桜の塔

本日から12月12日まで無料!

2021年4月から放送されたドラマ『桜の塔』

放送当時見逃してしまったり、もう一度ドラマを観たいと1話から動画を探しているかもしれません。

そこで、この記事ではドラマ『桜の塔』の動画を無料視聴できる動画配信サイトや無料動画サイトを調べてまとてみました!

結論からお伝えすると、TELASAであれば1話から最終話まで全話見放題で配信しています!

TELASAの無料期間を使えば、無料で動画を全話視聴が可能です。

ドラマ『桜の塔』動画配信状況
見逃し配信(無料)
見放題配信(無料)
レンタル配信(課金)
DVD宅配レンタル(無料) サービスはありません
配信なし
玉木宏の出演ドラマ
話数 全9話
放送年
制作国 日本
監督
キャスト
外部リンク
 
 

ドラマ『桜の塔』の動画を全話無料視聴する方法

ドラマ「桜の塔」の動画は、TELASAにて見放題配信中です。

桜の塔 TELASA
(画像引用元:TELASA)

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

その無料期間を利用すると、ドラマ「桜の塔」を1話から最終話まで全話無料視聴可能です。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

また期間中であればドラマ「桜の塔」に限らず、見放題作品は全て無料視聴可能です。

以下、TELASAの特徴を表にまとめています。

月額料金 618円
無料お試し期間 15日間
初回登録特典 なし
継続特典 毎月550円分のビデオポイント付与
見放題作品数 1万本以上
取扱作品数 非公開
ダウンロード機能 ダウンロード可能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ可
同時視聴 1台

さらに、他では配信されていない特撮ヒーロー作品や、テレビ朝日の人気ドラマやバラエティ番組を独占配信中!

他では見れない人気の作品を、楽しむことができますよ!

本日から12月12日まで無料!

第1話

1話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

2016年――東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生した!警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、地方大学出身の「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。だが、彼と共に次期警視総監の座を争う「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と「東大派」警務部長・吉永晴樹(光石研)――警視庁のスリートップが繰り広げる“それぞれの思惑をはらんだ話し合い”は決裂…。そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の一人に発砲し、まんまと裏口から逃走するという大失態を招いてしまう!
引用元:TELASA

第1話の感想

初回からいいテンポで進んでくドラマだなと思いました。玉木宏さんは、毎クールのように主演ドラマに出演され、よく見かける方の1人ですが、刑事役は珍しいのではないかなと思いました。爽との関係、上司達との絡み、父親の死の真相、そして蓮自身がどうのし上がっていくのか、1話から色々な事が気になりました。その他の脇役の方達も、魅力的な方ばかりで見応えがありました。また、千堂の娘、優愛と蓮が何か発展がありそうで、期待してしまいます。次回もとても楽しみです。

ドラマ『桜の塔』1話無料動画

ドラマ『桜の塔』1話のネタバレ
2016年、都内の銀行で一般市民と行員を人質にとり立てこもりの強盗事件が発生しました。

警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は、部下の冨樫遊馬(岡田健史)らと共に事件現場に来ています。

地方大学出身「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は、SATの出動要請をします。

しかし、「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田剛太郎)と「東大派」警務部長・吉永春樹(光石研)は、それぞれの思惑が交差し決裂します。

この事件の指揮をとっていた、佐久間義孝(少路勇介)が上に掛け合い、SATの出動許可をとると言っていたが、力不足で許可を取れず、部下達に怒られます。

その頃現場では、犯人が一般市民の人質1人を連れて外に出てきます。

犯人は、人質に「車の用意はできたのか。約束の時間だ。」と話させます。

警察が車の用意はまだだと伝えると、犯人は人質に発泡し、SITを突入させた時には裏口から逃走されていたという失態を招いてしまいました。

そして、プロファイリング能力に長けている警視庁捜査共助課の理事官・上條蓮(玉木宏)は、雀荘にいました。

次の日、捜査会議に出た蓮は理論的な根拠をならべSATを出動させなかった理由を説明し、犯人の手がかりとなる物を刑事達に提示しました。

数日後蓮は、佐久間から自分の代わりに婚約者の千堂優愛(仲里依紗)とランチに言って欲しいと連絡が入り、仕方なく行く事にしました。

千堂優愛は、千堂刑事部長の娘です。

その矢先、佐久間がホテルに10代の女の子を連れ込んだと連絡を受けた千堂は、捜査の指揮官から外して蓮を臨時で引き上げると伝えてきたのです。

第2話

2話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

銀行強盗事件で手柄を立てた警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は、1日おきに女性たちが矢で襲われるも負傷者はゼロ…という奇妙な連続通り魔事件の捜査指揮を担当。さらに、同期である警備部所属の新垣広海(馬場徹)と警務部所属の馳道忠(渡辺大知)と共に、警視正への昇進候補者にも選ばれる。だが、警視正のポストの空きは2人分…。漣の上司である刑事部長・千堂大善(椎名桔平)と、警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)、警務部長・吉永晴樹(光石研)は、警視総監・荒牧雄彦(段田安則)に推薦すべき人物を絞るため会議を開くが、いつしか派閥同士の小競り合いに発展し、話し合いは難航…。
引用元:TELASA

第2話の感想

玉木宏と渡辺大知と馬場徹が同期というのは何歳の設定なのか、とても違和感がありました。広末涼子と幼なじみなのは分かるのですが、ちょっと無理あるなと思います。また、仲里依紗の父親が椎名桔平というのも何だか違う気がします。結婚を考えるくらいなので、30歳手前くらいなのかと思いますが椎名桔平との歳が近すぎます。2話目にしてそんな不思議な点に気づいたのですが、物語自体は面白かったです。
上條は、父親の死の真相のために何がなんでも上層部に行きたいと考えることが分かり、どうやってのし上がっていくのか楽しみです。

ドラマ『桜の塔』2話無料動画

ドラマ『桜の塔』2話のネタバレ
上條は、一日おきに女性が矢で襲われるものの寸前のところに打たれる為負傷者は無し、という奇妙な連続通り魔事件の指揮を担当する事になりました。

会議で、地図上の事件の現場を線で繋げると北斗七星の形になると説明した上條は、次の事件の場所の目星を伝えます。

また、上條と同期の警務部の東大派・馳道忠(渡辺大知)と警備部薩摩派・新垣広海(馬場徹)と共に警視正の昇進候補者として選ばれたが、昇進できるのは2名です。

上條の上司で 外様派・千堂、薩摩派・権藤と東大派・吉永で会議を行うが、派閥同士の小競り合いになり推薦者を決められずにいると、警視総監の荒牧雅彦(段田安則)が現れます。

荒牧は、「1週間後に決選投票で決める」と発言し去っていきました。

投票になると圧倒的に東大派と薩摩派が有利だと知っている上條だが、野心で燃えておりまた何か画策しているようです。

そんな時、Mr.予言者(渡部豪太)という売れない芸人が動画配信で、5件目の通り魔事件の場所と時間を予言し本当にその現場に居合わせるという様子を動画サイトに投稿し話題となっていました。

早速、爽と冨樫(岡田健史)が予言者の元に行くと、自分は何もしていないと話し、「周りにいた人たちの連絡先聞いといたんで確認してみてください」と紙を渡してきました。

爽は「怪しい。普通連絡先なんて聞くかな。」と冨樫に話します。

しかし、上條はこの事件の犯人を分析済みでこのMr.予言者の動画も上條の仕組んだことでした。

そうとは知らない爽達は、捜査を続けていました。

その頃上條は、犯人には殺意が無いと確信し、もっと世間で話題にして自分の手柄を大きくしようと考え、次の事件もMr.予言者を利用し動画配信をさせています。

ところが、6件目の事件は犯人の撃った矢が子どもの腕に刺さってしまいました。

第3話

3話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

警視庁捜査共助課の理事官としての手腕が評価され、警視正に昇進した上條漣(玉木宏)は、警務部へ異動。警務部長・吉永晴樹(光石研)から、警察内の不正を取り締まる“警察の中の警察”=監察官のポストを与えられ、警視庁捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)らが半月前に暴力団から押収した拳銃を横流しした主犯を秘密裏に探るよう命じられる。「東大派」派閥を率いる吉永が、「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)の息がかかった漣を抜擢した裏には、何かよからぬ思惑が潜んでいるはず…。
引用元:TELASA

第3話の感想

高杉役の長谷川さん、初回から気になってました。かなり脇役なのにこの俳優さん使うかなとちょっと怪しんでいましたが、その通りでした。でも辞めてしまったので新たに誰か追加されるのでしょうか。気になります。漣は、優愛と婚約したようです。お似合いなのですが、優愛はいろいろ感じ取っているので、これから波乱の予感です。また、同期の馳は自殺をはかるほど苦しんでいました。これから彼はどうなるのでしょうか。千堂、権藤、吉永は同期だったんですね。千堂1人若く見えここも違和感あります。ここの権力争いも漣に絡んで来るようです。

ドラマ『桜の塔』3話無料動画

ドラマ『桜の塔』3話のネタバレ
警視正に昇進し警務部に異動した上條漣は、警務部部長・吉永に挨拶に行きました。

警察の中の警察、監察官になることを命じられ、早速担当してもらいたい案件があると言われます。

それは、新潟で押収した拳銃が半月前に都内の暴力団から押収した物だった事から、拳銃を横流しした犯人が警察内にいると思われ、主犯人を見つけろという命令でした。

食堂で漣は、同期の馳、新垣と昔話で盛り上がっていたが、馳は突然仕事に戻ると慌てて席を立ち去っていきました。

最近疲れている様子の馳を見て昇進に落ちてからおかしくなったんだと新垣は話し、心配しています。

漣が、千堂の家で監察官になったことを報告すると「あまりのめり込むなよ。監察官の仕事は君には手に余る」と千堂に言われます。

拳銃横流し事件を担当したのは水樹班だったと判明し、次の日漣は、爽に事件の詳細を聞きに行きます。

漣は、押収した拳銃を高杉賢剛(長谷川朝晴)と轟啓一(駒木根隆介)が保管庫に届けた後確認すると、偽物にすり変わっていて、2人が怪しいと話します。

爽によると、高杉はギャンブル三昧で借金があり、轟は組対にいた時ヤクザのSを作ったり暴力団との関わりがありました。

漣の作戦で、5年前の殺人事件で使われた拳銃が廃工場にあるというタレコミ情報を入れ、水樹班は捜索に行きます。

予定通り見つけた拳銃を、高杉と轟に保管庫に届けさせたが、すり替えられていませんでした。

漣と爽がいつも実家の中華料理屋で話し合っていると、内通者がいると気づき外を見に行くと冨樫が「2人が付き合っているのかと…」と勘違いして後を着いてきていたのです。

そんな時、水樹班が逮捕に向かった家で覚せい剤末端価格2億と思われる量が見つかりました。

漣は、この事件の根底には何かあると考え2人の経歴の精査を同期の馳に頼みに来ました。

馳は、何かに気づいた様子だったが平静を装い特にないと漣に答えました。

第4話

4話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

昇進に伴う異動で、警視庁警務部の監察官となった上條漣(玉木宏)は、借金返済のために押収品を横流しして依願退職処分となった元警視庁捜査一課の刑事・高杉賢剛(長谷川朝晴)を裏で操っていた人物を突き止める。その人物とは…漣の父親代わりであり、情報屋としても暗躍する元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった!刈谷はどんな目的があって、高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こさせたのか――。
引用元:TELASA

第4話の感想

婚約者である優愛の事をないがしろにしがちというか、漣が優愛に対して気持ちが無いので、言動に出てしまっています。もう少し女心を理解して上手く付き合ってあげないと可哀想だなと思うところと、優愛もその辺は割り切って付き合っていかないとやっていけないのに面倒な展開になりそうだなと思ってきました。また、漣の父の死の真相が明らかになりつつあります。千堂が勇仁の自殺時に、拳銃を向けている映像が出てきました。漣の事を裏切っていたのは千堂だったのか次回も楽しみです。

ドラマ『桜の塔』4話無料動画

ドラマ『桜の塔』4話のネタバレ
漣は、ある場所に向かいながら子どもの頃父と交わした言葉や出来事を思い出していました。

先日押収品の横流しで逮捕された高杉刑事を裏で操作していた人物は、刈谷銀次郎(橋本じゅん)だと突き止めた漣は、小宮志歩(高岡早紀)のクラブに来ました。

刈谷は、漣の父・勇仁(岡部たかし)の自殺前まで一緒に交番勤務をしており、ずっと漣の父親代わりの存在です。

刈谷は、「勇仁が自殺する前に調べていた事件が警察の押収品の横流しだった。 そのやり方と同じ手口でまた事件を起こすことで23年前の事を上層部に思い出させたかったこら、高杉にノウハウを教えけしかけてやらせた。」と白状しました。

また、元警察官だった志歩は、保管庫係になった時に押収品のすり替えに気づき上司に報告するが見て見ぬふりをする姿に上層部が絡んでいると考え、勇仁に相談したと話しました。

そらに刈谷は、勇仁の言っていた“警察に殺される”という言葉はものの例えとかじゃなく本当の事で、自殺を強要されたんだと漣に言いました。

全ては権藤が率いる「薩摩派」によって仕組まれている可能性が高いと聞いた漣は、父を死に追いやった犯人を突き止める事を決意します。

早速、爽に状況を話し協力を頼みました。

するとそこへ千堂が現れ、「感情的になると痛い目を見る」と、この事件への捜査を辞めるよう忠告してきました。

第5話

5話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

今から23年前に、警視庁で幅を利かせる「薩摩派」派閥の幹部が中心となり、組織ぐるみで行っていた押収品の横流し事件――。その真相を告発しようとしていた警察官の父・勇仁(岡部たかし)を“自殺”に追い込んだのが、自らが所属する「外様派」派閥のトップである刑事部長・千堂大善(椎名桔平)だと知った警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)。追及された千堂は、勇仁に告発させないよう卑怯な脅しをかけ、“自殺”へ誘導したことを認める。だが、唯一の証拠である防犯カメラのビデオテープは画像が粗く、たとえ科捜研でも居合わせたのが千堂本人だと特定するのは不可能…。千堂は不気味なまでの自信をにじませながら、「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」と言い放つ。
引用元:TELASA

第5話の感想

父の自殺の真相が明らかになりました。椎名桔平さんの演技、圧巻でした。ずっと慕ってきた千堂が脅して、自殺への決定打を出していたと知り、漣は怒りと悲しみと色々な感情に苛まれますが、優愛と結婚してまた上を目指す事を決めたようでした。どうする事もできない自分が悔しく、千堂への復讐は終わってないと思いました。また、優愛の事はどうなるのか、爽との関係に変化はあるのか、様々な事が気になる次回からは、5年後が描かれます。楽しみです。

ドラマ『桜の塔』5話無料動画

ドラマ『桜の塔』5話のネタバレ
父の自殺に、自分の派閥のトップであり長年面倒をみてもらってきた千堂が関わっていると知った漣は、千堂に父の自殺した瞬間の防犯カメラの映像を見つけたと告白します。

漣は、その映像には権藤が持っていたライターが映っており、権藤曰く千堂からもらったと聞いたと話しました。

すると、千堂は「告発していいが、横流しの件はあなたに全て被ってもらうと言った。お前の顔がよぎり自殺を選んだんだ。」と、認めます。

しかし千堂は、「冗談だ」と言って誤魔化しました。

「しかしこの画像の荒らさでは誰か判別できない。それはお前も分かってたんだろ?!」と怒鳴り、漣が仕掛けたボイスレコーダーにも気づいていた千堂は、それを剥がし「俺はお前ごときが倒せる相手じゃなんだ。さっきの話、本当だから。」と言って出ていきました。

その事実を爽と銀次郎に報告しながら、悔しさと惨めさに身を震わせていました。

漣は諦める事なく千堂に復讐することを決意します。

千堂のことだから他にも不正や汚職をしているはずだと考え、そこを探ると言うのでした。

そこで、警務部長の吉永に千堂について探りを入れると「そういえば五年前に起きた傷害事件。まだ犯人が捕まってないのが気になります。」と独り言のように教えてきました。

爽尼協力をあおぎ調べると、被害者は一命を取り留めたものの記憶が曖昧で、犯人はスポーツカーに乗っていたが盗難車でそれ以上捜査出来てませんでした。

また、この事件は千堂が指揮をとっていたと知ります。

第6話

6話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

警視庁の押収品横流し事件を追っていた父を“自殺”へ追いやった千堂大善(椎名桔平)――自らが所属する「外様派」のトップであり、恩人でもあった彼を失脚させるため、決死のクーデターを企てるも、完膚無きまでの失敗に終わり、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚式を挙げて5年…。悪魔に魂を売ってでも、このままでは終わらせないと誓った上條漣(玉木宏)は、警視庁刑事部捜査二課の課長に着任し、順調にエリートコースを歩んでいた。一方、今や副総監となり、警視庁において一介の派閥にすぎなかった「外様派」を一大派閥「千堂派」へと押し上げた千堂を必ずや倒すべく、獰猛な牙をひた隠しながら“その時”を待ち続けていた。
引用元:TELASA

第6話の感想

虎視眈々と復讐の機会を狙っていた漣は、5年も経ちやっとその時がきたという始まりで、ついに千堂派から抜けて、自分の派閥を作ってしまいました。優愛との間に子どもはおらず、漣は信じてついてきて欲しいと伝えていました。千堂は、漣と優愛の事はどうするのかそこも気になります。冨樫と爽が付き合い始めていました。まさかのまさかで驚きました。これからどんどん千堂を追い詰める姿に期待しています。また、優愛の事は悲しませないで欲しいです。

ドラマ『桜の塔』6話無料動画

ドラマ『桜の塔』6話のネタバレ
漣は優愛と結婚して5年が経っていました。

このままでは終わらせないと誓い機会を伺っていた漣は、刑事部捜査二課の課長に着任し、順調に昇進の道を進んでいました。

一方の千堂は、副警視総監となり『外様派』は
『千堂派』と変わり、警察の一大派閥になりました。

そんな時、漣は国会議員の加森沙代里(中田有紀)が受託収賄罪の疑いで、証拠を集め立件の申請をしたが千堂がそれを止めていました。

そこで漣は、千堂に直談判に行くと特にはっきり理由も言わず了承しないので、あわや一触即発の様相だったが冨樫が止めに入ります。

冨樫は、二課に配属され漣の部下となっていました。

今は冨樫と恋人同士となった爽は、冨樫からその事を聞き漣の行方を心配します。

そんなある日、加森議員の収賄の証拠データが全て消されいると報告を受けた漣は、冨樫の言動を観察し犯人は冨樫だとにらみます。

優愛は、最近漣の態度が冷たく会話もほとんどない事を寂しく思い、爽をランチに誘っていました。

そして銀次郎は、家族とも別れ仕事も辞めフラフラとしていました。

ギャンブルでまたスってしまったと言って漣に、お金をせびりに来ると、クラブのママ・志歩の所に顔をだしてやってくれと話します。

漣は、爽に二課の人達は信用出来ないと言い、加森についての捜査を協力頼むことにしました。

第7話

7話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

私利私欲のために権力を求める“サッチョウ(=警察庁)の悪魔”・千堂大善(椎名桔平)に、警視庁のトップである警視総監の座を渡すわけにはいかない――。悪魔に魂を売ってまでも…“本来あるべき警察の姿”を取り戻すため、副総監にまで上り詰めた千堂と戦う覚悟を決めた上條漣(玉木宏)。彼は「薩摩穏健派」派閥に所属する現・内閣情報官の権藤秀夫(吉田鋼太郎)を後見人に据え、同期の新垣広海(馬場徹)や馳道忠(渡辺大知)ら、計13名の同志と共に新派閥「改革派」を旗揚げ。千堂の怒りを買った漣は捜査二課の課長から、古巣である捜査共助課の課長へ…事実上の降格処分を受ける。
引用元:TELASA

第7話の感想

爽はずっと冨樫と仲違いをしたままでしたが、ようやく爽は許しました。何だか不釣り合いな気がしますが、冨樫は爽の事が大好きです。優愛を千堂元に行かせたが、この考えも千堂は気づいていそうです。警察の汚い部分を炙り出すつもりが、警視総監が出てきた事でそれも阻まれてしまいました。千堂という男は酷いです。最後刈谷が千堂を襲いました。これでまた分からなくなりました。20年前の潜入捜査での事件が深く関わってきそうです。権藤、吉永もどうなるのか、ラストスパートです。

ドラマ『桜の塔』7話無料動画

ドラマ『桜の塔』7話のネタバレ
“サッチョウ(警視庁)の悪魔”、千堂は、漣に破門を言い渡しました。

漣は、内閣情報官の権藤秀夫を後見人にして同期の新垣、馳、他13名と「改革派」を立ち上げました。

「何がなんでも警視総監の座を渡すわけにはいかない…」と覚悟を決めた漣の、千堂との戦いが始まります。

千堂は、漣を古巣である捜査共助課に移動させ、降格させました。

爽は、板挟みになっている優愛の事を心配しフォローするよう漣に言います。

漣は、優愛を実家に帰れせて千堂の行動を見張るように頼みました。

その頃優愛は、漣の書いた日記を見てしまいました。

一方の千堂は、次期警視総監の選出まで1週間をきり、先日の国会議員の汚職事件で若槻大臣の後ろ盾を失い慌てているかと思いきや、もう次の策を考えていました。

そんな時、若槻大臣が何者かによって狙撃される事件が発生しました。

漣は、千堂が仕組んだと考えていたが、なかなか犯人の手がかりが見つかりません。

すると東大派の吉永警備局長が漣の所に来て、狙撃犯と思われる元SATの久瀬(浜田学)の情報を伝えに来ました。

そして、逮捕された久瀬は全く表情を変えず「自分の判断でやった」と言うだけでプロファイリングも出来ませんでした。

しかし、この狙撃事件には20年前の潜入捜査での警察官射殺事件に関わりがあったのではという情報が入ります。

第8話

8話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

警視総監の任命権を有する内閣府特命担当大臣との関係が悪化し、次期警視総監への道が危うくなった副総監・千堂大善(椎名桔平)。彼こそが大臣狙撃事件の黒幕だったことを、上條漣(玉木宏)ら「改革派」派閥が暴こうと蜂起するも、あまりにも手痛い返り討ちに遭った日の夜――千堂が元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)に刺された!刈谷が漣の父親代わりで、情報屋として彼のために暗躍していたことを知る千堂は、漣が裏で糸を引いたと推測。しかしこの5年間、漣は“ある事情”から刈谷を遠ざけていた。その理由のひとつに、漣が独自に突き止めた“刈谷と意外な人物とのつながり”があり…!?
引用元:TELASA

第8話の感想

いよいよクライマックス、様々な人の思惑が絡み合い不要な人物は殺して消すという警察官としてはあるまじき行為が横行しています。隠蔽、捏造、偽造、罪のない人を犯人にして巻き込み、千堂という男は本当に最低です。こんな腐った警察、漣はどう改革し警視総監に登り詰めることが出来るのか、父の仇でもある千堂に勝ち何がなんでも登り詰めて欲しいです。そんな最終回を期待したいですが、それまでにも様々な困難や敵が現れると思います。どんな風に立ち向かっていくのか注目です。

ドラマ『桜の塔』8話無料動画

ドラマ『桜の塔』8話のネタバレ
漣は、爽の実家の中華料理店で先日の千堂への復習もまた果たせなかったこと、冨樫が自分を責めていたと話していると、優愛から千堂が病院に搬送されたと連絡がきます。

千堂は、刈谷に刺されたが傷は浅く命に別状はありませんでした。

その時優愛は、「漣の日記を見た。漣を信じる。」と話します。

次の日、志歩はクラブSで刈谷をかくまっているとメールをもらい訪ねると、5年前刈谷は蓮の父が自殺した日、本当は一緒に勤務するはずだったが、薩摩派の上層部から大金を積まれて休めという指示に従っていたと言うことを酔った勢いで聞かされそれ以来刈谷を避けていたと話します。

さらに漣は、「あんたはある人物と繋がっている時突き止めた。千堂を襲ったのもその人の指示か?」と問いつめていると、その影でクラブのホステスが土門(野間口徹)に電話をしていました。

ホステスは「刈谷が来たら土門に連絡するよう言われていた」と話します。

土門達がクラブに来た時はもう刈谷は姿を消していたが、刈谷は何者かによって射殺されてしまいました。

その頃、権藤と吉永も千堂が刈谷の死に関係していると睨み、もう復帰した千堂の元を訪れていました。

その頃爽は、刈谷の家宅捜索時に自分達よりも先にキャリア組が入り何か探してたと掴み、冨樫に聞くが「上條さんに聞いたらいいじゃないですか。あなたの為にたくさんのものを犠牲にしたのになんで俺じゃないんですか!」と怒り出ていきます。

冨樫は、千堂派の面々から無視をされ避けられるようになっていました。

第9話

9話の無料動画・あらすじ・感想
あらすじ

次期警視総監の座を狙う副総監・千堂大善(椎名桔平)を失脚させると誓って5年――。息をひそめ機会を狙い続けてきた上條漣(玉木宏)は、新派閥「改革派」を立ち上げ、千堂にふたたび宣戦布告。そんな中、千堂を襲った元警察官で、漣の父親代わりでもあった刈谷銀次郎(橋本じゅん)を殺害した犯人に仕立て上げられ、廃校の屋上へ逃げ込んだ元銀行強盗犯・蒲生兼人(森崎ウィン)が、SATの狙撃をかわそうとして転落。意識不明の重体に陥った!そもそもは千堂が、蒲生を射殺して被疑者死亡で事件を終わらせようとしたのだろう…。そう確信した漣は、千堂に「また得意の妄想か」と一蹴されるも、一分も怯むことなく「あなたを倒すため悪魔に魂を売った…。なぜ5年間も沈黙を続けたのか、その答えがもうすぐ明らかになる」と宣告。私利私欲のために権力を求め、入庁以来“サッチョウ(=警察庁)の悪魔”と呼ばれてきた千堂。そして、“本来あるべき警察の姿”を取り戻すために“サッチョウの悪魔”となった漣――2人の“最後の闘い”がついに始まった!
引用元:TELASA

第9話の感想

日記をわざと優愛に見せている気がして、漣がそんなヘマをするはずがないと思っていました。でも、刈谷殺害にまで利用するとは分かりませんでした。漣はかなり最低ですが、優愛の漣への思いに切なくなりました。最後の漣の涙は、優愛への謝罪もあると感じました。漣のまた別の戦いがはじまったようですが、なんだか怪しさも感じ、千堂のような汚い男にはなって欲しくないです。千堂をやっと失墜させることができて、スッキリしました。また、吉田鋼太郎さんの演技の迫力に笑ってしまいました。なかなか楽しめたドラマでした。

ドラマ『桜の塔』9話無料動画

ドラマ『桜の塔』9話のネタバレ
千堂の失脚を誓ってから5年、当初見せてもらった地下にある千堂のコレクション、言われた言葉を思い出していた漣は、最終決戦に向けてその時を狙っています。

先日刈谷殺害の犯人にされた蒲生兼人(森崎ウィン)は、SATからの狙撃を避けた瞬間屋上から転落し意識不明の重体となっていました。

そんな時、冨樫が蒲生のアリバイを見つけてきました。

事件の同時刻、隣の街まで買い物に行っていたという証言を得て、防犯カメラの映像を見せ、事件は洗い直しとなります。

すると、刈谷を撃ったのは自分だと言い優愛が出頭してきました。

爽は、刈谷との接点は漣と副総監しかいないと話し漣を疑い、優愛を取り調べる事にします。

漣は千堂の元へ行き、全て仕組んだのは自分だと話し始めます。

優愛は、漣にマインドコントロールされ漣の為に、刈谷を殺すよう仕向けたのだと告白するが、千堂は、娘の犯罪もさえも使い、自分の正義を訴えて警視総監になると話しました。

しかし漣は、「あんた何も変わってない。それがあるからこの計画を思いついたんだ。」と言い返します。

それは、優愛が千堂に刈谷殺害を告白した時の電話の録音を出します。

この録音が優愛が使った凶器を手に入れ、蒲生を犯人に仕立てた証拠になりました。

そして漣は、矢上総監と千堂との深い繋がりについて突きつけるのです。

 

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

 

ドラマ『桜の塔』を動画配信サービスで視聴

ドラマ『桜の塔』の動画が配信されている動画配信サービスを調査してまとめてみました。

配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

TELASA

見放題配信
無料
今すぐ動画視聴15日間無料
ポイント付与なし

U-NEXT

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
600pt付与

Amazon

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴30日間無料
ポイント付与なし

dtv

有料レンタル
330円
今すぐ動画視聴31日間無料
ポイント付与なし

music.jp

有料レンタル
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴30日間無料
1,600pt付与

ひかりTV

有料レンタル
330円(パック1650円)
今すぐ動画視聴最大2ヶ月無料
ポイント付与なし

FOD Premium

配信なし
今すぐ動画視聴2週間無料
最大900pt付与

TSUTAYA DISCAS

取扱なし
お試し登録30日間無料
ポイント付与なし

Paravi

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Hulu

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

Netflix

配信なし
お試し登録無料期間なし
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

配信なし
お試し登録2週間無料
ポイント付与なし

dアニメストア

配信なし
お試し登録31日間無料
ポイント付与なし

クランクインビデオ

配信なし
お試し登録30日間無料
3,000pt付与

NHKオンデマンド

配信なし
お試し登録初月無料
ポイント付与なし

上記の表のように2021年11月現在ドラマ「桜の塔」は、TELASAにて配信中です。

TELASAは、テレビ朝日で放送されたテレビ番組を中心に取り扱っている動画配信サービスです。

もちろん15日間の無料お試し期間中であれば、いつ解約しても料金は発生しないので、この機会にお試しください。

本日から12月12日まで無料!

TELASAでドラマ『桜の塔』の動画を無料視聴

ドラマ「桜の塔」はTELASAにて見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から15日間は無料で利用することができます。

TELASA 動画無料
(画像引用元:TELASA)

TELASAでは、ドラマに力を入れているフジテレビで放送された番組を中心に見放題配信されています。

ドラマ「桜の塔」に出演している玉木宏の出演作品

  • ラブ×ドック
  • 盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~
  • 私の嫌いな探偵

もTELASAで見放題配信されているため、同時に無料視聴できますよ。

是非この機会にドラマ「桜の塔」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

本日から12月12日まで無料!

TELASAの登録・解約の方法は以下よりご確認ください。

TELASAの登録方法
  1. 「TELASA」にアクセスして、「初回15日間無料」または「今すぐ始める」を選択
  2. au IDがある場合は「ログイン」を選択
  3. au IDがある場合はログイン後、利用規約を確認し「規約に同意して加入」を選択し、登録完了
  4. au IDがない場合、「au IDを新規登録」を選択
  5. 「au IDを登録」を選択
  6. メールアドレスを入力して、「確認コードを送信する」を選択
  7. 確認コードを入力して「次へ」を選択
  8. 必要な情報を入力して、「利用規約に同意して登録する」を選択し、登録完了
TELASAの解約方法
  1. TELASAのWebサイトにアクセスし、ログインする
  2. 右上のボタンを押し、「退会」ボタンを選択
  3. 画面の指示に従い「退会手続きを進める」を選択
  4. 「退会する」を選択
  5. 退会完了

 

ドラマ『桜の塔』あらすじや感想

ドラマ「桜の塔」の全体のあらすじや見どころを知りたい方は、右側の+をクリックしてご覧ください。

ドラマ「桜の塔」の全体あらすじ
“必ず警察の頂点(トップ)まで昇りつめる…”「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で圧倒的支持を集めた脚本家・武藤将吾×主演・玉木宏 新たな警察エンタテインメントドラマが誕生!!裏切り・罠・騙しあい……警視総監の座を巡る出世バトルがこの春、開幕―!!
引用元:公式サイト
ドラマ「桜の塔」の見どころ
本作は、武藤将吾が脚本を務めるオリジナルドラマ。

警察と犯人という一般的な刑事ドラマの図式を覆した、全く新しい意欲作となっています。

物語の舞台は警視庁。

警視庁捜査共助課の理事官である主人公・上條漣(玉木宏)が、頂点である警視総監を目指し、壮絶なパワーゲームに身を投じるさまが描かれます。

権力を渇望する上條は、手段を選ばず冷徹に作戦を遂行していきますが・・・?

そんな彼をとりまく警視庁内の面々には、広末涼子、岡田健史、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平ら豪華俳優陣をキャスティング。

広末演じる水樹爽は、上條の幼馴染で、唯一彼の過去を知る人物。

彼の野心に火をつけた過去とは一体!?

それぞれの思惑が交錯する、究極の人間ドラマをお楽しみ下さい!

本日から12月12日まで無料!

ドラマ『桜の塔』の感想

男性20代

警察組織内部の権力争いがテーマとのこと。いままでの刑事ドラマとは一線を画した、凄いドラマになりそうですね!「白い巨塔」の警察版みたいな感じかな?と想像していますがどうでしょう。主演の玉木宏さんは、シリアスもコメディもこなす演技の幅が広い役者さんなので、うちに野望を秘める、謎めいた主人公を魅力的にみせてくれるんだろうと期待しています!

女性20代

主演の玉木宏やヒロインの広末涼子をはじめ、個性的で演技力のある俳優陣に期待が高まります〜!警視庁内の権力争いトップスリーが吉田鋼太郎・光石研・椎名桔平だなんて、濃いですねぇ。でもって椎名桔平の娘が仲里依紗?彼女の怪演も期待大です!ベテラン勢と若手の融合も楽しみ。岡田健史や森崎ウィンがどんな演技を見せてくれるか、ワクワクが止まりません!

女性30代

玉木宏さんのドラマはどれを見ても面白い!!桜の塔も第一話からとても面白くてテンポの良い展開で飽きが来ません。上條漣さんの歩く後ろ姿はかなりかっこ良かったです。YouTubeでも大人気の仲里依紗さんも出ていて、出演者がとても豪華だと思います!また、来週からも楽しみです!

ドラマ『桜の塔』の関連動画

玉木宏の出演ドラマ

 

無料動画情報まとめ

以上、玉木宏主演のドラマ「桜の塔」の動画が配信されている動画配信サービスや無料視聴する方法の紹介でした。

警察組織の壮絶な権力争いにスポットを当てた、これまでにない刑事ドラマ。

主人公が権力を欲する理由とは?そしてそれを手にした暁には、何が起きるのか・・・?

豪華俳優陣による重厚なストーリーに、ぐいぐい引き込まれますよ!

そんなドラマ「桜の塔」の動画はTELASAで見放題配信中です。

無料お試し期間の15日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

本日から12月12日まで無料!