リアル・クローズ

本日から12月28日まで無料!

2009年10月から放送されたドラマ『リアル・クローズ』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『リアル・クローズ』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとめてみました!

結論からお伝えすると、TSUTAYA DISCASであれば1話から最終話まで全話無料レンタルが可能です!

TSUTAYA DISCASの無料期間を使えば、無料でレンタルして全話視聴できます。

ドラマ『リアル・クローズ』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料) サービスはありません
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料)
配信なし
香里奈の出演ドラマ・映画
話数 全11話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 
 

ドラマ『リアル・クローズ』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「リアル・クローズ」の動画は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

リアル・クローズ TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「リアル・クローズ」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TSUTAYA
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

また期間中であればドラマ「リアル・クローズ」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TSUTAYA DISCASの特徴を表にまとめています。

月額料金 2,052円
無料お試し期間 30日間
初回登録特典 準新作が8枚まで、まだまだ話題作・旧作DVDレンタル借り放題
継続特典 新作以外借り放題、
新作・準新作は月8枚まで無料レンタル
取扱作品数 49万作品以上(DVD、Blu-rayレンタル)

著作権の厳しいジャニーズ出演ドラマなど、動画配信サービスでは見れない作品も多く楽しめます。

さらに動画配信サービスでは取り扱いのない作品も無料DVDレンタルできるため、懐かしい作品や諦めていた作品も無料視聴できますよ!

本日から12月28日まで無料!

第1話 「ダサOL VS 美人鬼部長」

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

その日、東京の老舗デパート・越前屋百貨店では幹部を集めた重要な会議が行われていた。業績不振にあえぐ越前屋を再生するため、経営戦略部の尾崎隆(田中哲司)は全売り上げの半分以上を占める婦人服部門の強化を主張。その切り札として、ある女性の名前が挙がる…。
引用元:公式サイト

第1話の感想

絹恵のダサさが自分と似てるところがあって、ファッションのカリスマ美姫が言い放つ言葉が、見ている私にもグサグサ突き刺さるものがあった。正直、そんの良い服も買えないし容姿も違うから無理だわ・・・と思って見てたけど。しかし、ドラマの設定だからと言っても絹恵の髪型はもう少し考えて欲しかったなぁ。ちょっとアンバランスで違和感があった。これから話が進むにつれて、絹恵のセンスが磨かれ変わっていくのかもしれないけどファッションに無頓着だった絹恵人がどこまで変わるのか、そこは楽しみ。服の着こなし方も勉強になるかも。

ドラマ『リアル・クローズ』1話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』1話のネタバレ
越前屋の業績をたて直すため、経営戦略部の尾崎隆(田中哲司)は婦人服部門の強化を考えていた。

その頃、恋人の山内達也(高岡蒼甫)とパリ観光を楽しんでいた天野絹恵(香里奈)は、ヨーロッパ最大の百貨店、ギャラリー・ラファイエットに来ていた。

自分にはほど遠い華やかな世界に気後れしてしまう。

そんな時、絹恵はパリのファッション業界で注目を浴びていたマダム・ミキこと神保美姫(黒木瞳)の名を聞く。

数日後、越前屋百貨店のふとん売り場で後輩の森奈津子(南明奈)に張り切って指示をする絹恵の姿があった。

絹恵は上司の大面(佐藤二朗)からも頼りにされる欠かせない存在。

ある日絹恵は、売り場のベッドで寝ていた田渕優作(西島秀俊)の対応を頼まれるが、ふてぶてしい態度をとられ困っていた。

閉店後、統括部長に就任したばかりの美姫に会い圧倒される。

すると美姫に、「つまらない服を着ていると、つまらない人生になるわよ」と言われ屈辱を覚えた絹恵だったが、服なんて着やすければいい!と思うのだった。

ところが翌日、絹恵は突然婦人売り場への異動を言い渡され、ファッションに興味がない自分に務まるはずがないと戸惑ってしまう。

第2話 「あなたダサいんです!」

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

婦人服売り場のリニューアルで1億円を超える売り上げ増を達成した美姫(黒木瞳)は、また新たな戦略を打ち出す。売り場にVIP客専用のフィッティングルーム『ペシェ・ミニョン』を新設するというのだ。
引用元:公式サイト

第2話の感想

香里奈といえば気の強い役、というイメージがあったので絹江の役は少し意外でした。お仕事ドラマ、ということで、仕事に奮闘する女性の姿を見てみたいと思いました。また、凌が女性のあこがれる女性像、ドンピシャで凌の活躍している姿を見るためにドラマを視聴したいと思いました。今回の話で、それまでどこか凌から逃げていた絹江が凌と向き合う決心をし、さらに教えを乞う、ということを行いました。少しずつ絹江が変わってきているのを痛感し、これからどのように変わっていくのかが楽しみになりました。また、絹江を取り巻く男性陣のかかわりも楽しみです。

ドラマ『リアル・クローズ』2話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』2話のネタバレ
婦人服売り場をリニューアルし売り上げを大幅に増やした美姫(黒木瞳)の新戦略はVIP専用の試着室『ペシェ・ミニョン』の新設だった。

一方で凌(加藤夏希)は『ザ・スペース』の打ち合わせで陽子(真野裕子)と議論し、アクセサリーフェアでもトーク力を武器に今回も売り上げトップとなる。

絹江は打ち合わせでもフェアでも活躍できず、陽子のアドバイス通り全く似合っていない客を褒め販売を行う。

同日、日比谷しのぶ(鈴木砂羽)真紀(藤本静)姉妹の『飛猫舎』では優作(西島秀俊)と『GOLDY』の蜂矢英明(小泉孝太郎)が人気のコサージュ50個の予約を行うがお気に入りの蜂谷だけが取り合われた。

次の日、「似合わない」と商品が返品され、凌は絹江のセールスを咎める。

その後優作は絹江と『GOLDY』の偵察を行い蜂谷の仕入れ成功を知る。

しかし商品は完売で、店に訪れたしのぶは複雑な表情を浮かべる。

凌に「ダサい」といわれ服装に悩む絹江に、好きなものを見つけろと助言する優作。

それを眺める達也(高岡蒼甫)。

次の日、絹江は凌が前職の上司と会っていると知り凌が前職場へ戻ると考えた。

絹江は凌と向き合い「逃げるなんてずるい」と服装の指導を乞う。

第3話 「悪魔部長に弟子入志願」

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

『ペシェ・ミニョン』に配属され、美姫(黒木瞳)のアシスタントを務めることになった絹恵(香里奈)は、初めて美姫のそばで直々に指示を受けながら仕事をすることに。美姫の右腕と呼ばれる木村瑞穂(能世あんな)、多村アヤ(えれな)以外のアシスタントが美姫の厳しさについていけず、次々とクビになったと聞いて戦々恐々となる。
引用元:公式サイト

第3話の感想

美姫と絹江が邂逅し嬉しく思いました。絹江が少しずつ成長していく姿を見てうれしく思いましたが、美姫に首と告げられてしまったので今後が心配です。この先どうなっていくのだろうと思います。お仕事ドラマの風格が出てきて、仕事物が好きな私としてはうれしいです。人をよく観察している優作は今後どのようにかかわってくるのか、絹江と優作の中はどうなっていくのかということも気になります。美姫の仕事ぶりははたから見ていてもカッコよく、この話は働くことの楽しさ、しんどさを痛感することが出来ました。私も美姫のようになりたいです。

ドラマ『リアル・クローズ』3話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』3話のネタバレ
絹江(香里奈)は『ペシェ・ミニョン』に配属され美姫(黒木瞳)のアシスタントとなる。

木村瑞穂(能世あんな)、多村アヤ(えれな)は美姫の右腕と呼ばれ、それ以外のアシスタントは中途半端を許さない美姫の指示に応えられずクビになる。

絹江も美姫の下で四苦八苦する。

そんな折、美姫の長年の友人で老舗ストッキングメーカー『ヴィオーラ』の専務取締役・水嶋知子(片平なぎさ)がドレスを注文する。

優作(西島秀俊)は水嶋の真の狙いは越前屋の共同開発に参加することだという。

初日は好調で、その夜絹江は美姫とともに『ヴィオーラ』の競争相手『大日本繊維』の宴会に一晩中参加する。

終了後美姫はその足で越前屋に戻る。

仕事に全てを懸ける姿に驚く絹江はマネジャー昇格試験に推薦され、出世が確定すると周囲の人間から応援を受けるが美姫のように働く覚悟をできず、受験を決められない。

絹江は仕事に慣れ美姫からも一目置かれるようになる。

その後、共同開発商品のサンプルが『ヴィオーラ』と『大日本繊維』から届く。

絹江は品質の良さから『ヴィオーラ』を気に入り、水島に販売意欲を告げる。

しかし美姫は『大日本線維』と契約し絹江の行動を責め、クビと宣告する。

第4話 「独りはイヤ!結婚する」

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

絹恵(香里奈)はマネジャー試験に合格。主任に昇格し、売り上げにも責任を持つ立場となった。そんな折、友人の結婚式に達也(高岡蒼甫)とともに出席。幸せそうな花嫁姿の友人を見て初めて結婚を意識し、達也もまた自分との結婚を考え始めていることを知った絹恵は「私の幸せはどこにあるんだろう?」と気持ちを揺さぶられる。
引用元:公式サイト

第4話の感想

絹恵は仕事で頭がいっぱいですが、達也は結婚など将来のことを考えていて2人はすれ違ってしまっているのではと感じました。昇進して、新たな場所で頑張る意欲に溢れている絹恵は、仕事が楽しくて仕方がないと思いますし、早く認められたくて必死なのだと思います。一方の達也は、家族の体調も考えて、絹恵との結婚も含めて決断したい時なのではと感じますが、絹恵の状況も考えて複雑な気持ちなのだと思います。絹恵がVIPセールでの失敗でとても落ち込んでしまいましたが、そんな時に達也の父の容体が急変してしまい、達也の様子を感じた絹恵がどのような対応をするのかとても気になりました。

ドラマ『リアル・クローズ』4話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』4話のネタバレ
試験に合格し主任に昇格した絹恵(香里奈)は、友人の結婚式で結婚を意識し、達也(高岡蒼甫)も自分との結婚を考え始めていると知り、気持ちが揺れる。

絹恵は、研修で美姫(黒木瞳)に数字と売り場への意識についてアドバイスされ、商品部に配属された絹恵。

優作(西島秀俊)のアシスタントとしてバイヤー修行をすることになり、主張中の優作からニコラ・ブーケ(黄田川将也)を通して秋物商品の在庫処分を託される。

商品の販売方法に迷う絹恵は、売り場で凌(加藤夏希)らスタッフと相談するうちに気づきを得る。

絹恵は自ら商品を売り場で着こなしてPRをしたところ、商品は定価で完売に。

美姫から評価され仕事への意欲が湧く絹恵は、妹のまゆ(IMALU)から達也との結婚について切り出されるも、考えられないでいた。

その時達也は、父を見舞うために福島の病院におり、東京で働く同級生の堀晴美(山田麻衣子)からUターンの話を聞き、複雑な思いを感じる。

一方、絹恵はVIPセールで100万円もの損失を出し、優作に叱責されて落ち込んでいた。

そんな時に達也から達也の父の容体が急変したとの電話を受け、がく然とするのであった…。

第5話 「誰と生きる?結婚と涙」

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

達也(高岡蒼甫)のプロポーズを受け入れた絹恵(香里奈)は、実家の福島に戻る達也について行くため、仕事を辞める決意を固める。その矢先、絹恵の企画したオリジナルウエディングドレスが美姫(黒木瞳)に採用され、商品化が決定。美姫に退職の意志を伝えたい絹恵だが、言い出すことができない。
引用元:公式サイト

第5話の感想

今は仕事を頑張りたいという時に、達也のプロポーズを受け入れて仕事を辞めると決めた絹恵でしたが、心の中はとても複雑だったのではと思いました。仕事に取り組みたい気持ちに蓋をして、無理矢理将来を決めようとしているように感じられて悲しい気持ちになりましたし、また達也も、そのような絹恵に気づきつつも、絹恵と将来一緒になりたい気持ちで、何ともいえない思いを抱えているのではと感じました。最後の仕事と決めて、一生懸命に力を注ぎつつ楽しんでいる絹恵には、仕事も諦めて欲しくないと思う一方で、それを見る達也は辛かったのではと思います。2人が将来に関してどのような選択をするのかとても気になりますが、お互い幸せになって欲しいと思いました。

ドラマ『リアル・クローズ』5話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』5話のネタバレ
達也(高岡蒼甫)のプロポーズを受け入れ、達也の実家の福島についていくため仕事を辞める決心をする絹恵(香里奈)。

企画したオリジナルウエディングドレスが美姫(黒木瞳)に採用され商品化も決まったため、退職について美姫に切り出せないでいた。

絹恵は優作(西島秀俊)、瑞穂(能世あんな)、アヤ(えれな)らとのチームを組んでのウエディングフェアの企画に集中できずにいた。

悩んだ末に優作や凌(加藤夏希)に結婚退職の意思を伝えると猛反対される。

越前屋での最後の仕事だと気持ちを新たに取り組む絹恵は休みなく働き、達也は仕事で頭がいっぱいの絹恵にやりきれない思いを感じる。

一方で、ライバルの松善百貨店にも似たような企画が存在し、蜂矢(小泉孝太郎)という人物が関わっていることを知った美姫は複雑な気持ちになる。

そんな中、松善百貨店のブライダルフェアを訪れた。

越前屋の企画を考え直そうと張り切る優作と絹恵を達也は目にし、結婚式の資料も見ておらず、将来を真剣に考えようとしていないと深夜に帰宅した絹恵に激怒する。

そして、「お前は変わった」と言い残し、達也は出て行ってしまうのであった。

第6話 「恋の修羅場と新しい服」

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

達也(高岡蒼甫)と別れた絹恵(香里奈)は、そのショックを抱えたまま職場へ。元気のない絹恵を心配する優作(西島秀俊)や凌(加藤夏希)らに結婚を取りやめたことを打ち明け、「これからは仕事に生きる」と強がってはみるが、達也への思いは吹っ切れないでいた。
引用元:公式サイト

第6話の感想

一度は結婚を決めたのにも関わらず、別れるという選択をした絹恵はとても辛かったと思いますし、仕事で頭がいっぱいだった自分を責める気持ちもあったのではと感じました。気持ちを切り替えようとするも、身体も心も追いつかず、周りから見てもボロボロの状態だったと思いますし、絹恵自身は毎日を過ごすことで精一杯だったのではと思います。食事の席で、絹恵を見つめる蜂矢とありましたが、美姫と蜂矢との間に何があったのか気になりました。また、優作の婚約者の存在を知った絹恵が、優作に対する自分の気持ちに気づいたように感じたので、今後の2人の関係に何か動きがあるのか気になりました。

ドラマ『リアル・クローズ』6話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』6話のネタバレ
絹恵(香里奈)は優作(西島秀俊)や凌(加藤夏希)に、達也(高岡蒼甫)との結婚がなくなったと話し、強がるが、達也への未練は残っていた。

そんな時に、美姫(黒木瞳)を疎ましく思う経営戦略部の尾崎(田中哲司)は、美姫が担当の婦人服部門に越前屋のイメージアップイベントに関する企画を押し付ける。

抜け目なく企画を提案する瑞穂(能世あんな)に優作が驚く一方、身に構う気力もない絹恵は美姫に注意される。

そんな絹恵を元気づけようと凌と陽子(真野裕子)がセットした食事に蜂矢(小泉孝太郎)が現れ、美姫の絹恵への期待を知った蜂矢は絹恵を見つめる。

翌日、優作の婚約者の存在をニコラ(黄川田将也)から聞いた絹恵は、落ち込む自分に戸惑い、達也に会いにいくが、そこには晴美(山田麻衣子)がおり、激しく落ち込む。

達也を忘れる決心をする中、まゆ(IMALU)が作ったリメイクTシャツが届き、絹恵はTシャツをチャリティー販売するというイメージアップイベントに関する企画を思いつく。

その企画を聞いた美姫は即決し、絹恵を中心に一大プロジェクトが組成されることになる。

一方の瑞穂は、絹恵の企画が採用されたことに愕然としたのであった…。

第7話 「女のバトルと生きる道」

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場にアンテナコーナー『シンデレラタウン』を新設するプロジェクトを始動。そのチームマネジャーに任命された絹恵(香里奈)は、契約社員ながらチーフとして売り場をまとめる小西まみ(中別府葵)に出会う。明るさとセンスのよさで客にもファンが多いまみは、ヤングカジュアルのカリスマ販売員だった。
引用元:公式サイト

第7話の感想

立場が違う仲間をまとめるのは大変だと思いました。絹恵からすれば、同じ業務に取り組む仲間として隔てなく頑張りたいという気持ちだと思いますが、まみからしたら、まず立場の違いを何よりも感じてしまうのだと思いますし、そう考えてしまうような経験をこれまでしてきたのではと感じました。一方、まゆは美姫に意見するくらい自信と希望に満ち溢れていて、キラキラしている雰囲気を感じました。親友との夢がなくなってしまい落ち込んでいるようでしたが、美姫からの温かい励ましもあり、夢の実現のために気持ちを新たに頑張るのではと感じました。

ドラマ『リアル・クローズ』7話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』7話のネタバレ
「シンデレラタウン」のチームマネージャーに美姫(黒木瞳)から指名された絹恵(香里奈)。

そんな絹恵は、契約社員でカリスマ販売員の小西まみ(中別府葵)と知り合う。

絹恵はまみに取引先との交渉を頼んだが、契約社員であるという理由で断られる。

そんな時に越前屋を訪れたまゆ(IMALU)は売り場にいた美姫に意見し、それを見た優作(西島秀俊)は驚いた。

まゆは、デザイナーとして親友と2人でブランドを作り、店を持つことが夢だ。

彼女は親友と一緒に上京しデザインを学ぼうとしていた。

絹恵の方はというと、「シンデレラタウン」オープン初日のイベントを企画。

まみの得意分野を活かせる仕事を頼むが、契約社員が下手なことはできないと断られてしまった。

能力がありつつもチャンスを潰すまみをもどかしく感じた絹恵は、説得を試みるが、無神経だと激怒される。

絹恵がまみのことで悩む頃、まゆは親友との夢が崩れてショックを受けていた。

越前屋を再び訪れたまゆは、夢の実現のためには1人になることを受け入れる勇気をと美姫に励まされる。

一方、まみは自分の考えたコーディネートに対し、美姫から辛辣な言葉を受ける。

その怒りと日ごろのモヤモヤを絹恵にぶつけ、まみと絹恵は大ゲンカ。

そんな中、同じく契約社員である凌(加藤夏希)が現れる。

第8話 「ニット王子獲得大作戦」

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

越前屋と松善の合併協議を美姫(黒木瞳)から明かされた優作(西島秀俊)は、尾崎(田中哲司)に呼び出され、役員への引き上げを打診される。有能な優作を見込んだ大抜擢だが、それは同時に優作が現場から離れることを意味していた。「百貨店の一バイヤーで一生終わるつもりか?」と決断を迫る尾崎の言葉に、優作の心は揺れる。
引用元:公式サイト

第8話の感想

優作と絹江の仲が少し近づいてドキドキとしました。つぶれた優作を介抱していた絹江はどのような気持ちだったのか気になります。しかし、優作は一途に雪乃のことを思い続けていて、それもそれで切ないなと思います。全員の仕事、恋愛、生活がうまくいけばいいのにと思いますが、そうもいかないのが難しいところです。また、美姫と蜂谷の関係性も気になります。墓地というシチュエーションも意味深で、そこをより深めて知りたいと思いました。最初は消極的だった絹江がバリバリ働いていたのでかっこよかった。成長を感じることが出来ました。

ドラマ『リアル・クローズ』8話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』8話のネタバレ
優作(西島秀俊)は美姫(黒木瞳)から越前屋と松善の合同協議を聞かされる。

尾崎(田中哲司)は優作の能力を見込み役員への昇格を打診するが、優作は現場を離れることに迷う。

時を同じくして美姫は「ニットプロジェクト」を始動する。

オリジナルのニット商品の制作の要であるデザイナー・双葉公彦(中村靖日)との交渉を任された絹恵(香里奈)は優作と仕事にあたろうとする。

しかし優作は婚約者の雪乃(奥貫薫)に振られたことにより仕事に身が入らず、その隙に双葉は蜂矢(小泉孝太郎)に取られてしまう。

優作は諦めてしまう。

ある日、墓参り中の美姫に蜂谷は帰れと言い放ち険悪な空気が流れる。

対して絹江は優作の態度に不満を抱き双葉を説得しようと奮闘する。

そんな中ニコラ(黄川田将也)に優作と雪乃の間を取り持ってほしいと頼まれ、仕方なく雪乃に優作と会うよう願うが仕事ばかりの優作に不満があると告げ断る。

達也(高岡蒼甫)の言葉を思い出し言葉が詰まる。

雪乃に未練があった優作は絹江を飲みに誘い飲みすぎ自らのダサい過去を暴露する。

潰れた優作の介抱のために優作のマンションへ。

優作は間違えて絹江に抱き着くが、絹江はそんな優作をやさしく見守る。

第9話 「生き別れた恋人との衝撃の過去」

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

松善が合併で百貨店業界のトップに躍り出たことにより、大差をつけられた越前屋には契約を解除したいという取引先からの申し出が殺到。優作(西島秀俊)はその対応に追われる。百貨店にとって最も大切な年末商戦を前に、越前屋は存続の危機に陥っていた。
引用元:公式サイト

第9話の感想

一見華やかな百貨店だが、裏では業界内の権力争いが起きている。その争いをしかけているのが、さわやかイケメンの小泉孝太郎というキャスティングが面白い。西島と小泉を逆にした方がしっくりするのではないかと思った。また、ニューヨークの人気ブランドが日本の老舗メーカーに製造を委託するというのがまた意外だった。靴は特に国によって平均的なサイズが違うので、日本で売るものは日本の製造メーカーのほうがいいのだろう。ドラマのスタッフたちの恋愛話はほどほどにして、越前屋をしっかり立て直せるのか、ブランド1つで大丈夫なのかといろいろ不安を感じてしまった。

ドラマ『リアル・クローズ』9話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』9話のネタバレ
百貨店業界のトップだった越前屋は、松善の合併で業界トップから転落し、年末商戦を前に存続が危ぶまれる事態になっていた。

優作(西島秀俊)が取引先からの契約解除の対応にあたる中、美姫(黒木瞳)は今回の危機を乗り切るために、ニューヨークのブランド『Siela&Keith』との日本初の専属契約を提案する。

しかし、先方はハイヒールの製造元に浅草の老舗工場『竹内』を指定する。

『竹内』との契約交渉を指示された勇作と絹江(香里奈)は早速交渉に乗り出す。

そのころ蜂矢(小泉孝太郎)が『竹内』を訪れ、契約を横取りしようと試みる。

それを知らない勇作と絹江はスタッフの二コラ(黄川田将也)を連れて『竹内』の堅物社長・竹内祐造(田山涼成)に製造を依頼するが見事に却下される。

説得を任された絹江は『竹内』で雑用を手伝いながらチャンスを狙うが、ある日工場の片隅に置いてあったアルバムの中に20年前の美姫の写真を発見する。

一方、蜂矢は越前屋の婦人服部門のスタッフのヘッドハンティングを進めていた。

第10話 「崩壊の危機と裏切り、最後のバトル」

10話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

松善に客足を奪われた越前屋の売り上げは大幅にダウン。このまま年末商戦も惨敗すれば深刻な危機に陥る越前屋の社運は、美姫(黒木瞳)の進める『Siela&Keith』との専属契約の交渉が成功するか否かに託された。「失敗は許されない」と迫る尾崎(田中哲司)に美姫は交渉は順調だと自信を見せるが、尾崎は何かを企むような不敵な笑みを浮かべ…。
引用元:公式サイト

第10話の感想

これを読む限り、越前屋に勝ち目がないように思われる。ブランド側も利益が見込めない相手とは契約しないだろう。まして日本初上陸のブランドとなると、その後の店舗展開にも大きく影響するため、越前屋だけではなく、ブランド側でも失敗はしたくないだろう。それにしても絹江には引き抜きの声はかかっていないのだろうか。松善側も合併して優秀なスタッフを集められると思うのだが、なぜ越前屋にこだわるのかと不思議に思った。客もスタッフも勢いのあるお店に足は向く。存続の危機にある越前屋は海外ブランド以外にも打開策を打っておかなくて大丈夫なのだろうかと不安になった。

ドラマ『リアル・クローズ』10話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』10話のネタバレ
越前屋は完全に松善に客足を奪われ、年末商戦前に売上が大幅に落ち込み苦境に陥っていたには社運が託されている。

尾崎(田中哲司)の前では『Siela&Keith』との契約交渉が順調に進んでいるふりをする美姫だが、松善と密談を交わしていた尾崎はそれを見て不敵な笑みを浮かべていた。

その頃、『Siela&Keith』のデザイナーが緊急来日し、翌日の最終プレゼンを要求する。

美姫は優作(西島秀俊)と絹江(香里奈)に急遽指示を出すが、二人がプレゼンの準備に追われる中、二コラ(黄川田将也)は勇作が蜂矢(小泉孝太郎)と会っていたことを絹江に耳打ちする。

勇作が松善に引き抜かれるのではと不安になる絹江だったが、ある日、絹江は美姫に同行して『Siela&Keith』に挨拶に行く。

そこで同じく契約交渉に来ていた松善の重役と蜂矢に出くわす。

ブランド側は松善の好条件に興味を示している。

それを見て気落ちする絹江は、凌(加藤夏希)が松善から引き抜きを提示されていることを知りショックを受ける。

最終プレゼンが翌朝に迫った夜、優作と凌の一言からブランドコンセプトを活かした売り場を作って松善に打ち勝とうと準備を始めた。

第11話 「クリスマスの奇跡!服の魔法と涙」

11話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

越前屋の生き残りをかけた『Siela&Keith』との契約を逃した美姫(黒木瞳)は責任を問われ、統括部長を解任された。絹恵(香里奈)ら婦人服部門のスタッフは尾崎(田中哲司)率いる経営戦略部の傘下に置かれることに。
引用元:公式サイト

第11話の感想

目の前のことに集中しすぎて突っ走る人は、本来の目的から脱線してしまうことが度々あるなと思った。日常業務をなおざりにして、イベントばかりやるような百貨店に客は集まるだろうか。質の良いものが多数そろっているのが百貨店のいいところで、他店と争って全フロアでコラボアイテムなんて売られたのでは、完全に百貨店側の自己満足に終わってしまうだろう。絹江がスタッフたちの声に耳を傾け始めたのは良かったし、社会人の成長にあたっては自分の成果だけではなく、チームで何かを成し遂げるということがとても重要だと感じた回だった。

ドラマ『リアル・クローズ』11話無料動画

ドラマ『リアル・クローズ』11話のネタバレ
美姫(黒木瞳)は『Siela&Keith』との契約を逃した責任をとって降格し、絹江(香里奈)たち婦人服部門は経営戦略室として尾崎(田中哲司)の部下となる。

尾崎は美姫をパリに出張させ、絹江達にクリスマス商戦企画の提案を指示。

松善の『Siela&Keith』のオープンに勝てる企画が短期間で作れるのか悩む絹江。

一方、優作(西島秀俊)は転職先との交渉のためロンドンへ行くという。

相談相手をなくした絹江は一転「打倒!松善」と気持ちを切り替え、人気ブランドと限定コラボアイテムを作り、全フロアで販売するという企画を提案。

二コラ(黄川田将也)や陽子(真野裕子)らと一緒にコラボアイテムの製作依頼を始める。

しかし、クリスマスに間に合わないことを理由にブランド側から難色を示され、美姫も優作もいないため交渉が進まない。

一人で焦る絹江は、ある日蜂矢(小泉孝太郎)から越前屋を打ち負かしたという言葉から自分が勝ち負けにとらわれていたことに気づき、反省する。

気を取り直してスタッフからそれぞれのアイディアを聞くことにした絹江は、業界の常識にとらわれない新たな企画を思いつく。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『リアル・クローズ』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『リアル・クローズ』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TSUTAYA DISCAS

DVDレンタル
無料
DVD無料レンタル30日間無料
ポイント付与なし

music.jp

レンタル配信
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

ひかりTV

有料レンタル
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

TELASA

配信なし
お試し登録15日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

配信なし
お試し登録31日間無料
600pt付与

FOD Premium

配信なし
お試し登録2週間無料
最大900pt付与

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

Amazon

配信なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

dtv

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「リアル・クローズ」は、TSUTAYA DISCASにて無料レンタルすることができます。

TSUTAYA DISCASは、新作以外のDVDが借り放題です。

もちろん30日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月28日まで無料!

TSUTAYA DISCASでドラマ『リアル・クローズ』の動画を無料視聴

ドラマ「リアル・クローズ」はTSUTAYA DISCASにて無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2,052円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

TSUTAYA DISCAS
(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASでは、動画配信サービスでは取り扱いの少ないジャニーズ出演作品も多くラインナップされています。

ドラマ「リアル・クローズ」に出演している香里奈の出演作品

  • うさぎドロップ
  • フリーター、家を買う。
  • ガール

もTSUTAYA DISCASで無料レンタルできるため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「リアル・クローズ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月28日まで無料!

TSUTAYA DISCASの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYATOPの「今すぐ30日間の無料トライアル」をクリック
  2. Yahoo!IDでログイン
  3. 「TSUTAYA DISCASに新規登録する」をクリック
  4. メールアドレスを入力して「次へ」をクリック
  5. 届いたメールの承認用URLをクリック
  6. 必要な情報を入力して「次へ」をクリック
  7. お支払い方法を選択し、入力したら登録完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYATOPの「マイメニュー」をクリック
  2. 「登録情報の確認」をクリック
  3. 「サービス停止申請」をクリック
  4. 解約するサービスを選び、アンケートに答えたら解約完了

 

ドラマ『リアル・クローズ』あらすじや感想

ドラマ「リアル・クローズ」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「リアル・クローズ」の全体あらすじ
「つまらない物を着ていると、つまらない一生になるわよ」—「人間は中身。見た目がすべてではないと思います!」「中身が見た目ににじみ出るのよ。だから人間は見た目で分かるの」今まで興味のなかった婦人服売り場へ異動となり、戸惑う主人公・天野絹恵。そんな彼女に、婦人服売り場を統括する鬼部長・神保美姫が、辛らつな言葉を投げつける。「ファッションって? 仕事って? 恋愛って? 私って????」絹恵と鬼部長・美姫との葛藤を通して、働く女性なら誰もが抱える「悩み」をリアルに描きます。
引用元:公式サイト
ドラマ「リアル・クローズ」の見どころ
本作は、槇村さとる作品である集英社の同名漫画を原作としたドラマ。

香里奈演じるのは、公私共に様々な悩みを抱える女性・天野絹恵。

女性ファッション誌の表紙を軒並み飾り、多くの女性に支持されるファッショナブルな彼女が、

“人間はオシャレしてなんぼではなく要は中身”と割り切る生真面目な女性・絹恵を好演している所は必見。

そんな彼女に立ちはだかり、彼女の人生観を変えていく鬼部長・神保役に、永年のヒロイン女優である黒木瞳。

彼女のオシャレから身を置く絹恵に放つ辛辣な言葉、そして「リアル・クローズ」ー自分の”人生”にピッタリの服を通して、

女性視聴者たちの胸に突き刺さる共感や名言、名シーンが多くある作品です!

本日から12月28日まで無料!

ドラマ『リアル・クローズ』の感想

女性30代

香里奈は、本当に綺麗でした。元々のスタイルがいいから、ドラマで出てくる服装がとっても良かったです。目が元々きついので、S っ気のある服がとても似合います。でもそれだけじゃなくてフェミニンな服も着て、ちょっと笑う笑顔が可愛かったです。なりたい自分を表現するために、服を洗うことはすごく大事なんだなと感じました。見事に香里奈さんが演じていたので、より説得力のあるメッセージでした。

男性30代

このドラマのテーマは「自分も知らなければ、似合う服など分からない」というストーリーでした。自分の人生にフィットする服を探すこととは、自分の生き方を探すことに通じるというメッセージでした。普段着ている服というのは外見からのイメージだけでなく、なりたい自分を演出している、外へのメッセージとしても発信するものなんだと気づきました。セルフプロデュースの大事さがとてもわかるドラマでした。

女性30代

服のバイヤーの仕事について詳しくなれました。雑誌とかで特集が組まれるのは、このようにバイヤーの子達が世の中のトレンドを読んで教えてくれるからなんですね。常にセンスを磨いてないといけない、大変な仕事なんだなと思います。香里奈、加藤夏希、芦名星、黒木瞳など、ファッションモデルが数多く出演するドラマで、服の着こなしがとてもかっこよかったです。

男性20代

彼女と一緒に見ていましたが、日本版のプラダを着た悪魔のようなドラマだと感じました。仕事に奮闘する女性の姿が描かれていて、とても素敵だなと感じました。結婚や仕事など、男が中々気づかない悩みなどもあり、僕自身いろいろと考えさせられたドラマでした。彼女は楽しそうに見ていましたね。働く女性と付き合っている男はみたほうが良いと思います。

女性30代

原作の漫画を読んでいて気になったので、ドラマもみてみました。漫画の絹恵のイメージと香里奈が合わなかったけど、これはこれで面白かったです。仕事に一生懸命になっているときって、彼をないがしろにしがちになるのはとてもわかります。今は仕事を頑張りたい、でも1人にはなりたくないと思う女性は多いのではないでしょうか。派遣社員の立場など、いろいろと共感出来る部分があって励まされました。女性は共感出来る部分が多いと思います。おすすめです。

ドラマ『リアル・クローズ』の関連動画

香里奈の出演ドラマ・映画

 

無料動画情報まとめ

以上、香里奈主演のドラマ「リアル・クローズ」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

ファッションって?恋愛って?仕事って?働く女性の誰もが抱える悩みをリアルに描いたワーキングロマンドラマ。

はたして「人間は中身、見た目がすべてではない」のか?名言もりだくさんで働く女性必見です!

そんなドラマ「リアル・クローズ」の動画はTSUTAYA DISCASで見放題配信中です。

無料お試し期間の30日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月28日まで無料!