かれていたが、ふくまるに万が一のことがあったらと想像すると、不安でたまらない。周囲にも相談しながら、神田は意を決して去勢に踏み切る決断をする。 病院へ連れて行くと、診察台で怯えるふくまる。神田はふくまるを安心させるために言葉を重ね、獣医にふくまるを託すが…。
引用元:Paravi

第4話の感想

去勢手術はどのペットでもするのだということを初めて知ることができました。今まで、飼い主がこれ以上猫や犬が増えたら困るから手術をしようとしているのだと思っていましたが、猫自身も辛い状態になるのだと知り、驚きました。本能のままに生きていると思っていたからです。やりたい時にやっているのだと思いましたが、きちんと発情期が存在し、それは辛い時期なのだと知り、猫や犬も奥が深いなと感じました。今後も知らない情報が得られるのかと楽しみです。

ドラマ『おじさまと猫』4話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』4話のネタバレ
1歳になるためにふくまる(神木隆之介)の去勢手術を勧められた神田冬樹(草刈正雄)。

発情すると猫もストレスを受けるし、発情後に手術をしても記憶が残っているから扱いが大変だと告げられます。

去勢手術について自分なりに調べる冬樹。

失敗のことを考えると、一歩を出せないために、職場の音楽教室の仲間も冬樹の不安を取り除こうと優しく助言してくれました。

仲間の説得と、亡き妻の鈴音(高橋ひとみ)の写真から、励まされたように感じた冬樹。

手術と聞くと抵抗を感じている冬樹でしたが、ペットショップの店員の佐藤もみじ(武田玲奈)を信じて受けることにしました。

手術を受ける本人のふくまるも、何かを察しして、ゲージへ入ろうとしませんでしたが、おやつでつられます。

手術時間は一時間なのですが、とても長い時間かかるように感じてしまう冬樹。

医師を困らせるほど、ふくまると離れませんでした。

ふくまるの手術の時間、険しい顔をして成功を祈る冬樹の前に親友の小林夏人(升毅)が登場。

小林の飼い犬が去勢手術をした時の話を聞いて、気持ちが落ち着いてきた冬樹。

何事もなく手術を終えたふくまるにおかしを食べさせ過ぎる冬樹。

後悔をしていましたが、ふくまるは冬樹の気持ちを理解して、長生きをしようと思うのでした。

第5話

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ふくまる(声:神木隆之介)のおかげもあって、音楽教室の子供達にも大人気の神田(草刈正雄)。レッスン後、森山(小関裕太)と話していると、神田の幼少期の思い出を垣間見ることになる…。そして帰宅途中、小林(升毅)に遭遇し、猫グッズが並ぶ雑貨屋に入ると、すっかり猫好きになった神田は次々と猫グッズを購入する。ところが、ふと目に入ったマグカップから、かつて妻・鈴音(高橋ひとみ)とこの雑貨屋を訪れた時のことを思い出す…。
引用元:Paravi

第5話の感想

冬樹の過去の話が登場してくる今回は、冬樹の動物の苦手になった訳だったり、鈴音とのエピソードにほっこりできました。母親が動物を苦手だと近寄れないのはすごくわかります。私もそうしてこどもを制止しているので、このお話をきっかけに、こどもと自分は違う人間なのだということを改めて意識しました。何事も禁止ではいけないと感じました。こどもにも考える機会を与えようと思います。鈴音の冬樹に対する愛情が女神のようで、無償の愛を与えられる人ってすごいなと憧れてしまいました。

ドラマ『おじさまと猫』5話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』5話のネタバレ
ふくまる(神木隆之介)と出会う10ヶ月前のお話。

親友の小林夏人(升毅)が、妻の神田鈴音(高橋ひとみ)が亡くなってからの冬樹(草刈正雄)の様子を伺いにやって来ます。

一人の時間が長いことに苦痛に感じていた冬樹でしたが、動物は苦手なため、小林からの犬を進められても飼うことも触ることもしませんでした。

現在は、音楽教室でこどもたちにピアノを教えていますが、飼い猫のふくまるの話をしたり写真を見せたりして飼い主としてとても可愛がっています。

ふくまるは冬樹にとって最初のペット。

冬樹の母親は、動物が嫌いで、触ろうとする冬樹を止めて連れていくような母親でした。

そんな冬樹はいつしか友達と呼べる人がそばにいなくなりましたが、小林だけはいつも一緒にいてくれました。

冬樹は、たまたま鈴音と共に訪れたお店を通り、猫の絵のTシャツを購入。

マグカップも買おうかと思ってた時に、鈴音が購入したものは何だったのかと思い出します。

慌てて家で探す冬樹でしたが、中々見つかりません。

ふくまるは戸棚の上からそこに置いてあった物と一緒に落ちてしまい、冬樹に心配されます。

すると、鈴音が購入したマグカップを発見。

そこにはピアノのイラストがついており、鈴音が自分のピアノを好きでいてくれていたことを思い出し、ふくまるを抱き締めて泣きました。

小林に抵抗感を抱くふくまる。

しかし、小林は冬樹を笑顔にしてくれる人なのでと和解し、冬樹も小林の愛犬である茶子を触りました。

第6話

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ふくまる(声:神木隆之介)と暮らすようになってから、妻が生きていた頃のように、少しずつピアノが楽しめるようになっていた神田(草刈正雄)。 そんなある日、音楽教室で神田の演奏のすばらしさに興奮した森山(小関裕太)は、神田をピアノのコンサートに一緒に行こうと誘う。神田は心の中では戸惑いを感じながらも、誘いに快諾する。今話題のピアニスト日比野奏(平山浩行)のコンサートだが、会場に行った神田は…
引用元:Paravi

第6話の感想

どうしてピアノが弾けなくなったのかがわかる今回のお話は、冬樹の過去を知れて、これからの冬樹の変化をより気づけるようになるのかなと感じました。コンサートの真っ最中に知らされる最愛の妻の危篤は辛いですし、ピアノが弾けなくなるのは理解できます。とても辛かったのだろうと思います。それから、ふくまると出会うことで、ピアノに触れないという辛い時間を克服できたので、いつかふくまるの力でコンサートができるようになれるといいなと感じます。

ドラマ『おじさまと猫』6話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』6話のネタバレ
最愛の妻鈴音(高橋ひとみ)がいなくなってから弾けなくなっていたピアノが、ふくまる(神木隆之介)がやって来てから弾けるようになった神田冬樹(草刈正雄)。

職場であるピアノ教室の同僚である森山良春(小関裕太)は、ピアノを習っていた過去がありました。

しかし、弟から試しに弾いてみると弾いた時の腕前がすでに有名な作曲家の曲を弾いていてから、ピアノに触ろうとしなくなりました。

弟に負けたと実感したからで、今も教えているのはギター。

しかし、今聞こえてくる音色は心に響いてきて、ピアノが好きだった時の気持ちを思い出し、つい冬樹に今注目を浴びているという日比野奏(平山浩行)のコンサートを一緒に行かないかと誘ってしまいます。

森山の押しに負けて了承した冬樹。

冬樹がふくまるの待つ家へと帰る時、ふくまるを飼ったお店では店員の佐藤もみじ(武田玲奈)がペットショップで猫を引き取ってほしいというお客さん(朝加真由美)を断り、猫の今後を心配しているところと遭遇。

少し心配をする冬樹だったが、大丈夫だろうとふくまるを抱いて感じていました。

ふくまるも生まれてすぐに兄弟と離れたことを思い出し、幸せでいるだろうと感じています。

森山から誘われて向かったコンサート。

冬樹は演奏を聞いている最中に胸が苦しみだし、森山に自宅まで送ってもらいました。

森山は、日比野の演奏を聞いても冬樹ほ演奏ほど気持ちが高まらなかったと同僚の石上(石橋けい)に告げると、世界的に有名なピアニストだと初めて知り驚愕します。

冬樹はどうして胸が苦しくなったのか。

それは鈴音の危篤を知らせる連絡を受けた場所がステージ上でアンコールを待っているお客さんにきちんと演奏を聞かせられなかったという過去があったからでした。

森山は謝罪にやって来ましたが、冬樹はまた誘ってくださいと伝えます。

森山の笑顔や普段の行動が嬉しかったと感じた冬樹だったからです。

それからふくまるを可愛がる森山。

そんな光景を見て、冬樹は鈴音が見方を変えると悪い日だと思う日も良い日に変わると話していたことを思い出すのでした。

第7話

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

世界的ピアニストである神田(草刈正雄)との才能の差に打ちのめされて以来、神田を憎んでいる日比野(平山浩行)は、先日、自分のコンサートを神田が途中退出したことに、苛立っていた。そんな中、日比野は母親(朝加真由美)から猫・マリン(声:松本穂香)の飼育を押し付けられ、しぶしぶ猫グッズを揃えるためペットショップに向かうことに。店員の佐藤(武田玲奈)に勧められるがまま、大量の猫グッズを選んでいると、偶然にも神田と再会を果たすが…!?
引用元:Paravi

第7話の感想

次回まで展開が気になるというところで終わってしまいました。ふくまるとマリンの関係は兄弟なのかなと予想していますし、日比野と冬樹との関係ももしかしたら猫という共通点によって仲良しになるのかなと想像しています。次回がとても楽しみです。さらに、日比野の母親という関係で前回の女性が出てくるというシーンでは、ただの人にしては有名な女優を使っているなと感じて前回見ていたので、こういう繋がりかと納得して見ていました。こういう伏線があるのがドラマの面白いところだと改めて感じました。

ドラマ『おじさまと猫』7話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』7話のネタバレ
ふくまる(神木隆之介)が座布団の上で寝ている様子を見ていた神田冬樹(草刈正雄)の家に、蓮見(東根作寿英)がやって来ました。

蓮見は冬樹がもう一度ピアニストとして活動をすることを願っている人。

冬樹は日比野奏(平山浩行)のコンサートに行けたが、演奏を聞くことができなかったので、ピアニストに戻ることはできないと告げます。

がっかりされると思っていた冬樹だったが、蓮見は猫好きで、自宅に3びきも飼っていたので、ふくまるのことを可愛がってくれ、さらに、冬樹の家族が増えたことを喜んでくれました。

蓮見はふくまるのお陰で冬樹は気づいていない良い兆候が見られることをふくまるに感謝。

日比野は、冬樹を追い越そうと必死でピアノを練習をしてきていたが、先日のコンサートで、冬樹が会場を出ていった理由を知らないために、自分の演奏に問題があるのかとイライラしてました。

そんなイライラしていた時に母親(朝加真由美)が訪問。

先日マンションを変えたことで、猫を飼えなくなってしまい、ペットショップにも断られたために息子である日比野に育ててもらおうとしています。

しかし、そんな身勝手な母親の行動に怒り出す日比野。

母親は、いつも自分のピアノより自分を優先している人で、今回も要らないからと猫を置いていくという行為に苛立ちを隠せないでいます。

苛立ってはいた日比野だったが、ペットショップで猫を飼うために必要なものを買いに出掛けます。

日比野が向かったペットショップは先日母親が猫を引き取ってほしいとお願いしたお店。

日比野と猫を見て引き取ってくれる人がいて良かったと喜ぶ店員の佐藤もみじ(武田玲奈)は、たくさんの商品を進めていました。

それはマリン(松本穂香)のためであるのだが、日比野もまんざらでもない様子。

たくさんの猫のお世話グッズを持っていて転倒してしまった日比野を助けたのは冬樹。

憧れから憎しみへと変わっていた冬樹への思いを持つ日比野は、突然の冬樹の登場に戸惑います。

しかし、冬樹はそんな日比野に笑顔で猫のお世話グッズを持ってくれて、自分の転倒を助けてくれ、さらに家に来て猫のお世話について教えてくれると言い出します。

突然の展開に戸惑う日比野。

冬樹も日比野と会話をしたことはないし、近寄りがたいオーラを放っている日比野に緊張していたが、猫という共通点で、そんな気持ちは吹き飛んでいました。

日比野の家に冬樹が向かっている時に、冬樹の家にいたふくまるが鳴きました。

ふくまるとマリンは色以外の体型や顔だちが同じ猫。

第8話

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

神田(草刈正雄)は、ピアニストの日比野(平山浩行)が猫を飼い始めたばかりだと聞いて、日比野の家について行くことに。しかし、家に着くと、ケースの中にいるはずのマリン(声:松本穂香)がいなくなっていた。奥まった隙間に隠れていたマリンを見つけるが、その姿を見て神田は驚く。なんと自分の飼い猫のふくまる(声:神木隆之介)とそっくりなのだ!ふくまるとマリンは姉弟かもしれない、そう思った神田は、日比野とマリンを自宅に招待するが…。
引用元:Paravi

第8話の感想

やはり、自分の飼い猫の方がかわいいと思うのかと日比野の発言で、笑ってしまった今回のお話でしたが、日比野も冬樹に抵抗を感じていない様子が伝わり、今後の二人の関係が良好になるのだと確信しました。猫をいう共通点によってこんなにも和やかな雰囲気になり、ライバル関係ではなく、同士になれるのは、すごい力だと改めてペットの存在が偉大だと知りました。次回、この二人の関係がより仲良くなり、冬樹のピアノのコンサートへのトラウマも克服できるといいなと思います。

ドラマ『おじさまと猫』8話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』8話のネタバレ
神田冬樹(草刈正雄)は、ペットショップで出会ったピアニストの日比野奏(平山浩行)が、始めて猫を飼い始めたと言うので、家までペットグッズを持って一緒に向かいます。

日比野の家に着いた二人ですが、キャリーケースの中に入れていたはずの猫の姿が見当たりません。

冬樹は、ふくまる(神木隆之介)の時のように床に這いつくばって日比野の猫を探しますが、その光景は本当にピアニストなのかと疑ってしまう日比野。

冬樹は発見した日比野の猫を見て驚愕。

姿がふくまるそっくりだったからです。

冬樹はふくまるの写真を見せてそっくりでしょと日比野に問いますが、日比野は興味のない返事で、さらに、冬樹が二匹飼いますかと言いそうになります。

しかし、ここで、日比野は子供の時に母親(朝加真由美)が犬を連れてきたが、世話をしないために自分が世話をして、なついていた頃に母親にはなつかないからとペットショップに返されたという過去を思い出します。

あの時に返してと誓願した自分は、家族だと思っていたのだと知り、この猫も家族なのだと改めて思いました。

名前を呼んであげるといいと助言する冬樹。

母親に聞いた名前を呼ぶ日比野に近づくマリン(松本穂香)。

マリンはまた捨てられると思い込んでいたのでした。

冬樹は日比野に猫の飼い方を教えようとしますが、自分が始めてふくまるを飼おうとした時より慣れているようだったので、日比野とマリンを家に招待をして、帰宅。

早くふくまるに会いたい冬樹は、ふくまるとたくさん遊んで家での充実した時間を過ごした。

ふくまるの1歳の誕生日の日、日比野はマリンを連れてやって来ました。

ふくまるとマリンは兄弟で、久しぶりの再会に喜びます。

そんな二匹を見て、自然と笑顔になる日比野と冬樹。

マリンの誕生日も今日にして、二人と二匹で、素晴らしい誕生日を堪能したのでした。

第9話

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

神田(草刈正雄)は音楽教室の生徒の発表会が迫り悩んでいた。以前、日比野(平山浩行)のコンサートの会場で、まともに息をすることもできなかった自分が、生徒を支えることはできないと…。退職届を出すことを決意するが、それを知った親友の小林(升毅)は、もっと周りを頼れよ!と叱咤する。 逡巡したまま退職届を提出する神田だが、同僚の森山(小関裕太)は自分がコンサートに誘ったのが原因だと落ちこむ。神田の去就はどうなる!?
引用元:Paravi

第9話の感想

小林と冬樹の友情に感動したお話でした。二人の子供の時の様子も見られ、一人ぼっちだった冬樹に話しかけてくれた小林と、いつも悪者にされている辛い気持ちを癒してくれた冬樹のピアノ。どちらも感謝をして、今まで過ごしてきていたのだと知り、二人の友情に胸が熱くなりました。こんな友情っていいなと感じます。また、小林の荷物は捨てるか持ってもらうといいというお話は、自分の気持ちを軽くしてくれるような感覚がして、気持ちが落ち着いてくのがわかりました。私も荷物を持ってもらえる人に出会いたいです。

ドラマ『おじさまと猫』9話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』9話のネタバレ
ふくまる(神木隆之介)の誕生日会では、兄弟のマリン(松本穂香)と再会できて、嬉しそうにじゃれあい、そんな二匹を愛しそうに写真に納める神田冬樹(草刈正雄)と日比野奏(平山浩行)。

冬樹は、日比野に猫たちも自分たちも仲良しだと話すが、ライバルだと思っている日比野は頷くことはできません。

しかし、そんな日比野にお構い無しの冬樹は、日比野を笑わせたりして、だんだんと仲良しになっていきました。

日比野は子供の時に飼っていた犬のように離ればなれにならないようにしようと決意。

さらに、猫に芸を身に付けさせようとします。

しかし、マリンに芸を覚えることはしないし、もっと食べたいと要求するくらい食いしん坊で、ふくまると一緒でした。

すっかりマリンのペースにやられている日比野でした。

冬樹は、流れ星をふくまると見て、この生活がずっと続きますようにと願い事をしました。

そこに親友の小林夏人(升毅)がやって来て、冬樹の書いた退職届けを発見。

どうして辞めるのだと問いただします。

冬樹は、音楽教室の発表会があるのに、コンサート会場にいけない自分は先生としてはダメな人間だと話します。

しかし、小林はそんな冬樹に説教をし、辞めたくないほど楽しい仕事だが、コンサート会場には行けないという話を職場にするように告げます。

小林の意見を聞き入れ、佐々木室長(浜田信也)に訳と退職届を伝えます。

しかし、佐々木室長はコンサート会場に入れなくても構わないこと、半年先の発表会まで直るかも知れないこと、子供も同僚の先生も冬樹が大好きだから、迷惑をかけてもいいのだと諭します。

そんな温かい言葉を受けて、辞めない決心をした冬樹。

冬樹の慕っている森山良春(小関裕太)は、冬樹が辞めないとなって嬉しくなり、一緒の帰り道に自分のバンドのライブに誘います。

行きたい気持ちが高まる冬樹でしたが、不安もあります。

冬樹は小林に相談。

小林は、二つ返事で、ライブに同行してくれることになりました。

さらに、小林は、心の荷物は捨てられないのなら誰かに持ってもらうように伝え、ペットは心の荷物を持ってくれる良いパートナーであると話します。

小林にいつも助けられていると感じる冬樹でしたが、小林もまた冬樹のピアノに助けられていました。

第10話

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

同僚の森山(小関裕太)のバンドライブに誘われた神田(草刈正雄)。しかし、コンサート会場での一連の出来事から不安を抱えていた。親友の小林(升毅)に相談すると、事前に別のライブに一緒に行ってみようと提案される。ピアノのコンサートとは全く違った、ロックの激しくて騒がしい空間に、神田は圧倒されてしまう…。果たして、無事会場に居続けることはできるのか?さらにステージ上で意外な人物にも遭遇してしまい…!?
引用元:Pravi

第10話の感想

冬樹がライブ会場に行けたことが本当によかったと思います。これで、森山のライブにも行けますし、森山がお風呂にも入らずに練習をしたり準備をしているのが報われると思うと素直によかったと感じます。しかし、ふくまるがいなくなってしまったのが、心配です。もしかしたら森山のライブまで見つからないのかなや、けがをしてしまったふくまるを心配してライブどころではないのかと色々心配してしまいます。来週の展開が今から少し不安です。

ドラマ『おじさまと猫』10話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』10話のネタバレ
眠れない夜を過ごす神田冬樹(草刈正雄)。

一緒に眠らないふくまる(神木隆之介)を撫でながら、明日小林夏人(升毅)と行くライブハウスが心配だと話します。

同僚の森山良春(小関裕太)からのライブに誘われたので、森山の方へ行くために違うライブで行けるかどうか検証をするのが明日でした。

コンサート会場のように具合が悪くなるのではないかと心配する冬樹。

そんな冬樹を見たふくまるは、星を見せて、落ち着かせようとしていました。

日比野奏(平山浩行)は、冬樹から送られてくるふくまるの写真を見て、かわいいが、マリン(松本穂香)もかわいいと感じていました。

森山は、ライブへ冬樹がくるとあって、練習や準備に大忙しで、お風呂に入る時間さえありません。

そんな森山の気持ちを知らない冬樹は、小林とライブ会場へ。

ロック音楽は好きな冬樹。

しかし、親から止められていたので、小林と隠れて聞いたり演奏していたことを思いだしました。

小林はライブへの扉を開けるのに躊躇しています。

これがきっかけで冬樹が苦しんだらと思うからです。

しかし、冬樹は、心配していたことは何一つとして起こらず、そればかりか十分に楽しめることができたのでした。

楽しんでいる冬樹の前に現れたギターを演奏していた人はなんと日比野。

日比野はピアノを弾くと冬樹を思い出すので、冬樹のいない世界を堪能しようとギターをはじめていました。

冬樹の登場に動揺した日比野の演奏は酷いものでしたが、観客は喜びバンド仲間も喜んでくれました。

ライブ終了後に日比野と帰宅する冬樹は感動したと伝えます。

そして、日比野のコンサートでどうして帰ってしまったのかを説明します、

自分の演奏のせいでコンサートを抜け出したのではないと知った日比野とさらに仲良くなる冬樹。

小林も加わり、楽しい時間を過ごした冬樹は家にふくまるの姿がないことに気づきます。

ふくまるは、冬樹の無事を祈って星を取ろうとしているうちに外に出てしまっていたのでした。

迷子になっていると感じたふくまるの後ろから車がやってきました。

第11話

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

ライブに出かけた神田(草刈正雄)の帰りを待っている間に、家からいなくなってしまったふくまる(声:神木隆之介)。神田のために願い事をしようと、流れ星を追ったことから迷子になってしまっていた。 一方、神田はいなくなったふくまるを懸命に捜索する。ついに、ふくまるの姿を見つけ近寄ってみると、その子は、ふくまるにそっくりな別の猫だった。しかも激しく衰弱した様子で…。一刻も早くふくまるを見つけたい一方で、目の前の猫を見捨てることはできない。そんな神田が取った選択は…。
引用元:Paravi

第11話の感想

ふくまるがいなくなってしまって見つからなかったらどうしようとテレビの向こうから見つかることを祈って見ていました。冬樹にとってたくさんの探してくれる人がいることは喜ばしいことですが、これもふくまるが繋いでくれた輪なので、ふくまるを早く見つけてと願って見ていました。感動の再会ができてホッとしました。冬樹にとってもふくまるにとっても大切な存在になる二人の関係は、人と動物でなくても人と人でもなしえる関係だと思うので、素敵だと思うと同時に羨ましくなりました。

ドラマ『おじさまと猫』11話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』11話のネタバレ
小林夏人(升毅)とライブで盛り上がった後、帰宅した神田冬樹(草刈正雄)はふくまる(神木隆之介)がいないことに気づきます。

懐中電灯を片手に外を探す冬樹は窓の鍵をかけていなかったことを後悔しました。

そこに弱っている黒猫を見つけた冬樹。

病院へ連れていってあげないと死んでしまいそうな黒猫を救ってあげたい気持ちとふくまるを探さないことで、見捨てるのかと悩みます。

ふくまると冬樹に会えないために寂しい思いをしていましたが、冬樹がふくまるにしか見せない涙は自分が頼れる猫だからだと自分を震い正せます。

冬樹は黒猫を病院までつれていきました。

そして、医師に任せてふくまるを探しますが、朝になっても見つけられませんでした。

冬樹はふくまるを購入したペットショップにふくまるを探しているというポスターをもって来店。

店員の佐藤もみじ(武田玲奈)は仕事を早退して一緒に探してくれると言います。

猫探しを良く知っているもみじはふくまるを失った冬樹にとって強い味方でした。

二人だけではどうにも人手が足りないために小林と日比野奏(平山浩行)と森山良春(小関裕太)も手伝います。

しかし、8日経っても見つかりませんでした。

憔悴しきっている冬樹の元に一本の電話が入ります。

ふくまるを30分前に見かけたというものでした。

見かけたという場所からふくまるの名前を呼びながら探す冬樹。

冬樹の声がして一声発するのが精一杯のふくまる。

ふくまるの声は冬樹に届き、無事に再会して、抱き締めます。

お互いに大好きだよと伝えながら。

第12話

12話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

神田と再会し、無事におうちに帰ってきたふくまる(声:神木隆之介)。安心するも、ふと孤独に過ごした日々がこみ上げ、泣き出してしまう。そんなふくまるに神田(草刈正雄)はそっと寄り添うのだった…。一方、森山(小関裕太)のライブが翌日に迫っていた。ふくまるの捜索に協力してくれた皆のためにも、神田はライブに行くことを決意する。しかし翌日、会場で神田が目にしたのは、仲間に見捨てられ、ステージで1人立ち尽くす森山の姿だった…。そんな彼のために神田ができること、それは…。
引用元:Paravi

第12話の感想

ふくまるは、冬樹にとってピアノをもう一度できるようにしてくれた、仲間を作ってくれた幸運の猫だと感じます。ふくまるとの出会いが、冬樹の運命を変えてくれて、幸せな日々を過ごせるようになったのだと思うので、二人の関係をずっと見ていたいと思いました。ペットという存在がこんな風になるのだとは、知らなかったので、私にとっては、衝撃のある物語でしたが、感動させられっぱなしの物語でした。ペットもいいなと飼うことを考えてしまった物語でした。

ドラマ『おじさまと猫』12話無料動画

ドラマ『おじさまと猫』12話のネタバレ
ふくまる(神木隆之介)と再会できた神田冬樹(草刈正雄)。

安心して、眠りにつくふくまるを抱えて病院まで連れていき、怪我も病気もないことを知り、帰宅。

家に帰ってきたふくまるは、遊ぼうと思って辞めました。

冬樹のそばにいることを選んだのです。

冬樹の温もりを感じて、眠りにつくふくまる。

ふくまるが眠ったのを確認した冬樹は、一緒に探してくれた小林夏人(升毅)、翌日には、日比野奏(平山浩行)、森山良春(小関裕太)、佐藤もみじ(武田玲奈)にも見つかった報告をしました。

森山には、ライブには来なくてもいいと言われていたが、冬樹は助けてもらってばかりだからと行くことを決意。

ふくまるを一人にするのは辛いことだったが、ふくまるも冬樹が帰ってくることを知っているので、送り出しました。

だが、不安で一杯の冬樹。

ピアニストではない自分を受け入れてくれるか、価値があるのかと思っていたからです。

しかし、森山は自分がピアニストではなくても優しくしてくれて、他のみんなの優しさにも気づかせてくれた人。

森山のライブへの扉を開いた冬樹が目にした光景は、森山一人だけがステージに立っている状態。

森山とバンドのメンバーの方向性の違いから、バンドのメンバーが来ていなかったのでした。

一人でも歌えると意気込んでいた森山でしたが、声がでませんでした。

そんなピンチを救ってくれたのは、冬樹。

冬樹がステージに上がると、日比野や、他のバンドマンが森山のライブを手伝おうと準備をしています。

森山は、冬樹の体調が心配でしたが、冬樹が森山の歌をここで、聞くと伝えることで、やる気を取り戻します。

冬樹がイントロを弾き始めて日比野も合わせていくと、森山が歌い出します。

冬樹は、仲間のために弾いている今の状況を、妻の鈴音(高橋ひとみ)のために弾いていた時と同じだと感じて、自分もまだ弾けていることを嬉しく感じていました。

そして、ふくまるに感謝する冬樹。

ふくまるのお陰でできた仲間だからです。

その後の打ち上げを冬樹の家で行いました。

ふくまるは、小林が近づくと険しい顔になっていたが、冬樹に抱かれて嬉しそうでした。

森山は、冬樹に感謝をしていましたが、感謝を伝えたいのは自分の方だと告げる冬樹。

仲間のいる今がとても楽しい冬樹は、ステージに上がれる日も遠くないように感じています。

いつもの日常が始まります。

ふくまるは、相変わらず、ピアノの邪魔をして、冬樹を独り占めし、ピアノをライバルだと思って戦っています。

一年後、冬樹は、コンサートを開催できるようになっていました。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『おじさまと猫』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『おじさまと猫』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

Hulu

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
ポイント付与なし

Paravi

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
ポイント付与なし

ひかりTV

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
新作・有料
DVD無料レンタル30日間無料
1,100pt付与

U-NEXT

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
600pt付与

dtv

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
ポイント付与なし

TELASA

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

Amazon

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

有料レンタル
330円(パック2,772円)
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

クランクインビデオ

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
3,000pt付与

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「おじさまと猫」は、

  • Hulu
  • Paravi

の無料お試し期間を使えば、ドラマ「おじさまと猫」を無料視聴することができます。

その中でも、huluがおすすめです。

huluは、日本テレビや読売テレビで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月14日まで無料!

huluでドラマ『おじさまと猫』の動画を無料視聴

ドラマ「おじさまと猫」はhuluにて見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

hulu
(画像引用元:hulu)

huluでは、ドラマに力を入れている日本テレビや読売テレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「おじさまと猫」に出演している草刈正雄の出演作品

  • モンスターペアレント
  • プロハンター
  • ええじゃないか

もhuluで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「おじさまと猫」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月14日まで無料!

huluの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

huluの登録方法
  1. huluのTOPから「無料でお試し」をクリック
  2. 必要な情報を入力して、「2週間の無料トライアルを開始」をクリックすると登録完了
huluの解約方法
  1. マイページの「アカウント」をクリック
  2. パスワードを入力して「進む」をクリック
  3. 画面下の「解約を解除する」をクリック
  4. 「契約の解除を続ける」をクリック
  5. 内容を確認して「契約を解除する」をクリックすると、解約完了

 

ドラマ『おじさまと猫』あらすじや感想

ドラマ「おじさまと猫」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「おじさまと猫」の全体あらすじ
妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹。そんな神田がある日、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会う。動物が苦手にも関わらず、一目で惹かれてしまった神田は、思わず「この猫をください」と告げる。神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続だったが、次第に笑顔を取り戻していく…。
引用元:テレビ東京公式サイト
ドラマ「おじさまと猫」の見どころ
月刊ガンガンで好評連載中の「おじさまと猫」を映像化した作品です。

世界的に有名なピアニスト・神田冬樹は、奥さんが他界したことでひどく落ち込んでいました。

そんななか、立ち寄ったペットショップで売れ残っていたブサイクな猫・ふくまると出会った冬樹。

動物が苦手なはずだったのにも関わらず、ふくまるに一目ぼれした冬樹は、すぐにふくまるを飼うことにしました。

新しい家族になったふくまるとの生活に、冬樹は少しずつ笑顔を取り戻していきます。

大人気漫画「おじさまと猫」を映像化した本作。

奥さんが亡くなったことで塞ぎ込んでいたおじさまが、猫のふくまると触れ合っていく中で元気になっていくというハートフルストーリーです。

動物を飼っている人はもちろんのこと、誰しもが2人の姿を見て温かくて優しい気持ちになれることは間違いないでしょう。

主演の草刈正雄と神木隆之介がどのような演技を見せてくれるのか、とても楽しみですね!

本日から12月14日まで無料!

ドラマ『おじさまと猫』の感想

女性30代

草刈正雄さんのイケおじさま感に惚れ惚れしつつ、そんなおじさまがぬいぐるみを抱きしめるシーンは思わず心を揺さぶられました。想像を超える感動ストーリーで、まさかこんなに泣けるドラマだとは思ってもみなかったです。ふくまるの声を演じる神木隆之介さんの声にも癒やされ、優しさあふれる世界観にひきこまれた作品です。

男性40代

おじさまと猫のほんわかストーリーだろうなと思い見始めた作品でしたが、まず猫がぬいぐるみ!?というまさかの事実に驚かされました。そんな最初の衝撃もつかの間、気づけば自然に涙してしまいました。特にふくまるを抱きしめるところが一番の号泣ポイントで、草刈正雄さん演じるおじさまは見事な哀愁を漂わせて素敵でした。

女性30代

今期のドラマで一番のオススメがこのドラマです!おじさまと猫が可愛すぎる!ふくまるが神木くんでパパさんが草刈正雄さんという豪華すぎるキャスティング。神木くんの声をキャスティングした人すごいな〜。癒し感が半端ないです。そして、ふくまるの動きが可愛くてたまりません!!

ドラマ『おじさまと猫』の関連動画

草刈正雄の出演ドラマ

 

無料動画情報まとめ

以上、草刈正雄主演のドラマ「おじさまと猫」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

累計16万部を超える大ヒット漫画の原作ということで、話題になっている本作。

おじさまと猫が織りなす心温まるストーリーに感動すること必至でしょう。

ぜひ、原作と合わせて見ることをおすすめします。
そんなドラマ「おじさまと猫」の動画はhuluで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月14日まで無料!