推しの王子様

本日から10月29日まで無料!

2021年7月から放送されたドラマ『推しの王子様』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、FOD Premiumであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

FOD Premiumの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『推しの王子様』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金) サービスはありません
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
関連作品
話数 全11話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク

 

ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「推しの王子様」の見逃し動画は、FOD Premiumにて見放題配信中です。

推しの王子様 FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「推しの王子様」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

また期間中であればドラマ「推しの王子様」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、FOD Premiumの特徴を表にまとめています。

月額料金 976円
無料お試し期間 2週間
初回登録特典 100ポイント付与、8のつく日に400ポイントGET
継続特典 8のつく日に400ポイントGET
見放題作品数 4万本以上
取扱作品数 5万本以上
ダウンロード機能 ダウンロード不可
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに最近では、FODオリジナルドラマや、オリジナルバラエティ番組も独占配信中!

他では見れないオリジナル作品を、楽しむことができますよ!

本日から10月29日まで無料!

第1話 「空から降る残念男子 私が人生変えてみせる 女性社長の決意!!」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

日高泉美(比嘉愛未)は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』代表取締役社長。4年前に起業した泉美が最初にリリースした乙女ゲームが、外見から内面まですべてが泉美にとって理想の“推し”であるキャラクター・ケント様と恋に落ちる『ラブ・マイ・ペガサス』だった。このゲームが異例の大ヒットを記録し、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。
引用元:FOD

第1話の感想

人生はやり直しができるというのはその時には感じられないことですよね。私も過去の自分には、今は幸せになっていると告げることができれば、あのときに悩まなくて良かったと思うなと、このドラマを見て感じました。いつからでもやり直しはできるということを、このドラマは教えてくれるのだという感じがするので、これから回を重ねる事に、人生はやり直しがきくものだということを実証してくれることが楽しみです。五十嵐がどういう感じに変化をして、人生に投げ遣りになっている状態から、どう変化するのかがとても楽しみです。

ドラマ『推しの王子様』1話無料動画

ドラマ『推しの王子様』1話のネタバレ
人気の乙女ゲームのラブ・マイ・ペガサスを作る会社の代表取締役社長の日高泉美(比嘉愛未)。

4年前に起業した時に一番拘って作ったゲームで、キャラクターのケント様は特に泉美のお気に入りに設定したものでした。

泉美の活躍をテレビで特集をした番組の視聴率が好評でしたが、3割の否定的な意見に注目をした泉美。

このゲームから新しいゲームが出せないことは泉美も気になっていたからです。

一緒にゲームを開発したクリエイターの光井倫久(ディーン・フジオカ)に愚痴を吐き出して帰宅しようとした時に一人の男性が泉美の前に落ちてきました。

その男性は泉美の好きなゲームのケント様とそっくりの五十嵐航(渡邊圭佑)。

翌日に自分の家に連れ込んでいた泉美でしたが、性格の悪い五十嵐に怒りが爆発し、追い出してしまいます。

五十嵐は夢も希望も持てない青年。

しかし、人生は変えることができると発言をした泉美の言葉が気になり、さらに、泉美の職場の人たちがキラキラして働く姿に羨ましいと感じた五十嵐は就職を希望。

五十嵐のことを気に入った光井は、五十嵐を自分の王子さまに育てることを泉美に提案。

一度は拒否した泉美でしたが、人生に諦めている様子が自分の過去と重なり、五十嵐を人生を諦めない人にしようと決意しました。

服装や髪型を整え出社した五十嵐を見た社員は、ケント様だと思いました。

第2話 「残念男子が学ぶのはマナー?頑張る彼女を救う予想外の一言!!」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

彼を上等な男に育てよう。外見も中身も、最高の王子様に――乙女ゲームを手がけるベンチャー企業『ペガサス・インク』の社長を務める泉美(比嘉愛未)は、自身の理想通りに作った推しキャラ、『ラブ・マイ・ペガサス』の主人公・ケント様にそっくりな航(渡邊圭祐)に出会う。だが航は、ケント様に似ているのは外見だけで、がさつで無神経、おまけに無気力な男だった。そんな航に、乙女ゲームに出会う以前の、夢もやりたいこともなく退屈な日々を送っていたかつての自分を重ねた泉美は、彼を『ペガサス・インク』で雇うことにする。今はまだ何者でもない航がケント様になれるかどうかを、副社長の光井(ディーン・フジオカ)と賭けた泉美は、「絶対、ちゃんと育ててみせる」と宣言し……。
引用元:FOD

第2話の感想

言葉を知らない航は、勉強が嫌いなのだと感じましたが、高校の同級生が現れ、中退したのだと判明したことで、何か裏があるように感じます。航の実態が、どういう人物なのかがわかるには、まだ時間がかかりそうですが、航のことを知る日が来ることを楽しみにしています。杏奈が航のことを心配していたのですが、それは友情からの心配なのか、恋愛からの心配なのかも気になります。恋愛だとしたら、今はまだ全然恋愛の要素がない航と泉美ですが、今後は、泉美とライバルになるのかなと予想しています。これからの展開がどうなるのかとても楽しみです。

ドラマ『推しの王子様』2話無料動画

ドラマ『推しの王子様』2話のネタバレ
ゲームの開発会社の社長である日高泉美(比嘉愛未)が拾った男性の五十嵐航(渡邊圭佑)は、泉美の会社の雑用からスタートすることになりました。

指導係についた有栖川遼(瀬戸利樹)は言葉知らず、漢字も間違える航に嫌気がさし、泉美本人に指導係をするように伝えました。

指導係になった泉美は航に敬語から伝えますが、全然身に付かず、仕事とは別のことで疲れてしまいます。

帰宅しようとした泉美の前には路上で寝る航の姿。

お金がなくネットカフェにも行けないというので、自宅で期間限定の同居をすることになりました。

そんな航を見た大学生の古河杏奈(白石聖)は高校の同級生で、中退した航のことを心配していました。

さらに、杏奈は泉美に憧れを持ち、ゲームにもはまり、泉美の社員たちにも好評のコメントをネットにあげていました。

副社長の光井倫久(ディーン・フジオカ)が会食をする予定だった白石(津村和幸)の娘の菜美(大河原恵)がゲームのケント様のファンということで、航が会食に出向くことになりました。

その日まで必死に挨拶やテーブルマナーを覚える航。

当日には、新しいゲームの開発費用を出資してもらおうとしている会社の水嶋十蔵(船越英一郎)と、元同僚の井上(池田良)も来ていました。

井上は水嶋に必死にお願いをしていましたが、泉美の存在が気になるようで、水嶋が帰宅した後に罵声を浴びせるのでした。

しかし助けてくれたのは航で、マナーは人を不快にさせないものだと伝えます。

助けてくれたこと、挨拶やマナーを覚えてくれたことに嬉しくなる泉美。

会食の後は仕事を続けるかどうか決めていいと伝えていたが、航は続けることを選択。

水嶋からも連絡が入り、もう一度話を聞いてもらえることになりました。

第3話 「社内崩壊のピンチ!!打開の鍵は知る喜び」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作乙女ゲームの開発にむけて、水嶋十蔵(船越英一郎)率いる『ランタン・ホールディングス』に出資を持ちかけ、企画書を提出した。企画へのリアクションを聞くために、泉美は光井(ディーン・フジオカ)とともに『ランタン・ホールディングス』を訪れるが、応対したのはメディア事業部の小島(竹森千人)だけで、十蔵の姿はなかった。その席で、企画のさらなるブラッシュアップを提案された泉美たちは、芽衣(徳永えり)や有栖川(瀬戸利樹)らスタッフに、先方の意向を組み込んで、もう1度、企画書を作り直すよう指示する。しかし、再提出までの猶予は1週間足らずしかなかった。そのとき、航(渡邊圭祐)の姿がないことに気づく泉美。実は航は、会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。
引用元:FOD

第3話の感想

ビジネス用語だったり、ゲームの言葉は普段使わない人にとっては、呪文のようにしか聞こえないですよね。私もタイヤの大きさを示す数列だったり自分に関係ないような専門用語になると、呪文のようにしか聞こえません。こういうことは、興味を持てるかどうかという問題になると思うのです。興味がないと、本を見ていても覚えようとはしないですよね。興味を持てるとどんなに難しいものでも覚えられるという不思議です。それを痛感したのが泉美だったのかなと思って今回の内容を見ていました。航にも、興味が出てくるといいなと思います。プレゼンが成功して良かったです。

ドラマ『推しの王子様』3話無料動画

ドラマ『推しの王子様』3話のネタバレ
新しいゲームの企画のために出資をしてもらう会社の社長である水嶋十蔵(船越英一郎)と約束をした日高泉美(比嘉愛未)と光井倫久(ディーン・フジオカ)。

ですが、会えたのはメディア事業部長の小泉博之(竹森千人)で、さらなる企画書の見直しを求められました。

1週間もない期限に向け、社員一丸となって取り組む一方、ビジネス用語やゲーム用語に向き合えず離脱しそうな人物が五十嵐航(渡邊圭佑)。

そんな航にゲーム用語のテストを作り解答をさせようとする泉美。

高校の同級生である古河杏奈(白石聖)に泉美の愚痴を話す航でしたが、杏奈は、泉美が一から苦労して会社を作ったことを話します。

航は泉美に、杏奈から聞かされた話をすると、みんな最初は初心者で、そこから自分の財産になる知識が増えて行くのだと泉は伝えます。

社員が頑張って練り上げた企画を最終プレゼンまでに幾度となく修正をさせる出資会社。

さらに、プレゼンの日時も早めるとの連絡が入ります。

航は読書から相手を知ろうと考え、水嶋の本を読みます。

そこから大切だと考えた箇所に印をつけ、泉美に見せる航。

泉美は、この本から自分たちが大切にしていることを再確認し、それが水嶋も一緒であると断定。

プレゼンではそのことを重点に置いた企画を発表し、賛同を得たのでした。

第4話 「突然の告白…推しが燃えて知る大切な事」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

泉美(比嘉愛未)たち『ペガサス・インク』は、新作の乙女ゲームに関して、十蔵(船越英一郎)の会社『ランタン・ホールディングス』から出資を受けられることになった。士気が上がり、プロトタイプの制作にも力が入る有栖川(瀬戸利樹)らスタッフたち。その中で、芽衣(徳永えり)は、早退して推しの2.5次元俳優・三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを見に行くため、物凄い勢いで仕事を片付けている。チケットを取るために、普段から善行を続けて徳を積んでいるという芽衣は、全公演を見に行く予定だという。その思いに共感し、“推し活”も推奨している『ペガサス・インク』の社風に改めて魅力を感じる杏奈(白石聖)。だが、航(渡邊圭祐)だけは、同じ内容なのに金がもったいない、と、いまひとつ芽衣の思いが理解できないようすで……。
引用元:FOD

第4話の感想

家庭環境から、なにかにやる気を持つことができない五十嵐。家庭環境って、大事なのだと改めて感じました。ですが、子育てって、未経験のところから始まり、自分の幼少期の経験から子育てが始まったりするので、自分の親と同じだったり、逆に、真逆のことをしまう傾向にあります。本当奥が深く難しいものだと痛感します。五十嵐は泉美と出会い、少しずつ変わることができるようですので、なにか、絵でもいいので、やる気になれるものを見つけてほしいと思います。古河の恋は報われないように感じます。五十嵐と泉美の恋が成り立つ予感がするからです。

ドラマ『推しの王子様』4話無料動画

ドラマ『推しの王子様』4話のネタバレ
初めての給料日を楽しみに一ヶ月待っていた五十嵐航(渡邊圭佑)。

給料を使う予定のない五十嵐は、生活するためのお金に使い、舞台を見たりコンサートに使う人を無駄使いだと思っています。

日高泉美(比嘉愛未)は、五十嵐をコンサートや絵画を見るために連れ出しますが、興味は依然持てませんでした。

しかし、マナーはきちんと習得できている五十嵐に満足する泉美。

三井倫久(ディーン・フジオカ)からゲームの主人公のイメージを伝えられた五十嵐は、絵を描きます。

その絵を見たデザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)はデッサンの基本ができていると誉めます。

しかし、絵に興味のない五十嵐は、デザインを本格的に仕事にしようとは考えていませんでした。

五十嵐の高校の同級生である古河杏奈(白石聖)に五十嵐のことを聞く泉美。

五十嵐は、美術コンクールで入賞するほどの腕だったが、家庭環境から家出をしてなにも興味のない人間になったこと、五十嵐を好きだということを知ります。

泉美は応援すると宣言。

デザイナーの渡辺芽衣(徳永えり)は、好きな俳優がいましたが、結婚という発表があり、舞台を見に行く気力がなくなり、仕事もやる気が出せませんでした。

五十嵐は、自分は手伝うからと渡辺を舞台に行かせ、三井のチェックを受けながら、木を完成させました。

久しぶりに描いた絵に嬉しくなる五十嵐。

泉美に感謝のためにケーキを買います。

次の日、古河から食事に誘われ、その後告白される五十嵐。

第5話 「好きを知って気づく本当の気持ち…秘密がバレて関係崩壊!?」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

航(渡邊圭祐)は、杏奈(白石聖)に誘われて食事に行く。その帰り道、杏奈は、ずっと好きだった、と自分の思いを航にぶつける。突然の告白に動揺する航。一方、泉美(比嘉愛未)は、航に対する杏奈の思いを知り、応援すると彼女に約束したものの、航の帰りが遅いことが気になり、どこか落ち着かない。と、日付が変わったころになってようやく航が帰ってくる。だが、いつもと違った様子ですぐに自室に入ってしまう航。泉美は、そんな航の態度に違和感を抱き……。
引用元:FOD

第5話の感想

泉はゲームのキャラクターを好きでしたが、だんだん五十嵐のことが好きになっているように感じています。そして、五十嵐もおそらく同様でしょう。しかし、恋はうまくいかないのが現実ですよね。光井は泉美のことが好きなように感じますが、違うのでしょうか。ビジネスパートナーという肩書きだけの関係なのか、恋愛対象になりたいのかが謎ですが、三角関係のように感じます。古河もいますから、四角関係ですね。これからの恋の発展が気になります。五十嵐は泉美とうまく行くことを願いますが、光井と泉美も大人の関係で良さそうで見ている側もワクワクしていまいます。

ドラマ『推しの王子様』5話無料動画

ドラマ『推しの王子様』5話のネタバレ
中々帰宅しない五十嵐航(渡邊圭佑)を心配する日高泉美(比嘉愛未)。

五十嵐は、高校の同級生である古河杏奈(白石聖)からの告白のことを考えていました。

五十嵐は好きという意味が理解できていない状態。

人を好きになったことがありませんでした。

会社の社員から好きとは何かを教わるのですが、いまいち理解できていませんでした。

泉美も、五十嵐に好きという気持ちを教えられるほど、今恋愛をしていないので、難しい状況でした。

ゲームの開発について疑問点が浮かんだ泉美。

社員で話し合っている時に古河と五十嵐の目線が気になる泉美。

同じ頃、光井倫久(ディーン・フジオカ)は五十嵐の目線が泉美に向いていることを知ります。

五十嵐は水族館のチケットを手に古河を誘うとしましたが、うまくいかず、泉美と行くことにしました。

そこで、楽しんだ二人でしたが、五十嵐は泉美のことが気になりはじめていました。

同時に泉美も五十嵐を気になりはじめます。

泉美から、好きとはふとした時に顔を思い出すことだと言われて、五十嵐は泉美の顔が思い浮かんだからでした。

しかし、会社では、光井と泉美が、五十嵐のことで、賭けをしていたことが発覚。

怒りに満ちた五十嵐は泉美の家を飛び出し、古河に声をかけられます。

第6話 「壊れた関係…本当に伝えたい気持ちとは?」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)と光井(ディーン・フジオカ)が、自分を一人前の男性に育てられるかどうかで賭けをしていたことを知る。「どうせあんたの大好きなゲームでもやってるつもりだったんだろ」。泉美に対して失望した航は、彼女に怒りをぶつけて部屋を出て行く。その夜、杏奈(白石聖)と偶然出会った航は、彼女に励まされ、泉美を見返すためにも仕事を頑張るしかないと決意する。『ペガサス・インク』では、開発を始めた新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』で物語の途中から投入するキャラクターの制作に入ろうとしていた。そのキャラクターは社内コンペで決定するという。そこで泉美と光井は、今回はいつものようにキャラクターの設定に合わせてデザインを決めるのではなく、デザイン先行でもいい、自由な発想で考えてほしい、と皆に告げる。
引用元:FOD

第6話の感想

五十嵐の告白を聞けないままの泉美は、気になって仕方がないだろうなと思います。泉美と五十嵐からしたら、古河の過労の電話は、余計なものです。古河の体調を気遣う気持ちは、私にももちろんあります。仕事と勉強の両立は本当に難しいです。すべてを10の力で頑張るのなら、余計に疲れます。ですが、今、古河の過労は五十嵐と泉美の関係を、恋に発展するのには必要がありません。バッドタイミングだとテレビの向こうから嘆いてしまいました。古河の怨念から、泉美と五十嵐の恋を結ばれないようにしたかのように感じられます。

ドラマ『推しの王子様』6話無料動画

ドラマ『推しの王子様』6話のネタバレ
五十嵐航(渡邊圭佑)は、日高泉美(比嘉愛未)の家に帰らずに出社。

五十嵐を賭けに利用していたことを知られたと光井倫久(ディーン・フジオカ)に話す泉美は、きちんと説明するべきだと言われます。

泉美が話そうとしても五十嵐は拒否。

社内コンペが開催され、参加が自由でした。

五十嵐は自分で社内コンペに出ることを決めます。

光井のアドバイスを受け、コンペに出す案を作りますが、賭けの謝罪だけは受け入れませんでした。

泉美は五十嵐に謝罪をするタイミングやどんな言葉で謝罪をしようかと悩みます。

同時に好きになりかけている泉美の裏切り行為のように感じている五十嵐も、どう泉美と向き合うべきかと有栖川遼(瀬戸利樹)に相談。

互いに互いを探し見つけたタイミングで同時に謝罪。

五十嵐は泉美に告白をしようとしていましたが、タイミングの悪い泉美の携帯の着信が鳴ります。

電話は、病院からで、古河杏奈(白石聖)が勉強と仕事の両立で過労で倒れたというのです。

病院へ向かった五十嵐と泉美は、五十嵐に古河を家まで送るように告げたのでした。

第7話 「ついに告白…いちばん大切なこととは何か」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)の指示で、過労で倒れ病院で治療を受けた杏奈(白石聖)を自宅まで送り届ける。航は、大学の勉強とインターンとしての仕事を両立させようと頑張ってきた杏奈をねぎらうと、何かあったら頼ってほしいと告げて帰っていく。泉美は、無事に送り届けたという航からのメッセージを受け、ホッと胸をなでおろす。泉美は、航への返信に、今日はどこに泊まるのか、と打ちかけるが、それを消去すると「ありがとう」とだけ打って送る。あくる日、社長室にやってきた航は、次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと頼む。それを了承する泉美。一方、社内では、芽衣(徳永えり)やマリ(佐野ひなこ)が、社内コンペで決定する『恋する森の中へ』の新キャラクターのデザインを着々と進めている。コンペに参加しているはずの航だが、芽衣たちのデザインが気になり、気持ちばかりが焦るもののまだ何も描けていなかった。
引用元:FOD

第7話の感想

泉美は、五十嵐のことが好きなのだと思うのですが、違うのでしょうか。私には恋を諦めているように感じられました。現実の世界では恋をしないと決め、古河に譲ろうとしている感じや、年上だからという理由、ゲームのキャラクターに似ているから、好きという気持ちは幻想だと思い込みたいのかなと感じられます。泉美がラストに泣いたのが、そういう感情の表れのように感じたのです。いよいよクライマックスのようです。泉はゲームのキャラクターではない、現実の人間と恋愛できるのかが今後の焦点だと思います。五十嵐と本気の恋をしてくれることを願っています。

ドラマ『推しの王子様』7話無料動画

ドラマ『推しの王子様』7話のネタバレ
病院に運ばれた古河杏奈(白石聖)を送り届けた五十嵐航(渡邊圭佑)。

翌日、給料日まで日高泉美(比嘉愛未)の自宅に泊まらせてほしいと願います。

一緒に夜ご飯を作る泉美と五十嵐。

楽しい時間を過ごすことで、このまま一緒にいたいと感じる泉美でした。

社内コンペに提出するデザインを描き続け五十嵐。

家族の関係を修復ができなかったことから、絵を描くことを辞めていた五十嵐ですが、泉美は、過去も役に立つと五十嵐を励まし応援します。

そして、迎えたコンペの日。

デザイナーの小原マリ(佐野ひなこ)、渡辺芽衣(徳永えり)、五十嵐での戦いで勝利したのは五十嵐。

デザインだけでなく、感情移入しやすいところがポイントでした。

五十嵐の成長に喜ぶ泉美。

ですが、このままではいけないと確信します。

五十嵐は、寝ている泉美の絵を描き、泉美に告白。

しかし、尊敬は恋愛ではないと出ていくことを進める泉美。

翌日出ていく五十嵐の残された絵を見て、泣き崩れたのでした。

第8話 「8か月後…あふれる涙に秘めた想いを告白」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと伝えた。しかし泉美は、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものなのだから別々の道を歩こう、と突き放す。「今まで、ありがとう」。そう言い残して寝室に入ってしまう泉美。翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行き……。
引用元:FOD

第8話の感想

泉美はずっと五十嵐のことが好きだったということですが、それが仕事にまで影響をするようになっていることに、重症のように感じました。恋愛は生活を脅かすと言いますが、本当にそれだなと感じます。泉美は、仕事のため五十嵐の未来のために、一度は気持ちに蓋をしました。ですが、思っていた以上に五十嵐への気持ちが大きかったということですよね。五十嵐は自分から告白をしているので、泉美ではなく古河を選んでいるのですが、それも本当のなのかと疑ってしまいます。見ている私的には、泉美と五十嵐の恋愛を見たいですが、光井も捨てがたいです。どちらを選ぶか楽しみです。

ドラマ『推しの王子様』8話無料動画

ドラマ『推しの王子様』8話のネタバレ
日高泉美(比嘉愛未)の自宅を五十嵐航(渡邊圭佑)が出てから8ヶ月が経過。

五十嵐はゲーム界に名を馳せ、売り上げに貢献していました。

デザイナーとしての仕事も古河杏奈(白石聖)との交際も順調でした。

そんな五十嵐をテレビで見る泉美は、嬉しい表情をしていますが、元気のない様子。

新しいゲームは好調の売れ行きでしたが、泉美の大好きなゲームは初の赤字。

新しいゲームの方ばかりを宣伝していたと後悔した泉美は、一緒に頑張ってきた光井倫久(ディーン・フジオカ)が独立を検討していることを知りませんでした。

ゲームの声優のスケジュールが急遽変更となり、アフレコをすることになった日。

声優の駿河幸宏(武内駿輔)が違和感を覚えます。

それは五十嵐も同じで、すぐに手直しをし、泉美に確認をします。

アフレコは無事に成功しましたが、泉美は、以前のチェックで違うキャラクターの言い回しになっている台本に気づかなかったのでした。

ミスをしたと落ち込む泉美。

そんな泉美に気持ちに蓋をしているからだと諭す光井。

光井に言われ、五十嵐への気持ちを思い出した泉美でしたが、光井はそんな泉美に好きだと告白します。

泉美の会社は、買収の話が出ています。

第9話 「買収で会社の行方は…そしてまさかのキス」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

泉美(比嘉愛未)は、航(渡邊圭祐)のことが好きだと光井(ディーン・フジオカ)に打ち明けた。心をさらけ出した泉美に対して、自分も正直になろうと思えた光井は、ずっと胸に秘めていた泉美への想いを告白し、一緒に生きていきたいと思っていると伝える。だが泉美たちは、ドアの外で航がふたりの会話を聞いていたことには気づいていなかった。そんな折、『ランタン・ホールディングス』社長の十蔵(船越英一郎)から呼び出された泉美は、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。
引用元:FOD

第9話の感想

思い入れのあるゲームの終了は苦しい選択でした。泉美にとっては、本当に大切なものです。時代とともに、変化をして売れなくなっていくのは仕方がないです。しかし、失うという辛さは泉美には耐えられるのかなと心配になりました。ずっと、そばにあったものですから。光井と一緒にいることで、ゲームや五十嵐への気持ちの代わりにしようとしているのかなと感じました。光井との今後も気になりますが、五十嵐が、ゲームの終了にどう感じ、どう動くのかも気になります。新しいゲームでも、終了のゲームのキャラクターを使うのかなとか考えてしまいます。

ドラマ『推しの王子様』9話無料動画

ドラマ『推しの王子様』9話のネタバレ
新しいゲームは順調な売れ行きでしたが、前回のゲームは売れなくなっていて、終了という声が買収会社から、上がってきました。

困惑する日高泉美(比嘉愛未)にゆっくり考えるように告げる光井倫久(ディーン・フジオカ)。

五十嵐航(渡邊圭佑)は、社員たちと、自主的に新しいゲームを考えていると泉美に話します。

新しいゲームをどんどん開発するべきだと告げる買収を提案してきた水嶋十蔵(船越英一郎)の言葉を思い出します。

五十嵐は、泉美への恋心を持ちながら、古河杏奈(白石聖)と交際。

光井が独立を断ったことを知った泉美は、買収の話を受けようと決意します。

新しいゲームの開発を、今考えている人たちで、作れるように交渉して賛同を得たからです。

しかし、思い入れのあるゲームの終了は保留にしました。

泉美は、五十嵐たちのゲームへの情熱が、5年前に自分と光井に似ていると感じていました。

その情熱を壊さないで、頑張ってほしいと感じた泉美は、ゲームの終了を決意。

ファンから惜しまれる書き込みに涙をします。

そして、光井にキスをして、光井の気持ちを受け入れました。

第10話 「新たな出発に潜む罠…届かぬ想いの行方は」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

『ペガサス・インク』社長の泉美(比嘉愛未)は、『ラブ・マイ・ペガサス』のサービス終了という条件を飲み、十蔵(船越英一郎)率いる大手アウトドア・メーカー『ランタン・ホールディングス』の傘下に入った。ペガサスにはランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として加わり、企画開発に関わることに。また、オフィスも近日中にランタン本社内へ移すことになっていた。皆にとって酷な選択をしたのではないかという思いもあった泉美は、光井(ディーン・フジオカ)にその不安な気持ちを打ち明けた。光井は、スタッフの企画を実現させるためなのだからみんなにとっても良い話だ、と言って泉美を励ますと、門出を祝ってパーティーをしようと提案する。
引用元:FOD

第10話の感想

自分たちで小さいながらも会社を作り、意見をぶつけ合い、夢を持った状態でゲーム作りに挑めていた時とは違う感情が、泉美には芽生え、壊れてしまいました。自分たちの思い通りにはいかないこと、大好きなゲームを販売することを辞め、社員のためにと傘下に入った泉美は、無理をしていたのだと思います。さらに、誰も泉美の変化に気づかないというのは辛いです。光井ですら、気づけなかったのです。五十嵐は気づいていたようですが、自分の立場だったり、古河のことがあるために泉美の元へ行けないもどかしさ。これから泉美はどうなってしまうのでしょうか。大切な会社もゲームも失い生きる希望がない状態ですから、泉美が心配です。来週、泉美が元気にゲームをしている姿を期待します。

ドラマ『推しの王子様』10話無料動画

ドラマ『推しの王子様』10話のネタバレ
日高泉美(比嘉愛未)は自身の会社であるペガサス・インクをランタン・ホールディングスの傘下にしました。

ランタン・ホールディングスから小島博之(竹森千人)が部長としてやってきて、来週には社をランタン・ホールディングス内に移すことになっていました。

しかし、今でも悩む泉美。

恋人の光井倫久(ディーン・フジオカ)に相談。

オフィスの送別会を開いた社員たちは、別れを惜しみますが、泉美は、本当にこれで良かったのかと考えます。

光井と泉美の恋人関係を目の当たりにした五十嵐航(渡邊圭祐)は複雑な思いで恋人の古河杏奈(白石聖)の元へ行きます。

傘下に入り、本当の現実を目の当たりにした社員。

傘下に入ったペガサス・インクは家庭ゲーム機の参入だったり、パンとのタイアップ企画など、ペガサス・インクではしてこなかったゲームの世界を広める活動を余儀なくされました。

さらに、話はどんどん進んでゲームの内容も決まっていないのに、声優の話まで進むのです。

すると、泉美は、自分の今までしていた仕事の意味がわからなくなり、ゲームへの情熱も欠けている状態で、プレゼンに失敗してしまいました。

五十嵐は泉美の様子がおかしいことに気づき、自宅に連れて帰ると、泉美の大好きなゲームのキャラクターであるケント様グッズがなくなっていることを発見。

五十嵐は、光井に泉美を支えられていないと激怒。

泉美は、ゲームへの愛情を持てない自分がいると実感し、会社を辞め、家も引き払い、光井とも別れます。

第11話 「大切な居場所とは?無くした情熱と好きを取り戻す皆への想い」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

『ランタン・ホールディングス』の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄されたあげく、コンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンでも失態を犯してしまった泉美(比嘉愛未)。光井(ディーン・フジオカ)や航(渡邊圭祐)ら『ペガサス・インク』のスタッフたちに迷惑をかけてしまったことに苦しむ中、乙女ゲームへの情熱も失ってしまった泉美が出した結論は、ペガサスを辞める、というものだった。泉美は、交際を始めたばかりだった光井にも別れを告げると、マンションを引き払って姿を消してしまう。それから10日後、ペガサスは、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任する。それに伴い、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。
引用元:FOD

第11話の感想

ゲームのこと、社員のことを第一に考えていたのはランタン・ホールディングスではなく、泉美だったと社員が気付けたことができた今回は、泉美のありがたさを感じられているようでした。今まで普通にあるべきものは、一度見失わないと大切さがわからないのかもしれません。それだけ、幸せに慣れているのだと感じます。日常でもそうですよね。今ある幸せがずっと続くわけではないこと、今を大切に生きることが必要だと改めて感じました。泉美と五十嵐結ばれて良かったです。古河は二人の関係に気づきながらも、五十嵐を手放す覚悟がありませんでした。今回覚悟を持てたことが、古河の成長だなと感じます。これからも泉美の五十嵐が仲良くゲームをしているといいなと思います。

ドラマ『推しの王子様』11話無料動画

ドラマ『推しの王子様』11話のネタバレ
大好きだったゲームの開発の仕事を辞めた日高泉美(比嘉愛未)は消息不明でした。

泉美の辞めた会社の新社長には、ランタン・ホールディングスの小島博之(竹森千人)が就任。

これからもランタン・ホールディングスの介入がどんどん入ると懸念する社員。

泉美は実家で何も手につかず、何をしていいかもわからない状態でした。

泉美のことを心配する五十嵐航(渡邊圭亮)は、光井倫久(ディーン・フジオカ)と泉美が別れたこと、会社をまとめられないことに悩んでいることを知ります。

泉美のためにも社のためにも協力をすると宣言した五十嵐。

五十嵐から励まされた光井は、泉美の実家を訪れ励まします。

ランタン・ホールディングスは、新しいゲームの開発のコストを削減して、そのために炎上したSNSをペガサスの人に任せようとしていました。

憤慨するペガサスの社員。

しかし、泉美がSNSにあげていたコメントを見たり、光井から聞かされた社員のやりたいことをやらせるために買収を受け入れたという話を聞いた社員は、もう一度仕事に向かうことができました。

古河杏奈(白石聖)からライバル会社への就職と、別れを告げられた五十嵐。

光井は、ランタン・ホールディングスの社長である水嶋十蔵(船越英一郎)にペガサスの独立を宣言。

認められない場合は退職をペガサスの社員全員ですると告げます。

孫娘から最近ゲームが面白くなくなったと言われていたこともあり、水嶋は同意。

泉美に連絡をしていた五十嵐。

ペガサスが独立したので、戻ってきてほしいとことを泉美の大好きなゲームのキャラクターの衣装で告げる五十嵐。

二人は両想いになります。

泉美は、ペガサスに戻り、1年後の木曜日にいつものように大好きなゲームを大好きな五十嵐と一緒にやっているのでした。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『推しの王子様』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『推しの王子様』の見逃し動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

FOD Premium

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

配信なし
お試し登録30日間無料
1,600pt付与

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年9月現在ドラマ「推しの王子様」の見逃し動画は、FOD Premiumにて配信中です。

FOD Premiumは、フジテレビなどで放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん2週間の無料お試し期間中があるので、この機会にお試しください。

本日から10月29日まで無料!

FOD Premiumでドラマ『推しの王子様』の動画を無料視聴

ドラマ「推しの王子様」の見逃し動画はFOD Premiumにて見放題配信中です。

FOD Premiumは通常月額976円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

FOD
(画像引用元:FOD Premium)

FOD Premiumでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「推しの王子様」に出演している比嘉愛未の出演作品

  • TWO WEEKS
  • 本日は、お日柄もよく
  • マルモのおきて

もFOD Premiumで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「推しの王子様」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から10月29日まで無料!

FOD Premiumの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

FOD Premiumの登録方法
  1. FOD Premium TOPの「今すぐはじめる」をクリックする
  2. メールアドレスとパスワードを設定し、「アカウントを作成する」をクリック
  3. お支払い方法を選択する
  4. 購入内容を確認して問題なければ、「決済に進む」をクリック
  5. 以下の表示で登録完了です
FOD Premiumの解約方法
  1. FOD PremiumTOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録コースの確認・解約」をクリック
  3. 「解約する」をクリック
  4. もう一度「解約する」をクリック

 

ドラマ『推しの王子様』あらすじや感想

ドラマ「推しの王子様」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「推しの王子様」の全体あらすじ
主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくもの。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長である泉美は、すべてを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちるゲームが異例の大ヒットを記録し、一躍、新進気鋭の経営者に。その泉美の前に、ある晩、航が文字通り“空から舞い降りて”きて、航は泉美を抱きしめます。信じられない展開に仰天する泉美でしたが、それ以上に信じられないのは、航の容姿がケント様にソックリだったこと。しかし航は、無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様でした。大失望する泉美でしたが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航を会社で雇い、仕事はもちろん、言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで教えることになり……。
引用元:公式サイト
ドラマ「推しの王子様」の見どころ
フジテレビ系のドラマ、初めての主演を務める比嘉愛未。

彼女が演じるのは、女性向けの恋愛ゲームの会社の社長、日高泉美です。

ある日、彼女の目の前にゲームの推しキャラである、ケント似の男性が降ってきます。

自分の理想を取り入れて作り上げた、いわゆる推しのキャラクターのケント。

その彼に、ふいに抱きしめられて、泉美は気を失ってしまいます。

そのケント似の彼、五十嵐航を演じるのは渡邊圭祐。

泉美は、外見のみ理想通りの航を、自分の会社で雇うことにしました。

そして、彼の内面も変えていくことを決意します。

男性を自分の好みに育てていく泉。

彼女たちが見つけだす、本当の幸せとはどんなものでしょうか。

2人のありえない恋の形と、恋の行方を見届けませんか。

本日から10月29日まで無料!

ドラマ『推しの王子様』の感想

女性40代

主演の比嘉愛未さん、大好きです。コード・ブルーも好きで、観てました。看護師役もカッコよくて素敵でしたが、初めての社長役も、とても楽しみです。早く初回放送が始まらないかと、わくわくしています。今回は大抜擢で、準備期間も少なかったと思いますが、頑張ってほしいです。

男性30代

とても魅力的で、じぶんをしっかりと持っていそうなイメージ。印象は役柄にも左右されるかと思うが、それにしても凛としていてきれいな女性。今回は社長を演じるみたいで、とても似合っている。誰かの代わり、という感覚ではなく、彼女の社長を見れるのが楽しみ。毎週楽しみになった。

女性20代

憧れの女性で、今回のドラマに決まったときは嬉しかったな。渡邊さんは最近よくドラマで観てたので、共演は楽しみ。原作はないオリジナルっていうのもいいな。先がわからないドキドキと、世間の反応を見ながら結末を変えてくれたりしないかな、って期待感があるし。自分好みに育てていく、なんて、すごいことやっちゃうんだ。早く初回観たい。

ドラマ『推しの王子様』の関連動画

関連作品

 

無料動画情報まとめ

以上、比嘉愛未主演のドラマ「推しの王子様」の見逃し動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

もしも目の前に自分の理想通りの人が現れたら、あなたならどうしますか。

泉美は彼を雇い、自分好みに育てていくことにしました。

今まで観たことがない、泉美と航の恋愛を一緒に観ませんか。

そんなドラマ「推しの王子様」の動画はFOD Premiumで見放題配信中です。

無料お試し期間の2週間もあるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から10月29日まで無料!